ひな祭りのアイテムの意味

ひな祭りの意味

ひな祭りには、基本的には女の子の幸福と成長を願う意味があります。このような意味から、昔からの風習がかなり廃れてきている現代にあっても、女の子がいる家の多くでは、ひな祭りは大切な行事だと受け止められているようです。ひな祭り、今でこそ豪華な段飾りなどが当たり前のように見られるようになりましたが、ひな祭りのもともとの意味は「禊(みそぎ)」。風呂などなかった昔は、後にひな祭りとされる時期に、川や海の水で冬の間の垢を洗い落とす習慣がありました。……というと、とても寒そうですが、これは旧暦の3月3日あたり、つまり今で言うところの4月から5月の頃のこと。ですから、水浴びもさほど寒いというわけでもなかったようです。この穢れを落とすという意味合いは、後に「流し雛」という習慣に置き換わります。こうした意味合いのあるひな祭りは、現代でも各地に残っています。

ひな祭りのアイテムの意味

ひな祭りには、ひな人形をはじめ、桃の花やごちそうといった供え物が用意されます。ひな祭り自体には、女の子の健やかな成長と幸福を願うという意味合いがあるわけですが、これらのアイテムにも、それぞれ意味があります。まずひな祭りのひな人形。これはもともとは紙や植物で作った簡単なものが原型になっています。この人形は、子どもの遊び道具という意味合いのあるものと、自分の「穢れ」を人形に移して水に流すという意味のあるものとがありました。しかし江戸時代になると人形の制作技術も発展し、今のような雛人形になりました。また、ひな祭りのお供え物の意味合いとしては、・桃の花:厄除け・白酒:体から邪気を祓う・草もち:よもぎの香気が邪気を祓うと言われる・ひし餅:人の心臓をかたどる(子どもを思う親の心の現れ)。また、白・青・桃の3色が、雪の大地(白)・木々の芽吹き(青)・生命(桃)をあらわし、自然のエネルギーを吸収できるとされる・はまぐり:貞節をあらわす(自分の片割れでないと合わないことから)・ひなあられ:ひし餅の3色の意味同様、自然のエネルギーの吸収できると言われるといったものがあります。