クラブ・ゴクウ 平成28年7月10日  新コースは前半はずれ・後半あたり!

参 加 者

□ おニュウバイクで登りもがっちり。ヒルクライムがお好きなカリスマ会長

□ 自転車の整備不良は致命的。まったく精彩のなかったモンキーHさん。

□ 下山後は飲みすぎました。いい加減にしなはれのすっとこ。
以上3名


平成28年7月10日(日)

7月は新コースです。クラブで来たことはありません。
奥多摩のT駐車場からO峠経由のJ尾根DHのルート。



モンキーHさんとスットコはバスでここまで入り、舗装ののぼりを集合地点に向かいます。
自転車を組立時、モンキーレイン号の前ブレーキからオイルが漏れていることが発覚。

下りで相当なハンディになることから少々めげるモンキーHさん。

すっとこ「まあ、上まで登ろうよ。そこから林道を下っってもいいし・・・。」と、気にすることなく出発する。



集合地で先着の会長と合流。

会長「余裕の登りだったよ。」と涼しげ。



すっとこさんは、集合地まで必死の登り。

すっとこさんは、モンキーHさんを振り切るべく頑張りました。
その自称「激走」走りをすいすいパスしていくロードの人たち。
すっとこ「くっ〜そ〜〜!」




合流後、ちょいと走ってトレール入口に移動。



いよいよ期待のトレールへ。



前半は走りやすい山道。

しかし、前ブレーキ故障のモンキーさんは降りて下ることも多く大変。



峠から尾根道までのトラバースはちょっと走りにくい。



尾根道の乗ると身持ちの良いコースとなります。

途中の碑をじっくりと見物するなどゆとりの走りで、あっというまのJ尾根でした。



下山地の村のバス停。

もちろん路線バスの終点です。


さあ、ここからは舗装道路を一気に下って、暑気払いだ!!!




先月もお世話になったお店で「まずは1杯。お疲れさまでした。」

1杯で済む訳がありません。   いっぱいでした・・・・・・・・・・・・・・・。




ちょっと千鳥足気味か。



駅で輪行。

ああ、楽しい1日だった。








皆様、お疲れ様でした。


おしまい