これからの文章は、実際の2004年春頃(お迎えを待っている時)から、サイト開設に向けて書いていたものを、一部手直しして載せています。この色の文字は、新たに書き足した文です。文章中かなり失礼な表現も多々ありますが、当時の正直な感想ですので、敢えてそのまま載せてみました。


Doll→自分が‘ひろか’と暮らすまで→Doller

 

20039月 出会い>

 

「シルフォーさんは、いい人だけれど、私には合わないと思います。さようなら・・・」

 

なっ、なんだぁヨォ〜、

 

何でそうなるんだヨォ〜、

 

バッ、バカヤロォ〜〜〜(T_T)

 

 

 

 

もう最悪だった。

 

何もする気分が起きなかった20039月。

 

何気なく覗いたアダルトショップKIYOさん

 

 

 

Doll」と書かれたページをクリックした事から、

 

全ての歯車が回り始めた。

 

 

 

 

クリックしたWeb頁に載っていたのはハルミのDollだった。

 

「うわっ、これってまだ売っていたんだ!?

 

大学時分に買ったエロ雑誌広告に載っていた写真と、全く同じ写真がそこには出ていた。

 

「うへぇ、随分と種類が増えてるなぁ」

 

懐かしさと物珍しさもあって、詳細画像共々全てに目を通した。何故か当時はハルミへのサイトリンクは切れていたが・・・。更に「リアルドール」と書かれた項目を覗いてみた。

 

「げっ、何だコリャ???こんなの買う奴が居るのか???

 

目が点になるというか、半ば呆れてしまった(リアルオーナーの皆様ゴメン)。続いて興味本位で「Doll衣装」の頁をクリックしてみた。

 

「何だぁ?人形用の衣装???

 

頁の頭にはゴジラ度の文字と「ゴジラ度の説明はたぁー坊の着せ替え資料室さんへ」のリンクが付いていた。面白そうなのでリンクを辿る。

 

 

「うわっ、きもちわりぃ、人みたいなリアルな人形が沢山あるぅ〜!?

 

 

今にして思えば、大変失礼な感想なのであるが、初めてのドールとの出会いは、あまりにも衝撃的だった。キレイとかカワイイとか美しいと言う感想よりも、あまりにもリアルな印象が強く、怖くて気持ち悪いとの印象が強く残ってしまった。さすがに続けて見る気がしなくなり、Webを切ってしまう(当時はダイアルアップ)。

 

 

 

それからしばらくして。

 

 

 

やはり「ゴジラ度」の意味が知りたくて、更には怖いもの見たさの気分もあり、再びta-boさんのサイトへ向かう。

この時はサイト内を細かく見る事はせず、資料室の用語へ直ぐに入った。ゴジラ度の意味は直ぐに判った。止せば良いのに用語集を隅々まで巡る。かなり面白かったのを覚えている。むしゅめ」「ミーモ」「ぶちょ〜」もこの時初めて知った言葉であり、最初に覚えた用語である。これ以来、暇があるとta-boさんのサイトを覗いていた。あくまでも興味本位。むしゅめさんをお迎えする気は更々無かったのである。

 

しかし、未知への扉を開いて、一歩一歩確実に前へ進んでいた事実を全く自覚していないだけだった。

 

 

20031011月 気がつけばドーラー予備軍

 

Webのお気に入りにはDoll関係のリンクが増えてきていた頃だった。

 

何処をどう巡ったのか、燐酸塩さんの「お人形だって花盛り」へ辿り付いた。

 

たしか何処かのサイトで「Shall we doll」が面白いと書いてあったからである。

 

一気に読んでしまった。大変面白かった。文章から映像が浮かんでくるような秀逸な話だった。

 

暇があれば何度も何度も読み返し、笑い・泣き・共感した。デビルマンのエンディングが聞こえてくるフレーズ、「うわっ、この人は同じ位の年齢かな?アリスは可愛いけど、やはりもっと大人のDollが好きだなぁ」などと思いながら、何度も何度もサイト内を巡っていた。

 

このサイトとの出会いがDollに対する偏見を払拭してくれた事は言うまでも無い

 

一度読んでも二度三度と読みたくなる文章はそうそう無いであろうが、このShall We Dollは何回読んでも面白かった。極論すれば燐酸塩さんのサイトに巡り合わなければ、ドーラー予備軍にはならなかったであろうとさえ言い切る事が出来る。

 

ところで、事態は確実に進行していた。当初判らなかった「むしゅめ」の種類もこの頃になると、ある程度判るようになっていた。慣れとは恐ろしいもので、知らぬ間に完全なるドーラー予備軍となっていたのである。この他に何回も読んだのが、ダウンワードさん「愚かな日々」のMemory。よたろーさん「人生珍道中」のへんにゃの〜。そうシネシネ団の諸先輩方のサイトである。幸い?私は下戸なのでお仲間入りは不可能である。伝説のサイト「My Love Doll」(オリエント工業内の復刻版)も繰り返し読んだ。

 

しかし、まだここまで思い入れを持ってDollと接する自信がない。お迎えは無いだろうと悟る。

 

1度読んで知っていても、何度も読んでしまう話をUPなさっているWebサイトが好みである。じつはそんな大好きなサイトを全て書いているとページが幾つあっても足りないので、その中でも当時印象に強く残ったサイト名を書いた(はず)。こういう好みは人によってまったく違う感想になるのが面白い。因みに今も、ありすぎて全て書けないので迷うのだが・・・、エチレンさんの「風香の物語」かな(泣きました:感涙)。私もこんな文章を書いてみたい〜。M(偽名)さんの「人形といる生活」の4コマ的な面白さも。う〜真似したいぃ、BUTできないぃ(T_T)

ところでデビルマンのエンディング、知っていますよねぇ?もしかして知らない方もいらっしゃるのかな?「誰も知らない、知られちゃいけない〜♪」で始まるんです。おぉ歳が(^^;。「Shall we doll」もう1度読みたいなぁ〜。

 

 

200312月 大波

 

またフラれてしまった。

1年に3度も見合いに失敗すれば、いい加減女性嫌いになってくる。気を紛らわす為に、再びta-boさんのサイトへ行く。この頃になると、ta-boさんのサイトを起点にして、新築物件があれば見に行き、掲示板をチェックし、各メーカーサイトを見学するのが日課になっていた。

ちょうどオリエントのキャンディーガールJewel2(後のJewel20096月で廃盤)が発表され、話題になっているのを知る。

 

ta-boさんのレポを拝見し衝撃を受ける

 

 

「かわいいぃ〜」

 

「きれいだぁ〜」

 

「でも高いよなぁ・・・」

 

 

半ば他人事のように考えていた「お迎え」。

それは、残念ながら今まで強く惹かれる「むしゅめ(=Doll)」には出会わなかったから、本気で「お迎えしたい」とは思わなかったからだと思う。しかし、Jewel2美咲の写真をひと目見た時から、お迎えしたくなる欲求が日増しに強くなっていった。

「家族同居なのに何処に置くんだ?」「本気で60万も出す気があるのか?正気か自分。」と毎日自問自答している。初心者がいきなりシリコンと言うのも気がひける。しかしお迎えしたい時が迎え時の言葉が頭を過ぎる。

オリエントのサイトへ何度となく足?を運び、ギャラリーに展示された画像をほぼ毎日眺めていたのだが、なかなか「注文のボタンを押す」所までフンギリがつかない。来る日も来る日も、注文する直前まで来ては戻る日が続いていた。まだ一線は超えられなかった。

 

「漢」と書いて「おとこ」と読むのがやっと判った程度(笑)なのだから、今にして思えば、まだ時期なお早だったようだ。

 

※何度も読んだサイトの1つ「ゑりえんと3姉妹」(たっつうさん)の漢の幸せ研究所。当初「漢」が読めなかった(汗)。また今でこそ初心者が最初からシリコンボディーをお迎えする事には何も問題ないと感じるが、当時は大変な事だと認識していた。

 

 

2004123

 

Jewel2の初回販売はフンギリがつかずに見送った。

結納金の目処は立ったのに、最後の一線を越えるまでには至らなかった。

 

そして相変わらず気が向けばWebサイトを巡る日々は続いていた。いっその事、実用本位でハルミのDollでも買おうかなとも思っていた。じつは実生活で嫁さんを貰う期限は今年度が最後と決めていた。極端な思考なのだが「ダメならば一生独身のまま過ごそう。」そんな状態のままで3ヶ月が過ぎてしまった。

 

ふと、ta-boさんの用語集「キャンディー曲線」を思い出す。みそじーずも、まもなくおしまいである。

 

果たして、お迎えは叶うのだろうか?乞うご期待(笑)

暇だから次へ   呆れて戻る

 

2006年現在、もっとも影響を受けた燐酸塩さんのサイト「お人形だって花盛り」は消えてしまいました。残念でなりません。

ご存知の方が少なくなってきているかもしれません。参考までに。2004年当時のオリエント工業、キャンディーガールの名称は、Jewel2(現Jewel)、Jewel(現petit Jewel)、でした。また、Jewel2初回発売時の200412月は「数量限定なし」で受付期間のみ限定されていました。それまでは○体限定と制限があり、時期を逃すと次回まで待たなくてはなりませんでしたので、これは画期的に思えました。今は期間も数量も限定される事なく何時でもお迎え可能です(但しJewelの話)。それだけ需要があると言う事でしょうか?(謎)

 

2009年追記。

オリエント工業のDollラインナップが変わり、その後にJewelと称された150cmシリコンボディーは廃盤になってしまいました。また2004年当時!新発売された「美咲ヘッド」も同時に廃盤になり、長らく続いたキャンディーガール○○の名称までも、ラブドール○○に変わりました。アリスヘッドが発売されて、それまでのダッチワイフ然とした等身大Dollが、観賞用Dollへと大きく変化したのが1999年です。その後にシリコン製ボディーが発売され、現在の等身大Doll界の流れが作られました。私が初めてDollを知った当時のメーカーは、国内では老舗のハルミ、大手のオリエント工業、現在は廃業してしまったチェスナット、それとJP-Doll4社だけで、その後に相前後して、LEVEL-DAI-DOLLUNISON、が動き始めます。現在は、さらに多くのメーカーが、生まれて消えてを繰り返しているのはご存知の通りです。時の流れを感じますね。

詳細は、Ta-boさんの「ラブドールの歴史」をご覧になるとお判り戴けると思います。