大阪府

上田原(四条畷市)

四条畷市は生駒山脈の東側にも「はみ出して」いる。そのうち国道163号沿いの下田原ではよくスケッチしているが、その南にあるのが上田原。こちらものどかな田園風景が広がり、生駒山の山容が美しい。

   
  上田原の陽だまり(四條畷市)17.01.26     F6  
  四條畷市上田原に「田原城趾」があり、いつも2人で仲良くスケッチされているKご夫妻が、正月明けの寒い中、城趾からの俯瞰を描きに行かれた。この日は暖かそうだったので、早速追っかけてみた。しかし、城趾を下から見上げると、深い木立で覆われいかにも寒そう。ちょっと尻込みし、城趾を背中にして陽だまりでまず1枚描いた。これなら寒さも感じない。  
 
 
   
   田原城趾から(四條畷市上田原)17.01.26     36×51p  
 
Kご夫妻の追っかけで「田原城趾」へ行ったが、寒そうなのでとりあえず麓の陽だまりで1枚。その後、せっかく来たのだからと、思い切って城趾の高台へ登った。見晴らしは抜群だが、周辺の木々がうっそうと茂り、いかにも寒い。Kご夫妻もブログで「寒かった」を連発しておられた。手前のお寺のある家並みが四條畷市上田原で、少し遠くに広がる家並みは奈良県生駒市南田原である。木々は見晴台の南側に茂っているので、このポイントは夏でも木陰になりそう。夏なら快適だろうなと思った。



                                                                                                                                  スケッチした場所の後ろにあった標識→→

 
 
 
雨あがりの上田原(四条畷市)2013.11.03      25×41cm
河内を描く美術の会のスケッチ会が下田原、上田原で開かれ、昼まで降っていた雨も上がったので、2枚目を上田原で描いた。晴天なら背景に生駒山が見えて良いアングルもありそうだが、遠くの山は霞んでいて見えない。ふと見かけた民家の屋根の並び具合がちょっと面白いなと感じたので、これを選び、横長スケッチブックに描いた。

生駒山遠望(大阪府四条畷市上田原)10.11.11       36×51cm
この日、奈良県方面へ車を走らせていて、途中で通る四条畷市上田原で、遠くに見える生駒山を描いてみたくなった。少し田んぼの中を歩き回り、手前の家並みとのバランスの良い場所を探した。この場所は確かに大阪府域なのだが、生駒山はいかにも奈良県側から見える山容で、奈良県でスケッチしている気分になる。

上田原の民家(大阪府四条畷市)10.11.11      F6
駒山の遠望を描いた後、上田原の村中をぶらついた。昔は茅葺き屋根の民家も多かったようで、起伏のある地形ののどかな田園風景が広がっている。たまたま道路から見えたお宅をスケッチしていると、すぐそばの畑に作業に来た人が「こんなところが絵になりますかな」と話しかけてきた。いろいろ話しているうちにスケッチしている家のご主人であることが分かった。

四条畷市忍ヶ丘へ
「近畿の旅2」(大阪、和歌山)の目次へ