>2018年10月8日:お別れ
	フリーメール(ヤフー)じゃないメアドが欲しくて、
	契約したのがジオシティーズ。

	ということは、今のkalにとって重要なのは
	HPじゃなくて、メールの方。

	そう考え直したら、kalはジオシティーズ以外の
	(フリーメールじゃない)メアド持ってました!!

	という訳で、新たにプロバイダと契約してネタ公開するのは
	ヤメにして、このHPを閉鎖することにしました。

	ジオシティーズのサービス終了まで(2019年3月31日)は、
	このHP見れるので、

	それまでに、必要なデータがあればダウンロードしておいて
	ください。

	楽しみは積み上げれば積み上げる分たまって、減ることはないので、
	kalはkalの楽しみを、みなさんはみなさんの楽しみを積み上げて
	もらえたらな、と思います。

	それではさようなら!アディオス!!(おいおい

>2018年10月2日:技術のノート
	中学のときの、技術のノートについてのネタを書いときました。
	ドキュメントに追加しておきます。

	*さて、HPはどうしよう。非公開でネタ作り続けるか、
	プロバイダと契約してネタ公開するか、うーん..悩ましい!
	
>2018年10月1日:Yahoo!ジオシティーズサービス終了のご案内
	ぎゃー!!!ギャフン!!!!!
	.....
	...
	.

	すいません、取り乱しました。なんと!2019年3月31日で
	ジオシティーズのサービスが終了のようです、とほほ。

	つまり、このHPがなくなるわけです。福岡から東京に戻ってきて、
	J:COMからジオシティーズの契約に乗り換えて12年..

	ネタをちょろちょろ公開し続けて、検索サイトに多数?ヒットする
	このHPが消えてなくなるわけです。

	今まで心血を注いできたものが、全て無に帰するこの悲しみ、
	耐え難いものがあるんですが(おいおい、大袈裟な!

	このHP自体が、kalが年取ったときに、昔のことというか、自分の
	人生を懐かしむために、記録してることなので、

	まあ敢えてWEB上に公開しなくてもいいのかな!?とも思ってます。
	一応、他の似たようなサービスに移行すると思いますが、

	kalに粘着したい方が居れば連絡ください、移行先のHP教えます!!
	(そんな奴誰もいねーよ!?
	
>2018年9月30日:ラジオ熱その4
	まだラジオで遊んでます。

	1.ブレッドボードでラジオ
	どうやらブレッドボードの使い方がダメでした。とりあえずネットで情報集めて、
	LEDを光らせました。これで大丈夫!?と思って、

	1石スーパーラジオに再挑戦してみたら..また何にも鳴りません、とほほ。
	うーん、まだ端子のラインが読み切れてないのかもしれません。

	2.既存のラジオの改造
	前回ケース外すときに、ボリュームつまみを壊してしまったので、
	手持ちのつまみに付け替えることに。

	ケースの穴をリーマーで広げるだけの作業のはずが..
	あれよあれよという間に、ラジオがおかしくなってしまって、

	最終的には音割れのするNHK第1しか入らなくなりました、信じられない!!
	なんだろ、まるで自害した感じ。kalと何か因縁があるのか!?

	というわけで、この7石ラジオはお蔵入りです。いつか中身を自作?のラジオに
	差し替えて復活させたい!!

	3.既存のラジオの改造2
	7石ラジオのあの音がまた聞きたくて、別途また7石ラジオをゲットして改造しよう!!
	と思ったんですが..

	持ってました!小学生のときに組立失敗して、そのまま捨ててしまった8石ラジオ!!
	最近「完成品」をゲットし直したんだ!!

	ただこのラジオも何か音がおかしい。で放置状態になってました。
	これを7石ラジオと同じ改造をすることに。

	注意点として、自励式ではなく他励なので、混合部の方のトランジスタを2SC1923Y
	に変えます。中間波増幅のところはそのままに。

	あとは7石と同じで、検波:BAT43、低周波増幅:1N4148、2SC2120Yx2
	に交換してやります。(詳しくは、電子うさぎさんのHP参照)

	で、音を聞くと..やっぱりおかしい!!何だろ、音を悪くするフィルターがかかってる
	感じ??そこで基板を眺めてみると..

	低周波トランスのところの半田面の方に、セラミックコンデンサ(223)が付いてるよ!!
	2次側の出力端子間に付いてる!?何でこんなところにコンデンサ付けるんだ?

	というわけで、このコンデンサを取っ払うと..

	いい音キーターーー!!!(おいおい

	どうやら一連のダイオード、トランジスタ交換をすると、同じようないい音になるっぽい。
	いやあ、いいラジオができたよ!

>2018年9月26日:ラジオ熱その3
	この間、「電子うさぎ.com」さんでスーパーラジオの情報を見てから、
	またラジオに熱中状態になってしまって、

	MSXほったらかして、ずっとラジオで遊んでました。(おいおい

	1.ブレッドボードでラジオ
	電子うさぎさんのように、kalもブレッドボードでラジオをやってみようと
	思い、一式揃えて試してみたんですが..まんまと失敗!!

	なんだろ、雑音すら鳴らない!!電源周りからしてダメな感じ。
	ブレッドボードの初歩の初歩から試して、再度ラジオにチャレンジしたい!!

	2.既存ラジオの改造
	電子うさぎさんの情報で、「トランジスタ、ダイオードを変えると音質、感度が
	良くなる!!」を試してみました。

	以前ゲットした7石のトランジスタラジオで、7石のわりには全然いい音が
	出ないで放置状態だったのをチョイス。

	電子うさぎさんの情報を元に、このラジオのトランジスタとダイオードを
	交換してみました。

	交換する上で、今付いてるトランジスタを眺めてみたら..なんだこれは!?
	高周波用のトランジスタ(2SC945)が中間波・低周波増幅に使われてる!!

	基板にプリントされてる型番とも違ってる!?これはワザと付け替えたのか!?
	まったく何てことしやがるんだ!!これじゃまともに鳴らないって!!

	とりあえず、周波数変換+局発(自励):2SC1923、中間波増幅:2SC1815、
	低周波増幅:2SC2120に交換。

	ダイオードは検波:BAT43、低周波部:1N4148に交換。
	とりあえずちょっとマシになりました。

	しかし、ここら辺で一番よく入るTBSが、雑音がヒドイ!!これはおかしい
	ということで、今一度基板を眺めて見ると..

	バーアンテナのコードで、ポリバリコンに繋がる線が外れてる!!これは鳴らないよ!!
	外れてる線をハンダ付けして、満足な音が出るようになりました、ほっ。

	そこそこ感度があって音圧もあるので、改造してよかったです。てか、ワザと?
	鳴らないようにした人は、何をしたかったんだ?
	
>2018年9月16日:つくるRPGゲームその20
	走ったよ!!フレイがDOS上で走ったよ!!(おいおい

	結局、BLOADは何も考えず、画像データをそのままVRAMに
	突っ込みました。まあ上手く行ったので結果オーライということで。

====== aa2.c ======
#include	<stdio.h>
#include	<glib.h>

#define	F_OK	0
#define	F_ERR	1

int	init(fp)
FILE	**fp;
{
int	i;
int	n;


	*fp=fopen("f1.ge5","rb");
	if(*fp==NULL) return F_ERR;

	for(i=0;i<7;i++) getc(*fp);

	ginit();
	screen((char)5);
	color((char)15,(char)1,(char)1);

	setpg((char)0,(char)0); cls();
	setpg((char)0,(char)1);

	return F_OK;
}

VOID	sc5_bld(fp)
FILE	**fp;
{
int	c;

	setwrt(0);

	while(1){
	c=getc(*fp);
	if(c==EOF) break;
	outvdp((char)c);
	}

	fclose(*fp);
}

VOID	end()
{
	screen((char)0);
	color((char)15,(char)4,(char)4);
	cls();
	kilbuf();
}

main()
{
FILE	*fp;
int	n;
int	i;

	n=init(&fp);
	if(n==F_ERR) exit(1);

	sc5_bld(&fp);
	rstplt();

	while(1){
	/* pattern 0 */
	cpyv2v(0,0,71,71,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* pattern 1 */
	cpyv2v(72,0,143,71,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* pattern 2 */
	cpyv2v(144,0,215,71,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* pattern 3 */
	cpyv2v(0,72,71,143,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* pattern 4 */
	cpyv2v(72,72,143,143,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* pattern 5 */
	cpyv2v(144,72,215,143,(char)1,97,70,(char)0,(char)0);
	for(i=0;i<50;i++);

	/* hit space? */
	if((snsmat((char)8)&1)==0)
	break;
	}

	end();
}
====== end ======

	*ライブラリは、MSX−C入門下のものからMSX−CLibraryに
	乗り換えてます。あとスペースを押すとDOSに戻るようにしました。

	これでBASIC回りもCに直せそうな感じ。いよいよ本丸「たまいれ」
	の移植に取り掛かります。地味〜に解析を積み重ねて、絶対移植するぞ!!

>2018年9月9日:つくるRPGゲームその19
	フレイの画像データの拡張子が「GE5」になってて、
	バイナリエディタで中身を見ていると、終了アドレスが

	一般的な!?スクリーン5の画像とちょっと違う!!
	これはどういうことか色々調べて、GE5というのは、

	「DD倶楽部」というソフトの拡張子だと分かりました。
	が、じゃあどうしよう?ってところで、パッタリ手が止まって
	しまって、放置状態です、とほほ。

	こんなときは、「気晴らし」するのが一番!!
	ということで、「脱MEGA−SCSI!!」という軽いネタを
	ドキュメントに追加しておきました。

	*さあ、フレイをDOS上で走らすぞ!!絶対できる!?

>2018年8月31日:耳寄りな!?情報!!
	今kalの持ってるAMトランジスタラジオで、一番はソニーのTR−8060
	なんですが、これよりもいいのがないかネットで検索してたら..

	その過程で面白いHPを見つけました。

	https://xn--p8jqu4215bemxd.com/archives/4579
	(https://電子うさぎ.com)

	スーパーヘテロダイン方式のラジオ(いわゆるスーパーラジオ)について
	濃い!?まとめがしてあります。

	読むだけで、すごいいい音がしそうとか、試してみたい!!とか
	そんな気分になると思います。

	もう一つ。kal(無駄に!?)ヤフーのプレミアム会員なんですが、
	なんと、プレミアム会員だと無料で読める雑誌、マンガがあるそうです。

	「なんだよ、もっと早く言ってくれよ」と思いつつチェックしてみると..
	これはいいわ、月々の会員費の元が取れそう。

	ヤフープレミアム会員の方は、要チェック!!

>2018年8月26日:つくるRPGゲームその18
	PSETはBASIC用のコードでした。単体でDOS用に修正するより、
	MSX−C入門下巻のライブラリに組み込む方が簡単かなと思って、

	ソースを眺めてたんですが、XYのドット数の部分がイマイチ
	理解できません、とほほ。

	SETPAGEの件もあるので、MSX−C入門下巻のライブラリは
	諦めて、MSX−CLibraryを使うことにしました。

	で、SETPAGEとPSETのサンプルとして、Mファン1993年6−7月号
	の「紙芝居&動画教室」のサンプルをC言語化することにしました。
	(フレイが走るやつです)

	関数も揃ったし、すんなりC言語化できると思ったら..
	BLOADだと!!ぐぬぬ、盲点だったよ..

	*これでまた資料とニラメッコしないと..まだまだ完成までは遠いなぁ..

>2018年8月19日:つくるRPGゲームその17
	PSETはそれらしいマシン語コードがテクハンにありました。
	詳細は見てませんが、何とかなりそう。

	SETPAGEは、SUB−ROMのBIOSコールでありました。
	ただ、MSX2ではSUB−ROMへのDOSからのインタースロットコール
	ができないので、

	摩訶不思議というかトリッキーというか、訳わかんない方法で呼び出す
	必要があります。(詳細は、データパックorテクガイ参照)

	ちなみに、MSX2+とturboRはSUB−ROMへのDOSからの
	インタースロットコールができます。サンプル作りました、こんな感じ..

====== beep.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"mcd.h"

MCODE	_sbinslt[128]={
0xfd,0x2a,0xf7,0xfa,
0xcd,0x1c,0x00,
0xfb,
0xc9
};

MCODE	jp17d[128]={
0xdd,0x21,0x7d,0x01,
0xcd,0xff,0xff,
0xc9
};

main()
{
VOID	(*aa)();

	jp17d[5]=LADR(_sbinslt);
	jp17d[6]=HADR(_sbinslt);

	aa=(VOID (*)())jp17d;
	(*aa)();
}
====== end ======

	SUB−ROMのBEEP(017Dh)をインタースロットコールで呼んでます。
	実行するとDOS上でBEEP音がなります。(予めBASICでSETBEEP
	しておく必要あり)

	MAIN−ROMのスロット番号を参照するところを、SUB−ROMのスロット番号
	を参照するよう書き換えただけです。

	これをSUB−ROMコールにしたいのですが、自宅実機がMSX2なので、
	残念ながら、訳わかんない方法の方で作り込まないといけません、とほほ。

	*ちなみに、MSX−CLibraryにsetpg()というズバリの関数があります。
	このライブラリ持ってる方は、これを使ってもいいかも!!

>2018年8月15日:つくるRPGゲームその16
	RPGゲームからは横道に逸れまくりなんですが、
	ファンダムゲームのC言語化−後編−です。

	けろけろGOLFは、残念ながらプログラム本体の説明が
	Mファンにないので、今回は見送ることにしました。

	代わりに「いんふるえんざ作、たまいれ」
	(Mファン1994年4−5月号)を移植しようと思います。

	当時、思わず童心に帰って、キーボードを連打したMファン読者
	が多くいたと思います。kalもそんな読者の一人でした。

	マシン語の解析はまだしてませんが、多分問題ないと思います。
	BASICの方が、ちょっとマズイ!!

	SETPAGEとPSETがMSX−C入門下巻のライブラリに
	ありません。これをマシン語orC言語で何とかしないといけません。

	手持ちの資料をひっくり返して、何とかクリアしたい!!
	
>2018年8月10日:TELNETパソ通
	mosakuさんが「網元さん2」を再開するかもしれない!?
	ということで、ここ数日フライングでMSXから接続を試みてました。

	結果はことごとく失敗だったんですが、
	原因がどっちなのか?(mosakuさん側の準備ができてないか、kal側の
	不備か)が分からないので、

	kalのLAN内に「MTBBS」というフリーソフトの掲示板を立てて、
	MSXからアクセスしてみました。

	結果はうまく行きました、ほっ。もうしばらく待って、mosakuさんの
	掲示板にもアクセスしてみたいです。

	〜MSXからTELNETアクセス〜
	・MSX−DOS2環境
	・漢字ROM(日本語表示用)
	・Sunrise製シリアルカートリッジ「RS232C」
	・ネットスタックInterNestorLite+関連ネットワークソフト
	・LANアクセス:アクセスサーバ(例えばCENTURY製AS−110)
	・インターネットアクセス:回線+ルーター(例えばモバイルWiFiルーター)

	テストの様子..

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/bbs.jpg

	*MSX側:kal、PC側:kal2
	
>2018年8月5日:ファンダムゲームのC言語化−前編−
	今までのメモをまとめて、タイトルの名前で
	ドキュメントに追加しておきました。

	これで今年の目標「MSXネタ3つ」達成です!!ほっ。
	更なる上積みを目指して、頑張るぞ!!

>2018年8月5日:つくるRPGゲームその15
	で、でけたー!!長かった..

	最後の第8段階目で、ちょろっと苦労した点などをまとめて
	おきます。

	1.マシン語とのやり取り
	BASICの場合は、F663hに戻り値のタイプを設定してHLレジスタに戻り値
	を設定するそうです。C言語の場合は、CHAR型はAレジスタ、その他はHLレジスタに
	戻り値を設定します。

	ところが、マシン語のワークエリアをCの配列で持ってるので、直接そこを見ることに
	しました。

	2.WIDTH32
	画面の幅を変えるBASICの命令です。これをDOSのプログラムの中で実行します。
	いろいろ資料を引っ掻き回して、F3AFh(LINL32)を32にして、
	BIOSの6Fh(INIT32)をインタースロットコールすることにしました。
	正解の方法ではないかもしれませんが、一応画面幅が32になりました。

	3.秒数表示
	ゲームスタートから自キャラが壁に当たるまでの秒数を、1秒ごとに画面に表示するんですが、
	これが面倒くさい!!BASICでは便利なルーチンがあるようで、サクっとやってますが、
	それをDOS側から実行するのは至難の業!?

	というわけで、ここはCの関数にしました。タイマー割り込みに登録する処理は、
	マシン語のルーチンでもいいし、Cの関数でもいいわけです。

	4.ゲームシステム変更
	このゲーム終了しません。なので、スペースで再ゲーム、ESCキーで終了に
	なるように変更しました。また画面の色、表示文字をビミョーに変えてます。

	5.turboRで動かない!?
	ずっと、エミュレータで作ってたんですが、完成したので実機でも試してみようと
	思ったら、turboRでフリーズしてしまう!?z80モードにすればいいのかな?
	うーん..

	最悪turboRでは実行しないでください(おいおい

	*これからネタとしてまとめて、HPに上げたいと思います。
	(ソース長いのでここに載せません。ネタが完成したら、そちらで確認してください)

>2018年7月31日:一人リリーフ大作戦!?
	野球のピッチャーの話です。一人で先発、中継ぎ、抑えをこなそうってネタです。
	今日ニュースで、石原さとみの始球式の映像を見てたら、何故だか思い付きました。

	まず前提として、「両投げ」が必要です。この時点で、できる投手が「かなり」
	限られます。なのでプロ、アマ、甲子園、草野球ほかで、やる人はいないと思います。

	でもまあ、一応メモしておきます。例えば左でスピードがでる場合..

	1〜3回:左でストレート主体で投げる。
	4〜6回:右でスローボール、変化球主体で投げる。
	7〜9回:左でストレート、フォーク主体で投げる。

	メリットとして、肩、肘への負担が抑えられて完投できる、相手に球筋、タイミングを
	見切られるのを防ぐなどがあると思います。

	また、投球回数、球種は、各自の特徴や試合展開にに合わせて変更すればいいと思います。
	さらに、左右で得意不得意がある打者に合わせて、ピンポイントで左右を切り替えるのも
	アリかも。

	*投げ方を変えてもいいかも。左で2段モーション、右でマサカリとか!?

	そもそも打者でスイッチヒッター(両打ち)がいるので、両投げもアリだと
	思います!!

	*ちょろっと練習すれば、草野球レベルなら十分通用するかも!?

>2018年7月29日:つくるRPGゲームその14
	サンプル第7段階目。上から落ちてくる壁と自キャラの衝突判定が
	加わります。これもC言語化においては、真新しい点はないので割愛します。

	*変更点は、メインで30秒で終了してた部分を衝突したら終了に変更するのと、
	タイマ割込みの処理に衝突判定を加える、の2点。

	これで一応ゲームの形にはなりました。次回、第8段階目で終了です。
	第8段階目は、BGM、画面表示、メイン再実行の処理が加わります。

	ザーっと見た感じ、BASICとマシン語のやり取りの部分が
	ややこしい感じ。

	でもC言語ならサクっといくかも!?

>2018年7月22日:つくるRPGゲームその13
	サンプル第5段階目。スプライトの表示速度、表示方法に手を加えます。
	C言語化においては、真新しい点はなかったので、割愛します。
	(一応プログラムは作って、ちゃんと動くのを確認しました)

	ということで、サンプル第6段階目。今回からやっと自キャラが登場します。
	自キャラを動かすキー入力も追加になります。

	上からランダムに落ちてくる8個のスプライト(正方形のカベ)を、
	画面下にいる自キャラ(同じく正方形のスプライト)が左右に動いて
	避けます。やっとゲームっぽくなってきました。

====== mcd.h ======
typedef	char	MCODE;
typedef	char	MDATA;

#define	LADR(a)	(MCODE)((int)a&0x00ff)
#define	HADR(a)	(MCODE)((int)a>>8)

MCODE	_inslt[9]={
0xfd,0x2a,0xc0,0xfc, /* ld iy,(exptbl-1) */
0xcd,0x1c,0x00,	/* call calslt */
0xfb,		/* ei */
0xc9		/* ret */
};

MCODE	jpa2[8]={
0xdd,0x21,0xa2,0x00, /* ld ix,00a2h */
0xcd,0xff,0xff,	/* call _inslt */
0xc9		/* ret */
};

MCODE	jp4d[8]={
0xdd,0x21,0x4d,0x00, /* ld ix,004dh */
0xcd,0xff,0xff,	/* call _inslt */
0xc9		/* ret */
};

MCODE	jpd5[8]={
0xdd,0x21,0xd5,0x00, /* ld ix,00d5h */
0xcd,0xff,0xff,	/* call _inslt */
0xc9		/* ret */
};

VOID	_inita()
{
	jpa2[5]=LADR(_inslt);
	jpa2[6]=HADR(_inslt);

	jp4d[5]=LADR(_inslt);
	jp4d[6]=HADR(_inslt);

	jpd5[5]=LADR(_inslt);
	jpd5[6]=HADR(_inslt);
}
====== end ======

====== bb6.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"libc.h"
#include	"mcd.h"

union	{
struct	{
MDATA	HOKBAK[5];
MDATA	COUNT1[1];
MDATA	COUNT2[1];
MDATA	MEX[1];
MDATA	MEDX[1];
MDATA	SPEED[2];
MDATA	WALLY[2];
MDATA	WALLX[16];
}	W;

MDATA	D[29];
}	U;

MCODE	tovram[128]={
0xe5,		/* :push hl */
0xdd,0xe5,	/* :push ix */
0xcd,0xff,0xff,	/* :call 4dh */
0xdd,0xe1,	/* :pop ix */
0xe1,		/* :pop hl */
0x23,		/* :inc hl */
0xc9		/* :ret */
};

MCODE	dsp1wl[128]={
0x3a,0xff,0xff,	/* 0:ld a,(WALLY+1) */
0x91,		/* 3:sub c */
0xd6,0x11,	/* 4:sub 17 */
0xfe,0xf1,	/* 6:cp 241 */
0x30,0x11,	/* 8:jr nc,DSP1W2 */
0xfe,0xc0,	/* 10:cp 192 */
0x38,0x0d,	/* 12:jr c,DSP1W2 */

0xed,0x5f,	/* 14:DSP1W1:ld a,r */
0xe6,0x70,	/* 16:and 70h */
0xdd,0x77,0x00,	/* 18:ld (ix+0),a */
0xdd,0x36,0x01,0x01, /* 21:ld (ix+1),1 */
0x3e,0xd1,	/* 25:ld a,209 */

0xcd,0xff,0xff,	/* 27:DSP1W2:call tovram */
0xdd,0x7e,0x00,	/* 30:ld a,(ix+0) */
0xcd,0xff,0xff,	/* 33:call tovram */
0xdd,0x7e,0x01,	/* 36:ld a,(ix+1) */
0xcd,0xff,0xff,	/* 39:call tovram */
0x3e,0x0f,	/* 42:ld a,15 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 44:call tovram */
0xc9		/* 47:ret */
};

MCODE	dspwal[128]={
0x06,0x08,	/* :ld b,8 */
0x0e,0x00,	/* :ld c,0 */
0xdd,0x21,0xff,0xff, /* :ld ix,WALLX */
0x21,0x04,0x1b,	/* :ld hl,1b04h */
0xc5,		/* :DSPWL1:push bc */
0xcd,0xff,0xff,	/* :call dsp1wl */
0xc1,		/* :pop bc */
0x79,		/* :ld a,c */
0xc6,0x20,	/* :add a,32 */
0x4f,		/* :ld c,a */
0xdd,0x23,	/* :inc ix */
0xdd,0x23,	/* :inc ix */
0x10,0xf1,	/* :djnz DSPWL1 */
0xc9		/* :ret */
};

MCODE	dspme[128]={
0x21,0x00,0x1b,	/* 0:ld hl,1b00h */
0x3e,0xaf,	/* 3:ld a,175 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 5:call tovram */
0x3a,0xff,0xff,	/* 8:ld a,(MEX) */
0xcd,0xff,0xff,	/* 11:call tovram */
0x3e,0x02,	/* 14:ld a,2 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 16:call tovram */
0x3e,0x0f,	/* 19:ld a,15 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 21:call tovram */
0xc9		/* 24:ret */
};

MCODE	getkey[128]={
0x3e,0x00,	/* 0:ld a,0 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 2:call d5h */
0xf5,		/* 5:push af */
0x3e,0x01,	/* 6:ld a,1 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 8:call d5h */
0xc1,		/* 11:pop bc */
0x80,		/* 12:add a,b */
0x21,0xff,0xff,	/* 13:ld hl,MEDX */
0xfe,0x03,	/* 16:cp 3 */
0x28,0x09,	/* 18:jr z,TOR */
0xfe,0x07,	/* 20:cp 7 */
0xc0,		/* 22:ret nz */
0x3e,0xff,	/* 23:ld a,255 */
0x32,0xff,0xff,	/* 25:ld (MEDX),a */
0xc9,		/* 28:ret */
0x3e,0x01,	/* 29:TOR:ld a,1 */
0x32,0xff,0xff,	/* 31:ld (MEDX),a */
0xc9		/* 34:ret */
};

MCODE	intval[128]={
0xf5,		/* 0:push af */
0xc5,		/* 1:push bc */
0xd5,		/* 2:push de */
0xe5,		/* 3:push hl */
0xdd,0xe5,	/* 4:push ix */

0x21,0xff,0xff,	/* 6:ld hl,COUNT1 */
0x34,		/* 9:inc (hl) */
0x7e,		/* 10:ld a,(hl) */
0xfe,0x3c,	/* 11:cp 60 */
0x20,0x12,	/* 13:jr nz,INTVL1 */
0x36,0x00,	/* 15:ld (hl),0 */
0x21,0xff,0xff,	/* 17:ld hl,COUNT2 */
0x34,		/* 20:inc (hl) */

0x2a,0xff,0xff,	/* 21:ld hl,(SPEED) */
0x11,0x0a,0x00,	/* 24:ld de,10 */
0x19,		/* 27:add hl,de */
0x38,0x03,	/* 28:jr c,INTVL1 */
0x22,0xff,0xff,	/* 30:ld (SPEED),hl */

0x2a,0xff,0xff,	/* 33:INTVL1:ld hl,(WALLY) */
0xed,0x5b,0xff,0xff, /* 36:ld de,(SPEED) */
0x19,		/* 40:add hl,de */
0x22,0xff,0xff,	/* 41:ld (WALLY),hl */

0x3a,0xff,0xff,	/* 44:ld a,(MEDX) */
0x21,0xff,0xff,	/* 47:ld hl,MEX */
0xa7,		/* 50:and a */
0x28,0x25,	/* 51:jr z,INTVL3 */
0x3d,		/* 53:dec a */
0x7e,		/* 54:ld a,(hl) */
0x28,0x10,	/* 55:jr z,INTVL2 */
0xfe,0x01,	/* 57:cp 1 */
0x38,0x1d,	/* 59:jr c,INTVL3 */
0x35,		/* 61:dec (hl) */
0x7e,		/* 62:ld a,(hl) */
0xe6,0x0f,	/* 63:and 15 */
0x20,0x17,	/* 65:jr nz,INTVL3 */
0xaf,		/* 67:xor a */
0x32,0xff,0xff,	/* 68:ld (MEDX),a */
0x18,0x11,	/* 71:jr INTVL3 */

0xfe,0x70,	/* 73:INTVL2:cp 112 */
0x30,0x0c,	/* 75:jr nc,INTVL3 */
0x34,		/* 77:inc (hl) */
0x7e,		/* 78:ld a,(hl) */
0xe6,0x0f,	/* 79:and 15 */
0x20,0x06,	/* 81:jr nz,INTVL3 */
0xaf,		/* 83:xor a */
0x32,0xff,0xff,	/* 84:ld (MEDX),a */
0x18,0x00,	/* 87:jr INTVL3 */

/* :INTVL3: */

0xdd,0xe1,	/* 89:pop ix */
0xe1,		/* 91:pop hl */
0xd1,		/* 92:pop de */
0xc1,		/* 93:pop bc */
0xf1,		/* 94:pop af */
0xc9		/* 95:ret */
};

MCODE	bb6main[128]={
0x21,0x9f,0xfd,	/* 0:ld hl,fd9fh */
0x11,0xff,0xff,	/* 3:ld de,HOKBAK */
0x01,0x05,0x00,	/* 6:ld bc,5 */
0xed,0xb0,	/* 9:ldir */

0xf3,		/* 11:di */
0x3e,0xf7,	/* 12:ld a,f7h */
0x32,0x9f,0xfd,	/* 14:ld (fd9fh),a */
0x3a,0x41,0xf3,	/* 17:ld a,(f341h) */
0x32,0xa0,0xfd,	/* 20:ld (fd9fh+1),a */
0x21,0xff,0xff,	/* 23:ld hl,intval */
0xed,0x63,0xa1,0xfd, /* 26:ld (fd9fh+2),hl */
0x3e,0xd9,	/* 30:ld a,c9h */
0x32,0xa3,0xfd,	/* 32:ld (fd9fh+4),a */
0xfb,		/* 35:ei */

0xdd,0x21,0xff,0xff, /* 36:ld ix,WALLX */
0xdd,0x36,0x01,0x01, /* 40:ld (ix+1),1 */
0x21,0x64,0x00,	/* 44:ld hl,100 */
0x22,0xff,0xff,	/* 47:ld (SPEED),hl */

0xcd,0xff,0xff,	/* 50:MAIN:call dspwal */
0xcd,0xff,0xff,	/* 53:call getkey */
0xcd,0xff,0xff,	/* 56:call dspme */
0x3a,0xff,0xff,	/* 59:ld a,(COUNT2) */
0xfe,0x1e,	/* 62:cp 30 */
0x38,0xf0,	/* 64:jr c,MAIN */

0xf3,		/* 66:di */
0x21,0xff,0xff,	/* 67:ld hl,HOKBAK */
0x11,0x9f,0xfd,	/* 70:ld de,fd9fh */
0x01,0x05,0x00,	/* 73:ld bc,5 */
0xed,0xb0,	/* 76:ldir */
0xfb,		/* 78:ei */

0xc9		/* 73:ret */
};

VOID	seta()
{
int	i;

	_inita();

	for(i=0;i<29;i++){
	U.D[i]=0;
	}

	tovram[4]=LADR(jp4d);
	tovram[5]=HADR(jp4d);

	dsp1wl[1]=LADR(&U.W.WALLY[1]);
	dsp1wl[2]=HADR(&U.W.WALLY[1]);

	dsp1wl[28]=LADR(tovram);
	dsp1wl[29]=HADR(tovram);
	dsp1wl[34]=LADR(tovram);
	dsp1wl[35]=HADR(tovram);
	dsp1wl[40]=LADR(tovram);
	dsp1wl[41]=HADR(tovram);
	dsp1wl[45]=LADR(tovram);
	dsp1wl[46]=HADR(tovram);

	dspwal[6]=LADR(U.W.WALLX);
	dspwal[7]=HADR(U.W.WALLX);
	dspwal[13]=LADR(dsp1wl);
	dspwal[14]=HADR(dsp1wl);

	intval[7]=LADR(U.W.COUNT1);
	intval[8]=HADR(U.W.COUNT1);
	intval[18]=LADR(U.W.COUNT2);
	intval[19]=HADR(U.W.COUNT2);

	intval[22]=LADR(U.W.SPEED);
	intval[23]=HADR(U.W.SPEED);
	intval[31]=LADR(U.W.SPEED);
	intval[32]=HADR(U.W.SPEED);

	intval[34]=LADR(U.W.WALLY);
	intval[35]=HADR(U.W.WALLY);
	intval[38]=LADR(U.W.SPEED);
	intval[39]=HADR(U.W.SPEED);
	intval[42]=LADR(U.W.WALLY);
	intval[43]=HADR(U.W.WALLY);

	intval[45]=LADR(U.W.MEDX);
	intval[46]=HADR(U.W.MEDX);
	intval[48]=LADR(U.W.MEX);
	intval[49]=HADR(U.W.MEX);

	intval[69]=LADR(U.W.MEDX);
	intval[70]=HADR(U.W.MEDX);
	intval[85]=LADR(U.W.MEDX);
	intval[86]=HADR(U.W.MEDX);
}

VOID	seta2()
{
	dspme[9]=LADR(U.W.MEX);
	dspme[10]=HADR(U.W.MEX);

	dspme[6]=LADR(tovram);
	dspme[7]=HADR(tovram);
	dspme[12]=LADR(tovram);
	dspme[13]=HADR(tovram);

	dspme[17]=LADR(tovram);
	dspme[18]=HADR(tovram);
	dspme[22]=LADR(tovram);
	dspme[23]=HADR(tovram);

	getkey[3]=LADR(jpd5);
	getkey[4]=HADR(jpd5);
	getkey[9]=LADR(jpd5);
	getkey[10]=HADR(jpd5);

	getkey[14]=LADR(U.W.MEDX);
	getkey[15]=HADR(U.W.MEDX);
	getkey[26]=LADR(U.W.MEDX);
	getkey[27]=HADR(U.W.MEDX);
	getkey[32]=LADR(U.W.MEDX);
	getkey[33]=HADR(U.W.MEDX);

	bb6main[4]=LADR(U.W.HOKBAK);
	bb6main[5]=HADR(U.W.HOKBAK);

	bb6main[24]=LADR(intval);
	bb6main[25]=HADR(intval);

	bb6main[38]=LADR(U.W.WALLX);
	bb6main[39]=HADR(U.W.WALLX);
	bb6main[48]=LADR(U.W.SPEED);
	bb6main[49]=HADR(U.W.SPEED);

	bb6main[51]=LADR(dspwal);
	bb6main[52]=HADR(dspwal);
	bb6main[54]=LADR(getkey);
	bb6main[55]=HADR(getkey);
	bb6main[57]=LADR(dspme);
	bb6main[58]=HADR(dspme);

	bb6main[60]=LADR(U.W.COUNT2);
	bb6main[61]=HADR(U.W.COUNT2);

	bb6main[68]=LADR(U.W.HOKBAK);
	bb6main[69]=HADR(U.W.HOKBAK);
}

char	spr2[8]={
0xff,0xff,0xc3,0xc3,
0xc3,0xc3,0xff,0xff
};

char	spr1[8]={
0xff,0xff,0xff,0xff,
0xff,0xff,0xff,0xff
};

char	spr0[8]={
0x00,0x00,0x00,0x00,
0x00,0x00,0x00,0x00
};

main()
{
VOID	(*aa)();

	seta();
	seta2();

	screen(1);
	inispr(1);

	sprite(0,spr0);
	sprite(1,spr1);
	sprite(2,spr2);

	aa=(VOID (*)())bb6main;
	(*aa)();
}
====== end ======

	*ヘッダファイルにキー入力を受け付けるBIOSコール(D5H)を追加しました。

	第1段階目から地味〜にやってきたせいか、システマティックにC言語化できる
	ようになってきました。このまま8段階目までできそうな感じ。

	今のところ..

	1.BASICからのBIOSコールをDOSからのインタースロットコール
	に置き換える。

	2.BASICからの割込み処理をDOSからの割込み処理(同じくインタースロットコール)
	に置き換える。

	この2点に注意すれば、あとはそのままBASICのDATA文をC言語の
	配列に入れるだけで、スンナリC言語化ができるようです。

	*ただし、あとでアドレスの設定が必要。
	
>2018年7月16日:つくるRPGゲームその12
	サンプル、第4段階目。今まで1つだったスプライトを
	8個にします。

	今回は特に難しい所はなく、割込み処理の所を前回のプログラムから流用すれば、
	機械的にBASICのDATA文をマシン語コード配列に入れるだけで、
	スンナリできました。

====== bb4.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"libc.h"
#include	"mcd.h"

union	{
struct	{
MDATA	HOKBAK[5];
MDATA	COUNT1[1];
MDATA	COUNT2[1];
MDATA	WALLY[1];
MDATA	WALLX[8];
}	W;

MDATA	D[16];
}	U;

MCODE	tovram[128]={
0xe5,		/* 0:push hl */
0xdd,0xe5,	/* 1:push ix */
0xcd,0xff,0xff,	/* 3:call jp4d */
0xdd,0xe1,	/* 6:pop ix */
0xe1,		/* 8:pop hl */
0x23,		/* 9:inc hl */
0xc9		/* 10:ret */
};

MCODE	dsp1wl[128]={
0x3a,0xff,0xff,	/* 0:ld a,(WALLY) */
0x91,		/* 3:sub c */
0xd6,0x11,	/* 4:sub 17 */
0xfe,0xf1,	/* 6:cp 241 */
0x30,0x0d,	/* 8:jr nc,DSP1W2 */
0xfe,0xc0,	/* 10:cp 192 */
0x38,0x09,	/* 12:jr c,DSP1W2 */
0xed,0x5f,	/* 14:DSP1W1:ld a,r */
0xe6,0x70,	/* 16:and 70h */
0xdd,0x77,0x00,	/* 18:ld (ix+0),a */
0x3e,0xd1,	/* 21:ld a,209 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 23:DSP1W2:call tovram */
0xdd,0x7e,0x00,	/* 26:ld a,(ix+0) */
0xcd,0xff,0xff,	/* 29:call tovram */
0x3e,0x00,	/* 32:ld a,0 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 34:call tovram */
0x3e,0x0f,	/* 37:ld a,15 */
0xcd,0xff,0xff,	/* 39:call tovram */
0xc9		/* 42:ret */
};

MCODE	dspwal[128]={
0x06,0x08,	/* 0:ld b,8 */
0x0e,0x00,	/* 2:ld c,0 */
0xdd,0x21,0xff,0xff, /* 4:ld ix,WALLX */
0x21,0x00,0x1b, /* 8:ld hl,1b00h */
0xc5,		/* 11:DSPWL1:push bc */
0xcd,0xff,0xff,	/* 12:call dsp1wl */
0xc1,		/* 15:pop bc */
0x79,		/* 16:ld a,c */
0xc6,0x20,	/* 17:add a,32 */
0x4f,		/* 19:ld c,a */
0xdd,0x23,	/* 20:inc ix */
0x10,0xf3,	/* 22:djnz DSPWL1 */
0xc9		/* 24:ret */
};

MCODE	intval[128]={
0xf5,		/* 0:push af */
0xc5,		/* 1:push bc */
0xd5,		/* 2:push de */
0xe5,		/* 3:push hl */
0xdd,0xe5,	/* 4:push ix */

0x21,0xff,0xff,	/* 6:ld hl,COUNT1 */
0x34,		/* 9:inc (hl) */
0x7e,		/* 10:ld a,(hl) */
0xfe,0x3c,	/* 11:cp 60 */
0x20,0x06,	/* 13:jr nz,INTVL1 */
0x36,0x00,	/* 15:ld (hl),0 */
0x21,0xff,0xff,	/* 17:ld hl,COUNT2 */
0x34,		/* 20:inc (hl) */

0x3a,0xff,0xff,	/* 21:INTVL1:ld a,(WALLY) */
0x3c,		/* 24:inc a */
0x32,0xff,0xff,	/* 25:ld (WALLY),a */

0xdd,0xe1,	/* 28:pop ix */
0xe1,		/* 29:pop hl */
0xd1,		/* 30:pop de */
0xc1,		/* 31:pop bc */
0xf1,		/* 32:pop af */
0xc9		/* 33:ret */
};

MCODE	bb4main[128]={
0x21,0x9f,0xfd,	/* 0:ld hl,fd9fh */
0x11,0xff,0xff,	/* 3:ld de,HOKBAK */
0x01,0x05,0x00,	/* 6:ld bc,5 */
0xed,0xb0,	/* 9:ldir */

0xf3,		/* 11:di */
0x3e,0xf7,	/* 12:ld a,f7h */
0x32,0x9f,0xfd,	/* 14:ld (fd9fh),a */
0x3a,0x41,0xf3,	/* 17:ld a,(f341h) */
0x32,0xa0,0xfd,	/* 20:ld (fd9fh+1),a */
0x21,0xff,0xff,	/* 23:ld hl,intval */
0xed,0x63,0xa1,0xfd, /* 26:ld (fd9fh+2),hl */
0x3e,0xc9,	/* 30:ld a,c9h */
0x32,0xa3,0xfd,	/* 32:ld (fd9fh+4),a */
0xfb,		/* 35:ei */

0xcd,0xff,0xff,	/* 36:MAIN: call dspwal */
0x3a,0xff,0xff,	/* 39:ld a,(COUNT2) */
0xfe,0x1e,	/* 42:cp 30 */
0x38,0xf6,	/* 44:jr c,MAIN */

0xf3,		/* 46:di */
0x21,0xff,0xff,	/* 47:ld hl,HOKBAK */
0x11,0x9f,0xfd,	/* 50:ld de,fd9fh */
0x01,0x05,0x00,	/* 53:ld bc,5 */
0xed,0xb0,	/* 56:ldir */
0xfb,		/* 58:ei */

0xc9,		/* 59:ret */
};

char	spr[8]={
0xff,0xfd,0xff,0xfd,
0xff,0xfd,0xff,0xfd
};

VOID	seta()
{
int	i;

	for(i=0;i<16;i++){
	U.D[i]=0;
	}

	_inita();

	tovram[4]=LADR(jp4d);
	tovram[5]=HADR(jp4d);

	dspwal[6]=LADR(U.W.WALLX);
	dspwal[7]=HADR(U.W.WALLX);
	dspwal[13]=LADR(dsp1wl);
	dspwal[14]=HADR(dsp1wl);

	dsp1wl[1]=LADR(U.W.WALLY);
	dsp1wl[2]=HADR(U.W.WALLY);

	dsp1wl[24]=LADR(tovram);
	dsp1wl[25]=HADR(tovram);

	for(i=0;i<3;i++){
	dsp1wl[30+i*5]=LADR(tovram);
	dsp1wl[31+i*5]=HADR(tovram);
	}

	intval[7]=LADR(U.W.COUNT1);
	intval[8]=HADR(U.W.COUNT1);
	intval[18]=LADR(U.W.COUNT2);
	intval[19]=HADR(U.W.COUNT2);

	intval[22]=LADR(U.W.WALLY);
	intval[23]=HADR(U.W.WALLY);
	intval[26]=LADR(U.W.WALLY);
	intval[27]=HADR(U.W.WALLY);

	bb4main[4]=LADR(U.W.HOKBAK);
	bb4main[5]=HADR(U.W.HOKBAK);

	bb4main[24]=LADR(intval);
	bb4main[25]=HADR(intval);

	bb4main[37]=LADR(dspwal);
	bb4main[38]=HADR(dspwal);
	bb4main[40]=LADR(U.W.COUNT2);
	bb4main[41]=HADR(U.W.COUNT2);

	bb4main[48]=LADR(U.W.HOKBAK);
	bb4main[49]=HADR(U.W.HOKBAK);
}

main()
{
VOID	(*aa)();

	seta();

	screen(1);
	inispr(1);

	sprite(0,spr);

	aa=(VOID (*)())bb4main;
	(*aa)();
}
====== end ======

	X座標に、Rレジスタを使った乱数を用いることで、8個のスプライトが
	ランダムに上から降ってきます。

>2018年7月15日:つくるRPGゲームその11
	手持ちの資料を引っかき回して、以下の結論に至りました。

	「DOSからタイマ割込をするときは、ページ0のRAMにある
	自前のルーチンをインタースロットコールするよう、フックを書き換える」

	これに従って、前回作ったプログラムを修正しました。こんな感じ..

====== bb3.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"libc.h"
#include	"mcd.h"

MDATA	HOKBAK[5];
MDATA	WALLY[1];

MCODE	tovram[7]={
0xe5,0xcd,0xff,0xff,
0xe1,0x23,0xc9
};

MCODE	dspwal[25]={
0x21,0x00,0x1b,0x3a,
0xff,0xff,0xcd,0xff,
0xff,0x3e,0x1e,0xcd,
0xff,0xff,0x3e,0x00,
0xcd,0xff,0xff,0x3e,
0x0f,0xcd,0xff,0xff,
0xc9
};

MCODE	intval[128]={
/* 0:push af */
0xf5,
/* 1:ld a,(WALLY) */
0x3a,0xff,0xff,
/* 4:inc a */
0x3c,
/* 5:ld (WALLY),a */
0x32,0xff,0xff,
/* 8:pop af */
0xf1,
/* 9:ret */
0xc9
};

MCODE	bb3main[128]={
/* 0:ld hl,fd9fh */
0x21,0x9f,0xfd,
/* 3:ld de,HOKBAK */
0x11,0xff,0xff,
/* 6:ld bc,5 */
0x01,0x05,0x00,
/* 9:ldir */
0xed,0xb0,

/* 11:di */
0xf3,
/* 12:ld a,f7h */
0x3e,0xf7,
/* 14:ld (fd9fh),a */
0x32,0x9f,0xfd,
/* 17:ld a,(f341h) */
0x3a,0x41,0xf3,
/* 20:ld (fd9fh+1),a */
0x32,0xa0,0xfd,
/* 23:ld hl,intval */
0x21,0xff,0xff,
/* 26:ld (fd9fh+2),hl */
0xed,0x63,0xa1,0xfd,
/* 30:ld a,c9h */
0x3e,0xc9,
/* 32:ld (fd9fh+4),a */
0x32,0xa3,0xfd,
/* 35:ei */
0xfb,

/* 36:ld a,0 */
0x3e,0x00,
/* 38:ld (WALLY),a */
0x32,0xff,0xff,

/* 41:MAIN: call dspwal */
0xcd,0xff,0xff,
/* 44:ld a,(WALLY) */
0x3a,0xff,0xff,
/* 47:cp 180 */
0xfe,0xb4,
/* 49:jr nz,MAIN */
0x20,0xf6,

/* 51:di */
0xf3,
/* 52:ld hl,HOKBAK */
0x21,0xff,0xff,
/* 55:ld de,fd9fh */
0x11,0x9f,0xfd,
/* 58:ld bc,5 */
0x01,0x05,0x00,
/* 61:ldir */
0xed,0xb0,
/* 63:ei */
0xfb,

/* 64:ret */
0xc9
};

char	spr[8]={
0xff,0xfd,0xff,0xfd,
0xff,0xfd,0xff,0xfd
};

VOID	seta()
{
int	i;

	_inita();

	tovram[2]=LADR(jp4d);
	tovram[3]=HADR(jp4d);

	dspwal[4]=LADR(WALLY);
	dspwal[5]=HADR(WALLY);

	for(i=0;i<4;i++){
	dspwal[7+i*5]=LADR(tovram);
	dspwal[8+i*5]=HADR(tovram);
	}

	intval[2]=LADR(WALLY);
	intval[3]=HADR(WALLY);
	intval[6]=LADR(WALLY);
	intval[7]=HADR(WALLY);

	bb3main[4]=LADR(HOKBAK);
	bb3main[5]=HADR(HOKBAK);

	bb3main[24]=LADR(intval);
	bb3main[25]=HADR(intval);

	bb3main[39]=LADR(WALLY);
	bb3main[40]=HADR(WALLY);
	bb3main[42]=LADR(dspwal);
	bb3main[43]=HADR(dspwal);
	bb3main[45]=LADR(WALLY);
	bb3main[46]=HADR(WALLY);

	bb3main[53]=LADR(HOKBAK);
	bb3main[54]=HADR(HOKBAK);
}

main()
{
VOID	(*aa)();

	seta();

	screen(1);
	inispr(1);

	sprite(0,spr);

	aa=(VOID (*)())bb3main;
	(*aa)();
}
====== end ======

	実行すると、今までウンともスンとも言わなかったスプライトが
	上から下にもっさりと動いてくれました。

	これを見た瞬間、思わず両手をあげて「エイドリアーン!!!!!」と
	叫んでしまいました(おいおい

	壁を1つ越えた感じ。8段階目まで何とかクリアするぞ!!

	*てか、「DOSからタイマ割込み」って、データパックやテクハンに
	サンプルコード付きで載っててもいいと思う..何やってんだアスキー!!(おいおい

>2018年7月12日:ジンギスハン
	北海道のソウルフード?の羊の肉を使った焼肉料理。

	名前は知ってたんですが、羊の肉とは知りませんでした。
	北海道では、花見のときには必ず?ジンギスハンを食べるそうで。

	ということは、にがさんもジンギスハン食べまくりなのかな?
	今度機会があったら食べてみたい!!
	
>2018年7月9日:つくるRPGゲームその10
	さて、サンプルの第3段階目です。Y座標の計算を
	割り込み処理でしようってネタです。

	サンプルコードをそのままマシン語コード配列に入れて、
	関数として実行するも、

	まんまと上手く行きません。どうやらBASICから割り込み処理するのと、
	MSX−DOSから割り込み処理するのとでは、勝手が違うようです。

	DOSから割り込み処理をネットで調べるも、ちょっと難しい!!
	すんなり諦めて「なんちゃってDOSから割り込み処理」を考えていたら..

	またしても部屋に埋もれている資料を見つけました。

	「GENUINE NETWORK、MSXクリエイターズガイドブック」

	にゃんたっくさん、ねこにゃんにゃん☆さん(その他AtoCさん、MIJINKOさんなど)
	が関わったMSX同人誌です。なんか師匠が大喜びしそうな内容かも(ホントか?

	確か20年ほど前に、アキバの損保会館のMSXイベントで買ったと記憶してます。

	そのときにkalに向かって??、「それじゃダメなんだよ!!」と大声でわめいている人がいて、
	回りの人が「どぉーどぉー」となだめたのを今でも覚えてます。

	kalはイベントというと、自分の興味のある分野のアイテムをゲットして
	「ハイさよなら」とソッコーで帰るタイプなんですが、

	どうやら大声でわめいてた人は、イベント開催者とイベント参加者の交流に
	重きを置く人だったらしく、スタコラサッサと帰るkalが気に入らなかったのかな??

	個人にクレームがある場合は、「その場で」、「直接本人に」言わないと意味が
	ないようです。大学の授業で外国人との比較で学びました。

	後になって、グチグチネチネチ言っても「後の祭り」と言って、時機遅れ、手遅れで
	無駄なことだそうで。

	かと言って、その場で直接文句を言うと..最悪命に関わるトラブルになりかねないし..
	執拗な嫌がらせの原因になるかもしれないし..

	うーん、難しい..

	kal、未だにしょーもない嫌がらせ受けてる感があるんだけど、内通者から証拠揃えて反撃した方が
	いいのかな?それともこのままスルーした方がいいのかな?

	「嫌がらせは諸刃の剣」と言って、今はkalのこと「ざまぁみろ」とか言って楽しいのかも
	しれないが、

	いずれ、自分や自分の家族に、誰が悪いのではなく、不幸が訪れるかもしれないぞ(おいおい
	そのときになって後悔しても「後悔先に立たず」だし、

	「因果応報」、「自業自得」、「身から出た錆び」という言葉が、今度は自分に
	降りかかって来るんだぞ(おいおい

	まあ、前の職場のしょーもない奴らは、ここ見てないから、何言っても無駄なんだけどネ!

	というわけで、「後の祭り」してみました(おいおい

	*で、DOSからの割り込み、見つけた資料で何とかやってみます。上手く行かなかったら、
	なんちゃって割り込みやってみます。
		
>2018年7月7日:つくるRPGゲームその9
	今日はサンプルの第2段階目、前回のスプライトを1つ表示する
	プログラムをサブルーチン化して、

	Y座標を変えて、連続で呼ぶプログラムです。前回のスプライトが
	Y軸に沿って、上から下へ流れるように動きます。

====== mcd.h ======
typedef	char	MCODE;
typedef	char	MDATA;

#define	LADR(a)	(MCODE)((int)a&0x00ff)
#define	HADR(a)	(MCODE)((int)a>>8)

MCODE	_inslt[9]={
/* ld iy,(exptbl-1) */
0xfd,0x2a,0xc0,0xfc,
/* call calslt */
0xcd,0x1c,0x00,
/* ei */
0xfb,
/* ret */
0xc9
};

MCODE	jpa2[8]={
/* ld ix,00a2h */
0xdd,0x21,0xa2,0x00,
/* call inslt */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

MCODE	jp4d[8]={
/* ld ix,004dh */
0xdd,0x21,0x4d,0x00,
/* call inslt */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

VOID	_inita()
{
	jpa2[5]=LADR(_inslt);
	jpa2[6]=HADR(_inslt);

	jp4d[5]=LADR(_inslt);
	jp4d[6]=HADR(_inslt);
}
====== end ======

====== bb2.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"libc.h"
#include	"mcd.h"

MDATA	SPRY[1];

MCODE	tovram[128]={
/* push hl */
0xe5,
/* call jp4d */
0xcd,0xff,0xff,
/* pop hl */
0xe1,
/* inc hl */
0x23,
/* ret */
0xc9
};

MCODE	dspspr[128]={
/* ld hl,1b00h */
0x21,0x00,0x1b,
/* ld a,(SPRY) */
0x3a,0xff,0xff,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,30 */
0x3e,0x1e,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,0 */
0x3e,0x00,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,15 */
0x3e,0x0f,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

MCODE	wait[128]={
/* WAIT: ld a,100 */
0x3e,0x64,
/* WAIT1: ld b,100 */
0x06,0x64,
/* WAIT2: djnz,WAIT2 */
0x10,0xfe,
/* dec a */
0x3d,
/* jr nz,WAIT1 */
0x20,0xf9,
/* ret */
0xc9
};

MCODE	bb2main[128]={
/* ld a,0 */
0x3e,0x00,
/* ld (SPRY),a */
0x32,0xff,0xff,
/* LOOP:call dspspr */
0xcd,0xff,0xff,
/* call wait */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,(SPRY) */
0x3a,0xff,0xff,
/* inc a */
0x3c,
/* ld (SPRY),a */
0x32,0xff,0xff,
/* cp 180 */
0xfe,0xb4,
/* jr nz,LOOP */
0x20,0xef,
/* ret */
0xc9
};

char	spr[8]={
0xff,0xfd,0xff,0xfd,
0xff,0xfd,0xff,0xfd
};

VOID	seta()
{
int	i;

	_inita();

	tovram[2]=LADR(jp4d);
	tovram[3]=HADR(jp4d);

	dspspr[4]=LADR(SPRY);
	dspspr[5]=HADR(SPRY);

	for(i=0;i<4;i++){
	dspspr[7+i*5]=LADR(tovram);
	dspspr[8+i*5]=HADR(tovram);
	}

	bb2main[3]=LADR(SPRY);
	bb2main[4]=HADR(SPRY);
	bb2main[6]=LADR(dspspr);
	bb2main[7]=HADR(dspspr);
	bb2main[9]=LADR(wait);
	bb2main[10]=HADR(wait);
	bb2main[12]=LADR(SPRY);
	bb2main[13]=HADR(SPRY);
	bb2main[16]=LADR(SPRY);
	bb2main[17]=HADR(SPRY);
}

main()
{
VOID	(*aa)();

	seta();

	screen(1);
	inispr(1);

	sprite(0,spr);

	aa=(VOID (*)())bb2main;
	(*aa)();
}
====== end ======

	今回からマシン語コード用のヘッダファイルを使うようにしました。
	_inita();でBASICのBIOSコールをMSXからのインタースロットコールに
	置き換える設定をしてます。

	使うBIOSコールが増えたら、このヘッダファイルを修正するようにします。

	*コンパイラやリンカが行う作業の一部を、手作業でしてる感じ!?面白い!?

>2018年7月5日:つくるRPGゲームその8
	前回のおもちゃのマシン語のサンプル使えるかも!?

	このサンプルは8段階構成になってて、簡単なコードから始まって、徐々に
	機能を付け足していって、最後の8段階目でサンプルコードが完成する
	構成になってます。

	最後の8段階目まで行かなくて途中まででも、BASIC、マシン語の
	いい勉強になりそう。

	今日はまず第1段階目のサンプルコード「スプライトを1つ表示する」
	をマシン語コード配列でやってみました。こんな感じ..

====== bb1.c ======
#include	<stdio.h>
#include	"libc.h"

#define	LADR(a)	(char)((int)a&0x00ff)
#define	HADR(a)	(char)((int)a>>8)

static	char	inslt[128]={
/* ld iy,(exptbl-1) */
0xfd,0x2a,0xc0,0xfc,
/* call calslt */
0xcd,0x1c,0x00,
/* ei */
0xfb,
/* ret */
0xc9
};

static	char	jpa2[10]={
/* ld ix,00a2h */
0xdd,0x21,0xa2,0x0,
/* ld a,'A' */
0x3e,0x41,
/* call inslt */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

static	char	jp4d[8]={
/* ld ix,004dh */
0xdd,0x21,0x4d,0x00,
/* call inslt */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

static	char	tovram[128]={
/* push hl */
0xe5,
/* call jp4d */
0xcd,0xff,0xff,
/* pop hl */
0xe1,
/* inc hl */
0x23,
/* ret */
0xc9
};

static	char	bb1main[128]={
/* ld hl,1b00h */
0x21,0x00,0x1b,
/* ld a,50 */
0x3e,0x32,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,30 */
0x3e,0x1e,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,0 */
0x3e,0x00,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ld a,15 */
0x3e,0x0f,
/* call tovram */
0xcd,0xff,0xff,
/* ret */
0xc9
};

char	spr[8]={
0xff,0xff,0xff,0xff,
0xfd,0xfd,0xfd,0xfd
};

VOID	seta()
{
int	i;

	jpa2[7]=LADR(inslt);
	jpa2[8]=HADR(inslt);

	jp4d[5]=LADR(inslt);
	jp4d[6]=HADR(inslt);

	tovram[2]=LADR(jp4d);
	tovram[3]=HADR(jp4d);

	for(i=0;i<4;i++){
	bb1main[6+i*5]=LADR(tovram);
	bb1main[7+i*5]=HADR(tovram);
	}
}

main()
{
VOID	(*aa)();

	seta();

	screen(1);
	inispr(1);

	sprite(0,spr);

	aa=(VOID (*)())bb1main;
	(*aa)();

	aa=(VOID (*)())jpa2;
	(*aa)();
}
====== end ======

	BASICの部分は、「MSX−C入門下巻」のライブラリを使って、
	マシン語の部分はマシン語コード配列を使って作ってみました。

	マシン語コード配列から、別のマシン語コード配列を呼び出すことが
	できました。多分これでファンダムゲームの移植も出来そうなんですが、

	BASIC上のBIOS呼び出しをMSX−DOSからのインタースロットコールに
	置き換えるのと、

	別途呼び出し先のアドレスを後で設定しなければならないので(seta()の部分)、
	結局逆アセンブルして、ソース解析しないとマズイようです、とほほ。

	まあでも、これからやる予定?の「つくるMGINST」のいいお勉強になると
	思うので、しばらくこのサンプルで遊ぼうと思います。

>2018年7月2日:つくるRPGゲームその7
	MSX−DOSからSUB−ROM呼ぶ方法見つけました。
	データパックにありました。

	データパックって、もう何年も手付かずになってたんですが、
	部屋の片隅に埋もれてるのを、たまたま見つけて「もしかしたら!?」
	と思って引っ張り出したらありました、ほっ。

	でも出来れば使いたくない!!というのもチンプンカンプンすぎて
	何かもう呪文のよう!!

	必要があれば、とりあえず代替案を考えて、それでもダメだったら
	使おうと思います。

	あと、ファンダムゲームからMSX−Cに移植するのに、
	いいサンプル見つけました。

	ファンダムゲームじゃないんですが、Mファン94年6−7月号の
	「おもちゃのマシン語、第3回」のサンプルプログラムです。

	しばらくこのサンプルプログラムとニラメッコして、
	移植できるか検討しようと思います。

>2018年7月1日:つくるRPGゲームその6
	今日はインタースロットコールのお勉強。

	システムコール、BIOSコールとBASIC、MSX−DOSの関係なんぞを
	手持ちの資料とニラメッコしました。

	とりあえず分かったことは、MSX−DOSからは、MAIN−ROMの
	BIOSしか呼べない?ぐらい。

	MSX−DOSからSUB−ROM呼ぶ方法があるとは思うんだけど、
	資料からは読み取れませんでした、とほほ。

	簡単なサンプル作ったので、参考までに。

====== aa4.mcd ======
0xfd,0x2a,0xc0,0xfc,	/* ld iy,(EXPTBL-1)	*/
0xdd,0x21,0xa2,0x00,	/* ld ix, 00a2h		*/
0x3e,0x41,		/* ld a, 'A'		*/
0xcd,0x1c,0x00,		/* call calslt		*/
0xfb,			/* ei			*/
0xc9			/* ret			*/
====== end ======

====== aa4.c ======
#include	<stdio.h>

static	char	a[128]={
#include	"aa4.mcd"
};

main()
{
VOID	(*aa)();

	aa=(VOID (*)())a;
	(*aa)();
}
====== end ======

	画面に大文字のAが出力されるだけです。BASICではインタースロット
	コール使わないで、ただ00A2Hコールするだけでいいので、

	この辺を吸収する形で、MSX−DOSに移植しなければなりません。
	一応案はあるんだけど、実際にやってみないと何とも言えません。

	*まず移植しやすいファンダムゲーム見つけないと!!

>2018年6月28日:つくるRPGゲームその5
	まず、マシン語コードを配列に埋め込んだものを「マシン語コード配列」、

	マシン語コード配列を関数として扱うのを「マシン語コード配列の関数化、
	マシン語コード配列による関数呼び出し」と定義します。

	で、前回は文字列のアドレスをいじったのに対して、今回は関数のアドレスを
	いじってみました。

	具体的には、C言語で言うところの「関数へのポインタの配列」を
	マシン語コード配列でやってみようという話です。

	ちなみにC言語では、例えば..VOID (*aa[3])();って感じで
	宣言します。配列の各要素が関数へのポインタになってます。

#include	<stdio.h>

VOID	foo1(){printf("abc\n");}
VOID	foo2(){printf("xyz\n");}
VOID	foo3(){printf("123\n");}

main()
{
VOID	(*aa[3])();
int	i;

	aa[0]=foo1;
	aa[1]=foo2;
	aa[2]=foo3;

	for(i=0;i<3;i++){
	(*aa[i])();
	}
}

	てな感じでプログラムを組むと..

abc
xyz
123

	と画面に表示されるわけです。これをマシン語とC言語を組み合わせて
	やります。こんな感じ..

====== mcode.mac ======
0x18,0xff,		/*	jr	ffh	*/
0xcd,0xff,0xff,0xc9,	/* F1:	call	ffffh	*/ /*	ret	*/
0xcd,0xff,0xff,0xc9,	/* F2:	call	ffffh	*/ /*	ret	*/
0xcd,0xff,0xff,0xc9	/* F3:	call	ffffh	*/ /*	ret	*/
====== end ======	

====== aa5.c ======
#include	<stdio.h>

static	char	a[128]={
#include	"mcode.mac"
};

VOID	foo1(){printf("abc\n");}
VOID	foo2(){printf("xyz\n");}
VOID	foo3(){printf("123\n");}

main()
{
VOID	(*aa)();
int	n;
char	p;
int	f;

#define	RFAD(f,n)\
	p=(char)((int)f>>8);\
	a[2+4*(n-1)+2]=p;\
	p=(char)((int)f&0x00ff);\
	a[2+4*(n-1)+1]=p

	RFAD(foo1,1);
	RFAD(foo2,2);
	RFAD(foo3,3);
#undef	RFAD

	aa=(VOID (*)())a;
	f=0;

	while(1){
	if(f==1) break;

	printf("input number[0-3]:");
	scanf("%d",&n);

	switch(n){
	case	1:
	case	2:
	case	3:
#define	RJAD(n)\
	p=(char)((n-1)*4);\
	a[1]=p

	RJAD(n);
#undef	RJAD

	(*aa)();
	break;

	case	0:
	f=1;
	break;

	default:
	break;
	} /* switch */
	} /* while */
}
====== end ======

	まずマシン語コード内で、関数のアドレスとジャンプ先の相対アドレスを
	とりあえずの値(FFhとFFFFh)にしておきます。

	で、C言語側で上記の値を設定してます。C言語からマシン語へ引数渡しではなく
	直接コードを書き換えるのがミソです。

	あと、順番に関数を呼ぶだけじゃツマラナイので、画面入力に応じて関数呼ぶように
	しました。実行結果はこんな感じ..

C>aa5
input number[0-3]:1
abc
input number[0-3]:2
xyz
input number[0-3]:3
123
input number[0-3]:4
input number[0-3]:2
xyz
input number[0-3]:0

C>

	マシン語単体では面白味は感じませんでしたが、C言語と組み合わせた途端、
	すごい面白い!!なんで!??

	*実行結果はエミュ、ソースは手打ちなので打ちミスあるかも。

>2018年6月24日:つくるRPGゲームその4
	配列関数?で文字列扱う方法を考えてみました。
	単純に配列の中に文字列入れてもいいんですが、

	文字列は別に用意して、文字列のアドレスを配列の中に
	埋め込んでみました。

#include	<stdio.h>

static	char	a[128]={
0x21,0xff,0xff,		/*	ld	hl,ffffh	*/
0x7e,			/* L1:	ld	a,(hl)		*/
0xb7,			/*	or	a		*/
0x28,0x0b,		/*	jr	z,L2		*/
0x5f,			/*	ld	e,a		*/
0x0e,0x02,		/*	ld	c,02h		*/
0xe5,			/*	push	hl		*/
0xcd,0x05,0x00,		/*	call	0005h		*/
0xe1,			/*	pop	hl		*/
0x23,			/*	inc	hl		*/
0x18,0xf1,		/*	jr	L1		*/
0xc9			/* L2:	ret			*/
};

main()
{
VOID	(*aa())();
char	*msg;
char	p;

	msg="Hello,fandom!";

	p=(char)((int)msg>>8);
	a[2]=p;
	p=(char)((int)msg&0x00ff);
	a[1]=p;

	aa=(VOID (*)())a;
	(*aa)();
}

	とりあえず配列の中には仮のアドレスFFFFhを入れておいて
	あとでMSGのアドレスを入れ直してます。

	他の文字列を出力したいときは、アドレスを書き換えればOKです。
	(例えば、msg="ABC123XYZ";としてa[1],a[2]を書き換える)

	*マシン語コードをCで書き換えながら実行するのって、ちょっと
	楽しいかも!?

>2018年6月17日:つくるRPGゲームその3
	ライブラリソースは打ち込み終わりました。動作確認があるんですが、
	やらなくても多分OKっぽい!?(ホントか?

	で今日はファンダムゲームのC言語化のネタで、1つ閃きました。

	マシン語ルーチンをBASICのDATA文に埋め込むのは
	よくあると思うんですが、似たようなことをMSX−Cでも出来ないか
	考えてみました。こんな感じ..

#include	<stdio.h>

static	char	a[10]={
0x1e,0x41,	/* ld e,'A'	*/
0x0e,0x02,	/* ld c,02h	*/
0xcd,0x05,0x00,	/* call 0005h	*/
0xc9		/* ret		*/
};

main()
{
VOID	(*aa)();

	aa=(VOID (*)())a;
	(*aa)();
}

	マシン語コード代入した配列の先頭アドレスを、キャストを使って
	関数の先頭アドレスに変換して、呼び出してみました。

	結果は上手く行きました。(画面に大文字のAが出力される)

	これで、ファンダムのマシン語ルーチンを解析しなくても、そのまま
	Cの配列に入れてやればOK!?移植の手間が大分省けるかな!?

>2018年6月17日:接待
	師匠が長崎から東京に出張にくるということで、
	(もう帰っちゃったんですが)

	会うこともないと思うけど、偶然にバッタリ会うかもしれないので、
	師匠の接待を考えてみました。

	1.人ごみ接待
	人ごみが苦手という師匠。そこで、あえて人ごみの中を連れまわして
	慣れてもらおうと..二度と東京には行かない!!とかになりそう..ダメか

	2.メイド接待
	何から何まで一人でこなす師匠。人手が欲しくなることが多々あるようで、
	そのたびに出てくるのが(ちょーかわいい)メイドさん(の妄想)。

	というわけで、メイド喫茶ハシゴ接待..もう長崎に帰らない!!
	とかになりそう..ダメか

	3.猫接待
	気が付くと野良猫の方から寄ってくる!?くらい猫好きな師匠。そこで
	猫CAFE&有名!?野良猫スポットめぐり接待..何を言っても猫語しか
	返ってこなさそう..ダメか

	うーん、接待は難しいな!!(おいおい

>2018年6月14日:8石トランジスタラジオ
	小学だか中学のときに、8石トランジスタラジオのキットを買ってきて
	ちまちまハンダ付けして組み立てました。

	そのとき既に4石、6石のトランジスタラジオを組み立ててたので、
	「8石も楽勝!?」と思って、いつもなら慎重にするハンダ付けを
	いい加減というか、手早にというか、サクっとやってしまいました。

	結果はまんまと鳴りません、とほほ。いつか腕を上げたら直そうと思って
	しまっておいたんですが、残念ながら、そのまま捨ててしまったようです、くぅ〜

	そもそも何故8石のトランジスタラジオに手を出したのかと言うと、
	6石のトランジスタラジオがイマイチだったので、8石ならもっといい音が
	するんじゃないかというのが理由です。

	あれから30年..ときどき思い出して8石トランジスタラジオ欲しいなと
	思ってたんですが、中々機会がなくてゲットできず仕舞いでした。

	そして、ついに先日8石トランジスタラジオを入手しました。ブツは、
	「SONY、TR−8060」です。

	1080円+送料で、kalが買ったキットよりも安いかも!?そして
	「すごいいい音!!」50年前のものとは思えない音です。

	昔のソニーはいい仕事したんだな〜と感心しました。と同時に、
	あのとき失敗した8石のキットは、どんな音したんだろう?と、
	あのキットのラジオの音が聴きたくなりました。

	いつか、あのときのキットをゲットし直して、音を聴いてみたい!!

>2018年6月8日:つくるRPGゲームその2
	ゲーム用のライブラリとして、MSX−C入門下巻のライブラリを採用することにして、
	ちまちまソースを打ち込んでます。

	そしたら新たなアイデアが浮かんで、先日BABOO!にも書き込んだんですが、
	MファンのファンダムゲームのMSX−C化です。

	kalのC言語化したいゲームは、Mファン1994年6・7月号のファンダムゲームの
	「TOMすけ作、けろけろGOLF」です。

	ファンダムゲームはマシン語とBASICを組み合わせたトリッキーなゲームが多く、
	C言語化は難しいなと思ってたんですが、

	このけろけろGOLFは「何となくC言語で作れるかも!?」と当時から気になってた
	ゲームです。

	RPGゲームの構想をしつつ、けろけろGOLFの解析が進めば、けろけろGOLFも
	C言語化したい!!

	*「二兎追うもの一兎も得ず」にならないよう、少なくとも1つは結果を出したい!!

>2018年6月1日:つくるRPGゲーム
	今まで何度もRPGゲームを作ろうと、あれこれ構想というか妄想してたんですが、
	いろいろ詰め込み過ぎて、結局手付かずで終わってました。

	ものスゴイ勢いで考えたわりには、何も出来てないのを省みて、
	「できるところから、作って行こう!!」と方針転換してみました。

	以前、マップ部分を作りこんだのを思い出して、今回は戦闘部分を
	あれこれ考えてます。

	何とか作り上げて、今年中にネタとしてHPに上げたい!!

>2018年5月20日:MSXでラジオその2
	バグがあったので、修正情報を追加しておきました。
	と言っても、kalのプログラムをそのまま使う人はいないと思いますが..

>2018年5月19日:MSXでラジオ
	マランツのチューナーの話をまとめて、ドキュメントに追加しておきました。

	これでMSXネタ2つ目!!今年あともう1つ!!次はどんなネタにしようかな..

>2018年5月13日:FMチューナーその3
	でけた!!久し振りにシリアル回りのプログラムだったので
	自分で作ったライブラリの使い方を忘れてる!?

	色々ソースみて思い出して、思い出したらコマンドをST7001に送るだけ
	なので、めずらしく?サクっと出来ました。

	ST7001		:電源ON/OFF
	ST7001 AM	:AMにする
	ST7001 FM	:FMにする
	ST7001 <周波数>:指定の周波数にする

	ソース載せときますが、シリアルライブラリは自前で用意してください(おいおい

	*メイン関数オンリーにしたかったんですが、悲しいかなMSX−Cには許容オーバー
	になるようで(ソースが長すぎる)、周波数を変える部分は別途関数にしました。

===== st7001.c =====
#include	<stdio.h>
#include	"rs232c.h"

VOID	st_frq();

main(argc,argv)
int	argc;
char	*argv[];
{
char	buf[9+127*2];
int	sa,ta;
REGS	rg;
PTBL	pt;
char	c;

	/* init ascii msx-serial232 */
	gt_jptbl(buf);
	gt_entry(buf,&sa,&ta);

	gt_prm(&pt,"8N1NNNNN",9600,9600,(char)0);

	rs_init(sa,ta,(int)&pt,&rg);
	rs_open(sa,ta,(int)buf,&rg,RRAW);

	if(argc==1){
	/* power on/off */
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'@');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'P');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'W');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'R');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,':');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'0');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,(char)0xd);
	}/*if*/

	else{
	switch(argv[1][0]){
	/* fm band */
	case'f':
	case'F':
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'@');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'B');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'N');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'D');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,':');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'1');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,(char)0xd);
	break;

	/* am band */
	case'a':
	case'A':
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'@');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'B');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'N');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'D');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,':');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'2');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,(char)0xd);
	break;

	/* tune frequency */
	default:
	st_frq(sa,ta,argv);
	break;

	}/*switch*/
	}/*else*/

	/* recieve status answer */
	while(1){
	c=rs_gtchr(sa,ta,&rg);
	putchar(c);
	if(c==0xd) break;
	}

	rs_close(sa,ta,&rg);
}

VOID	st_frq(sa,ta,argv)
int	sa;
int	ta;
char	*argv[];
{
REGS	rg;
int	c;

	/* auto status feedback (layer 3) */
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'@');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'A');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'S');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'T');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,':');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'4');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,(char)0xd);

	/* recieve auto status feedback */
	while(1){
	c=rs_gtchr(sa,ta,&rg);
	putchar(c);
	if(c==0xd) break;
	}
	putchar((char)0xa);

	/* tune frequency */
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'@');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'T');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'F');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'Q');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,':');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'0');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,'0');
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,argv[1][0]);
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,argv[1][1]);
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,argv[1][2]);
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,argv[1][3]);
	rs_sdchr(sa,ta,&rg,(char)0xd);
}
===== end =====

>2018年5月9日:FMチューナーその2
	GW中は今まで行ったことのないジャンク屋めぐりしてました。
	大したものはなかったんですが、ワクワク感は味わえました。

	さて、今日は先日ゲットした、新たなるFMチューナーが届きました。

	「マランツST7001、定価31500円」これが3000円+送料でゲット
	できる訳ですよ。いい時代になったなぁ〜(おいおい

	音は前回のチューナーの方がいいんですが、このマランツのチューナー、
	シリアルの口がついてて、電源ON/OFF、選局その他の全ての?機能が
	RS−232C経由でコントロールできるんですよ!!すばらしい!?

	シリアルの口があるということは、MSXからコントロールできる訳で、
	MSXでしょーもないプログラム組んでるときに、おもむろに

	C>ST7001 ON
	C>ST7001 8250

	とか叩くとNHK−FM(82.5MHz)が鳴るわけですよ!
	てか、こうなるように、これから作るんですが..

	今度の休みに、チャレンジしてみようと思います!!

>2018年4月26日:FMチューナー
	もう5年ほど前になるんですが、兄からFMチューナーもらいました。
	もらったのは「LUXMAN、T−40X」見た目がチョー高級感があります。

	動作不良?のものを入手して、自前で修理したそうです。
	いい感じのアナログの音を出してくれるんですが、選択度がイマイチ。
	(選局部分が直しきれなかったそうで、元々は選択度もいいと思われる)

	もうちょっと選局しやすいFMチューナーないか探してたら見つけました。
	「Aurex、ST−420」

	中古で2000円ほど(送料込み)、安い!!1976年発売、定価47800円。
	Aurexというのは東芝のブランド名。

	今では考えられないほどデカイ!!(昔のデスクトップPC並みの大きさ)ですが、
	42年前のものとは思えないほど、動作は良好。

	このチューナーの売りは、スバラシイ?ステレオ感(立体サウンド感)だそうで
	実際スゴイ!!アナログのいい音+いい感じのステレオ感で、

	ハイレゾで音楽聴いてるみたい!?(ホントか?

	いやあ、いいのゲットしたよ。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/fm_tuner.jpg

	上:LUXMAN、T−40X
	下:Aurex、ST−420
	
>2018年4月22日:技術書典4
	今日はアキバの「技術書典4」というイベントに行ってきました。

	いわゆる同人誌の即売会なんですが、扱ってる内容がアニメじゃなくて
	ネットワーク、電子工作、情報・ソフト関連のものです。

	1冊300〜1000円で、タイトルを見ると欲しくなってしまう
	ものが多々あり、思わずあれもこれも買ってしまいました。しかし..

	工房に戻ってジックリ眺めてみると、大した内容じゃない!!

	かわりに当たりだったのが、イベント会場の帰りに立ち寄ったレンタルBOX。
	「おとなの工作読本、2004 No.5、250円」

	自作楽器(ギターとウクレレのキット)、真空管ギターアンプ、凧・竹工作、
	小林健二さんの工作機械紹介など作らなくても見るだけで楽しくなる本でした。

>2018年4月21日:ホンコン
	ジャンクPCに繋げられるパーツないか部屋の中を物色してたら..
	見つけました!「ホンコン」!!

	怪しげな名前ですが、スーパーファミコンのゲームカートリッジから
	ROM情報を吸い出す装置です。

	(吸い出したROM情報をPC上のエミュレータに読ませれば
	PCでスーファミのゲームができる)

	何年前に買ったかもう覚えてないくらい前にゲットして、そのまま放置。
	組み立てキットなので、要ハンダ付け状態。

	仕方ないので、ちまちまIC、抵抗、コンデンサ、コネクタ、LEDをハンダ付け
	して完成!!

	ジャンクPCにプリンタケーブルで接続して、吸い出しソフトでROM吸い出し..
	無事成功、ほっ。

	懐かしいスーファミのゲームをPCで遊んでます。

	*「よみがえれ!ジャンクPC!!」にホンコン追加しておきました。

>2018年4月15日:クラシックアボカドモスバーガー(ダブル)
	今日はアボカドバーガーに再チャレンジ。

	前回ファーストキッチンのアボカドバーガーで失敗したので、
	今回はフレッシュネスバーガーのアボカドバーガーにしてみました。

	フレッシュネスの方は、メニュー写真を見るかぎり、アボカドのボリュームが
	ありそう。これならアボカド感が感じられるはず!?

	合わせるのは前回同様ダブルモスバーガー。どっちもテイクアウトで
	注文して、工房でパティ入れ替え作業..

	どうしても指がビチャビチャになるも、前回よりかはスムーズに作業できました。
	さあ、いざ試食..

	・クラシックアボカドモスバーガー(ダブル)
	アボカドの見た目がスゴイ。期待して口に入れると..アボカドの味は
	全くと言っていいほどありません、とほほ。代わりにオニオンとピクルスの味が
	ガンガンくる。これは「オニオンピクルスバーガー」としてならありかもしれない。

	・ダブルフレッシュネスバーガー
	フレッシュネスバーガーのパティがデカイ!!モスより1回りか2回り大きい上、
	ダブルなので見た目がスゴイ。モスのバンズからフレッシュネスのパティがはみ出てる!!
	味の方は..ダメだ、フレッシュネスのパティとモスソースが打ち消しあう感じ。
	でも食べ応えは十分。

	・分かったこと
	モスのパティは優秀。他の具材の味を引き立てる感じ。アボカドはモスのパティでも
	味が引き出せなかった。そもそも使ってるアボカドが原因かもしれない。
	スーパーで買ってきたアボカドを熟れ具合みてカットして、わさびしょう油につけて
	モスパティに合わせれば(他の味付けや具材はなし)、もしかしたらいい感じになるかも。
	でもそれなら、モスバーガーを食べたあと、単品でアボカド食べるのが正解かも。
	結局バーガーにアボカドは合わせてはイケナイ気がする。

	・残念な点
	いいとこ取りされなかった方のバーガーがイケてない。これだったら初めから
	ダブルモスバーガー2個食べた方がいいかも。ただ、メガモスマフィンはまた食べたい。

	もう大体ファストフードのバーガーは食べたので、ファストフードじゃないところの
	バーガーを食べてみたい。

	*吉牛でつゆだく、ねぎ抜きなどの隠し?メニューがあるように、マックにも隠しメニューが
	あるそうで。オニオン、ケチャップ、マスタード、ピクルスなどの具の量が変えられる
	(倍、もしくは、なし)ようです。今度「具を全部増量で」と言ってメガマフィン頼んでみようかな。

>2018年4月8日:メガモスマフィン
	「ビッグモスマック」を試すため、マックとモスに行ってきました。
	まずマック。朝マックの時間帯でビッグマックゲットならず、ぐぬぬ。

	仕方ないので、メガマフィンというのを注文。結果的にこれがよかった!!
	で、モスではダブルモスバーガーゲット。

	早速工房でパティ入れ替え作業開始!!(ここで調理?するとは思わなかったよ)
	モスソースがなるべくマック側に行かないよう注意。

	モスソースで指がビチャビチャになるも、無事パティ入れ替え終了。
	いざ試食..

	・メガモスマフィン(モスパティのメガマフィン)
	こ、これは..予想を超える味、食べ応え!!モスのパティが薄味なので
	メガマフィンのエッグとベーコンによく合う!バンズがマフィンなのもいい!!
	ちゃんと何食べてるのかが分かって、かつ、それぞれの味がいい感じに混ざってる感じ。
	またモスパティがマックパティよりも厚いので食べ応えもあり。やった当たりだ!!

	・ダブルマックバーガー(マックパティのダブルモスバーガー)
	こっちは..ちょっと残念な感じ。マックパティの間に入ってるチーズが味濃すぎ。
	またマックパティとモスソースが味打ち消す合う感じで混ざってる。結果バーガー感は
	あまりなく、トマトソースチーズパンを食べてる感じ。こりゃダメだわ。

	モスはソースが売りだと思ってたけど、意外にもパティの方がポテンシャル高い感じ。
	他のバーガーにもスゴイ合いそう。

	マックは今+100円でパティ1枚追加とかやってるけど、そうじゃなくて+○○円で
	モスパティにチェンジとかやるといいかも!?(ないか

	*こないだ失敗だったアボカドバーガー、モスパティにするといいかも!?やってみようかな?

>2018年4月7日:よみがえれ!ジャンクPC!!
	今までのMDデータドライブとジャンクパーツの話をまとめて、ドキュメントに追加しておきました。

	*今回はMSXネタじゃないので、ノーカウント。残りMSXネタ2つ..最低でもあと1つ
	MSXネタをアップしたい!!

>2018年4月5日:いきなり!ダブルサーロインモスバーガー
	なんかもう自分でバーガー作った方がウマイかも!?と思ったけど、
	手間がかかって面倒だな思ってたら閃きました。

	既存のもののいいとこ取りです。例えば..

	・いきなり!ダブルサーロインモスバーガー:モスのパティをいきなり!ステーキに置き換える
	・ビッグモスマック:ビッグマックのパティをモスのパティに置き換える

	いきなり!ステーキは、普通店内で立ち食い?ですが、フードコート内の店舗なら
	座って食べられます。

	そこにテイクアウトのモスバーガーを持って行って、そそくさと作業すれば..
	タイトルの品が完成です。

	休みの日の午前の軽食に、いきなり!ステーキはちょっとキツイんですが、
	「いいとこ取りのネタ作り」となれば話は別です。

	*とりあえずビッグモスマック試してみようかな..

>2018年4月5日:ジャンクパーツその3
	ISAサウンドカードにかわるブツを見つけました。
	ISAのPCカードドックです。

	昔のノートPC用のカードIFです。(ノートPC用のLANカード、SCSIカードなど
	が挿せるIF)

	これを使えば、ノートPC用のカードが普通のPCでも使えるようになります。
	PCカードドック+PCカードタイプのHDDで使うことにして、

	早速ジャンクで入手&動作確認も取れたんですが..

	いざPCのISAスロットに挿すと、「リソースが足りません」エラーで正常動作せず!!

	Win98から「PCIのサウンドカード、もしくは、PCIのIDE−RAIDカードを
	外せば使えるよ」メッセージが出るんですが、外せないって!!

	リソースが足りないんじゃ、他のISAカード挿してもダメっぽいんで、「ISA3枚挿し」
	はとりあえず諦めることにしました。

	が、PCカードドックは諦めるとして、PCカードタイプのHDDの方は、ちょっとモッタイナイ感じ。
	そこで改めて手持ちのパーツを漁ると..

	ありました。PCカードドックをIDEに変換するカードで、ISAスロットにダミーカードとして
	挿すタイプのパーツが!!

	ただ、マザーボードのIDEに繋げても認識しない!?しょうがないので、PCIのIDE−RAID
	カードのIDEに繋げて使うことにしました。

	ISA2枚(SCSI、LAN)+ダミーカードで、「なんちゃってISA3枚挿し」ができました。

	更に、PC用のコントローラ(昔の「ゲームポート」と呼ばれる口に挿すタイプ)も入手したので
	動作確認。無事動作確認できて、早速昔のゲーム(Win98用の奇々怪界)をプレイ。懐かしい!!

	*昔のゲームならWin98でも十分プレイできる。今度ジャンク屋に行ったらWin98用の
	ゲームを探してみようっと!

>2018年4月1日:クラシックベーコンエッグバーガー
	肉だよ、肉!!
	肉をほお張ってムシャムシャ食べれば間違いなし!!

	というわけで今日は「いきなり!ステーキ」へ。
	店頭でメニューをみて「サーロインステーキ200g」に決めて
	注文しようとしたら..

	ちっちゃい文字で「当店は300gからの注文になります」の注意書きが!!
	1g8.2円で300gって結構なお値段..

	すんなり諦めました、とほほ。代わりに入ったのがフレッシュネスバーガー。
	ベーコンとエッグと肉の味を頭の中で想像したら..いい感じ。しかし実際に
	食べてみると..

	ベーコンもエッグも味がない!!代わりに肉のしょっぱいのがガンガンくる。
	先週のアボガドのバーガーと同じパターン。

	うーん、また負けです。次こそはうまいもん食うぞ!!

>2018年3月26日:ジャンクパーツその2
	今日は頼んでたISAのサウンドカードが届きました。わざわざISAにしたのは
	どうしても「ISA3枚挿し」がしたかったからです。

	ISAのSCSIカード、ISAのLANカード、ISAのサウンドカードの3枚です。
	この目的のためマザーボードもISAスロットが3つあるやつチョイスした訳です。

	しかし..また失敗..これで2度目、とほほ。どうもサウンドカードが鬼門のようです。
	ISAのサウンドカードは諦めて、何か別のものを考えた方がいいかも。

	さて、ISAのサウンドカードは諦めても、PCで音楽を鳴らしたいので、
	手持ちのサウンドカード(PCI)を再度インストールしてみました。

	前回諦めてしまったポイントで、ネットの情報を駆使して何とか先に進め、
	インストールできました。が、

	何だろ、ネットの情報がファミコンの裏技的な情報だったので、「これはないわ、
	そんなのムリだよ」状態です。逆に考えれば、ネットの情報見つけられて超ラッキー
	なのかもしれません。

	で、音が出るようになったので早速CDを再生。昔のPCの安っぽい音がまた聞けました。
	これを聞きたかったんですよ!ちょー懐かしい!!

	*次は、このPCにコントローラをつけて、昔のPCゲームで遊んでみたい。

>2018年3月25日:ジャンクパーツ
	ジャンクパーツ用のPCができたので、ダメもとでハードオフに行ってきました。
	そしたら..ありましたよ、しょーもないジャンクパーツ!!

	・PROMISE、FastTRAK「TX2000」、540円(IDEのRAIDカード)
	・corega、EtherU「ISA−T」、108円(ISAのLANカード)
	・Adaptec、AHA−1542CF、108円(ISAのSCSIカード)

	まずIDEのRAIDカード。これが2枚目になります。1枚目は相性問題?でお蔵入り。
	もうIDEのRAIDカードには手を付けないと思ってましたが、

	「540円なら失敗してもいいか!」ということで買ってみました。4GBのCFを
	ミラー構成にしてインストール..結果は..成功!!よかった。

	今付いてる外付けのRAIDから、この内蔵IDEのRAIDへデータ移行してみると..
	無事成功。このデータの流れは中々ないよ、これだけでも540円以上の楽しみがあったかも。

	次LANカード。手持ちのISAのLANカード、カビが生えてる!!これはダメだという
	ことで買ってみました。これもあっさりインストールできて、PCがネットワークに繋がりました。

	SCSIカードは、嫌な予感がしたので、とりあえずしまっておこうと思ったんですが、
	動作確認だけでもと思い、つけてみたら..固まってる!!

	つけなきゃヨカッタ、とほほ。ソッコーで元のSCSIカードに差し替えです。

	*今回は2勝1敗。ジャンク品なのを考慮すれば結構運がいいかも!?

>2018年3月25日:アボカドクリームチーズバーガー
	困ったときのアボカドということで、今日はファーストキッチンの
	アボカドクリームチーズバーガーを食べてみました。

	「わさびしょうゆマヨに刻んだアボカドをあえて、更にスライスした
	アボカドをトッピング」

	の2種類のアボカドが入ってるそうで。期待して口に入れてみると..

	1口目:...えっ
	2口目:...アボカドどこ?
	3口目:...なんじゃこりゃ!?

	肉の味が強烈でスライスしたアボカドが感じられません。マヨに入ってるアボカドも
	見た目的にも味的にも存在感ほぼ0。

	これにトマトとチーズの味が加わり、それぞれ味を打ち消しあう方向に
	混ざり合ってる感じ。眼をつむったら何食べてるか分からない、得体のしれないものを
	食べてる感じ。

	結論:アボカドは単品で食べるのがいい

	*てか、またハズレだよ。次こそはウマイもん食うぞ!!

>2018年3月24日:MDデータドライブその2
	SCSI環境はあっさり構築できました。しかし..

	MDデータドライブの動作がおかしい!!どうもダメっぽい、とほほ。
	正常動作でもMSXで使える見込みが低いので、諦めることにしました。

	で、困ったことに。このWin95/98マシンどうしよ..

	使用目的がないけど、手持ちのしょーもないパーツをくっ付けて、
	部屋に置いとくことにしました。スペックは..

	CPU:セレロン300MHz(Slot1)
	メモリ:256MB
	MB:インテル440BX
	HDD:IDE変換したCF4GB
	FDD:内蔵型メモリーカードリーダ・ライタのFDD部
	DVD−ROM:スリム型のものを変換かましてIDE接続
	ビデオカード:AGPカード
	SCSI:アダプテックAHA−1520B(ISA接続!!)
	RAID:IDE接続のミラーリング(マイクロドライブ1GBx2使用)+IDE−SCSI変換器
	ケース:超頻之家

	Win95をインストールしたCFとWin98をインストールしたCFを差し替えて、
	OSの切替します。

	手持ちのサウンドカードが使えなかったので、使用目的ないけど中古品を取寄せ中。
	(何やってんだか..

	20年前は、これでも立派なマシンだったのにな..今じゃゴミ以下かも(おいおい

	とりあえず、GAL書き込みマシン(2台目)+ジャンクパーツ動作確認用マシンに
	しようと思います。

>2018年3月22日:MDデータドライブ
	その昔、ソニーからMDデータドライブなるものが発売されてました。
	音楽用のMDとは別物で、

	音楽用データの読み込み+パソコン用データの読み書きができる
	というものでした。(MOみたいな感じ?)

	あっという間に消えたので、知ってる人はほとんどいないと思います。
	MDデータドライブがSCSI接続じゃなかったら、kalもスルーしてたと
	思います。

	そもそも当時はカセットCD派で、MD自体まったく興味がありませんでした。
	SCSI接続なので、「もしかしたらMSXで使えるかも!?」

	ということで、ずっと気になってて、先日ついにジャンク品で入手しました。
	とりあえずMSXに接続すると..

	INQは通るけど、フォーマットが出来ない!!でもPCでフォーマットが
	出来ればMSXでも使えるかもと思い、PCでフォーマットしようとすると..

	関連ソフトがWin95専用で、kalのノートPC(Win7)では実行できず、とほほ。

	ならばということで、今更ながらWin95環境を作ろうということになりました。

	手持ちのパーツ+新調の中古パーツで何とかパソコンを組み上げたんですが、
	OSのWin95がないので、とりあえず手持ちのWin98をインストール。

	昔の記憶をたどり、悪戦苦闘の末なんとか無事インストール成功。とりあえず
	組んだパソコンの動作確認が取れました。これが昨日の話。

	そして今日、ネットで買ったWin95が届いたので、今度はWin95のインストール。
	昨日悪戦苦闘したおかげで、今日はすんなりインストールできて、動作もOK!

	次の課題は、「このパソコンにSCSI環境を組み込む」です。押入れからSCSIカードを
	引っ張り出さないと!てかSCSIカードは動くんだろうか..

>2018年3月18日:海老三本天丼
	「揚げ天まる」というところの天丼です。
	店頭の写真で「量が多く」見えたので、頼んでみたんですが..

	実際出てきたのはショボイ!!味もない。食べても腹に貯まった感が
	全くない、と三拍子揃ってダメなやつでした、とほほ。

	*次に行く店は「当たり」になりますように!!

>2018年3月11日:長崎ちゃんぽん
	福岡に住んでるときに、リンガーハットの長崎ちゃんぽん美味しかったので、
	また食べたいなと思ってましたが、

	中々機会がなくて、気が付いたらもう13年?以上経ってしまいました。
	「今日こそは食べよう!」とリンガーハット行ってきたんですが..

	「マズイ!!」なんだろ、一口一口に機械油だか野菜の灰汁みたいな味が
	かすかに残ってて、それなのに量が多い!!(無料の麺1.5倍にしなくてよかった!!)

	ちょっと苦痛でしたが、残すと店の人に悪いと思い、完食はしたんですが
	(汁も全部飲みましたよ)もう行かないと思います。

	ネットで調べたら、東京のリンガーハットと九州のリンガーハットでは
	味が違うようです、とほほ。

	*今度はリンガーハット以外の店に行ってみよう!きっと美味しいはず!?

>2018年2月25日:CGIの本
	モバイルWi−Fiルータのおかげで、MSXが外部サイトに
	繋がるようになったので、

	自HP(ここ)にCGI(Perl)置いて、MSXからアクセスしたいな
	と思い、とりあえず参考書を買ってみました。

	「白夜書房、大人のCGIスクリプト、橋本和明著」

	MSXユーザーの中には、橋本和明という名前を見ると、
	怒りが込み上げてくる人がいるかとは思いますが、

	アマゾンのマーケットプレイスで1円だったのと、kal自身は被害に
	あってないのとで、「それはそれ、これはこれは」と割り切って購入しました。

	*MSX関連品の注文代金を受け取っておきながら、一部(多数?)の
	方に製品を発送せず、逃げてしまった方、らしい。

	とりあえず、LAN上のノートPCにフリーのHTTPサーバ(アパッチ)を
	立てて、そこにPerlで書いたハローCGIをおき、

	MSXからTELNET(TCPCON.COM)で繋いだら、
	GETメソッドでCGI取得→画面表示と、

	「はじめの一歩」を踏み出した感じ。次は日時を返すCGIを
	おいて、MSX側でCGIの結果を日時設定に反映させる、をやってみたい。

>2018年2月25日:非ユークリッド幾何と時空
	放送大学の科目です。時々テレビで色々な科目を眺めてます。

	量子力学関連の物理の科目がスゴイよくて、数学でもないかなと
	思ってたら、ありました。それがタイトルの科目です。

	全15回のうち、1/3くらいしか見れませんでしたが、
	これは当たりの科目だと思います。

>2018年2月12日:サブ機入れ替え
	サブ機として使ってるA1F、キーボードの不調(uキーが全く反応しない)で
	休業中状態でした。

	修理をしようと、パターンシートを眺めるも修繕ポイントが見つけられず..
	PS/2キーボード化もコネクタの配線が見極めきれず放置状態..
	uキーだけ外付け化も手付かず..

	ということで、A1Fは諦めることにして、秘蔵のヤマハCX7/128に
	入れ替えることにしました。

	ところが、CX7もキーボード不調(何も押してないのに、yキーが押しっ放し)
	「なんじゃこりゃ!!」状態..途方に暮れてたら思い出しました。

	コンポジット出力がNGのCX7M/128があるじゃん!!
	早速CX7Mからキーボード取り出して、CX7に移植..結果はOK!!

	ニコイチ状態なので、値段だけならturboRに匹敵する!?
	贅沢なMSX2機の完成です。

	*CX7(M)のキーボードはタッチが固めで、かなりいい感じです。

>2018年2月12日:MSXでWi−Fiその4
	アクセスサーバの代わりにXPort使えないか色々いじってました。

	どうやらkalの持ってるXPortでは無理みたいです。PPPがありません。
	XPortとアクセスサーバは別物のようです。

	XPort:シリアル接続をネットワーク接続に置き換える(相手もシリアル接続を想定)
	アクセスサーバ:シリアル接続をLANに取り込む(相手はLAN)

	XPortProやXPortARならPPPがあるので、もしかしたら
	アクセスサーバの代わりになるかもしれません。

	またLINUXマシン(例えばラズパイとか)の設定をいじれば
	アクセスサーバの代わりになるかも!?

	いずれにしても、INLの都合でSunrise製のシリアルIFでしか使えないので、
	MSXでWi−Fi(やMSXでLAN)は敷居がちょー高い!!

	*Sunrise製のシリアルIFは、今でもBUSHさんにお願いすれば
	入手できるかもしれません。アクセスサーバは「ぷらっとホーム」で入手しました。

>2018年2月6日:MSXでWi−Fiその3
	ガビーン、ファイルがちょっと大きくなると固まるよ、とほほ。

	あれこれ対応策を考えたけど、どれもイマイチ。とりあえず諦めて
	次のネタを考えようとしてたら、閃いたというか思い出しました。

	FTPがダメならTFTPですよ!!ポート番号の都合で
	MSXをTFTPサーバにする必要があるんですが、

	まんまと上手く行きました、ほっ。konamimanさん、
	TFTPも作ってくれてありがとう!!

>2018年2月4日:MSXでWi−Fiその2
	でけた!!Wi−Fiでスマホに繋がるし、アクセスサーバを通してるんで
	LANにも繋がるし、モバイルWi−Fiルータでインターネットにも繋がる!!
	すご過ぎる!!

	日常的には使わないし、試してみたら上手くいった、やった、終わり、
	のパターンなんですが、それでも嬉しい!!

	*まとめて、ドキュメントに追加しておきました。

>2018年2月3日:MSXでWi−Fi
	スマホ言ったら、アプリですよ!というわけで、ちょろちょろ無料アプリを
	インストールしてたんです。

	「ファイルマネージャー+」というファイルを管理するアプリを入れたら、
	「PCから接続」という項目があり、タップしてみると..

	なんと!スマホがFTPサーバになってる!?ということは「MSXから繋がる!?」
	口がWi−Fiなので、そのままでは無理だけど、

	「モバイルWi−Fiルータ」経由なら繋がるじゃん!?というわけで
	「MSXでWi−Fi」してみました。

	MSX+シリアルIF⇔アクセスサーバ⇔モバイルWi−Fiルータ⇔スマホ

	というルートを想定して、スイッチングハブの追加(ノートPCもWi−Fiルータに繋げるので)と、
	モバイルWi−Fiルータ用にアクセスサーバの設定を変更したんですが..

	これがいくらやっても上手く行かない!!アクセスサーバの設定、ケーブルの接続、
	何度見直してもダメ、とほほ。

	「もしかして、シリアルIFがダメなのか?」と思ったけど、そしたら
	MSXでWi−Fiが不可能になってしまうので、

	「いやそんなことはない!きっとアクセスサーバの設定やシリアルケーブルがマズイんだ!」
	と思って、シリアルIFの確認はしませんでした。これがイケなかった!!

	その後も何度やってもダメで、途方にくれて、ふとシリアルIFを眺めると..

	「あっ、使うシリアルIFが違ってる!!」そうです、INL(MSX用のTCP/IPスタック)
	でMSXをLANにぶら下げるときは、Sunrise製のものを使わなきゃいけないのに、
	まんまとアスキー製を使ってました。

	Sunrise製のものに取り替えて、あっさり成功です。上手くいかないときは、
	「それはありえない」ことから疑ってみるのがいいかも。

	今日は力尽きてFTPのGETしか試してないけど(スマホからMSXへファイル移動)、
	PUT(MSXからスマホへファイル移動)も確認できたら、ネタとしてHPに上げたいと
	思います。

	*線の繋がってないスマホにMSXからアクセスできるなんて、夢のようです。
	「MSXと今どきの機器の組み合わせ」は本当に楽しい!!

>2018年1月31日:今年の目標(MSX編)
	今日で1月最後です。早い、早すぎるー!!ついこの間正月だったのに..

	そう言えば、もうずっとMSXイジってなかったので、とりあえず
	今年の目標だけでも立てようと思います。

	ズバリ、「HPにMSXネタを3つアップする!!」です。
	かなりキツイんですが、目標としてはいいかなと。

	結果が1つだけでも儲けもんです。さあやるぞ!!
	とりあえず、ネタをあれこれ妄想しないと!

>2018年1月29日:モバイルWi−Fiルータその2
	以前、MSX+シリアルIF→アクセスサーバ→LINUXマシンで、FTPやりましたが、
	LINUXマシンのところをモバイルWi−Fiルータに置き換えると..

	MSXがネットに繋がる?そして、mosakuさんがXPortで公開してるMSXに
	MSXからアクセスできるかも!?

	*MSX+シリアルIF→XPort→モバイルWi−Fiルータでもイケルかも。

	既にMSXでアクセスしてる方はいると思うんですが、kalもやってみたい!!

	さて、スマホの方は、色々いじって操作するのには大分慣れました。
	いつもPCでやってたネトゲも、スマホで出来るようになりました。

	PCだと机に座ってやらないといけないのが、スマホだと寝ながらできるので
	スゴイ楽チンです!

	またPCでサイトチェックしながら、スマホでネトゲとかも出来て
	「何故もっと早くスマホをゲットしなかったんだろ」と、ちょっと後悔。

	また、AndroidにもCコンパイラがあるらしく、MSX、PC、ハンディターミナルに
	続くC言語環境が、スマホで構築できるかも!?

>2018年1月28日:モバイルWi−Fiルータ
	今使ってる旧イーモバイルのデータ通信カード、1月末でサービス終了のため
	使えなくなってしまいます。

	このままだとネットアクセスできなくなってしまうので、
	「モバイルWi−Fiルータ」なるものをゲットすることにしました。

	楽天モバイルの「Aterm MR05LN」の20GBタイプ
	(端末23652円+月々4374円)を契約することにして、
	いざ楽天モバイルのお店へ..

	そしたら、「現在、在庫はございません。他支店の在庫はわかりません。さようなら」
	ぐぬぬ..もうちょっと喰いついて来ようよ!!

	あまりにもバッサリ切られてしまったので、すんなり諦めました。
	こういうときは、ヨドバシカメラに行くといいかもと思い、

	ヨドバシカメラに行って、ダメもとで「楽天モバイルのデータ端末扱ってますか?」
	と言ったら..色々言いくるめられて、UQモバイルのWiMAX2+という
	機種になりました、とほほ。

	しかし、これが驚きの展開で、どうしてもkalにUQモバイルの契約をして欲しい
	らしく、色々タダで付けてくれました。

	端末代金:これはよくあると思うんですが、ズバリ1円です。21600円が
	21599円の割引だそうで。一体どうなってるんだか??

	クレードル:USBの充電用の口と、有線LAN用の口がある端末専用の台。元々サービスで
	1台無料なのですが、kalが「自宅と工房で使いたいので、もう1台欲しい」と買うつもりで
	言ったら、「上司と交渉してきます。少々お待ちください」と言って席を外して、
	結果もう1台も無料になりました。

	USBケーブル:「2台目のクレードルにUSBケーブルは付いてますか?」と聞いたら..
	「分かりました、少々お待ちください」と言ってケーブル持ってきて無料で付けてくれました。
	いや、買うつもりで言ったんですよ!!

	もうちょっと、さりげなく質問してみようかなとか思ったけど、欲しいのがタダで
	もらえたので、会計へ。

	端末代金1円と「経理の都合上0円には出来ないので、クレードル2台とUSBケーブル
	は合計1円になります」と言われて、2円払いました。ホントにこれでいいのか、ヨドバシカメラさん!!

	そして..こんなに安くデータ端末がゲットできるとは思わなかったので、スマホを買う
	ことに。ただしSIM無しで端末のみです。通話は手持ちのガラケーで、ネットは今買った
	モバイルWi−Fiルータで、みたいな。

	そうすると月々0円でスマホで遊べる!?

	買ったのはドコモの「arrows Be F−05Jブラック、13800円」
	新品未使用品、SIMロック解除なしのもの。

	ところが、ガラケーひとすじのkalには操作が非常に難しく(指がガラケーになってて、
	何をするにもストレスが溜まるみたいな)、Wi−Fiの設定をしてネットに繋がったところで
	力つきました、「もうスマホ見たくない!!」(おいおい

	まあ、これから色々いじってみたいと思います。

	自宅と工房のPCを有線LAN設定、PSPと3DSを無線LAN設定して今日は終了。
	
>2018年1月24日:タニちゃんその17
	残念ながら「全滅」してしまいましたが、飼育環境はあるので、
	水が酸性化しないよう対策グッズを入手してから、春先あたりに
	またアクアリウム再開したいと思います。

	それまで色々妄想したいと思います。水質管理、手入れが難しい&手間がかかる
	ので、デジタル化を考えてみました。

	まず、「デジタル水槽」です。液晶の画面に水槽とちょろちょろ泳いでる魚の
	映像が流れるやつ。(既に製品化されてますが、さすがにサカマキガイ版はないみたい)

	サカマキガイは、よく動き回るので、見てる分には楽しいと思います。
	また、ペット飼育のスマホアプリがあると思うんですが、それのサカマキガイ版でも
	楽しいかも!?

	次は、「ラジコンサカマキガイ、もしくは、AIサカマキガイ」です。
	サカマキガイの実サイズでは、ちょっと実現が難しいので、ある程度大きくする必要が
	ありますが、

	リアル水槽の中で、サカマキガイの動きを、ラジコン送信機を使って完コピしたり、
	AIで完コピ自動運転するわけです。

	「ARサカマキガイ」もいいかも。ポケモンGOみたいにスマホ越しに見ると
	リアル風景にサカマキガイが追加されるみたいな..キモイか!?

	「AIスピーカー」もいいかも。今は音楽と情報だけですが、その内、映像も出てくると
	思うので、「OKグーグル、サカマキガイ、ムービー!!」とか言うとサカマキガイが
	ちょろちょろ動き回ってる映像が出てくるみたいな..ムリか

	*今現在、色々技術革新が進みつつあるので、自分の興味ある分野と最新技術を
	組み合わせてみると、面白いかもしれません。

>2018年1月23日:タニちゃんその16
	結論から言うと、数日前に「全滅」しました、とほほ。
	途方にくれてたんですが、今日原因が分かったのでメモっときます。

	予兆:透明な水になってから、じーっと全く動かないサカマキガイが目立つように
	なりました。「透明な水で、ヒーターで水温も高いし、安らいでるのかな?」と
	その時は思いました。しかし..

	前兆:何故だか、数匹のサカマキガイが水底で引っくり返って死んでる感じ。
	「もう寿命なのかな、仕方ない」と思ってたら、日に日に増えてる感じ。「なんで!!」

	事件:明らかに「かなり多くの」サカマキガイが逝ってる感じ。夏の暑さにも耐え、緑色の
	水でも生き抜くサカマキガイがこんなに死ぬのは絶対おかしい!!これは水換えしないと
	マズイ!!ところが..

	迷い:タイミング悪く、卵からかえった「子サカマキガイ」が大量発生。「今水換えすると
	子サカマキガイが全滅してしまう!!」なので、水換えはしばらく待つことに..

	判断ミス:何もしないまま数日で、大きいサカマキガイも子サカマキガイもほぼ全滅状態に!!
	「これはもう水換えしないとダメだ!!」ということで水換えをすることに..

	終わりの始まり:もう動いてるサカマキガイは1、2匹で、あとはタニシ1匹のみ。
	「残念だけどサカマキガイは諦めてタニシのみ飼おう」と決断。タニシ1匹なので、
	水換え後、ろ過バクテリアは投入せず。

	全滅:水が白くなってきたので、「タニシ1匹だけだけど、バクテリア投入するか!」
	そして投入1時間後..「タニシが引っくり返ってるだと!!」偶然かもしれないので
	1日様子みたけどタニシ全く動かず、終了!!

	ここで初めて「バクテリアが原因???」と思ったけど、「店で買ったもので
	死ぬなんて有り得ないよな」と思い、何が悪かったのか、記憶をたどって原因を探るも
	全く分からず。

	「やっぱりバクテリアなのか!?」と思い、ググってみたら..

	「食べ残しのエサ、フン、死骸から発生するアンモニアをバクテリアが分解して亜硝酸を
	生成するとき、水素が発生→水が酸性になる→貝が死滅する」だそうで。

	くぅーーー、ごめん!!!バクテリアの注意書き見たけど、そんなこと書いてないしヒドイ!!

	てか、いつも無愛想なアクアショップの店員が、バクテリアとタニシを同時に買ったとき、
	妙にニヤニヤして「ありがとうございました(ハイ残念)」みたいな態度で違和感があったんだよ!!

	そのときにネットで調べておけば防げたかもしれない!!後悔先に立たず、ガクン。

	済んだことはもうしょうがないので、改めて死因の推測を書くと、

	サカマキガイ:説明書とおり、数日に渡ってバクテリア投入+エサ過剰投入→大量のアンモニア発生
	→バクテリアがアンモニアを分解しまくって、その結果大量の水素発生→水が大幅に酸性化

	タニシ:水換えしたけど、大量のサカマキガイの死骸を処分せず水槽内に放置→そこにバクテリアを投入
	したため、死骸から出たアンモニアを分解→大量の水素により水が酸性化

	結局、貝を飼うときは水がアルカリ性になるよう、間違っても大きく酸性化しないよう、注意しないと
	マズイようです。

	*まさか酸性化で全滅するとは思わなかったです。本当にアクアリウムって難しい!!

>2018年1月9日:タニちゃんその15
	本来飼いたかったタニシを投入。そして分かったことが!?

	夜のエアレーションの代わりに投入した「酸素拡散筒」が機能してないor
	酸素供給量が不足してる!!

	真夜中、ふと目が覚めたので水槽を確認してみると..

	タニシがひっくり返って動いてない!!!
	(タニシはエラ呼吸なので、水中の酸素が不足してるかどうかの目安になる!?)

	あわててエアレーションを入れたら、動いてくれました、あぶなかったー
	(酸素不足でひっくり返ってたか、たまたまなのかは不明)

	うーん、溶存酸素量(水中に溶けてる酸素量)を測ってみないと何とも言えないんだけど、
	測定器はめっちゃ高いしな..実験してみるのはリスクが高いしな..(最悪タニシロスト)

	とりあえず、酸素拡散筒は、本来の二酸化炭素拡散筒(水草用)として使うとして、
	別途、夜のエアレーションは思案しないと..

	・今のエアレーションを24時間付けて慣れる
	・今のエアレーションより静音なのをゲットする
	・今のエアレーションに防音処理を施す
	・室内から再度ベランダにもどす(ヒーター、エアレーション付きで)

	どれもイマイチ。うーんアクアリウムって難しい!!

>2018年1月7日:タニちゃんその14
	前回で完璧と思ったんだけど、白にごりが消えない!!

	白にごりの原因はたくさんあって、試薬などで1つずつ原因を
	調べないと、対応できないっぽい。

	それは面倒なので、改めて水の生物ろ過サイクルを見直しました。

	食べ残しのえさやフン→アンモニア→亜硝酸→硝酸→窒素
	(窒素は水に溶けにくいので、大気中に逃げる)

	投入した薬剤の説明書をみると、硝酸のところで止まってる。
	また硝酸→窒素はちょっと難しい&面倒くさい。

	ということで、硝酸を除去するアイテムを探すことに。
	見つけたのは窒素、リンを吸着するというブロック。

	窒素ってあるけど、これは硝酸のことっぽいので、試しに
	投入してみると..

	一晩で透明になりました、ほっ。結局白にごりの原因は
	特定できなかったけど、結果オーライと言うことで良しとします(おいおい

	さて、投入したバクテリアが酸素が必要とのことで、ここ数日
	24時間エアレーションを動かしました。

	ところが、動作音で夜目が覚めてしまう!!眠れない!!

	ということで、夜はエアレーション以外の方法で、酸素を供給する
	方法を調べてみました。

	見つけたのは、二酸化炭素添加セット(拡散筒式)を使う方法で、
	二酸化炭素の代わりに酸素を使うわけです。
	(酸素はドラッグストアで売ってる携帯酸素スプレーでOK)

	これで夜眠れる、よかった!!少し前まで水が緑色で悪臭してたのが、
	すごいキレイになって、これもよかった!!

	*水温が低いとバクテリアが休眠してしまうので、ヒーターを再投入してます。
	水がキレイなのと相まって、サカマキガイがいきいきしてる感じ!?
	(もう熱帯魚用の飼育環境になってるかも)

>2018年1月3日:タニちゃんその13
	あけまして、おめでとうございます!!

	昨年はWAVE−SCSIネタの1つで終わった感がありますが、
	年1つでもMSXネタが出来れば御の字なので、今年もMSXで
	何か出来ればなと思ってます!!

	さて、夏の暑さを外のベランダで凌いだサカマキガイですが、
	さすがに、水槽の水が凍ったら死んじゃうと思うので、

	先月よりベランダから室内に水槽を戻しました。薬剤を入れても
	相変わらず水が緑なので、薬剤は諦めて水交換をこまめにしようと
	思ってたんですが..

	面倒でそのまま放置(おいおい)そして先日とうとう悪臭が!!
	室内がとんでもない臭いに、とほほ。

	これはマズイということで、ネットで色々調べて、室内でも
	水が緑にならないよう対策してみました。

	水:水道水を常温に戻したもの+カルキ抜きの薬剤
	白にごり:原因の食べ残しのえさ、フンを分解するバクテリア投入
	コケ:コケを抑制する薬剤投入
	水草:バクテリアに酸素を供給する
	エアレーション:念のためエアレーションでも酸素供給
	CO2:水草の光合成用にCO2の錠剤投入

	後は日当たりが悪いので、光合成用に(LED)照明付ければいい感じかな!?

	てか、サカマキガイにはもったいない?環境かも!?ろ過器がないけど
	淡水魚が飼えるレベル!?水草の種類を増やしてもいいかもな..

	*思いのほか水槽いじりにハマっててビックリ。面白いしヨカッタよかった!!

>2017年12月8日:メールdeデータ通信withMSX
	メールのやりとりでBBSを運用しようという話です。

	MSX単体でネットに繋ごうと思えばできるのですが、
	(例えば、XPortを使ってシリアル接続をネット越しにしたり、
	InterNestorLite+アクセスサーバやObsoNETなど)

	それなりに環境や知識が必要で、敷居が高いです。そこで面倒なネットワーク
	関連の処理をPCメールでやってしまおうというわけです。

	で、MSXとPCの結び付けは、例えばNFS−100(シリアル経由で
	PC上の共有ファイルにアクセスするIF)やサロンドdeふぉ〜(A)
	+FlashAirでやろうってわけです。

	PCのみで完結するものを、無理やりMSXと関連づけるみたいな
	イメージがあるのは目をつむってください(おいおい

	PCのHDDやメモリカードにデータを蓄えるのではなく、
	わざわざMSXのストレージにデータを置くのが楽しいんです!!

	あれこれ仕様を考えるだけでも楽しいと思いますよ!!

	*kalも考えますが、いつものように妄想で終わると思います(こらこら

>2017年12月3日:真・女神転生DSJその3
	ずぅーっとゲームの方をやってました。
	一度やったゲームなので、そんなにハマらないと思ってたら..

	どっぷり浸かってしまった!!そして、今日やっと新ボスを倒しました。
	長かった〜

	御霊合体+デビルソース(とネットの情報)で(ほぼ)任意のスキルを
	持たせることができるので、

	気に入った仲魔を使い回せるのがヨカッタです。ちなみに新ボス戦は、

	招来の舞踏+サマリカームで、殺されても殺されても生き返ってきて、
	かつ、メシアライザーで(ほぼ)毎ターン全回復、スキがあったら
	ラスタキャンディ

	てな感じでやって、数十分かかりました。攻撃がほとんど通らないので
	
	攻撃スキルは捨てて、弱点を攻撃アイテムで突く→CO−OPと
	まれにでる通常攻撃のクリティカル→CO−OPでHP削りました。
	(何故だかCO−OPでのダメージが異常に高い)
	
	さて、次回作(V)は、どうなるんだろ?DSJが面白かったので、
	ちょー楽しみ!!

>2017年11月24日:ZIPPO熱その4
	ネットで調べたら、ハイライトというのが美味しいらしい。

	これとは別に、福岡に住んでるときに試供品で取り寄せた
	「ゴールデンバット紅茶風味(宮城県内限定品)」もまた吸いたい感じ。

	ゴールデンバットの方は残念ながら販売終了してて、現在は全国版で
	紅茶風味でないのが出回ってるそうで。

	ゴールデンバット→ハイライトの優先順位でコンビニに行ってきました。
	結果は..ゴールデンバットなし、とほほ。

	「じゃあハイライト」って言ったら、出てきたのがタール18mg!!
	タール8mgのブラックデビルでも吸ったらクラクラなので、

	「もうちょっと軽いのないですか?」と言ったら
	「ハイライトメンソール」ってのが出てきました。

	これはタール10mgだったので、「もうちょっと軽いのないですか?」
	言ったら「置いてあるのはこれだけです」言われたので、
	ハイライトメンソールを買って吸うことに。

	ややや、これはおいしい!!ブラックデビルよりもいい感じ。
	メンソールがちょっと残念な感じですが、吸ったあとの口の中に残る
	マズイ感がほとんどない!!

	今度からこれを吸おう!!

	*どんどん不健康になってくような..気のせいか!(おいおい
	ゴールデンバットの紅茶風味また吸いたい!!JTさんなんとかしてくれ!!

>2017年11月20日:笛のデジタル出力化
	ふと、笛のデジタル出力化を思いついて、あれこれ妄想しては
	「すげーよ、これ!!」って自画自賛してたら(おいおい

	すでに似たような製品があったよ、とほほ。

	「ローランド、エアロフォンAE−10」

	探せば他にもある感じ(電子笛っていうジャンルらしい)
	
	やっぱkalが思いつくようなことは、他の人がとっくのとうに
	実現してるんですかね、悲しいな〜

	*思いついても作れないのが更に悲しい..

>2017年11月12日:ZIPPO熱その3
	どうやら完全に喫煙者に逆戻りです、とほほ

	ちょっと勘違いしてたので訂正を。ブラックデビル、パッケージの色を見て
	黒→チョコレート、灰色→ココナッツミルクと思ったんですが、逆でした。

	黒がココナッツミルクで、灰色がチョコレートでした(なんでやねん!?

>2017年11月12日:MSXポケットバンク
	古本屋で「MSXポケットバンク9グラフィックス秘伝」っていうのを
	見つけました。

	MSXの本を古本屋で見つけるのが久しくなかったので、何だか嬉しくなって
	手にとって見てみると、結構詳しく書いてある感じ。

	値段も200円と安かったので買うことにしました、ところが..

	「そう言えばMSXポケットバンクって何冊か持ってたよな..
	あれ、これもしかしてダブりかも!?」

	家に帰って恐る恐る手持ちのMSXポケットバンクを調べてみると..

	「ダブりだーーー!!うぉぉぉおーーー!!」

	*kal、こんな感じでダブりの古本が何冊かあるんです、とほほ

>2017年11月8日:ZIPPO熱その2
	ZIPPOカチカチしたり、火点けたりしてたら、
	タバコ吸いたくなって、久し振りに吸ってみることに。

	ネットで調べて、ブラックデビルっていうのが、
	いい匂いするみたい。

	チョコレートとココナッツミルクっていうのを買ってみたけど、
	どっちも美味しくない!!

	チョコレートの方は煙はいい匂いだけど、吸うとイケてないし、
	ココナッツミルクは煙も吸ってもダメダメ、とほほ。

	それでも以前吸ってたキャスターよりかはマシかな。
	でも絶対吸ってもいい感じのタバコはあると思う。

	*kalの中古で買ったZIPPO、匂い付けがしてあって
	スゴイ美味しかった!!しばらくしたら匂いがなくなって
	美味しくなくなったんだけど、あれは何を混ぜてたんだろう、うーん..

>2017年11月7日:ZIPPO熱
	タバコ吸わなくなって10年以上経つかな!?
	それに合わせ、ZIPPOもずっと引き出しの中でした。

	もう存在も忘れてたんですが、部屋の中に転がってるZIPPOオイルの缶が
	ふと目に付いて、「そう言えば」と思い出した訳です。

	引き出しの中に眠ってたZIPPOは2つ。フタをカチカチ開け閉めしてると
	すごい懐かしくなって、タバコ吸わないけど蘇らせることに。

	一つはオイルを入れるだけで蘇りました。さすがZIPPOクオリティ!!
	もう一つは綿がありません。確か匂い付けに失敗して綿捨てたような..
	フェルトからもキツイ匂いがするので、フェルトも捨てることに。

	どうせならとメンテ用品一式(オイル、フリント、綿、フェルト)揃えて、
	いざ再生へ!!

	ネットで情報見ながら、「あー、確かそうだったなぁ」と思い出しつつ
	再生作業進めて、あっさり完成???

	火を点(つ)けると..ハイ、点きません!!何度やっても無理でした。
	ネットの情報を見比べること数分..

	原因が分かりました!フリント(着火石)がありません!!フリントと思ってたのは
	スプリングチップでした、とほほ。

	フリントを入れて無事点きました、ほっ。

	*で、このZIPPOどうしよう?フタをカチカチしたり、火点けるだけでも
	楽しいっちゃ、楽しんだけど..またお蔵入りかな(おいおい

>2017年11月2日:ラジオ熱その2
	ネットでトランジスタラジオを漁ってたら..
	ソニーのTR−4150というのが引っかかりました。

	なんか、いい感じで音鳴らしてくれそうだったんで、
	色々探してみたんですが、残念ながら見つかりませんでした、とほほ。

	その代わり、ヤフオクでTR−4100があったんで入札するも
	あっさり負け、ぐぬぬ..

	諦めようかと思ってたら、TR−4170というのを見つけました。
	これは無事ゲットできて、早速聞いてみると..

	これはスゴイ!!パナのR−1018よりもいい感じ!!
	音圧がスバラシイ!!とても単三2本の音とは思えません!!

	そのまま(ラジオのスピーカ)、ヘッドホン、ヘッドホンアンプ+ヘッドホン、
	どれも良いんですが、一番はヘッドホンアンプ+スピーカ(ヤマハYST−M20DSP、安物)
	がいい感じ。

	*自宅でのAMラジオ環境はこれで決まりかも!?いやぁいいもんゲットできた!	

>2017年10月26日:真・女神転生DSJその2
	夏に予約した真・女神転生DSJスペシャルBOX、発売日の今日
	届きました!!

	とりあえずゲームの方は寝かしておいて(おいおい
	本とCDの感想を..

	本は、真女神転生1、2の部分が濃いです。ゲームの開発秘話や舞台裏
	についてじっくり書かれてます。本がデカイのもいい感じ。

	CDも真女神転生1、2のオリジナルサウンドがいい感じです。
	てか懐かしい。欠点は、CDケースがモロイ。CDを出し入れする度、
	ケースやCDが割れそうでコワイ。

	本もCDも真女神転生1、2に重点がある感じ。古参のファンには
	たまらないアイテムだと思います!!

	*本には詳細はない?けど、真女神転生NINE(XBOX)というのが
	あったらしい?もしかして黒歴史??

>2017年10月25日:ラジオ熱
	kalたまーに、ラジオを聴きまくったり、ラジオの資料を集めたり
	することがあります。ちょうど今がそんなとき。

	・丹羽一夫、CD−ROMC
	あの丹羽大先生がHPで頒布しているCD−ROMです。内容は、DSPラジオを
	PICで選局、PICで電子ゲーム、PICでサーボ・ステッピングモータ制御に
	なってます。気になる方は丹羽先生のHPへGO!

	・トランジスタ技術2010年1月号、「PICマイコンで作るPLL用位相比較器」
	入手困難な?PLL用ICをPICで代用するネタです。丹羽先生の記事と組み合わせると
	面白そう。

	・黒岩文雄、やさしいラジオ工作入門、新星出版社
	kalの座右の書「丹羽一夫、やさしいラジオの作り方」に似てる感じがしたので
	買ってみました。丹羽先生とは切り口が違ってて、楽しめると思います。

	グレードアップ法と称してプリセレクタと単一指向性アンテナのネタが
	ありました。

	・トランジスタラジオ+ポタアン+ヘッドホン
	以前試したトランジスタラジオ+今どきのヘッドホンに、ポータブルヘッドホンアンプを
	組み合わせます。いわゆる「無駄なあがき」感があるんですが、
	「いい音になった気がする」感は味わえます(おいおい
	
>2017年10月16日:unionバッファ
	「MSXでC言語」のネタ本、

	秀和システムトレーディング「プロのテクニック大公開!C言語ゲームプログラミング」

	の最後に載ってるネタです。シューティングゲームを題材に、
	自キャラ、敵キャラ、マップデータ、ミサイルデータなどを

	一つの型に押し込めて、かつ、配列で持つ(処理が重いmalloc、free使わない)
	ことで、

	効率的で速いプログラムを作ろうという話です。kalは「一つの型に押し込めて」の
	部分で使われてる「unionバッファ」のサンプルプログラムが作りたくて
	しょうがない訳です。

	もう随分前から作りたいと思ってるんですが、そもそも「unionバッファ」が
	イマイチ理解できてません、とほほ。

	しかし、何度も何度も読んで、ついに理解できました、エッヘン(おいおい
	カンタンなサンプルコード載せておきます。

	OBJが色々なデータを1つにまとめた型で、外部参照データ、関数と
	個別データを共用体としてまとめた「unionバッファ」で構成されてます。

	/* define: OBJ */
	typedef struct object
	{

	/* common data */
	int	u;	/* used flag */
	int	x;	/* 表示座標 */
	int	y;	/* 同上 */

	VOID	(*act)();	/* 個別データの処理 */
	VOID	(*real)();	/* 画面表示用バッファにデータ反映 */
	VOID	(*hit)();	/* 当り判定時の処理 */

	/* private data: union buffer */
	union	{

	/* sample1: s1 */
	struct	{
	char	*d;
	int	dd;
	}	s1;

	/* sample2: s2 */
	struct	{
	char	*d;
	}	s2;

	}	buf;	/* end of union buffer */
	}	OBJ;	/* end of OBJ */

	/* OBJ table */
	OBJ	otbl[32];

	てな感じ。自キャラ、敵キャラ、マップデータなどが、まとめてotbl[]で扱える訳です。
	例えばsample1: s1をotbl[0]に登録→参照すると..

	/* 簡略のため直接画面表示 */
	VOID	r_s1(o)
	OBJ	*o;
	{
		LOCATE(o->x,o->y); /* 例えばエスケープシーケンスで移動する */
		printf("*d=%s\n",o->buf.s1.d);
		printf("dd=%d\n",o->buf.s1.dd);
	}

	/* 適当な初期値代入 */
	otbl[0].u=1;
	otbl[0].x=10;
	otbl[0].y=10;
	otbl[0].real=r_s1;
	otbl[0].buf.s1.d="abc";
	otbl[0].buf.s1.dd=1;

	/* 関数呼ぶ側は、個別データの内容知らなくてもOK */
	(*otbl[0].real)(&otbl[0]);

	要するにオブジェクト指向のような感じでプログラムを組もうってことです。
	kalのサンプルでは、あまり利点が分からないので(おいおい

	気になる方はネタ本をチェックしてみてください!!

>2017年10月15日:擬似MSXエミュレータその13
	ネタ本のKermitの解析が進まず、再度諦めることに
	しました。blueMSXでガマンします、とほほ。

	で、USBビデオキャプチャは、PS2、3で使うことにしました。

	画面とサウンドをPCに取り込んで、コントローラはケーブルが長いので、
	そのままPCの前まで持ってきてプレイと。

	*何年かぶりにPS2、3起動したような..

>2017年10月15日:WAVE−SCSIその39
	また不具合が!!今度はHDDにアクセスできない!?

	INQは返ってくるのに..んっ、SCSI−IDが変わってるよ!!
	何かの拍子に、切替スイッチを触ってしまったらしい。

	ID直したらHDDアクセスできました、ほっ。

	*SCSIはトラップ多いよ!

>2017年10月15日:ブレスオブファイアV(PSP)
	最近ずっとこのゲームで遊んでます。スーファミ風のグラフィックで
	こってこてのRPGです。

	真女神転生DSPまでのつなぎのつもりが..長い!!
	26日までにクリアできないかも!!

>2017年9月30日:WAVE−SCSIその38
	2週間ぶりに火入れたら、立ち上がりに何度か失敗したけど、
	なんとか正常に動くようです。

	前回は3〜4週間ぐらい火入れしなかったので、512KBの
	安物SRAM2個だと2週間ぐらいが限界なのかな?

	それとも使い回しの電気二重層コンデンサ(1F)がヘタってる?

	太陽電池+電気二重層コンデンサの組み合わせにする(うーん難しい

	電源を供給するだけのスロットを作って、ちょろちょろ電源を
	入れる(うーん面倒くさい、おいおい

	→電源を供給するだけのスロットで、電源供給は太陽電池にする。
	WAVE−SCSI使わないときは、このスロットに挿しておく。
	すると部屋の照明などで勝手にチョロチョロ充電!?
	(お、これなら既存のものを組み合わせて作れそう!

>2017年9月30日:ヴァルハラナイツ2バトルスタンス(PSP)その2
	ラスボス倒しました。あとは未解決のクエストと、真のエンディング
	があるようです。

	それにしても久しぶりに楽しめました。しかも安い!!

	*そう言えば、買ったけどやってない中古ゲームたくさんあるんだわ!
	しかもまとめて仕舞い込んでるし!押入れから引っ張り出してみようかな..

>2017年9月18日:ヴァルハラナイツ2バトルスタンス(PSP)
	中古で300円で買ったゲーム。キャラグラフィックが残念なのを
	ガマンすれば、

	ノーマルな?アクションRPG。3連休はずっとこのゲームやって
	ました。ちょー安上がり!!

	*他にやることが沢山あったような..気のせいか?(おいおい

>2017年9月10日:擬似MSXエミュレータその12
	諦め切れず、ダメもとで、ちまちまKermitの移植をしてます。
	(エミュレータでは物足りない!?)

	先週までで、移植方針をザックリまとめ、今週からプログラミング。

	今日は、シリアルの初期化とコマンド処理を作り込みました。
	ところが..シリアルIFのみだと正常動作するんですが、

	シリアル機器を接続すると、標準入力で固まる???

	プログラムの初めでシリアル接続して最後でクローズ、ってのがマズイかも。
	次回は必要なときだけ接続に変えてみようと思います。

	*ArduinoMEGAをゲットして、ハード的には配線とプログラムの
	インストールで、PS/2のキーボードが使える状態になりました。
	(PS/2キーボードをケーブル延長して普段使ってるノートPCのところまで
	持ってくれば、とりあえず擬似MSXエミュレータは完成!?)
	でも..これは最終手段で、なんとかソフト的に実現できないか
	あがいてみます!!

	*Kermitの移植で、パケットの処理とエスケープシーケンスの処理が
	学べればと思ってるんですが..どうだろな..
	
>2017年9月5日:WAVE−SCSIその37
	久し振りにWAVE−SCSIに火を入れたら..

	DOS2立ち上がるけど、Cのコンパイルでシクジりました???
	本体が悪いのか、ハードディスクが悪いのか、はたまた、どこか配線が切れたか?

	色々やってるうちに分かりました!これはSRAMの内容が部分的に消えてる!?
	「そんなことはないだろう」と思いつつも、MGINSTでインストールし直すと..

	あっさり正常動作です、信じられない!!

	SRAM1個につき、電気二十層コンデンサを1個付けた方がいいのかな?
	もしくは、1週間ごとに電源入れるとか、うーーん..

	*やっぱ、SRAMは128KB1個がいいかも!?

>2017年9月3日:タニちゃんその12
	サカマキガイ、まだ生きてます!!大きいのが何匹もいて、
	もうどれがタニちゃんだか分からないのが、アレなんですが..

	水交換をあまりしてなく、緑色の水の中でも、しぶとく生きてます!!(おいおい

	えさは、めだかのえさを1〜2日おきぐらいでやってます。

	とりあえず水が緑色にならないようにしたいと思います。
	冬はどうだろな、何にもしなくても越冬するかな?

	*ベランダに出しっ放しで、夏の暑さで全滅すると思ってたら..
	ちょー立派に育ってる!!おそるべし、サカマキガイの生命力!!

>2017年9月3日:そばその2
	今日は、いつもうどんを食べているところで、そばを食べてみました。
	これは、ゆで太郎よりも更に美味しくないかも、とほほ。

	「チェーン店で旨いそば」はムリがあるかもしれない。
	地味〜にチェーン店以外を回るしかないかな、とほほ。

>2017年8月31日:そば
	以前、富士そばに通ってましたが、箱根そば、ゆで太郎の方が美味しいらしい
	とネットでみて、

	ゆで太郎に行ってみました。うーん、富士そばの方がいいかも、とほほ。

	やはり、山形の人が言う通り、「東京のそばは、あんなのはそばじゃねぇ」
	なのかもしれません。

	あー山形行って、板そば、肉そば食いてーー!!
	
>2017年8月22日:大根おろし
	この間TVで見た「大根を縦に切って、縦にやさしくおろすと甘くなる!?」
	技をやってみました。

	生揚げ(厚揚げ)を軽く焼いたものに大根おろしを添えて醤油で食べるのが
	我が家の定番なんですが、

	今日は縦におろした大根おろしを添えて塩をかけて食べてみました。

	うわー、すげーおいしい!!大根は何気に特殊調理食材かもしれない!!

	*「大根おろし 縦」でググると情報が出てくると思います。

>2017年8月21日:真・女神転生DSJ
	ストレンジ・ジャーニー(SJ)をリメイクしたDeepストレンジ・ジャーニー(DSJ)
	が発売(10月26日)されるようで。

	初回限定生産版のスペシャルBOXの方を予約しました。この限定BOXは..

	・廃盤になったCD+アレンジ版、計6枚CD
	・メガテン25年の歴史(各シリーズ解説、関連書籍情報、企画・開発資料公開)

	が付いてくるようで、これだけでも十分楽しめそう!!

	*今は真・女神転生4ファイナルをやり込んでます。メガテンシリーズでは一番やり込んでるかも。
	DSJはどうだろな?最悪、CDと資料だけでもチェックする価値はあると思う。

>2017年8月17日:疑似と擬似のちがいその2
	kalの理解では、次のようになりました!?

	疑似→本物と似ていて、本物と共通項があるもの
	擬似→本物と似ていて、本物と共通項がないもの

	どうだろ、金田一先生教えて!!(おいおい

>2017年8月16日:疑似と擬似のちがい
	日本語だとどっちも同じ意味あいのような言葉。でもビミョーに違うようです。

	ネットで疑似の言葉にquasiという単語があてられてたのをキッカケに、
	英語経由で違いを調べてみました。すると

	quasi:疑似→類似の、うわべだけの、準〜
	pseudo:擬似→にせの、まがいの

	疑似の方は、似ているものとか、例えば準会員の準なんかに使われるようです。
	擬似の方は、にせものとかまがい品を表すそうです。

	なんちゃって○○は、擬似の方になるかも!?

	*違う説もあるかもしれません、うーーん難しい!!

>2017年8月14日:無理やり子プロセスその2
	blueMSXで常駐演奏の音楽を聴いてたら、また閃きました(なんでやねん!?

	ふつーのプログラムの場合は、バッチファイルに出力してCOMMAND2.COM
	で実行するです。例えばDIRの場合..

	=== aa.bat ====
	dir
	aa0
	===============

	というバッチファイル作って、(aa0がシェルもどき)

	execl("command2","aa");

	でOKです。CDは行った先にCOMMAND2.COMがないとマズイみたい。
	REN、MKDIR、RMDIR、COPY、DELなんかも実行できました。

	エディタ(V.COM)、自作ゲーム(ポーカー)も実行できて(終わったあと
	シェルもどきに戻る)、

	「これは、なんちゃってシェルもどきがホントのシェルになるかも!?」と思ってたら..
	壁が向こうの方から、音も無く突然目の前に現れました!?

	いよいよCコンパイルはどうかなと試すと..終了したと思ったら、シェルもどきに戻らず
	COMMAND2.COMに戻ってる!?

	色々やってみた結果、どうやらメモリ不足で異常終了したみたい、とほほ。

	EXECL()、もしくは、COMMAND2.COMを調子に乗ってやり過ぎた
	ようです。MSX−Cではここら辺が限界ということでしょうか..

	もしCOMMAND2.COMの方が原因なら、まだ救いがあるんですが、
	(必要なプログラムを全部自作する!!、ムリか)

	EXECL()の方だと、もうお手上げです。シリアルから受信した文字列をコマンドとして
	実行しようという試みは、まんまと座礁に乗り上げてしまいました、くぅ〜

	*また閃くかもしれないから、blueMSXで常駐演奏聴きまくろう!(おいおい

>2017年8月13日:無理やり子プロセス
	blueMSXで常駐演奏の音楽を聴いてたら、閃きました(なんでやねん!?

	自作コマンドしか実行できませんが、シェルもどきができました。

	cmd.h:	自作コマンド一覧
	aa0.c:	シェルもどき本体
	aa1.c:	自作コマンド1(ハロープログラム)
	aa2.c:	自作コマンド2(関数へのポインタ配列に登録してある関数をすべて実行するプログラム)
	end.c:	シェルもどき終了プログラム

	ポイントは「自作コマンドの最後でシェルもどきをexec()する」です。
	本来ならマシン語でイジクル部分を、MSX−Cで無理やり実現してみました。

	=== cmd.h ===
	"aa1",
	"aa2",
	"end",
	=============

	=== aa0.c ===
	#include	<stdio.h>

	char	*cmd[]={
	#include	"cmd.h"
		NULL
	};

	VOID	rm_crlf(b)
	char	*b;
	{
	int	i;

		for(i=0;b[i];i++){
		if(b[i]=='\n'){
		b[i]=0;
		break;
		}
		}
	}

	int	cmd_cmp(s,t)
	char	*s;
	char	*t;
	{
	int	i;
	int	f;

		f=0;
		for(i=0;s[i];i++){
		if(s[i]==t[i]) continue;
		f=1;
		break;
		}

		return f;
	}

	int	cmd_chk(c)
	char	*c;
	{
	int	i;
	int	f;

		f=0;
		for(i=0;cmd[i];i++){
		if(cmd_cmp(c,cmd[i])==0){
		f=1;
		break;
		}
		}

		return f;
	}

	main()
	{
	char	buf[256];
	int	f;

		while(1){
		f=0;
		printf(">");

		gets(buf,256);
		rm_crlf(buf);

		f=cmd_chk(buf);

		if(f==0){
		printf("bad commamd:%s\n",buf);
		continue;
		}

		execl(buf);
		}
	}
	=============

	=== aa1.c ===
	#include	<stdio.h>

	main()
	{
		printf("hello blue msx!\n");

		execl("aa0");
	}
	=============

	=== aa2.c ===
	#include	<stdio.h>

	VOID	aa1()
	{
		printf("func:aa1\n");
	}

	VOID	aa2()
	{
		printf("func:aa2\n");
	}

	main()
	{
	VOID	(*aa[2])();
	int	i;

		aa[0]=aa1;
		aa[1]=aa2;

		for(i=0;i<2;i++){
		(*aa[i])();
		}

		execl("aa0");
	}
	=============

	=== end.c ===
	main(){}
	=============

	*手打ちのため、ミスがあるかもしれません。その場合は各自で修正ください。
	(まあ、打ち込む人はいないと思いますが)あと、kalはMSXでも見やすいように
	タブリングをマシン語風にしてます。

	実行画面はこんな感じ。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/shell.jpg

	COMMAND2.COMのコマンド、コンパイラ、アセンブラ、リンカ、エディタ
	が自作できれば、これでも問題ないのですが..

	一応ネタ本はあるので、いつかチャレンジしてみたい!?

	*いつか○○ばっかりだよ、とほほ。

	あと、blueMSXでMSX−DOS2動かすのって難しいの?

	kalは、SunriseのATA−IDEがDOS2ROM内蔵してるのを利用して、
	MEGA−SCSI(WAVE−SCSI)のインストールをしてます。

	*ここら辺は、実機の取り回しを知らないエミュONLYの人には難しいのかな?
	でも、blueMSXでDOS2使えますぞ!!

>2017年8月13日:擬似MSXエミュレータその11
	面倒になってしまって、PCにエミュレータ(blueMSX)をインストール
	してしまいました(おいおい

	マシン構成を「turboR」にして、ストレージIFを「WAVE−SCSI」
	にして、常駐演奏させながらプログラム組んでます。すごい快適!!

	これでアスキーのシリアルIFが使えたら、実機から卒業できそう!!

	という訳で、このプロジェクトは一時終了です。いつかリベンジするかも
	しれません(ホントか?

>2017年8月7日:擬似MSXエミュレータその10
	子プロセスの起動なんだけど、「重要な部分が抜けてる!」(MOZU倉木風)
	気がする。システムコール60H以外にもイジクル部分や必要な情報が他にあると思う。

	もしくは、子プロセスに対する理解が間違ってるかな?アスキーさん、サンプルコード
	付けようよ!!(ムリか

	こうなるとソフトでの実現は諦めて、ハードでの実装になるんだけど、
	制御コード(エスケープシーケンスなど)の扱いがイマイチ不明。

	なんとなくWin側でも作り込まないとイケナイ感じ。KermitのMSXへの
	移植で突破口が見えればなと思ったけど、どうだろ?

	ゴールはすぐそこのように思えたけど、何だろ、まだまだ遠いっぽい、とほほ。

>2017年7月30日:擬似MSXエミュレータその9
	まずKermitの方。Win用のプログラムゲット!

	ネタ本にMS−DOS用のCソースが載ってるので、MSX−Cで移植すれば
	PCとMSXでファイル転送できる!?

	擬似MSXエミュレータの方は、子プロセスの起動確認。MSX−CLibraryの
	callx()関数で60H(_FORK)をコールしてみたんだけど..

	子プロセスと親プロセスの区別方法と、親プロセスが子プロセスの終了まで待つ方法が
	イマイチ不明。これは厳しいかも。

	でも、COMMAND(2).COMがコマンドを子プロセスで実行してるらしいので
	絶対方法はあるはず。必要な知識があれば絶対できる!?

>2017年7月24日:擬似MSXエミュレータその8
	そう言えば昔、シリアルでPCとやりとりする本あったなぁと
	思い出したので探して見ることに..

	ありました!「サイエンス社、MS−Kermit入門、藤井啓文、湯浅富久子共著」

	Kermitですよ!、いや実はよく知らないんですが、その昔は流行ってたらしい。
	ファイルの送受信がメインなんですが、FTPよりもカンタンに作れそう。

	予定を変更して、しばらくKermitで遊んでみようと思います。

	*擬似MSXエミュレータの方、方向キーでつまづいてます。まさかABCDって
	出てくるとは思わなんだ!!

>2017年7月17日:擬似MSXエミュレータその7
	今日はシリアル回りの動作確認。

	具体的には、MSXとPCをシリアル接続して、ターミナルソフト間で
	文字のやり取りをしました(メインはPC側のシリアルの確認)

	ところが、ここでトラブル発生!!ドライバをインストールすると
	コード10?のエラーが出て正常動作しません。

	どうやら何年か前に買ったkalの激安USBシリアル変換器、中国製のコピー品らしく、
	ドライバの方でコピー品では動作しないようになってるらしい、とほほ。

	古いバージョンのドライバならコピー品対策してないのでOKとの
	ことで、色々ネットを漁ってましたが見つからず..

	しょうがないので、同じチップ(PL2303H)を使ってる別メーカの
	古そうなドライバを入れたら..

	ドライバが正常動作するようになったよ!!早速MSXと通信するも、動作が変!!
	(文字化けしたり、文字が出なかったり)

	シリアルの設定を変えて試してたら、でーたー!スーパーサイヤ人ブルー!!!
	じゃなくてブルー画面!!!

	Win7でブルー画面は初めてかも、恐るべしUSBシリアル変換器!!
	しょうがないので、この変換器は諦めて、メーカー製の変換器をポチりました。

	ところが、もうちょっと探せば、お目当てのドライバが見つかるような気がして
	再度ネットを漁ったら..

	あったよ!ブルー変換器、無事に使えたよ!!ポチっちゃったのどうしようか?
	いつか役に立つかな?うーん..

	で、(TeraTermで)PCのキーボードを打つと、PC上のキャプチャした
	MSXの画面上に字が出てくる訳です。キーボード打って画面をしばらく眺めてると..

	「ん、打ち込んだ文字をコマンドとして実行できるじゃね?」と思うわけです。
	fork()→execlp()みたいな。そこでまたネットで調べると..

	・MSX−Cにはfork()がない
	・しかしDOS2システムコールには子プロセスの起動(60H)がある
	・環境変数PATHを取り込んだexeclp()はMSX−C1.1にはない
	・fork()→execlp()が実現できてもMSX−DOS(2)上でしか使えない

	kalはBASICは使わないのでDOSオンリーでもOKなんですが、
	MSX−C1.1でfork()とexeclp()作り込むのは面倒かも。

	Arduinoでハード的に作る方がカンタンかも。でもソフトで対応できれば
	他のMSXでも使えるしな..うーん..

>2017年7月16日:オープンキャンパスその2
	今年も行ってきました、オープンキャンパス!!
	今年は図書館で気になる本を読んできました。

	大学の図書館はイイ!!普通の図書館には置いてない本が
	山ほど置いてある!!まさに宝の山状態!!

	さらに雑誌、学会誌のバックナンバーもチェックできて
	至れり尽くせり状態!!

	昔は「学外利用申請」をして他大学の図書館を利用してましたが、
	母校のオープンキャンパスなら、その必要がありません。

	年に一度の楽しみが増えた感じ、よかったヨカッタ!!

	*今年は研究室訪問はしませんでしたが、来年は「ちょろっと勉強したら
	こんな結果が出ました」とか言って先生と語り合いたいな!(ムリか

>2017年7月11日:擬似MSXエミュレータその6
	今回から「疑似」を「擬似」にしました。意味的にはどっちでもいい感じなんですが、
	見た目的に手偏の方にしました。

	で、ネットショップで買った本を読んでます。

	「リックテレコム、みんなのArduino入門、高本孝頼」

	読みやすかったので、これにしました。開発環境をインストールして
	早速プログラム(スケッチ)を書いてみましたが、

	C言語風で組みやすかったです。これならシリアル→キーボード入力のスケッチも
	何なく出来そうな感じ、ほっ。

>2017年7月9日:コナミのテニス
	今日はコナミのテニス、レベル3(ゲーム3)をやりました。
	さすがに、ちょー強い!!1セット目は1−6で全く歯が立ちませんでした。

	しかし、2セット目は、左右どちらに打ってくるか何となく分かるようになり、
	6−1で取りました!!

	そしてファイナルセット!!ここで悲しいかな目がついてきません、とほほ。
	疲れ目で凡ミスが重なり、4−6で負けです、くやしい!!

	それにしても「ウィンブルドン感」がハンパねぇ!!自分がまるでプロテニスプレーヤーに
	なった感じがスゴイする!!

	MSXという制限のつよい環境上で、ここまでテニスプレイ感が味わえるなんて
	信じられません!!まさに神ゲー!!

>2017年7月9日:タニちゃんその11
	結局、水槽はサカマキガイONLYの状態でベランダへ。
	(エアレーション、ヒーター、濾過器なし!!)

	えさも数日おきにしたので、爆発的に増えないと思う、多分。

	大きいのが何匹もいて、もうどれがタニちゃんか分からない状態。
	GW中に☆になるはずだったのが、ここまで増えたので、これでカンベンしてくれ。

	夏の暑いのを乗り切っても、冬の寒いのはどうだろ?生きてれば、水換え&えさやりは
	するけど..サカマキガイの生命力を考えると、来年の春までシブトク生き残るかも(すげぇ

>2017年7月8日:疑似MSXエミュレータその5
	今日はリアル書店で書籍チェック。で買うのはネットショップっていう(おいおい

	リアル書店が、ネットショップのショーウィンドー化してる気がする。
	リアルとネットで差別化しないと、リアル店舗全滅かも!

	で、RS232Cシールドってのを使えば、PCとシリアル接続できる感じ

	あとは、A1Fの基板を取り出して配線ポイントの確認、Arduino環境の購入・動作確認、
	必要な配線材の購入くらいで準備完了かも。

	どうだろ、上手く行くかな、うーん..

>2017年7月2日:疑似MSXエミュレータその4
	今日はArduinoとA1Fのキーボード回りの配線に関する情報収集。

	うーん、イケそうかな?いやまだ色々情報集めないとマズイ!!

	7月:情報収集、お勉強
	8月:製作、動作確認

	かな。盆休みに完成を目指そう!!

>2017年6月28日:疑似MSXエミュレータその3
	思い付きました。

	PC側:ハイパーターミナル
	MSX側:シリアルからの入力を直接キーボード配線に叩き込む(要マイコン)

	これならkalでも「ちょっと?背伸びをすれば」できそうな感じ!?
	また、シリアルケーブルは、手持ちの無線化するコネクタでワイヤレスに!!

	地味に情報収集して、何とか実現化したいです!!

	*Arduinoを使って、PS/2からの入力をMSXのキーボード配線に
	叩き込むっていうのを見つけました。PS/2をシリアルに置き換えれば
	イケる感じ!?

>2017年6月26日:疑似MSXエミュレータその2
	MSX側のキーボードを有線(もしくは無線)でPC側にもってくるじゃ
	「疑似MSXエミュレータ」にはなんないよな..

	やっぱPCキーボード入力が、そのままMSX側キーボード入力にならないと
	納得いかない!!(おいおい

	でも、これ難しいな!最悪「疑似MSXエミュレータ」は諦めて、一番簡単な
	MSX本体をPC側にもってくるか!?(ダメか

	*コンポジット入力だと画面がキタナイ!!これS端子にするとどうなんだろ?
	(kalのもってるUSBビデオキャプチャは、コンポジット入力とS端子入力がある)

	A1FってS端子化できるのかな?うーん..いやできるかも!?
	にがさんから教えてもらった情報を復習すればイケるかも!?

>2017年6月25日:疑似MSXエミュレータ
	何年も前に買ったUSBビデオキャプチャ..
	MGINSTの秘密のオプション画面をじっくり見ようと
	買ったんですが、

	結局デジカメのムービーモードで代用したので、もう使用目的も無く
	部屋の肥やし状態になってました。

	「1度くらいは使ってみるか」と思って、PCにインストールして
	使ってみました。

	キャプチャする画面はMSXから拾うことに。すると..
	「これモニタとして使えるんじゃね!?」

	MSXの画面をPC上で見るんです!!すごいエミュレータ感がパねぇ!!

	問題はキーボード入力。画面がPCなら、キーボード入力もPCからしたい!!
	つまり、PCのキーボード入力→そのままMSXへのキーボード入力みたいな..

	こんな都合のいいアイテムは、やっぱ無いよな..既存のもの組み合わせても
	PC側、MSX側、両方で作り込みしないと無理っぽい。

	MSX側のキーボード配線を外だしして、MSX用の外付けキーボード
	+ケーブル延長で、無理やりPC側にMSXキーボード持ってくるかな..
	でもこれ美しくないよな、とほほ。

>2017年6月21日:タニちゃんその10
	かなりヤバイ状況に!!

	まず、ワンカップに移してた「みずちゃん」、☆になりました。
	(星になる→昇天する→死亡、とほほ)

	何がマズかったんだろうな..悪かったな、カンベン!!

	そして水質が一向によくならない。終いには水草が腐ってる!?
	これはもうマズイので、とりあえずトーちゃんだけでも
	別容器に移すことに..

	これが失敗でした、とほほ。洗面桶に水だけ張って移したんですが..
	何かの拍子に洗面桶から飛び出して、そのまま床に落ちてビチビチ言ってる!!!

	何が起きたかしばらく理解できなくて、トーちゃんが動かなくなるまで茫然と
	見つめてましたが、ハッと我に返って急いで洗面桶に戻しました。

	kalがいないときに飛び出してたら、間違いなく死んでたよ、あぶないアブナイ!!
	何とか生きてますが、様子がおかしい感じ。

	その後、何とか復活したかなと思ってましたが..このメモを書きながら
	ウトウトしてたら..

	また飛び出してる!!飛び出さないように下敷きとラップでフタしてたのに
	突き破ってるし!!

	気づくのが遅すぎて、もうダメな感じ..ダメもとで水に戻しても全然動かない!!
	あちゃ、トーちゃんも☆だよ、とほほ。

	アクアリウムって難しいな..とりあえずトーちゃんはタニちゃんたちのいる
	水槽に戻して、タニちゃんたちのえさかな、立場逆転だよ悲しいな..

>2017年6月19日:ネトゲ
	LV上げに行き詰って何年も放置してた、とあるネトゲ。
	やり始めてから、もう11年目になるマイナー?なネトゲです。

	久し振りにチェックしたら..むむむ、これはチョー使える!?課金モンスターが
	売ってるじゃん!?

	期間限定なので、数年ぶりに課金してゲットすることに。
	スキルは..ひたすらチョー回復!!

	kal、マイナーな職業ばかり転々としたため、ステータスがチョー低い!!
	なので経験値を稼ごうと強いモンスターのいる所に行っても、連戦できない!!

	でも、この課金モンスターでダメージ受けるそばから、ガンガン回復で
	強いモンスターのいる所で連戦できるようになり、

	経験値をアップするモンスターと組み合わせて、この3日でLVが3も上がりました!!
	(もう4、5年、1LVも上がらなかったと思う..まさにミラクル!?)

	期間が終了する前に、また課金して数体ゲットしたいなと思います!!

	*運営側はもっとアピールすれば、kalのように行き詰って去って行ったユーザが
	戻ってくると思うけどな..例えばメールマガジンで告知とか、古参ユーザとは独自の
	コネクションを利用して告知とか..(運営側社長と古参ユーザがオフ会やったって聞いたことあるし..
	
>2017年6月15日:タニちゃんその9
	最近は、トーちゃん(トーマシー)の様子がイマイチだったので
	あれこれ対策グッズをゲット&投入してました。

	【テトラミンsuper】
	メダカのえさをやってたんですが、大きいサカマキガイにチョッカイ出すので、
	もうちょっとイイえさを投入することに(熱帯魚用のえさ)
	
	しかし、フレークタイプのため(デカイため)ほとんど食べず失敗。
	買う前によく確認しとけばよかった、とほほ。

	【PH試験紙&調整剤】
	突然、元気なく水槽の底で動かなくなる?ネットで調べると、どうやらPHの値が
	関係してるらしい?

	トーマシーは中性〜酸性が適してるのに対し、試験紙で調べると水槽はアルカリ性
	になってる!!よってPHを下げる薬投入。

	投入後はスゴイ元気になるんですが、しばらくすると再び様子がおかしい。
	根本的な解決にはならないっぽい、とほほ。

	【水草&エアレーション】
	水質改善用に投入。しかし水草の効果は不明&エアレーションはアルカリ性になるっぽい?
	失敗かな。とりあえずエアレーションは使わないことに、とほほ。

	【バイコム78、21】
	そもそもkalの買った水槽には、外掛けフィルターなる水質を良くするフィルター
	(モーター式)が付いてるんですが、チョーうるさいのでちょろちょろ電源OFFに。

	ところが外掛けフィルターは24時間電源ONじゃないとマズイらしい。
	電源OFFにしてるためか、フィルターとしての機能が発揮できず、水が緑色に(あちゃ

	そこでバイコム投入!!まだ結果出てないけど、きっと上手く行く!!かな(おいおい

	【CO2錠剤】
	水草のパフォーマンスがイマイチなので、CO2を添加することに。水草は水中のCO2&
	養分を吸って、酸素放出&水質改善するらしい。

	CO2添加装置はちょっと高いので、とりあえず錠剤(風呂に入れるバブみたいなの)を
	投入することに。入れた直後は泡が出てたけど、数分で泡は出なくなった?
	これ効果あるの?(ギモン

	【テトラエンゼルフィッシュ】
	トーちゃん、メダカのえさもフレークタイプのテトラミンも食べなくなって、すごい弱ってる
	感じ。そこでえさを替えることに。

	ショップで色々漁ってると、見つけました!!小・中型シクリッド用のえさ!!大きさも米粒の
	半分くらいでイケてるかも!?(ちなみにトーちゃんは小型シクリッド)

	早速投入するとスゴイ喰い付き!!とりあえず食べてくれて一安心。水質の方も何とかするから
	それまで生き延びてくれトーちゃん!!

	*いつの間にか、タニちゃんよりもトーちゃんがメインになってる!?恐るべしアクアリウム!!

>2017年6月11日:コントローラ修理
	コントローラ側の付け根あたりが怪しいので、そこを切除することに。

	1.基板からコードを取り外す
	2.断線している部分を切除
	3.基板にコードを取り付ける

	コードは短くなりますが、15cmくらいなのでガマン!!
	30分たらずで作業完了して、早速ゲームで試すと..

	Aボタン利くよ、ヨカッタ!!

	グラ2は相変わらず1面で撃沈ですが、コナミのテニスは
	レベル2(ゲーム2)で6−3、6−0のストレート勝ちできた。
	何年ぶりだろ!?

	*このコントローラ、確か10代の時にアキバで買ったんだよな..
	(JOYCOUNT、TORBOW、CT−4)あと何年持つかな..

>2017年6月10日:タニちゃんその8
	昨日、様子がおかしかった?みずちゃん。
	今日動き回ってるので、よく見てみると..

	触覚がなくなってて、体も半分くらい無くなってる!?

	よくそれで生きて動き回ってるよ、サカマキガイ、おそるべし生命力!!
	また、新たなるサカマキガイの卵発見!!

	数で勝負だ!!トーちゃんに負けるな!!

	*みずちゃん可哀想なので、小さいサカマキガイと一緒にワンカップの方
	に移しました。ハーレム?だよヨカッタナみずちゃん!(おいおい

>2017年6月5日:タニちゃんその7
	トーちゃん(トーマシー)、タニちゃんの触覚食いちぎりやがった!!
	しっぽ?も短くなってる感じ(あちゃ

	また、みずちゃんにもチョッカイ出してるし。

	*タニちゃん、みずちゃん→サカマキガイ

	まあ、ここまで生き延びれて、卵も産めてラッキーと思って
	ガマンしてくれ。

	それにしてもトーちゃんスゴイな。サカマキガイ、このままだと全滅かも。
	サカマキガイ、頑張ってもっと増えるんだ!!(おいおい

	*トーちゃん、動いてるものを見つけてはパクパク口に放り込んでる感じ。
	で、食べられないのは「ぺっ」って吐き出してるし。

>2017年6月4日:タニちゃんその6
	WX改の作業を早めに切り上げて、トーマシー環境を構築することに。

	アクアショップに行ってトーマシー探しても見つかりません。
	ところが店員さんに聞くと「あぁ居ますよ、こちらです」と
	あっさり見つかりました、さすが店員さん。

	店員さんに色々聞いて、水槽と濾過器のセット、ヒーター、水作り用の薬、
	トーマシー1匹をゲット!!

	家に帰って、水槽セッティングして、トーちゃん(トーマシー)投入。
	初めは怯えてる?感じでしたが、水に慣れるとチョロチョロ動き回って
	何やらパクパク食べまくってる感じ。

	小さいサカマキガイは居なくなった感じ、でかしたトーちゃん!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/toma.jpg

	*この環境なら本当のタニシやトーマシー追加してもいいかもな。

>2017年6月4日:WX改その2
	前回の構成にするべく、今日は実作業の日。

	作業内容は、FDDエミュ用にケース加工、FDDエミュ用のSDカード調達、
	SDカードに開発環境インストール、AUTOEXEC.BAT作成の4項目。

	まずケース加工。ドリル、ニッパー、ラジオペンチ、カッターを使って無理やり
	FDDエミュ用のスペースを確保しました。気が付いたら2時間ぐらいグリグリ
	してたかも、疲れた〜

	次はSDカードの調達。手持ちの512MB、1GBのSDは使えませんでした。
	そう言えばデンセイシリウス製のFDDエミュは、SDHC規格でないと使えない感じ。

	4GBものを見つけられなかったので、仕方なく8GBに。FD1枚あたり2MB
	使うので、100枚だと200MB必要。これに8GB使うとは、なんて贅沢なんだ!!

	SD調達できたので、FD0番(Aドライブ)に、システムファイルと開発ツール
	インストールして、最後にAUTOEXEC.BAT作成っと。

	set path=a:\bin;
	set append=a:\files;
	set expert=on
	ramdisk 768
	mode 40
	ton
	h:

	確かこんな感じ。TON.COMは5.37MHzにする自作プログラム。
	FDベースなんで、体感するのは難しいんですが、とほほ。

	C言語の簡単なプログラムをコンパイル→実行して、遅さを楽しんだあと、
	ゲームで遊ぶことに。

	まずグラ2。何度かやって久し振りに1面のボスまで行きました。そしてボスに
	やられました、とほほ。

	気を取り直して、次はコナミのテニス。レベル2(ゲーム2)で接戦をしてたんですが..
	途中でAボタンが効かなくなった!?

	どうやらコントローラのコードが断線してる感じ。何故にこのタイミングで
	壊れるかな(カンベンしてくれ

	これは、コード交換、猫の手化、スティックコントローラ自作(PoPiPu!第4巻参照)
	など対策しないと..キーボードでグラ2やテニスは辛いもんな、とほほ。

	ちなみに出来上がりはこんな感じ。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wx-kai2.jpg
	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wx-kai3.jpg
	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wx-dos2ram.jpg
	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wx-fdd-emu.jpg
	
>2017年5月29日:WX改
	工房のWX改、ゲーム機メインに、たまにレトロ感を味わいたいとき用に
	FDベースの開発機仕様にすることに。

	メインRAM:1024KB(内蔵256KB+外付768KB)
	スロット1:ゲームカートリッジ用
	スロット2:DOS2カートリッジ用(MEM−768改使用)
	FDDエミュレータ内蔵(デンセイシリウス製、FD100枚切替可)

	開発のときは、

	Aドライブ:FD0番(システム、ツール)
	Bドライブ:FD1番〜99番(データ保存など)
	Hドライブ(RAMDISK768KB、作業用)

	てな感じ。

	MEGA−SCSI等のストレージIFを付けない、ってのがチョット新鮮かも!?
	FDベースで遊んでた「あの頃」を思い出して、郷愁感がパねぇ感じ(おいおい

	*とりあえずグラ2、1面クリアできるよう、やり込まないと!
	コナミのテニスも何気に熱い!!

>2017年5月28日:スペースキー
	工房のWX改とGT、スペースキーが正常動作しなくて
	長らくジャンク状態でした。

	が、今日不具合の原因が分かりました!!上ケース(フロントパネルのコネクタ)
	を外していたのが原因のようでした。

	色々イジくろうと上ケース外してたんですが..これが悪かったんですか!?
	何でやねん!!

	でもこれで、WX改はゲーム機、GTはストック機として役目果たせます!!

	*ストック機の役目って何だっけ(おいおい

>2017年5月27日:拡張VRAM
	今日工房でビデオ回りの資料読んでたら..

	64KBの拡張VRAMってのを見つけました。
	これが所謂「ビデオRAMの追加」ってやつらしい。

	これを例えばマッパメモリ風の仕組みで、切替すると
	どうなんだろ??

	要するに128KB+64KB→128KB+64KBxN
	って感じ。

	*マッパメモリで活かせなかったDRAM、VRAMでなら
	使えるかな..うーん..

>2017年5月27日:WAVE−SCSIその36
	あれ、/WRSRAMってHC139で作れるじゃん!!
	(B7、B6生成部の7FFE(F)hを引っ張ってくる)

	するとHC139(9回路)+HC138→HC139(10回路)
	になって、ロジックICが1つ減らせる!!

	それでも、HC139x5、HC133、HC74、HC11
	(ロジックIC計8個)+SPC、SCC、SRAMx2だからな..

	バッファなしで動くのかな?MSXだから多少ムリしても
	動くかな?うーん..

	*HC138の方がA14使ってない分、美しい!?んだよな..
	あー悩ましい!!(おいおい

>2017年5月25日:1年
	転職して1年。工房通いを維持するため涙ぐましい?
	節約生活をしてきました(おいおい

	先月昇給がなかったので、「また1年、どうにか踏ん張るか」
	と思ってたら..

	今月から上がったよ、ヨカッタ!!(工房維持費より多いかも?)

	これで、喉から手が出るくらい欲しいロジトークゲットしたり、
	以前のようにチョロチョロうなぎ食べに行けるかも!?

	*生きててよかった(おいおい

>2017年5月23日:無駄なこと
	昔のメモをみて思い付きました。

	「turboRをMSX2にダウングレードする!!」

	CPUをZ80モード?に固定して、メモリを減らして、
	プライマリーメモリの扱いをかえて、VDPを9938にして、
	FM音源その他削って..

	要するに意味のない無駄なことです。ところがコレをやる気に
	させる魔法の言葉があって..

	「スイッチ1つで、MSX2⇔turboRの切替が出来るようにする!?」

	どうですか?一気にその気になりますよね!?やってみたい方挙手!!(しーん

	*だよね、とほほ

>2017年5月23日:MSX−VILLAGE
	タイトルサイトに投稿するには、どうしたらいいんだ??

	昔、kalのマズイ回路図でWAVE−SCSI作ってた人に
	「回路図修正しました」って報告したいんだけどな..

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wave-scsi4.gif

	どうにか、ここをチェックしてくれないかな(ムリか

>2017年5月21日:TWEEZ.NET
	非公開のツイッターを見れるそうで。

	絶対に関わってはイケナイ人のツイッターを
	怖いものみたさで見てみました..

	見なきゃヨカッタ、おそろし!!(おいおい

>2017年5月21日:つくるMGINSTその3
	もう既にお手上げ状態なんですが(早いよ

	それでも何とか前進しようと、関連するネタを
	ネットで漁りつつ、あれこれ妄想してました。

	その中で気になることが..

	「ところが、MEGA-SCSIは接続されているSCSIデバイスが
	MSXより速くデータの読み書きを行う事を前提に、速度追求のために
	一部のステータスチェックを省略しています。」(れふてぃさんのHPより)

	ダメじゃん、てか信じられない!!MGINST=完璧の
	イメージだったので。

	色々なパッチを当てつつ、MEGA−SCSI、WAVE−SCSIに
	対応してるので、ステータスチェックを省略なんて信じられません!!

	つじかわさん、そんなに「速度」を追求する必要があったんですか!?

	いつ出来るか分からないけど、まずこれを改善した形でMGINST
	自作したい!!

	*WAVE−SCSIで12年半かかったからな..MGISNTは
	どのくらいかかるだろ、もしかしたら一生かもな(おいおい

	でもこれが出来れば、他のストレージIC用のテンプレートになると思うんだ!
	想像するだけでもスゴイ楽しい、絶対やったる!!
	
>2017年5月19日:タニちゃんその5
	恐れていたことが、ついに起こりました。

	数日前、卵が20〜30個入ったゼリー状の透明な塊が
	7個くらい水槽、水草に引っ付いてました。

	「タニちゃん1匹だけだし、これはきっと無性卵だよ」と言い聞かせて
	除去せず放置してたら..

	今日まんまと一部の卵が孵って、小さいサカマキガイがチョロチョロ
	動き回ってます、とほほ。

	前回、みずちゃんがタニちゃんの貝殻に引っ付いてたけど、そのとき交配した?
	それとも、職場から回収したときには既に交配後だった?それとも単体交配した?

	何れにしても、もう捕食生物投入しかない状況です。放っておくと、
	あっという間に数百、数千、数万に増えるので。

	ネットで調べて、「トーマシー」がいいらしい。まあ詳しくはアクアショップの
	方と相談して決めようと思います。

	トーマシー用に新たに環境を構築しないといけませんが、「環境作り」は
	kalの楽しみなので、プライスレスと自分で自分に言い聞かせることにします(おいおい

	*最近、プライスレスが多いな、とほほ

>2017年5月15日:グーグル翻訳
	昨日ゲットしたおちょこで、日本酒くいくい飲みまくりです。

	気分がよくなって、調子にのってMSX.ORGにWAVE−SCSIの
	完成報告してみました。

	その際使った翻訳ツールがタイトルのものです。翻訳性能がよくなったと
	評判だったので使ってみました。

	これはスゴイ!!kalのトンチンカンな?日本語を分かりやすい英語に
	してくれるんですよ!!

	これは近い将来、外国語をマスターする必要がなくなるかも!?
	
	母国語でスマホに話す→相手の言葉でスマホが話す
	相手がスマホに話す→自分の母国語でスマホが話してくれる
	(必要ならテキストに保存してくれる)

	これは今でも出来ると思うんですが、翻訳精度が数年の内に格段に上がるような..
	そしたら、義務教育でスマホの使い方が授業になるかな?(ないか、いや、あるかも!?

	*kalガラケーなんだけど、いよいよスマホに換えるときが来るかも。
	いや、ガラケーでも翻訳してくれないかな(ムリか

>2017年5月14日:おちょこ
	リサイクルショップに行ったら、必ずチェックするのがあります。

	ゲーム関連、PCパーツ、本、そして..おちょこ!!

	今までお気に入りだったのが、福岡のリサイクルショップで見つけた、
	1つ1000円の香蘭社のおちょこ。

	購入後ネットで調べたら..宮内庁御用達だそうで、
	これで飲む酒はスゴイおいしかった!!

	残念ながら、数年前に割れてしまってポイ、とほほ。
	それ以来、他に良いのがないか探してました。

	そして..今日久し振りに行ったハードオフの向かいに、
	見慣れないリサイクルショップが!!

	どうやら最近オープンしたらしく、何となく掘り出し物がありそうな感じ。

	早速あれこれチェックしてみると..ありました!おちょこ!!
	なんと全て10円!!その中で明らかに作りが違うものを発見!!

	かなり使いこなしてる感はあるけど、それがまた良品な雰囲気を
	醸し出してる感じ!?

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/ochoko.jpg

	ぐぅ、これは見るからに「おいしく酒がチビリと飲めそう!!」
	10円だし外れても痛くないので購入することに。

	ついでに「学研、ネーミング辞典第3版、100円」も購入。
	なんだか、すごいイイ買い物が出来たかな。

	帰宅後、早速おちょこで焼酎(三岳)を飲むと..

	「コップで飲むのと全然違う!!これは当たりだ!!」
	やったよ、酒がおいしく飲める器ゲットだぜ!!!

	更に、日本酒はどんな感じが確かめるため、近くのカクヤスで
	日本酒を買ってきて飲むことに。

	秋田の両関という純米酒、初めて飲む酒だけど..ぐぅ旨い!!

	しばらくの間、お酒をおいしく飲めます、し・あ・わ・せ!(おいおい

	*リサイクル品は早いもの勝ちなので、オープンしたては狙い目かも!?
	
>2017年5月13日:WAVE−SCSIその35
	/WRSRAM、/SPCCS、/DACKからA14削った
	GALで動作確認できました。

	*絶対大丈夫だとは思ってたけど、実際にやらないと
	確証できないっていう..うーん、さすがkalクオリティー!!(おいおい

	これで当初の予定通り、「GAL無しのGALを使う版」を
	作ることができました、ほっ。

	修正版WAVE−SCSIの回路図の青字修正、赤字修正が
	できて大変満足..ケースに組み込むWAVE−SCSIは
	老後の楽しみにします(おいおい

>2017年5月11日:タニちゃんその4
	水草に引っ付いてた「みずちゃん」大分大きくなりました。
	それでもタニちゃんに比べると1/4くらいの大きさ。

	でも機動性はタニちゃんよりイイ。物凄い速さでアチコチ動き回ります。
	そこで困ったことが..

	なんと、みずちゃんがタニちゃんの貝殻に引っ付いて離れません!!
	タニちゃんは物凄く嫌がって、もがき回ってる感じ。

	これは別々の水槽に分けないとマズイかも。でもまたアクアショップに
	行って水槽買ってくるのはメンドイので、

	みずちゃんは、ワンカップのビンに入れることに。

	早速ワンカップをコンビニで購入。でもkal、甘み(醸造アルコール)
	を後入した酒は苦手。

	それでもガマンして飲んでみると..「なんだコノぬるいヨーグルトみたいな
	味は..ダメだこりゃ!!」

	それでも捨てるのはモッタイナイので、ガマンして最後まで飲みました。
	(ワンカップ好きの方、ゴメンナサイ!!)

	そしてメデタク、タニちゃんとみずちゃんを分けることが出来ました、ほっ。

	*口直しに焼酎(三岳)をストレートで飲んでます、うまい!

>2017年5月9日:おもろい本その4
	>「岩波書店、ヒルベルト、C.リード著、彌永健一訳」

	古本屋で買った旧版のもの500円。500円以上の面白さを
	得ることが出来ました。

	大数学者ヒルベルトの、生い立ち、数学・物理学に関する広範かつ多大なる寄与、
	気質・性格・人間性など読み物として興味を引く記述がなされてると思います。

	まだ全部読んでないので、まだまだ楽しめる!!

	>「誠文堂新光社、電波とラジオの基礎技術、岩上篤行」

	ラジオ・電波に関する基礎的なことが、ザックリ書かれてます。これを見て
	ラジオの設計・製作は無理だと思いますが、

	歴史的な記述や最近の情報に関する記述があり、初心者向けの教科書として
	最適だなと思いました。

	>「三才ブックス、ラジオ受信バイブル、ラジオライフ編」

	ラジオマニア、月刊ラジオライフの記事を厳選してまとめたものだそうで。
	ラジオ好き(特に受信機)には堪らない内容だと思います。

	これを読むと無性にラジオが欲しくなります、きっと!?

>2017年5月6日:すのこベッド
	kalが福岡から実家に戻ってきたときに買った「すのこベッド」
	(折りたたみ式)、買って数年で、すのこの1枚が割れてしまい、

	木工ボンドで何とか誤魔化してきましたが、先日ついに大破して
	しまいました、とほほ。

	まあ10年以上持ったので「よくやった」って感じなんですが、
	買い換えるにはモッタイナイ感じ。

	「すのこ1枚なら自分で作れるんじゃね」ということで作って
	みることに。

	工程0:採寸、材料・工具入手
	工程1:すのこを寸法にする
	工程2:ネジ用の穴と座ぐり
	工程3:合わせ(ベッドに取り付けて不具合ないか確認)
	工程4:面とり

	まず採寸。これ結構アバウトに作ってるよ。各すのこが数ミリ単位
	で違ってる!!なんだかな〜

	材料、工具が全然ないので、必要なものをリストアップすると..

	すのこの板:	予備含めて2枚、なければカット頼む
	ネジ:		外すときにネジ山潰してしまった?(初めから潰れ気味だった
			ような..)ので数本
	ネジ用の穴:	ハンドドリルとドリルの刃(ハンドドリル工房にあるけど
			取りに行くなら買う方が早い)
	座ぐり:	丸い座ぐりってどうやるんだろ?分からないので
			ノミで四角い溝掘ることに
	面とり:	カンナ以外の工具が思い付かないので、カンナですることに
	ついでに:	タニちゃん用のメダカのえさ、こて台のスポンジ(工房用)

	*今ググったら、丸い座ぐりは「座ぐりドリル」で出来るらしい。
	でも電動ドリルが必要っぽい..ノミでいいや!

	準備完了、いざホームセンターへ!!

	まず板。ちょうどのは無かったけど、幅が1cm短いものがあった(長さ、厚さ
	は大体同じ)多分、そういう需要があるんだと思う。すのこベッドのすのこ
	が折れたから自分で直そう、と思う人が少なからず居る感じ。これを2枚ゲット!!

	次工具。ハンドドリルが自分が想像しているものが無い。これは他の店でゲット
	することに。残りは全てゲット。でも1つ1つが結構なお値段で..

	ついでの品もゲットしてレジへ。「クレジットカードだから」と値段の吟味を
	あまりせず、「いいもの」買っちゃったかな?ハンドドリルも他の店でゲットしたら
	(これもクレカ)、

	「あれ、もしかして折りたたみベッド1台買えるんじゃね?」くらいの額に、とほほ。
	まあ、買い物の楽しみと、これから作る楽しみは「プライスレスだよ」と
	自分で自分に言い聞かせました(おいおい

	さあ、あとは作るだけ。板の寸法が出てるので、作るのはアッサリ完了。
	今後すのこが折れても、すぐ直せる感じ。

	ということは..このすのこベッド、一生モノになるかも!?だったら
	もっとイイすのこベッド買っときゃヨカッタ!?(おいおい

>2017年5月6日:WAVE−SCSIその34
	アイノコのロジックIC版の回路図を考えてみました。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/wave-scsi4.gif

	これを新たにGAL無し版にすれば、kalはGAL無しの
	GAL使う版を作ったことになる?(ちょっと強引かな?

	*信号削った分、ビミョーに違うか、とほほ。

>2017年5月6日:WAVE−SCSIその33
	/WRSCCと/SPCCS&/DACKが重ならなければいいので、
	例えば/SPCCS&/DACKからA14取っ払ってもいい感じ?

	逆に/A15取っ払って、/WRSCCの方をA15→/A14に
	置き換えれば、これでも重ならないし。

	これにあわせて/WRSRAMの方も、A14もしくは/A15を
	取っ払える感じ。

	そうすると、ギリギリ?GAL使わないでロジックICで作れるかも。
	WAVE−SCSIは、GALを使わないで作るのがアツい!?

>2017年5月5日:へなちょこkalの偉人伝
	多分、J:COM時代に同様のネタを公開してたと思うんですが、
	(J:COM時代のHPは、PCクラッシュして全く残ってないんです、とほほ)

	それに加筆修正?してドキュメントに上げておきました。大した内容
	じゃないんですが、kalのハンドル名の由来が分かるかも!?

>2017年5月5日:WAVE−SCSIその32
	事件です!!WAVE−SCSIのEQNファイルが公開されてます!!

	って、あれ?、もしかして初めから公開されてたような気が..

	・リンクがJEDファイルになってたので、JEDファイルしかないと
	思い込んでしまった。
	・見慣れないEQNという拡張子だったのでスルーしてしまった。

	うわー、やっちまったよ、とほほ。そう言えば以前にも同じような失敗を
	してしまったような..

	まあ、とにもかくにも、これでkalのGALソース公開できるので
	よかったヨカッタ!!

>2017年5月4日:WAVE−SCSIその31
	GAL無し版のGAL化に未練があって、GAL弄くってました。

	色々と分かったかも。まず/SPCCSと/DACKは少なくとも
	A14を入れてやらないとマズイ。これ確定だと思う。

	/WRSCCはA13を入れて、SPCと被らないようにしないと
	マズイ、多分。

	何となく、つじかわさんは上記のことが初めから分かってたような
	気がする!?

	というのも、つじかわさんから貰った回路図は、/SPCのみで
	/SPCCSと/DACKがなかったし、

	/WRSCCのHC74の部分も「消してしまった」とか言って
	なかったし。

	/WRSCCにA13入れるとなると、ロジックICじゃ厳しいし、
	つじかわさんはkalにGALを使わせたかったのかな?

	つまり..つじかわさんから貰った回路図は、SRAMとSCC、
	SRAMとSPCは分け切ったけど、SCCとSPCは分け切れなかった。
	(ロジックICだけじゃムリがあると気が付いた?)

	→それをkalに気付かせて、GALを使ってWAVE−SCSIを
	作らせたかった?

	考え過ぎかな?

>2017年5月3日:グーグル画像検索
	「WAVE−SCSIの話」を公開してから、

	kalのWAVE−SCSIの画像が、グーグルの画像検索に
	引っ掛からないか、首を長くして待ってたんですが、

	一向に何の音沙汰もありません。そこでグーグルの画像検索に
	引っ掛けるにはどうすればいいか、ググってみました。

	1.「site:自サイトアドレス」を使ってグーグルが
	チェックする自サイト内のページを調べる。

	2.そのページに引っ掛けたい画像と、ALT属性で
	検索キーワードをくっ付ける。

	これでOKのようです。今日の昼に修正したら、
	夕方にはkalのWAVE−SCSIの画像が引っ掛かるように
	なりました、ほっ。

>2017年5月3日:RaSCSI
	ラズベリーパイを使ったSCSIターゲットらしい。
	HDD、MO、CD−ROMをエミュレートするらしい。

	これMEGA−SCSI(やWAVE−SCSI)に繋げると
	相性問題(書き込みで固まる)はどうなんだろ。

	*既に試した方がいれば是非教えて下さい!!(いないよな..

>2017年4月30日:タニちゃんその3
	なんだろ、すごい小さいウゴメクものが!?

	買った水草に引っ付いてたサカマキガイっぽい。
	(多分タニシじゃないと思う)

	何故なら、タニちゃんが卵を産んだとして1日で羽化しない
	と思うし、卵から羽化なら30、40匹くらいウジャウジャするし。

	何より、タニシならエラ呼吸なんで、水面に出て呼吸しないし。
	(ちっこい奴は水面に出て呼吸してる感じ、サカマキガイは肺呼吸)

	やばい、こいつが大きくなったら確実にタニちゃんと繁殖するじゃん!!

	くぅ〜、これはサカマキガイを捕食する生物を別途入れないと
	まずいかも。

	しばらく様子みて、卵みつけたら捕食生物投入かな。

	*そしたら捕食生物用の生育環境を整えないと!タニちゃん、
	お前金くい虫だな!!(おいおい

>2017年4月30日:MSX−SEED11号、14号
	BABOO!にタイトルの買いたしを投稿してみました。

	対価は、なんとGT(ジャンク)です!!ただし受け渡し場所が
	今度のレトロエクスプレス4号なんです。

	地方の方、東京まで出てくる駄賃としてGTはどうでしょうか!!

>2017年4月29日:タニちゃんその2
	なんと!タニちゃん、タニシじゃなくてサカマキガイだった!?
	(サカマキガイはどちらかと言うと害虫だそうで、とほほ)

	メダカ用の水草を洗面所で洗って、流れ落ちたサカマキガイを
	まんまとタニシと思い込んでたようです。

	雌雄同体で1匹でも繁殖することがあるだってぇ〜、信じられない!!

	繁殖せず寿命を全うしてくれるのを祈りつつ、次は本当のタニシを
	迎え入れようっと。

	*一匹だけなら観賞用として楽しめるから良しとしよう。繁殖のことは
	考えないカンガエナイ(おいおい

>2017年4月29日:タニちゃん
	職場の洗面所に、時折タニシが捨てられてます。

	どうやら、社長が飼ってるメダカ絡みで残念ながら処分に
	なってしまうようです。

	すぐ死んじゃうので「可哀想だな」と思いつつもスルーしてたんですが、
	いつもより1回り大きいタニシがシブトイ(おいおい

	出社して洗面所を見ると、いい感じに干からびてる感じ。でも水を
	かけると復活するんです。

	数日の間、干からび→水かけ→復活を繰り返してましたが、
	とうとうやってきましたGW!!

	飼うか見殺しにするかの二択。この数日で「タニちゃん」と
	名前まで付けてたので、思い切って飼うことに。

	「コップに水道水で大丈夫だろ!?」と思ってたら、ものスゴイ勢いで
	水から逃げてる感じ。

	なら、「ペットボトルの水なら文句ないだろ!?」と思ってたら..
	初めはスゲー喜んでる感じだけど、数時間で水から逃げる感じ。

	「ち、タニシのくせにダダこねやがって!!(こらこら」

	しょうがないので、アクアショップで水槽と砂利と水草買って、
	水は水草についてた水と足りない分はペットボトルの水を足すことに。

	移し変えて間もなく、一目散に水草のところに行って、ずぅーっと
	水草に張り付いてます。

	なんか歓喜の舞って感じで、動き回ってます。「よかったな!タニちゃん!!」

	*えさはどうするんだろ、酸素は水草だけで大丈夫なのかな?うーん、
	生体実験か!?(おいおい

>2017年4月26日:錬金術?はダメらしい
	クレジットカードの規約で禁止行為らしい。

	マネーロンダリングにも繋がるらしく、最悪やばい事件に
	巻き込まれるかも!?

	くぅ〜、他に何かいい手は無いかな?多分きっと
	何かあると思うんだ、ダメもとで考えてみよう!!

	*師匠、現金出品は止めときましょう!!(おいおい

>2017年4月26日:錬金術?
	巷でウワサの現金・電子マネーの出品。

	どういう訳だか、現金・電子マネーを額面以上の価格で出品すると
	ソッコーで?売れるらしい。

	どうやらクレジットカードのショッピング枠を現金化したい人が
	わんさか居るらしい。

	例えば5万円の現金が、(クレジット払いで)5万円+数千円で
	売れるとのこと。

	早速規制が掛かって、あちこちで禁止になってるんですが、
	個人でやる分にはOKなの?

	クレジット払いのシステムを個人で利用する方法ってあるのかな?
	kalもやってみたい!!

	*師匠、クレジット払いどうですか?(おいおい
	
>2017年4月23日:画像のテキスト追加
	あれ、有料のソフトが必要だと、ずぅーっと思ってたら..
	ペイントで出来るんですか!!

	というわけで、WAVE−SCSIの画像にテキスト追加してみました。

	*これは面白い!!画像にテキスト入れまくり!!(おいおい

>2017年4月22日:つくるMGINSTその2
	とりあえずMGINSTに秘密のオプションをつけて、
	どこにどんなパッチを当ててるか確認することに。

	*秘密と言ってもネットに情報あります。詳しくはググってください。
	PoPiPu!第3巻にも載ってます。

	デジカメで動画として撮影→PCに取り込み、で確認できました。
	結構な数のパッチが当たってます。

	なんだかもう失敗の予感が..(おいおい
	地味〜に、ちょっとずつ、執念深く(おいおい
	それでも失敗したらショウガナイさ!!(おいおい
	でも時間をおいて再チャレンジするし(しつこいよ

	今回は上手く行かなくても、いつか出来る気がする!!(ホントか

>2017年4月19日:似非職人工房さん
	れふてぃさんから聞いた話だと、つじかわさんはMSXから完全に
	卒業してしまったそうです。残念です。

	たろうさんはどうしてるんだろう?あと大昔、イベントで似非職人工房さん
	を見たときには、4〜5人スタッフ〜の方がいたような..
	(アキバで何やらパーツを探し回ってる感じでした)

	昔、似非職人工房にいた方、「似非職人工房NextGeneration!(仮)」
	みたいな感じで再活動してみませんか!!(ムリか

	そして、MGINSTの解説本みたいなのを出してください!!(ムリか

>2017年4月17日:つくるMGINST
	次なるプロジェクトは、ズバリ「つくるMGINST」です。

	MSX−Cで!?、MGINSTの下位互換的なものを作ろう
	と思います。

	十中八九、もしくは、それ以上の割合で失敗すると思うんですが、
	もし上手く行ったら、SPC以外のストレージICで、

	MSX用のストレージIF作りたいなと思います。

	これとは別に、カートリッジケースに収まるWAVE−SCSI
	も作りたいなと思います。

	前回チャレンジしたときは、GALがイケてなくて敢え無く失敗しましたが、
	GALに関してはクリアできたので(GAL有りとGAL無しのアイノコ
	ですが)、

	..きっと上手く行くと思います、多分。

	・ASC1の基板をわざわざ使う(前回チャレンジと同様)
	・コネクタは秘蔵の新品(ピンタイプ!!)
	・ターミネータも秘蔵品(昔鈴商で買った220/330Ωの11ピンものx2)
	・SCC(とDAC)は新調(安いSCCゲーム探さねば)
	・GAL16V8からGAL20V8にすることでロジックIC使わない!!
	・ケースは窪みが無いタイプ使用
	・SRAMは1MB!!

	成功したら、「WAVE−SCSIの話」に画像追加っと!

	*MSX好きでヨカッタ!!まだまだ楽しめる、サイコー!!

>2017年4月15日:WAVE−SCSIその30
	ドキュメントに「WAVE−SCSIの話」をアップしときました。

	長かった〜。GAL無しの回路をGALの式に完全に落とし込めなかった
	のは心残りだけど..まあいいや!(いいのか?

	*5月完成予定で4月だから、kal優秀?(ちがうか

>2017年4月15日:WAVE−SCSIその29
	GALの書き換えがスグ出来るので、今日は自宅で作業。

	まず、不具合の原因が複数あると、原因究明が難しいので、
	排除できる不具合は、事前に排除することに。

	具体的にはGAL。GAL無し版をGALを使って作るという
	コンセプトで作ってきたけど、

	ここまで追い込まれたら、わがまま言ってられません。
	れふてぃさんから貰ったEQNファイルから

	必要な部分のGALソースを抜き取って使うことに。
	これでGALに関しては全く問題ない状態!?(多分

	さて、ストレージに対して不具合がでるので、考えられるのは
	・コネクタ接触不良(配線の方は何度もチェックしたのでOKのはず)
	・相性問題

	の2つ。コネクタの方は、手でグリグリして接触するポイント探すことに。
	相性問題の方は..どうしよう。ARTMIX製でもダメだと、もう
	SCSI−HDしかないよな..

	SCSI−HDってあったかな..持ってた気はするんだけど..
	(部屋を探すこと数分後)あったよ!!くぅ〜、やっぱ捨てるのはダメだな、
	断捨離はんたーい!!(おいおい

	よし、ブツは揃ったので早速コネクタの検証っと。

	手で「む、ココだ!!」と思うポイントをしっかり押さえつつ、INQ&
	ストレージアクセス(特に書き込み)をチェック。すると..

	・ARTMIX製:INQ通る。書き込み失敗
	・SCSI−HD:INQ通る。書き込み成功

	これより、コネクタの接触不良と相性問題があるのが確定。でもハッキリ言って
	ちょーショック!!

	コネクタの方は、新品で見つけて「ここぞと言うときに使おう!!」とストック
	してたもの。ベローズタイプだったのがマズかったかな、とほほ。

	また信頼してたARTMIX製がダメダメなんて信じられない!!WAVE−SCSI
	はSCCの処理とバンクレジスタの追加で、かなり内部動作がシビアになってるのかな?
	(OKEIさんのパッチはどうなんだろ?WAVE−SCSI対応してるのかな?)

	原因が分かったので対策を(特にコネクタの方)..でも今からコネクタを新調して
	交換するのは面倒くさ過ぎる!!

	そこで思いついたのが、SCSI内蔵ケーブルと内蔵ケーブルを外付けのコネクタ
	(ピンタイプ)に変換するアイテム。(どっちも手持ち)

	今付いてるベローズコネクタはそのままに、内蔵ケーブルを既存のパターンに
	引っ付けて、変換器で外付け化っと。

	SCSIコネクタは半分以上GNDなので、そんなに手間取らずに出来るハズ!?
	思惑通り、サクっと取り付け完了して、ストレージにアクセスっと。

	はい、ダメー!!!

	ぐは、なんでやねん!!!まさかの配線ミス?いやそんなハズは..

	はい、ダメー!!!

	ぐぐぐ、ラスボスめ何回変身するんだよ..あーだこーだやってるうちに
	気が付きました。

	「あれ、外付けのケーブルと内蔵のケーブルってピン配置違うの?」

	ネットで調べると..ビンゴ!!とほほ、やり直しだよ。でもあともうちょっと!!
	取り付け直して、「わが真の姿を見よ、アレス!!(ルナ・ザ・シルバースターより)」

	シャー、キーター!!!

	ストレージもOK(常駐演奏しながらアクセスできる)だよ。長かった、コンテニュー
	しまくって、やっとクリアした感じ。

	*れふてぃさんから貰った詳細コメント付きのEQNファイルが、最後の最後
	まで役に立ちました。どうもありがとうございました。
	
>2017年4月14日:WAVE−SCSIその28
	工房に着くなり、ササっとGALを差し替えてINQっと。

	よし、常駐演奏でも普通に返ってくるぞ!!つぎはストレージを
	繋げてINQっと。

	はい、ダメー!!!

	なんでやねん!!コネクタ、ターミネータのハンダを温め直したり、
	配線見直したり..もう一度チャレンジ!!

	はい、ダメー!!!

	しばらく悪戦苦闘して、気がつきました。「これ、ケーブル・変換コネクタ
	の接触不良?もしくはWAVE−SCSIとSCSI機器の相性問題?」

	これは、自宅に持ち戻って、自宅のストレージでも試さないとダメだわ。
	ということで、早めに工房から自宅に戻って、再チャレンジ!!

	はい、ダメー!!!

	うーわー、マイッタな..ゴール目前かと思ったけど、まだまだ遠かったよ、とほほ。
	地味に色々確認するしかないな。

	*すんなり通してくれないよ、つじかわさんエゲツないッスよ〜(ちがうか

>2017年4月12日:WAVE−SCSIその27
	/SPCCSって、A12とA13だけの指定だと、
	イメージがSCCのウェーブメモリーと被るの?

	でもそうすると、つじかわさんミスったの?まさか!?

	たしか、「SPCはバンクレジスタアドレスとは被らないので、
	SPCへの/WRはそのままスルー」って説明だったしな。
	SPCとウェーブメモリーの方は盲点になってたのか?

	いや、kalがGAL無しの回路をGALに完全に落とし込めてないの
	かもな..

	一応、/SPCCS(と/DACK)の生成にA14を追加するのと、
	前回ストレージ色々試すときに、まんまとSCSI−ID変えてなかったので、
	次回はSCSI−IDを変えるっと。

	どうだろうな、これで上手く行くかな?上手く行かなかったら、
	自宅にWAVE−SCSI持ち戻って、GAL回りを中心に見直しかな。

	*工房にもGAL書き込み環境を構築したい!!

>2017年4月9日:WAVE−SCSIその26
	昨日、「MEGA−SCSI with SCC」見ちゃったので、
	やる気MAX状態に。

	「よし、今日SCSIコネクタとターミネータ配線して完成させるぞ!!」
	と意気込んで作業開始!!

	うぉー!!
	とりゃー!!
	うーやーたー!!
	わん、たん、めーん!!
	ワイはサルや!プログラマーサルやー!!
	おとなのかいだん、のーぼるー!!
	オーラーに、ちーかーらーをーー!!

	ぜぇぜぇ、はぁーはぁー、ちょっと頑張り過ぎて、途中から
	壊れかけのレディオ状態に..

	でも何とかSCSIコネクタとターミネータくっつけました。
	(若いときのようには行かないな、とほほ)

	とりあえず、これでINQが通るか確認することに。ポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(ブラックアウト)

	なんだ、この黒い画面!!DOS2立ち上がんないよ、固まってるよ!!

	この瞬間、ぐったり状態から超覚醒状態に!!原因究明のため頭の中がぐるんぐるん
	回って、アドレナリンも超噴出!!一気に目が覚めました!!

	「こ、これが、スーパーサイヤ人なのか!?」(おいおい

	とりあえずコネクタとターミネータへの電源供給切って..ポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(ブラックアウト)

	おいおい、作業中にどこか断線しちゃったのか?また配線確認かよ、とほほ。
	基板を眺めること数十秒..見つけました。スロットの3、5、7番がハンダで
	繋がってます..

	「あっ、これは作業中に垂らしたハンダだよ、見つけられなかったと思ったら、
	こんなところに垂れてるよーーー」

	ハンダ除去して、コネクタとターミネータの電源供給を再配線して、電源ON!!

	..DOS2立ち上がったよ、ヨカッタ、ほっ。じゃあ改めてINQの確認、ポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(固まる)

	はぁ?なんでやねん!!うーーん、ターミネータは両端になきゃダメだから、
	これはSCSIコネクタにターミネータ挿せってことか?

	..SCSIコネクタにターミネータ挿して、ポチっとな!!

	キーター!!!INQが返ってきたよ、おかえり、おかえりー!!じゃあ本題の
	常駐演奏しながらINQっと!ポチっとな!!

	???

	なんだ、コレ??INQ返ってくるけど、すっげー遅い!!絶対おかしいよ!!
	チッ、これはストレージ繋げて確認しないとダメだわ。

	ストレージ繋げてESETしてストレージにアクセスと、えぃ!!

	はい、ダメー!!!(固まる)

	うーわー、こりゃマイッタ!!念のため他のストレージで試すと..

	SCSI1のストレージ:INQでSASIと認識して失敗..
	SCSI2のストレージ:INQ通るけどアクセスすると固まる..

	はい、ダメー!!!

	ゴール目前なのにな、ここで足踏みかよ..時間切れで工房から自宅に帰んないと、とほほ。

	思いつく原因を挙げると、

	・GALに不備がある
	・SCSIコネクタの配線に不備がある
	・MGINSTのバージョンが古い(使ったのは2.14)
	・フォーマット(S−FORM2)してない

	うーん、次の休みまで原因をアレコレ妄想します。

	*原因究明はkalの楽しみですからね、答えが分かってても教えちゃダメですよ!!
	でもコッソリ教えてくれるのはイイかもしれない、あると思います!!(コラコラ

>2017年4月8日:WAVE−SCSIその25
	さあ、2度目の審判の日..

	/CSプルアップしてません、とほほ。プルアップしてポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(Bad ERAMDISK!)

	ふふふ、こんなときのためにGAL書き換えたのさ!!GALを
	交換してポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(File access error!)

	なんだこれは!?あっカーネルイメージ名の入力ミスだよ、情けない..
	打ち直して、よし行ける!!えーーい、ポチっとな!!

	はい、ダメー!!!(ESE SCC)

	なーにー、似非SCCだと!?でっかい似非SCCになっちゃったよ!!
	これはSPC回りの配線がマズイな、ここに来てまた配線チェックかよ、とほほ。

	あっ、D5が外れてやがる..この辺はワイヤリングペンにまだ慣れてなくて
	半田付けが怪しいところだったよ。D5付け直して、これで仕舞いだーー!!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/mginst.jpg

	シャー!!キーター!!!この画面見るの12年ぶり。やっとここまで来た、感無量!!

	次は常駐演奏のチェック。常駐演奏しながら似非RAMに書き込みと。
	おーいい感じ!!

	さらに常駐演奏しながらINQ実行..ん、固まるだと..そっか、ターミネータ
	つけないとマズイか。(INQで固まるけど、常駐演奏は固まらない、変なの)

	じゃあ、ターミネータ付けるか。ターミネータ付けたら当然コネクタも配線だろうな。

	どっちも付けないで「大佐、足なんて飾りですよ」のセリフ言いたかったんだけどな
	(おいおい
	
>2017年4月8日:クレ箱(仮)
	ついに登場、クレジットカードでお賽銭!!

	ハイテクお賽銭箱「クレ箱(仮)」は、クレジットカード、ポイントカード、
	キャッシュカード、電子マネーでお賽銭できる、超便利なお賽銭箱です。

	もう小銭は入りません。ご希望の金額を入力したら、ササっとカードをかざすだけ!!

	..てな妄想してたら、類似のお賽銭箱が実際にあるよ、ビックリ!!

>2017年4月8日:ポイント錬金術
	「公共料金の支払いでポイント貯まる!?」と聞いて
	ポイントについて色々調べてみました。

	キャンペーン、アンケート、二重・三重取り、どんどんポイント貯まる!!
	すげー、今まで現金払いしてたのがモッタイナイ!!

	*過去には、1円も消費しないでポイントだけ貯めまくって、
	貯まったポイントを現金化する方法があったそうな。今でもあったりして(ないか

>2017年4月6日:WAVE−SCSIその24
	SRAMの/CS、プルアップしてないかも(多分
	あと、GAL直してみました。こんな感じ。

	CHIP WVSCSI GAL16V8

	; AX = /(A1 * A2 * A3 * A4 * A5 * A6 * A7 * A8 * A9 * A10 * A11 * A12 * A13)
	; pin 1-10
	AX A12 A13 A14 A15 SLTSL RESET RD WR GND

	; pin 11-20
	D4 D6 RAM WRSRAM WRSCC SPCCS DACK B7 B6 VCC

	EQUATIONS
	
	B7	= RESET * D4 * /SLTSL * /WR * /AX * A14 * /A15
		+ RESET * B7 * SLTSL
		+ RESET * B7 * WR
		+ RESET * B7 * AX
		+ RESET * B7 * /A14
		+ RESET * B7 * A15

	B6	= RESET * D6 * /SLTSL * /WR * /AX * A14 * /A15
		+ RESET * B6 * SLTSL
		+ RESET * B6 * WR
		+ RESET * B6 * AX
		+ RESET * B6 * /A14
		+ RESET * B6 * A15

	SPCCS	= RESET * /SLTSL * A12 * /A13 * /B7 * B6

	DACK	= RESET * /SLTSL * /A12 * /A13 * /B7 * B6

	RAM	= RESET * /SLTSL * /B7 * /B6
		+ RESET * /SLTSL * /B7 * B6 * A13
		+ RESET * /SLTSL * B7

	WRSRAM  = A14 * B7 * /WR * AX

	WRSCC	= A14 * /B7 * /WR * AX
		+ /A14 * /WR

	直したのは、RAM、WRSRAM、WRSCCの部分。どうだろうなぁ..
	うまく行くかな..

	とりあえずプルアップしてみて、ダメならGALを変えてみて、それでもダメ
	ならベース部の動作確認(ASC1でリムーバブル部つくる)します。

	*あともうちょっと!?

>2017年4月3日:WAVE−SCSIその23
	MGINSTって、A15見てない?

	A15=/A14で式変形したけど、最終的な式はA15じゃなくて
	A14で書いた方がいいのかな?

	次の休みまで、あれこれ妄想しないと!

>2017年4月2日:WAVE−SCSIその22
	チャチャっと配線して?リムーバブル部完成!!

	そして、ついに来ました審判の日!?そうです、MGINST
	を実行する日です!!!

	えーーい、ポチっとな..

	「Bad ERAMDISK!」

	はい、ダメー!!!

	ハンダ不良かな?見た目マズイとこハンダ盛り直して再実行..

	はい、ダメー!!!

	電気二重層コンデンサ外してみたり、SRAM1個にしてみたり..

	はい、ダメー!!!

	これはもうGALがマズイかも。いや配線ミスかもな。元の基板使わずに
	すべて手配線だからな、でも1本配線する度に、テスターで導通確認してるからな..
	やっぱGALかな..

	思い返せば、1度目はHC74使えとつじかわさんが言ってるのに
	HC08でトンチンカンな回路作って失敗。

	2度目は、勘違いしまくりの回路を考えて、かつ、GALを使って作って撃沈。

	今回3度目は、れふてぃさんから情報もらって、「絶対イケる!!」と
	思って作ったのにダメダメと..

	でも、こんなときのために、ベース部+リムーバブル部構成にしたんです!!
	(2度目の失敗したときに、リカバリーできないくらい配線がグチャってたので
	リカバリーできる構成を考えた)

	どうしよう、リムーバブル部をASC1で作って、ベース部の動作確認と同時に
	GALの見直しかな。最悪GALを使わないリムーバブル部作る必要があるかも。
	(修正版WAVE−SCSIの回路図の検証のため)

	それにしても、1度目で成功しなくてヨカッタ!?成功してたら今楽しめないからな。
	昔のkal、よくやった!!(おいおい

>2017年3月26日:WAVE−SCSIその21
	今日の作業は、この間書き込んだGALをリムーバブル部に
	装着..以上!!(おいおい、やる気ねーな

	そんなことより!?

	ゲーセンでゲットした要らないカードとグッズ、近場の子供にあげたら..

	「当たり!!がでたらもう1本」のホットスナック(ファミマ)、
	当たったよ!!すげー嬉しい。

	*宝くじが当たるには、何をあげたらいいんだろ、スマイルか(ちがうか

>2017年3月25日:UFOキャッチャー
	久し振りにやりました。てか、気付いたらやってました。

	だって、「おどるほうせき」が目の前にいるじゃん!!

	kal、メタル系とおどるほうせきを見たら、ソッコーで叩きたくなる
	習性があるんです(おいおい

	しかし..いくらやっても取れません、とほほ。気付いたら小銭入れが
	スッカラカンに..

	まぁドキドキ感が味わえたので良しとしよう(いいのか

>2017年3月21日:AMラジオの2台同時鳴らし
	AMラジオを2台同時に鳴らすとイイ感じ!!

	昔のトランジスタラジオと今どきのICラジオを同時に鳴らしてますが、
	いい感じの音が出てます。

	イヤホンで聞く場合には試せませんが、スピーカーで聞く機会があれば、
	試してみて下さい。

>2017年3月20日:WAVE−SCSIその20
	今日はJEDファイルの書き換え作業。

	チェックサムさえ無ければ、あっと言う間なんですが、
	このチェックサムがチョー曲者でした。

	出力の正理論、負理論を決めるのは、L2048からの1バイト。
	GALアセンブラ(FGAL)は正理論しか使えないので、ここは1が並びます。
	(1:正理論、0:負理論)

	ここを書き換えれば、正負の切替ができます。ただし、書き込みソフト
	(XGAL2)を通すためには、Cブロックの論理フェーズチェックサムを
	正しく指定しなければなりません。

	つまり論理フェーズ(Lブロック)を書き換えたら、チェックサムを
	計算し直す必要があります。

	このチェックサム、Lブロックを8ビットで区切って全部足したあと、
	下位16ビットを取ってくるとのこと。(ChaNさんのHPより)

	1111、1111(FFh)を1100、0001(C1h)に書き換えたので、
	チェックサムから差の3Ehを引けばOKと思ってたら..

	はい、ダメー!!!

	「まさか計算間違えた?」と思って、周辺の値を1つずつ試してみましたが、
	うまく行きません。

	Lブロックを減らしたので(FFh→C1h)、チェックサムも減らして行けば、
	いつか通るじゃん、と思って、

	チェックサムを1つ減らしては書き込みソフトで確認、という作業をジミーに続けて、
	小一時間..ついに書き込みソフト通りました!!

	もとのチェックサムとの差を見ると7Ch???何コレ???元の差3Ehの倍
	になってるけど何か関係があるの?

	倍になってるってことは、読み込む位置が1ビットずれてる?と思って、1ビット
	ずらしてチェックサム計算してみたけど..

	はい、ダメー!!!

	しょうがないので、他の部分を変えたら、どう変化するか見てみることに。
	そして気が付きました。

	「Lコードの各行を8ビットで区切ったら、ビット単位で右から読む」

	つまり1111、1111を1100、0001に変えたら、
	FFhから83hに変えたことになるらしい(差は7Ch)

	うーわー、ChaNさん、これチョー重要事項じゃん!!流しちゃダメだって(おいおい

	というわけで、出力を負理論にしてGALに書き込み出来ました。ほっ。

	*ちなみに、8ビットないLコード(L2192)の場合、
	10→、1000、0000、→右から読んで01hとなるようです。

>2017年3月19日:WAVE−SCSIその19
	アドレス線、拡張アドレス線、信号線の一部を配線してやりました。
	よくやった!!(おいおい

	あとは、データ線、DAC回り、信号線の残り、GALの用意(JED
	ファイルの書き換え)でリムーバブル部完成です。

	リムーバブル部が完成すれば、いよいよMGINSTで動作確認できます。

	第一の山場まで、あとチョット!!

	*第一の山場のあとは、SCSIコネクタ、ターミネータを配線しないと..
	これがチョー大変なんだよな..とほほ。

>2017年3月12日:WAVE−SCSIその18
	今日から再開!!メモを見たらベース部完成から1ヶ月あいてしまった、
	休み過ぎました、とほほ。

	リムーバブル部の電源回りとアドレス線(A0〜A10)配線して
	やりました。エライ!!(おいおい

	リムーバブル部は、SCC(とDAC)、GAL、HC133、HC139
	で構成してます。

	HC133はAX生成、HC139はMA19と/CS0、1生成って感じ。

	同じ線を使い回すところがチョロチョロあるので、配線し忘れ要注意。

	*ちなみに、他のメガコン(例えばASC1)でリムーバブル部作って
	ベース部に挿せば、ASC1のMEGA−SCSIになるハズ!?

>2017年3月11日:おもろい本その3
	年をとると、昔のことがスゴイ懐かしくなります。
	そして、昔持ってたものや欲しかったものが、無性に手に入れたくなります。

	前回のラジコン雑誌はゲットできてませんが、今までにゲットできた
	もので、まだ紹介してない本を挙げときます。

	「カセット・ケース・クラフト、誠文堂新光社、初歩のラジオ編集部」

	初歩のラジオで連載してた、カセットケースに組み込む電子工作を
	まとめた本です。

	図書館で何度も借りて眺めてました。そして小学校の夏休みの自由工作に
	WILD BOARゲーム(与作といのしし)を作りました。

	作った当時は夢中になってやりまくりました。が、電池駆動のため
	電池交換のコストが高く、その内全く遊ばなくなり、最終的には捨ててしまいました。

	またAMラジオのキットを買って作ったけど、鳴らなくて捨ててしまった
	とか..もったいない!!

	何年か前に、WILD BOARのキットを見かけたので再ゲットしときました。
	電池をAC電源対応にして、また作りたい!!

	「やさしいラジオの作り方、金園社、丹羽一夫」

	本の広告欄に載ってた本。この本が欲しくて、子供の頃
	あちこちの本屋を探し回りました(今思えば、本屋で注文すればゲットできたかも)

	福岡に住んでる頃、福岡の図書館に蔵書してるのが分かって、ソッコーで閲覧
	しに行きました。涙が出るくらい感激しました!!(おいおい

	その後、アマゾンマーケットプレイスでメデタくゲットです。
	(丹羽さんのラジオ、無線関連の本はおもろいと思います)

	*ラジコン雑誌も探し回りたいんだけど、そろそろWAVE−SCSI再開しないと!!

>2017年3月5日:ラジコン雑誌
	子供のころ見たラジコン雑誌(2冊)を、もう一度見たくて
	ネットで情報を漁ってました。

	1冊目は、どうやら「スーパーマシーン」っていう雑誌らしい。

	kal、タミヤのホーネット持ってたんですが、兄がこの雑誌をみて
	4輪独立サスペンション(通称、4独ホーネット)に改造してくれました。

	この4独ホーネット、バージョンがいっぱいあって、何年の何月号かが
	特定できない!!、とほほ。

	2冊目は雑誌の名前から分からない!!表紙の写真がABCホビーの
	ポケットレーサーのやつ。

	このポケットレーサーが欲しくて欲しくて、ちょくちょく雑誌を
	眺めてました。

	これ、臨時増刊号だったかもな、全然情報が出てこない!!

	*インターネットの情報だけでは足りない..インターネットを越える
	情報源ってないよな..どうしよう..

>2017年2月28日:おとなの工作
	さっきコンビニ(ファミマ)で買ってきました。いわゆるコンビニ本です。

	アントレックス発行で、背表紙の下の部分にサプライズBOOKと書いてある本です。
	ファミマ、サークルK、サンクスにあるそうです。

	内容は..おとな向けの工作本ですよ、あれもこれも作りたい感じ!!
	今までにない感じの切り口で、製作意欲を掻き立てる本です。

	気になる方は、今すぐコンビニへGO!!

	*コンビニなら、立ち読みしたい放題だしネ!!(おいおい

>2017年2月27日:PCいじり
	GALライター用のPC、FDDエミュレータにしたので、
	ついでにHDDも媒体変換しようと、こんなの作ってみました。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/ide-raid1.jpg

	CFに変換して、無駄に..じゃなくて贅沢に!?ミラーリングに
	してみました。

	でもこれ、どうやってPC内に収めよう?とりあえずCFをどっかに
	固定しないと..

	*ちなみにCFは、きのうヨドバシカメラで買った新品(1枚2290円)
	のものです。贅沢だ〜!?

>2017年2月26日:自転車修理:補足
	修理をお願いした自転車屋は「ダイシャリン」って店です。
	ネットで調べたら、関東、東北に店舗があるようです。

	サイクルベースあさひの若造や、個人経営のおっちゃんよりも
	腕がいい感がありました。(たまたま腕のいい店員だったのかもしれませんが)

	kalの自転車、数年前にサイクルベースあさひで修理お願いした時に、
	+1000円くらいでオーバーホール的なメンテナンス勧められて、

	まんまとお願いしたんだけどな..騙されたのかな、とほほ。

	今度からは、修理・買い替えはダイシャリンさんにお願いしようと
	思います。

>2017年2月26日:自転車修理
	今までの経験で、自転車を長年乗ってると、こぎ出す時にカタンっと
	空回りしてしまいます。

	原因が分からず、そのまま乗ってたり、酷くなったら買い替えしてました。

	工房で乗ってる自転車も最近空回りが酷くて、どうしようか悩んでましたが、
	「ムムム、この自転車屋、できるっ!!」って感じの自転車屋見つけたので、

	ダメ元で修理依頼してみました。そしたら..

	「ベルトが緩んでますね、原因は分かりかねますが、ベルトの緩みを直せば
	改善するかもしれないですね」

	と言って、ササっと後輪の軸をずらしてベルトの緩みを直してくれました。
	(工房の自転車はベルトドライブのやつです)

	..あっさり直りましたよ!!まるで新車の乗り心地!!修理代540円(税込み)
	安い!!ヨカッタ〜

	チェーンの自転車も同じだと思います。こぐとカタンと空回りする場合は、
	チェーンの張りを調べて調整すると直るかもしれません。

	*昔みたシャフトドライブの自転車ならカタンってならないのかな?
	それにしても、自転車修理のスキルを身につけたいなと思いました。

>2017年2月20日:遊戯王、リンク召喚
	大変だ、何のこのリンク召喚って!!

	ヤバイ、ルール変更が大きすぎる!!kalのデッキ「ローレベル2+」
	あれこれ変更して「ローレベルturboR」にしたんだけど、

	また変更しないと!!とりあえずリンク召喚モンスターを取り入れないと
	すごいキツイ!!まったく、コナミさんエゲツないって!!

	*デッキ名どうしよう..ローレベル1chip、ローレベルMAD、
	ローレベルV9998..うーん..

>2017年2月19日:真空管エミュレータ
	真空管のIFは持ってるけど、中身は真空管ではない増幅器を作ろうって話です。

	真空管は寿命があるのと、ビンテージ品だと高価になるので、
	今どきの技術で、長寿命でイイ音が出て、安価なものを作れたらなと思いました。

	ソフトウェアではあるようですが(再生ソフトのプラグイン的な感じで、
	ソフトで真空管の音色を再現)、ハードウェアでは未だ無いようです。

	イメージ的には、実際に真空管を挿すところに、真空管ではなくて、
	この真空管エミュレータを挿す感じです。

	kalにはムリですが、具体的な実現方法を閃いた方がいましたら、作ってみません?

>2017年2月19日:基板製作
	前回の室内飛行機の本を読んでたら、離型剤を塗ったOHPシートにレーザプリンタで
	基板パターンを印刷→アイロンでOHPシートから基板銅箔にパターン転写→
	エッチングという方法が載ってました。

	*この方法だと、薄い基板にパターンが作れるそうです。薄い=軽いっていうことで
	出来る限り軽量化したい室内飛行機に最適、ということです。

	kal、薬品使うのがイヤで、今まで基板製作には手を出しませんでした。
	が、本を見てて思いつきました。「これ手で削ればいいじゃん!!」

	*赤外線受信機用の基板、パターンがチョー簡単!!これなら手で楽勝です。

	具体的には、汎用機(もしくはフライス)と呼ばれる機械を使って
	削るわけです。

	汎用機なら穴も開けられるし、これで基板作れるよ!!

	*kal転職して、金属加工の機械(汎用機、ワイヤカット、マシニングセンタなど)
	扱えるようになりました。気付かぬ内に転職目的の「趣味のため」が達成
	できてるよ、ヨカッタ!!

	で、パターン削り出す、で思い出しました。以前そんなような本買ってました。

	「CQ出版社、コンパクト3D切削マシンで作るMyプリント基板、須原誠司」

	これは言わば、小さいマシニングセンタを使って機械で自動でパターンを
	削りだそうって本です。エッチング嫌な方、参考に見てみてください。

	さて、問題は機械の入手。会社の機械使うわけには行かないので、自分で購入しないと。
	そうすると基板製作を外注するのが一番安上がりかな..

	でも自分で作る方が達成感があるからな..しかし汎用機は小型のでも結構な値段しそう..

	そうだ、小型汎用機を自作しよう!!(ムリかな、いや仕組が分かればイケるかも!?
	
>2017年2月16日:おもろい本その2、電子部品通販MAD
	「CQ出版社、PICマイコンでつくるインドア・プレーン、田中光一」

	室内飛行機に興味を持った頃、たまたま目に付いたので買った本です。
	パラパラ見ただけで、ずぅーっと本棚の肥やしなってたのを発掘しました。

	昔の本並みに、こまごましたノウハウが書いてあって面白い!!

	赤外線通信で室内飛行機を飛ばす話ですが、とりあえず、この本の通りに
	室内飛行機を作って、音声操縦に活かしたいなと思いました。

	そして、師匠がやってくれました!!既にご存知の方が多いかもしれませんが、
	電子部品通販MADで、MSX用シリアルIFが販売されてます!!

	拡張スロット(よんすろっと)も再販されてるので、気になる方は
	今すぐチェック!!!

>2017年2月12日:ロジトークの代替
	WAVE−SCSIの常駐演奏がロジトークの代替になるかも。

	kalのつくるゲームはDOSベースなので、常駐演奏のプログラムに
	コマンド投げて、演奏切替しようって訳です。

	でもやっぱりロジトークいいな!!軍資金の目処が立たないので
	もうしばらくガマンしないと、とほほ。

>2017年2月12日:WAVE−SCSIその17
	ベース部でけた!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/omote.jpg
	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/ura.jpg

	さあ今度はリムーバブル部!!でもまたアドレス線から
	やらないと、とほほ。

>2017年2月11日:WAVE−SCSIその16
	今日は、この間忘れてたSPCへの配線と、リムーバブル部からの
	信号線を配線しました。

	あとはリムーバブル部からの拡張アドレスをSRAMに配線すれば
	ベース部は終了です。(やっと半分くらいまで来たかな、いやまだか、長い)

	というわけで、そろそろGALの用意をするべく、書き込み環境
	の確認です。

	今まで使ってたWin98のVAIO(ノートPC)が亡くなって
	しまったため、

	代替品として、Win95のDOS/V機(20年以上前に買った
	初めてのDOS/V機)を試すことに。

	電源を入れると..動くよ、はぁ〜このマシン買ってよかったよ。
	しかしFDDが死んでる、とほほ。

	そこでFDDエミュレータですよ!!ストックのデンセイシリウス製の
	FDDエミュレータのうち、自宅にあるのは、インダストリアルモデル
	(工業用業務品)のみ..

	すごい贅沢ですが、これを使うことに。さすがデンセイシリウス製!!
	きっちり動くよ、これも買っといてよかったよ。

	つじかわさんに勧められるがまま作った書き込み器(お手GAL)も
	問題なく動いて、GALに書き込み&読み込み確認できました、ほっ。

	*昔ゲットしたり作ったりしたものが、今になって役に立つって
	すごい嬉しい。捨てなくてよかった。

>2017年2月11日:/SPCについて訂正
	あ〜、ヘタこいたー(小島よしお風、古い

	SRAMのCS、/SPCにしないとダメだ。
	まだまだタコい、とほほ

	*ワイルドだろ〜(ちがうか

>2017年2月10日:/SPCについて
	似非RAM(ASC1)からMEGA−SCSI化する際、

	1.メガコンの/RDをGNDにする
	2.SRAM(128KB)のCSを/SPCにする

	という再配線が必要になりますが、これはメガコンの/OE40を
	/SPCとして使うための再配線です。

	メガコンの/OE40を転用しないで、自前で/SPCを生成する場合、
	この再配線必要ないです。

	ちょっと前に、BABOO!の昔の書き込みを見て気が付きました。
	(書き込みがあった当時は???でした、とほほ)

	「入力する信号線を変えて、都合のいい出力を得る」って発想が
	スゴイです。ASC4のB7、B6生成にも、この手法が使われてます。

	*そういえば、kalのASC4版MEGA−SCSI、自前で/SPC
	生成してるのにも関わらず、上記の再配線してるかも、ぐぅ〜kalタコい

>2017年2月9日:室内飛行機の音声信号操縦
	kal、子供ころ模型飛行機の本を見まくった影響で、ずぅーっと
	ラジコン飛行機に興味津々でした。

	大人になってから、金銭的にはクリアできる状態だったんですが、
	飛ばす場所が近くになくて、ずぅーっと手付かずでした。

	どうにかならないかと思案した結果行き着いたのが、室内飛行機と
	ラジコンシミュレータでした。

	ただし、思い付いたけど何か物足りなくて、結局放置状態でした。
	既存の方法では、やる気スイッチが入らなかったんだと思います。
	
	そして..熱くなるというか「こっ、これは!?」となるネタを
	思い付きました。室内飛行機を音声信号で操縦しようってネタです。

	室内飛行機はゆっくり動作なので、即時性は必要ない気がします。
	なので、音声でも操縦できるじゃん!?って思ったわけです。

	実現方法を色々妄想してるんですが、どれも楽しい!!
	MSXと組み合わせる妄想もしてて、もう最高ー!!(おいおい

	*ネットで調べたけど、まだ無い操縦方法だと思います。
	既存の方法だったら、別の方法考えます!?(ホントか?

>2017年2月5日:プロポのトレーナー機能
	プロポ(ラジコンの送信機)は、普通手で操作するんですが、

	特にラジコン飛行機・ヘリなどで、不慣れな初心者がマズイ操作をした場合、
	熟練者が操作を上書きできるよう、トレーナー機能が付いてるプロポがあります。

	具体的には、初心者のプロポと熟練者のプロポをケーブルで繋ぐ訳です。
	ちょうど、教習車のイメージです。

	MSXからラジコン操作できないか模索してたら、トレーナー機能に行き着きました。
	
	同じような発想する人は既にいて、PCからのシリアル通信をトレーナーIF用に
	変換する回路が、いくつか公開されてます。

	要するに、ラジコン化クラブガンナーがMSXで操作できる訳です。想像するだけでも、
	十二分に楽しい!!(おいおい

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/hyoushi.jpg

>2017年2月5日:WAVE−SCSIその15
	データ線の残り(D5〜7)とスロットからの信号線を配線して
	やりました。エライ!!(おいおい

	あとはリムーバブル部からの拡張アドレス、信号線をSRAMとSPCに配線すれば、
	ひとまずベース部は終了です。

	と思ったら、SPCにもスロットからの信号線いるじゃん!!(/WRと/RESET)
	あとSPCのクロックも手付けてない、くぅ〜っ

	また来週かな、とほほ。

>2017年2月2日:おもろい本
	「アスキー、インターネットを256倍使うための本Vol.1、2、志村拓ほか」
	→最近ゲットしました。面白い。昔見た打ち込みの人(Wiz.さん)のHPみたい。

	「電波実験社、RCプラモのテクニック、原田守」
	→プラモをラジコン化する本。昔は1/35スケールのジープを作りたかったんですが、
	今はクラブガンナー(ダグラムに出てくる4足歩行のロボット)のラジコン作りたい!!
	そして、同志を集めてクラブガンナーミーティングしたい!!

	「誠文堂新光社、よく飛ぶ模型飛行機、山森善進」
	→大昔、2機くらい作りました。上のラジコンの本と、この本のおかげで、妄想力が
	大分ついたと思います。作りたいんだけど、子供なんで金銭的にムリな場合がある→
	本を何度も読んでアレコレ想像して楽しむ、って感じ。

	どれも昔の本です。が、非常に面白い。昔の本は、今と比べると内容が濃いと思います。
	
>2017年2月1日:私立X大学理学部数学科
	kalがサラリーマンだった頃、理学部数学科卒の新入社員に頼み込んで、
	その新入社員の通ってた大学の学習要覧をもらいました。

	kal、理学部数学科志望だったんですが、夢叶わず浪人してしまい、
	親の「これからの時代コンピュータだから」の一言で

	情報工学の大学に進学しました。大学では、数学とプログラムを絡めた
	コースに進みましたが、

	数学科に未練があって、学習要覧だけでも参考になるかもと思って、
	もらった訳です。

	その当時は、見てもピンと来なかったんですが、今あらためて見てみると..

	「うっ、深い、濃い!!」これは今すぐ通いたいレベル!!!
	もう一度遊び人になれたら、この大学に通いたいな。

	*偏差値は高くないです。これは「入りやすくて志があれば深く学べる」
	という事だと思います、スバラシイ!!

>2017年1月29日:WAVE−SCSIその14
	アドレス線の残り(A12〜15)とデータ線D0〜4を
	配線してやりました。いやぁ〜頑張ったな〜(ホントか?

	この調子だと2月いっぱいベース部(SRAM、SPC)の配線に
	なりそう。リムーバブル部(メガコン、GAL)は3、4月かな。

	動作確認できたら、SCSIコネクタ、ターミネータの配線なんで、
	5月くらいに完成かな?

	1月から始めて5月まで掛かるよ、なんて長く楽しめるんだ!!
	(ちがうか

>2017年1月23日:WAVE−SCSIその13
	A9、10、11配線してやりました。燃え尽きたぜ!!(まだ早いよ

	お酒飲むのがマズイみたいで、気が付いたらグゥグゥ寝てました、とほほ。
	次は、ちょっと酒の量減らそ。

>2017年1月15日:WAVE−SCSIその12
	今日はA3〜8を配線してやりました、ゼーゼーハーハー
	ちょっとずつでも進めて行けば、いつかは終わるさ!!(おいおい

	*なんだろ、コテ捌きの腕落ちてる気がする、とほほ

>2017年1月10日:予定
	WAVE−SCSI作った後の予定をアレコレ考えてます。

	・ASC3でMEGA−SCSI
	・あさがおの配線
	・MGINSTの解析(SPC以外のチップを使用するストレージ用のテンプレートを作りたい)
	・ロジトークのグラフィック版開発(VRAMにDRAM使う、DRAMマッパメモリの代わり)
	・ハンディターミナルでゲーム作り、その2(バーコード読み込み、ラベルプリンタ使用)
	・MSX−Cでゲーム作り
	・MSX−Cでデータベース
	・無線(もしくはGPS)とMSXの組み合わせで何か作る
	・CX7M/128のビデオ出力再挑戦
	・つくるSCSIターゲット(似非RAMをストレージにする)
	・スーパーSCC(なんちゃってWAVE−SCSIから乗り換え、チョーいい音がするSCCを自作)
	・数学関連の論文作成

	今のkalの力量ではムリなのばっかですが、失敗でも得られるものはあるかなと思います。
	あたって砕けろ的な勢いでチャレンジしたいなと思います。というのも..

	いずれ、このHPを閉じるときが来ると思います(年齢的な理由で)そのとき、このHPの内容を
	自分用に紙ベースに残そうと思ってます。

	要するに老後の楽しみのためというか、昔を懐かしむアイテム作りというか。そう考えると
	ちょっとでもネタを多くしようと、やる気が出てくる訳です、はい。

	*ここ数年強く感じるのが、「光陰矢の如し」です。何もしないと、あっという間に何年も
	経ってしまいます。なんとモッタイナイことか!!もうヤルしかないですよ!!!

>2017年1月9日:WAVE−SCSIその11
	電源回りとアドレス線(A0、1、2)配線しました。

	アドレス線は、以前に自作した「ワイヤリングペン」を使って
	配線してみました。

	慣れてないせいか、時間掛かりましたがジュンフロン線よりかは
	かなり配線しやすいと思います。

	休みの日に、ちょっとずつ作業しようと思ってるんですが..
	この調子だと完成までどのくらいかかるんだろ、うーん..

>2017年1月4日:WAVE−SCSIその10
	正月休みも今日が最終日。1週間も休めたよ、転職して良かった!!

	休みの間、あれこれ考えてたのが整理ついたので、今日から製作開始!!
	作るのは、GAL無しのGAL使う版!?

	要するにkalの修正版WAVE−SCSIの回路図を元に
	GALを使って作ろう、ということです。

	今日はSCSIコネクタ用の基板加工と、大まかな部品配置決め。
	これから休みの日ごとに、工房に入ってチョロチョロ配線です。

	*GALの書き込み環境も動作確認しておかないと..やることいっぱい!!

>2017年1月1日:あけおめ
	あー喰った、喰った、もう食べられません(おいおい

	さあ今年はどんな風に遊ぼうかな?

	と言っても、大量の棚上げ事があるからな..
	何から手に付けよう、とほほ。

>2016年12月29日:WAVE−SCSIその9
	昨日が仕事収めで、今日は夕方まで寝てました。

	「久し振りに競馬でもやろうかなぁ」と思って、「8−11の馬複に1000円かな」
	(東京大賞典)

	と予想してたんですが、まんまと寝過ごしです。どうせ外れだからイイヤ思ってたら..
	なーにーぃぃ、当たってやがるぅ!!!(10倍)

	オレの1万円!!、とほほ。買えば外れるし、買い忘れたら当たってるし、
	まあ、賭け事はこんなもんです。やらないのが一番儲かるかも(おいおい

	さて、夕方からGAL無しの解析の続きをしてたんですが、
	どうやら出来たのかな?元々の回路が動作確認とってないので、何とも言えないのですが..

	一応GALソース載せときます。(kalの持ってるFGAL(GALアセンブラ)は
	入出力に負理論使えないので、正理論の論理式になってます)

	(AX	= /(A1 * A2 * A3 * A4 * A5 * A6 * A7 * A8 * A9 * A10 * A11 * A12 * A13) ;)

	Bx	= RESET * Dx * /SLTSL * /WR * /AX * A14 * /A15
		+ RESET * Bx * SLTSL
		+ RESET * Bx * WR
		+ RESET * Bx * AX
		+ RESET * Bx * /A14
		+ RESET * Bx * A15 ; x=4,6

	SPC	= RESET * /SLTSL * A12 * /A13 * /B4 * B6 ;
	DACK	= RESET * /SLTSL * /A12 * /A13 * /B4 * B6 ;

	SRAM	= RESET * /SLTSL * /A13 * /B4 * /B6
		+ RESET * /SLTSL * /A13 * B4
		+ RESET * /SLTSL * A13 ;

	WR(SRAM)= RESET * /SLTSL * /A15 * A14 * B4 * /WR * AX ;
	WR(SCC)	= RESET * /SLTSL * /WR * A15
		+ RESET * /SLTSL * /WR * /B4 * AX ;

	WR(SCC)は、論理圧縮に加えて、/A14=A15として式変形したので、ちょっと怪しいです。
	また、負理論の出力は、JEDファイルを書き換えて対応しようと思ってます!?

	*あっ、SRAMの1MB対応が抜けてる、また考えないと!

	さあ次は実証機の製作です。これも色々フレキシブルにしたいので、
	まだまだ仕様決めにアレコレ考え込まないといけません。先は長い!!

>2016年12月25日:WAVE−SCSIその8
	大体分かったかな!?似非スナスイッチを取っ払えば、

	・7FFE(F)h部でBx(x=4、6)を生成。かつ、値保持。

	・/SRAMと/SCCで、SPC部と7FFE(F)h部以外を、
	メガコン部、音源部、SRAM部に切り分ける。

	・SPC部は、/SPCと/DACKで指定する。

	こんな感じかな!?これで「第1部:GAL有りの解析」は一先ず終了。
	今後は..

	第2部:GAL無しの解析
	第3部:実証機の製作
	第4部:なんちゃってWAVE−SCSIの製作
	おまけ:WAVE−SCSIの歴史

	てな感じで楽しみたいなと。第2部は、つじかわさんが考えたGAL無し
	の回路を解析します。その際、GAL有りの解析結果を参照します。

	第3部は、肝となる主要信号生成部を交換可能にして、GAL有り、GAL無し
	の動作確認をしたいなと思います。

	第4部は、MGINSTからみるとWAVE−SCSIだけど、実際は音源部が
	ないよみたいなMEGA−SCSIを作りたいと思います。要するにMGINST
	(つじかわさん)を欺こうというネタです。

	おまけでは、歴史の生き証人?kalが追った、WAVE−SCSIの歩みを
	述べたいなと。

	あくまで予定で、いつものように?立ち消えになる可能性もあるんですが、
	想像するだけでも、ちょー楽しい!!もう随分先まで楽しめるっ!!

	*なんだろ、するめこんぶをいつまでもクチャクチャ噛んでる感じ?
	(言い回しがよくないって

>2016年12月25日:WAVE−SCSIその7
	そうか、SCCってメガコンとしても動作するじゃん!?

	サウンド部分ばかり追ってて、メガコン部盲点になってた、とほほ。

	でもまだ合点が行かない..あとチョットなんだけどな!

>2016年12月25日:AEC−7720Uその2
	届いたよ!!てか、メーカーHPに製品として情報あるんで、
	今現在でも新品として買えるって!!

	なんでまた、4ヶ月も掛かったんだ!?

	ジャンパ設定で、タームパワーOFF、ターミネータONにしないと
	動作安定しないようです。情報UPしておきました。

>2016年12月23日:AEC−7720U
	8月24日にアマゾンで注文して、やっと12月25日配達予定
	になりました。ここまで4ヶ月かかりました、信じられない!!

	オクでゲットしたAEC−7720UWは、SCSI側68ピンで
	コネクタ変換しないと使えないので、使い勝手が悪いんですが、

	アマゾンで注文したAEC−7720Uの方は、SCSI側
	内蔵50ピンで、kalには、こっちの方がチョー使い易いんです!!

	クリスマスプレゼント?として、必ず12月25日に届けば、今まで
	遅れたこと許してやる、しかし届かなかったら許さないぃぃぃーーー(おいおい

	*アマゾンでトラブったら、とにかくガマンですな。よほど都合が悪いのか、
	アマゾンから何度も遠まわしにキャンセルしろ言われました。怒り心頭なのを
	グッと堪えて、やっと発送まで漕ぎつけました。よかった、ほっ。

>2016年12月22日:WAVE−SCSIその6
	メガROMイメージ分かりました。要するにゲームイメージ
	をロードしてゲームカセットとして使うときですか!?

	MEGA−SCSIのことばっかり考えてたから、盲点に
	なってました、とほほ。

	残りは/SCCのみ、あとチョット!!

>2016年12月20日:WAVE−SCSIその5
	今/RAMと/SCC追ってます。(他の部分は解析完了!?)

	/RAMはれふてぃさんの回路図の画像を参照すれば
	ほとんど理解できるのですが、8000−BFFFh
	(メガROMイメージ?)の部分がイマイチです。

	/SCCの部分は情報不足?で、ちょっと手付かずです。

	GAL無し版と比較したり、ネットで検索したり、
	何とか12年で終止符を打ちたい!!

	*れふてぃさんが公開してるJEDファイルから、EQNファイル(GALソース)
	復元可能です。GAL16V8のマニュアル見ながらの手作業になりますが、
	そんなに難しくないと思います。

>2016年12月19日:WAVE−SCSIその4
	まだ全部比較してないのですが、今のところ分かったことを
	まとめます。

	「GAL無し版は、使用するICを減らすため、信号出力の条件を
	ゆるくした。そのため、本来ならダブらないSRAMとSCCがダブる
	ので、ダブる部分(書き込み)を制御する回路を追加した」

	どうでしょうか?kalの12年越しの回答に、つじかわさんは何点
	くれるかな?

	*まだダメ出しされそうでコワイ(おいおい

>2016年12月19日:WAVE−SCSIその3
	Bx(x=4、6)分かりました。書き込み(SET)時の条件を
	否定すると、HOLDの条件になるようです。

	つまり、次の書き込みがあるまでBx保持してね、って感じで
	要するにHC74の動きをしてるようです。

	B4はスナッチャーモードがあるので、ちょっと複雑ですが、
	原理は一緒のようです。お騒がせしました>れふてぃさん

	似非スナスイッチを取っ払えば、B4もB6と同じでいいかも。

	さて、Bx生成については、GAL無し、GAL有りどちらも同じ
	な感じなので、それ以外のところを比較してみようと思います。

	それにしても、未だにこんなに楽しめるなんて、つじかわさんには
	感謝ですね!

>2016年12月18日:一回り
	GAL16V8のマニュアルを見て、JEDからEQNを復元する
	方法を再修得しました。確か前回修得したときは..

	つじかわさんから「お手GAL作った方がいいですよ」と言われて、
	言われるがままに作ったGALライタを使って、

	製品版MEGA−SCSIのGALからJEDファイル吸出し、
	EQN復元(一部)したのかな。

	どうしてまた、そんなことしたのかと言えば..

	つじかわさんから、自作メガコンのHC670の動き(/GR部)が
	イマイチ言われて、

	どうすればいいか考えたけど、うまく行かず、

	途方に暮れてたら、ふと「そう言えば製品版MEGA−SCSIって、
	メガコンどうしてるんだ?もしかしたらHC670使ってるかも?」
	と思って、

	中開けてみたらビンゴ!よくよく眺めてみると、GALを使って制御
	してる感じ。

	それならば、GALからJEDファイル吸い取って、それを解析すれば..

	てな流れだったかな、もう12年くらい前で、すごい懐かしい感が..
	一回りして、またGALで遊んでるなんて、ちょっと感慨深いです。

	*結局、自作メガコンの方はJEDファイル解析しきれず改良断念。
	イマイチでも動くからイイヤでゴリ押しです。

>2016年12月18日:WAVE−SCSIその2
	れふてぃさんから貰ったEQNファイル(GALソース)と
	ずっとニラメッコしてました。

	書き込み制御は、主に/RAM信号で捌いてるようです。
	SRAMに対して、リードオンリーの部分、読み書きする部分を
	きっちり指定してます。

	/SCCで、SRAMとSPCに被らないようにして、
	/SPCと/DACKは決め打ち、って感じかな?

	さて、Bx(x=4、6)がチンプンカンプンです、とほほ。
	論理式みても、よく分かりません。入力に出力(Bx)が入ってます。

	SETのところは分かるんですが、HOLDのところが分からん。
	関係ないところで値をHOLD?そういうもんなの?

	また、定義部が:=じゃなくて=のみです。これってフリップフロップを
	使わないけど、フィードバックがあるので順序回路ってこと?なにそれ?

	ダメもとでJEDファイルから何か情報得られないか調べてみました。
	分かったのは..

	・フィードバックありのシンプルモード
	・最適化?で、論理式からVCC消えてる

	ぐらいでした。フィードバックありのシンプルモード、具体的に
	どういうものか、ネットで調べても出てこない。まあ地味に探すしか
	なさそう。

>2016年12月10日:警告。あなたのアカウントの不審なログイン活動。
	アマゾンと名乗るところからタイトルのメールが来ました。
	あからさまに不正メール(フィッシング)感たっぷりなので、

	ネットで調べてみたら..ビンゴ!!こえー!!!

	そして、ふと冷静になって現況を思い起こすと..
	「あれ、kal今アマゾンと揉めてるジャン!!」

	夏に注文して、納期1〜2ヶ月の「AEC−7720U」が未だ届きません。
	もう3度納期延期になってます。

	*このせいで、つくるSCSI接続FDDの公開が遅れました。幸運にもAEC−7720UW
	の方が入手できてHPにネタ公開できましたが、入手できなかったら未だネタ公開
	できない状態でした、とほほ。

	まさかとは思うけど、都合の悪い客の情報を、悪質サイトにリークしてる?
	そして、都合の悪い注文を無かったことにしようとしてるのか!?

	わざと釣られて、AEC−7720Uの注文がキャンセルされるか試してみようかな..
	いやいやダメダメダメ!!!

	誰か調査してみません?えっ、kalは怖いので何もしませんよ!!カンベン、カンベン!!

	*似たようなメールをもらった方、そのときにアマゾンと揉めてたかどうか、こっそり
	教えてください。こっそりですよ(おいおい

>2016年12月7日:WAVE−SCSI
	れふてぃさんのHPの、似非シリーズ→1MB版似非SCC(うぇ〜ぶ)の付録3に
	WAVE−SCSIの記事がありました!!本家本物ですよ!!(今まで気が付かなかった、とほほ)

	回路図と説明を見ましたが、GALを使ってて、kalの気がかりな「SCC常駐演奏」の部分が
	追い切れませんでした。

	A14でSRAMとSCCの/WRを振り分けじゃなくて、GALの/SCCで常駐演奏を捌いてる感じ?
	JEDファイルから回路追うの、大昔やった記憶があるけど、もうすっかり忘れてる!!

	つ、つじかわさーーん!!教えてケロー!!(ダメか
	師匠(MAD前田さん)、WAVE−SCSIも作ってケロー!!(ダメか

>2016年12月4日:つくるSCSI接続FDD
	SCSI化したスーパーディスクが、やっと安定動作するようになりました、ほっ。
	ドキュメントに追加しときました。

	*夏にアイデアを思いついて、やっと公開できました。長かった。

>2016年11月26日:可換?
	あれ、MEGA−SCSIって、SCSI−IDが同じならストレージは
	可換(交換可能)なの?

	例えば、SCSI−ID6のストレージAをESETで設定した後に、
	同じSCSI−IDのストレージBをAの替わりに付けても、特に問題なく動く?

	そういうことは早く言ってくれよ。今までストレージ替わる度に、毎回ESETだし..
	IDを同じにするだけで良かったんだ、とほほ。

>2016年11月23日:IDE−SCSI変換器
	少し前に「玄人志向YU」というIDE−SCSI変換器買いました。

	実はこれ、IDEスーパーディスクのSCSI化に使えるかも!?
	と思ってゲットしたんですが..

	まんまと使えませんでした、とほほ。それからネットで調べて、ACARDの
	AEC−7720U、もしくは、AEC−7720UWが使えると分かりました。

	ヤフオクでチョロチョロ出品されてるようで、何度か入札しましたが、ことごとく
	負けまくりです、ライバルすご過ぎです、とほほ。

	しかし、やっと落札できて今日届きました。オクの写真では2個入りの感じでしたが、
	実際は3個入りでした、びっくり!!

	ジャンク1個の平均的な落札価格より安い値段?で、3個ゲットできました、ラッキー!!

	動作も3個OKです。つまりIDEスーパーディスクが「SCSI接続FDD」として
	使えるわけです。

	これとSCSI接続FDDエミュを組み合わせて、遊ぼうと思います!!

>2016年11月19日:スピーカー3
	今日は工房に来てから、ずっとFMラジオ聞いてます。いやあ、いい音!

	ちなみに、このYAMAHAのスピーカーも安物で、「PC用スピーカー」
	の部類になると思います。

	USBラジオ+真空管バッファ+YAMAHAスピーカーで、ちょっと高い
	ラジカセのラジオの音ぐらいだと思います。

	まあ、要するに「大したことない」んすよ、とほほ。

>2016年11月13日:スピーカー2
	スピーカー取り替えて、アンプも取り替えて、
	やっといい感じの音になりました、ほっ。

	USBラジオ:ASOOVU、USBラジオ(FM)
	真空管バッファ:Bravo、AudioV2改(LED、コンデンサ、真空管交換)
	スピーカー:YAMAHA、YST−M20DSP

	元がUSBラジオなのを考えれば、十分の音だと思います。

>2016年11月7日:スピーカー
	20年前くらいに、初めてDOS/V機買ったんですが、
	その時に一緒に買ったのが「YAMAHA、YST−M20DSP」です。

	*ちなみにDOS/V機は「DEC、DIGITAL Celebris」です。
	ペンティアム90MHzですよ!!kalの足元に転がってます。多分今でも動く、多分。

	20年ずっと、このスピーカーで音楽聞いてると、他の(安物)スピーカーでは
	音受け付けません。

	*福岡で一人暮らししてるときも、このスピーカーでした。戦友な感じ(おいおい

	何年か前に、代替品として買ったONKYOのスピーカーもダメでした。

	このONKYOのスピーカー、今は工房の方で使ってるんですが、
	やっぱ音がダメダメです。

	そこで、もう1つ工房用に、同じYAMAHAのスピーカーをゲットしようと
	オークションで何度も狙ってました。

	そして、今日やっとゲットできましたよ、ほっ。

	今度の休みに、早速工房に持って行って、音確認です、楽しみ!!

	*スピーカーは、YAMAHAのYST−M20DSP、ヘッドホンは、SONYの
	MDR−ZX700、いやあkalの耳は安上がりだなぁ(おいおい
	
>2016年10月29日:MSXでC言語3
	SPI、kFATの話をまとめて
	ドキュメントにアップしました。

	いやあ、大分楽しませてもらいました。ありがとうございました。

>2016年10月29日:MSX−CでFATアクセスその7
	KFDEL、でけた!!これで目標達成!!

	*KFPUTが大きなファイル(MEGA−SCSIの
	イメージ)でシクジルのはヒミツ(おいおい

	まあ、ソースファイルと実行ファイルが読み書きできるので
	良しとしましょう!?

	次は、サロンdeふぉ〜AにATP3012挿して、
	音声出して遊んでみたい。

>2016年10月24日:MSX−CでFATアクセスその6
	KFPUT、でけた!!(まだバグはあると思うけど)

	うまく動かないプログラムがどんな処理してるか追う
	→誤動作してる部分を見つけて修正する

	で、出来ました。まあ、バグ取りの基本ですな。

	*山越えた感じです。あとはKFDEL。やっちゃうよ〜(あやしい
	それにしても、本当に山越えしてる感じ。楽しい!

>2016年10月23日:MSX−CでFATアクセスその5
	KFPUTで手こずってます、とほほ。

	「何となく、こんな感じかな」で組んでるんですが、
	うまく動きません。

	てか、KFPUT起動後エディタを立ち上げると、
	フリーズして、リセットしてもBASICブラックアウトになる!?
	(文字色、背景色、周辺色が黒のBASICの画面。本来ならDOS2
	が立ち上がる)

	もしかして、MSX版ウィルスソフトを作ってしまったのか!?

	その後、ウィルス動作は回避できたのですが、正常動作しません。
	一度処理を完全に把握してから、組まないとダメかな、うーん..

>2016年10月16日:MSX−CでFATアクセスその4
	kFAT(kalFATの略)ちょろちょろ打ち込んで、
	KFINIT、KFDIR、KFGETまで出来ました。

	いやあ、楽しいな。力量がないおかげで!?、簡単な独自仕様の
	作りこみでも、十二分に楽しめます!!(おいおい

	*残りは、KFPUT、KFDEL、一番おいしいところかな!?

>2016年10月10日:MSX−CでFATアクセスその3
	kalFAT(劣化版FAT12)をセクセク打ち込んでます。

	今日は、ファイルエントリ→FAT→データ領域の順でアクセスする
	ところまで作りました。

	ちょっと作っては動作確認してるので、進みは遅いですが、
	ちょー楽しいです。

>2016年10月9日:MSX−CでFATアクセスその2
	参考書とネットの情報で勉強して、「作れるかも!?」と思ったので、
	いざ作ろうとすると..

	手が止まってしまう、面倒くさい!!(おいおい

	というわけで、独自仕様(劣化版FAT12)を考えてみました。

	・SDカードは2GBまで(SPIライブラリの仕様による)
	・BPBなし!!
	・時間、日付、ディレクトリ扱わない、えっへん(おいおい
	・ファイルエントリ(ディレクトリエントリの代わり)は16バイト
	・1セクタ=1ブロック(512バイト)=1クラスタ
	・FAT4ブロック(コピーなし)、ファイルエントリ8ブロック
	・→上記仕様により、カード容量に関係なく、データ領域約500KB

	FATのおいしいところだけ?、つまんでみました。その代わりPC等、他の機器
	とデータやり取りできません。サロンdeふぉ〜でしか使えません、とほほ。

	*これならkalでも作れそう、いや作る!!

>2016年10月3日:MSX−CでFATアクセス
	FATについて、参考書いろいろ持ってるはずなんですが、
	本の山に埋もれてしまって、1つしか見つけられない!!

	*kalの部屋は岡潔型で、散らばってるけど何処に何があるか
	把握できてるハズなんだけど..おかしいな(おいおい

	で、見つかったのが「CQ出版社、別冊インターフェースBootStrapNO.5、
	特集フロッピ・ディスクの応用とminiDOS」

	FATについて詳しく書いてあります。詳し過ぎて理解できないかも(おいおい

	*昔の技術がブラックBOX化してしまうのを懸念して、80年代〜90年代前半の
	技術資料を集めまくったのが、役立ちました。昔のkal、よくやった!?

>2016年10月2日:MSX−CでSPIアクセスその3
	SDカードに読み書きもできたかな!?

	*参考にしたページ
	http://www.robotsfx.com/index.html

	とりあえず、初期化、読み込み、書き込みをSPIライブラリ
	として作る(削除については要検討)

	ファイル形式は、FATを目指して、難しければ独自仕様。

	さあ、いっぱい資料とニラメッコしないと!!

>2016年10月2日:MSX−CでSPIアクセスその2
	SDカード初期化できた!?ただ、実際にSDカード
	読み書きするまでは、安心できない..
	
	*参考にしたページ
	http://bitcraft.web.fc2.com/index.html

>2016年10月2日:MSX−CでSPIアクセス
	mosakuさんのサンプルプログラム(BASIC)で、
	初期化まで何とかなりそう、ほっ。

	ただレスポンスがおかしい。しかもMSX2とターボRで値が違う..
	これは「アクセス速度かダメなのか?」と思って

	ちょっと遅らせることに。と思ったら、思い出しました。
	サロンdeふぉ〜Aのマニュアルに

	「BASICじゃない場合は、受信前にBSYフラグを
	チェックすること」

	これだよ、これ!!チェック入れたら、期待する
	レスポンスが返ってきましたよ!

	*mosakuさんのサンプルプログラムがなかったら、
	何年も悩む感じ..参考書(CQ出版社の本)読んでも
	サンプルのような手順思いつかないし、kal読解力ないのかな、とほほ

	*初めのダミークロック送るとこだけ、コード載せておきます。
	これとmosakuさんのサンプルがあれば、MSX−CでもSPI
	アクセス行ける気がする。

#define	PORTA	(unsigned)0
#define	PORTB	(unsigned)1
#define	PORTC	(unsigned)2

#define	LEDON	(char)128
#define	LEDOFF	(char)0
#define	CHKBSY	2

#define	SPICSL	(char)(128+4)
#define	SPICSH	(char)(128+7)

#define	DMY	0xff

#define	_spi_cs(c)	outp(PORTB,c)
#define	_lon()	outp(PORTA,LEDON)
#define	_loff()	outp(PORTA,LEDOFF)

char	_spi_dio(n)
unsigned	n;
{
int	b;
char	c;

	_lon();

	/* output */
	while(1){
	b=(int)inp(PORTA);
	if(b&CHKBSY) continue;
	break;
	}
	outp(PORTC,(char)n);

	/* input */
	while(1){
	b=(int)inp(PORTA);
	if(b&CHKBSY) continue;
	break;
	}
	c=inp(PORTC);

	_loff();

	return c;
}

int	spi_init()
{
int	i;

	_spi_cs(SPICSH);

	for(i=0;i<10;i++){
	_spi_dio(DMY);
	}

	...
}

>2016年10月1日:トランジスタラジオその3
	最近の楽しみは、トランジスタラジオを聴くことです。

	10代の頃、トランジスタラジオを何台か作りましたが、
	kalが聴いてる「パナ、R−1018」のような音は出なかった
	と思います。

	フツーの6石スーパーなのに、なんでだろ?

>2016年9月25日:やる気スイッチ!?
	秀和システム、「C言語すら知らなかった私が
	たった2ヶ月でiPhoneアプリを
	リリースするためにやったこと」、またよしれい著

	古本屋で安かったので買ってみました。

	これ、やる気スイッチ入れる本ですよ!!やりたいことを
	どうすれば実現できるか、が色々書いてあります。

	一番参考になったのが、「とりあえず手を動かせ。手を動かせば、
	脳に刺激を与えて、自然とモチベーションがアップしてく」

	のところです。kal、モチベーションが上がるまで、何年もかかるんですが(おいおい
	これを読んで、「モチベーションが上がるまで待ってちゃダメだ!!」
	と痛烈に感じました。

	というわけで、「MSX−CでSPI、FATアクセス」をするべく、
	ものすごい勢いで、プログラム打ち込んだんですが、結果が出ない、とほほ。

	ただ、無心でプログラムを打ち込んでると、自然と集中力が増して、
	モチベーションが上がってるのを実感できました、スバラシイ!!

	*SPI面倒くさい!!てか、サロンdeふぉ〜AのSDスロット部は、
	どこまで、SPIの処理してんだろ?うーん..

>2016年9月18日:ロジトーク
	新たなるMSX用?デバイスを見つけました。
	その名も「ロジトーク、RS232C版!!!」

	http://logicpack.co.jp/product/vs/vs320rs232.html

	コンパクトフラッシュのWAVE/MP3ファイルを、シリアルからの
	コマンド入力で再生する装置です。

	kal、ゲームを作る上で、サウンドとグラフィックが、お手上げなんですが、
	これで、サウンドは何とかなるかも!?

	BGM用と音声用で、2つずつシリアルIFとロジトークを用意すれば、
	プリメのようなゲームが簡単にできるかも!?(無理か

	*音源は、フリーの使うとして、グラフィックはどうしよう..うーん、

>2016年9月10日:トランジスタラジオその2
	kal工房のラジオ環境、しょぼい音しか出さないので、とりあえず
	スピーカーを替えようと思ってたんですが..

	トランジスタラジオを一緒に鳴らすといい感じになりました。
	ただし、TBSラジオしか聞けませんが..

	USBラジオ:FM90.5MHz(FMワイド放送のTBS)
	トランジスタラジオ:954kHz

	「音の色づけ」みたいな感じで、深みのある暖かい音色になりました。

>2016年9月7日:ホトトギス
	自宅のLF62環境用に、アスキーのシリアルIF入手しました。
	MSX2で、USBメモリに対して、読み書きできました、ほっ。

	これで、工房と自宅で、USBメモリを使って(テキスト)ファイルやりとり
	できます、よかった。

	アスキーのシリアルIFは、2個必要ですって!!いや、kalがそうなるように
	しちゃる!!(うそ

	*自宅LF62用に、シリアルIF欲しい思ってから半年以上..
	機会をうかがって待つことも、いいかなと思いました。

>2016年9月6日:トランジスタラジオ
	10年以上前に入手した、昔のトランジスタラジオ(パナ、R−1018)
	ずぅーっと、引き出しの肥やしになってたのを、久し振りに聞いてみました。

	高音の音質と高い音圧で、びっくりぽん!!(おいおい

	これ、今どきのヘッドホンで聞くと、よく分かると思います。
	kalは、ソニーの安いモニターヘッドホン(MDR−ZX700)で聞いてますが、

	単3x2の音とは思えないほどのパフォーマンスです。トランジスタラジオを
	もってる方、今どきのヘッドホンで聞いてみてください。びっくりぽんかも??

>2016年8月28日:変換番長?その2
	HDD側、ホストPC側ともにIDEのRAIDコントローラ見つけてきました。
	2台のIDE−HDDをRAID1(ミラーリング)にしてくれます。

	これを丸ごと玄人志向YUでSCSI化です。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/ide-raid.jpg

	元からあった160GBのHDDを取っ払って、1GBのマイクロドライブを
	詰めます。で、MEGA−SCSIに取り付けと。

	MSXには贅沢というか、無駄というか(おいおい
	SCSI変換のところで失敗するかと思ったけど、あっさり成功しました、ほっ

	*買ったのは、FMHD−16LR3というネットワークハードディスク用の
	RAIDコントローラ部(100円!!)とハードディスクユニット(1580円)x2
	です。なんでこんなに安いんだ??

>2016年8月6日:変換番長?
	IDE−SCSI変換器をゲットしたので、遊んでみました。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/img/henkanb.jpg

	CF−IDE変換器+IDE−SCSI変換器で、CF−SCSI変換器
	(変換番長もどき)の出来上がりです。

	変換番長のときにあった「大きなファイルをアクセスすると固まるエラー」
	を、ふと思い出したので試してみました。

	テスト方法:CF(+)にMEGA−SCSIのイメージファイル(256KB)
	をセーブする

	80倍速128MB、CF:前半の128KBの途中で固まる
	等倍速128MB、CF:後半の128KBの途中で固まる
	340MB、CF+:成功(最後まで書き込めた)
	1GB、CF+:成功

	マイクロドライブすげー!!、失敗したCFも、OKEIさんのパッチを当てれば
	動くのかな?

	*ゲットしたIDE−SCSI変換器は、「玄人志向、YU」という製品です。

>2016年7月24日:結石
	初めて尿路結石を経験してから5年。「もうないな」と思って油断してたら..

	キーターーーー!!!!

	また病院送りです、とほほ。毎日、お酒いっぱい飲むのは、もうヤメに
	した方がいいのかも、とほほ。

>2016年7月17日:オープンキャンパス
	大学のオープンキャンパスに行ってきました。

	オープンキャンパスいうと、高校生向けというイメージですが、
	OB、一般学外向けも対象だったので、20年ぶりくらいに、母校に行って
	きました。

	外観が大分変わってたのに加えて、いろいろ研究室を回った結果、講義内容も
	大分変わってるようでした。

	母校の今を知ることができたし、20年前には無かった研究手法、内容を
	知ることができて、ちょー楽しかったです。

	母校以外にもオープンキャンパス行ってみたいと思いました。

>2016年7月13日:数学の現在&eスポーツ
	最近、「数学の現在i、π、e」という3冊の本が東京大学出版会から発行されました。
	東大大学院、数理科学研究所の最先端の研究を紹介してるみたいな書評だったので、

	kalが興味ある分野の「数学の現在e」というのを買ってみました。ところが..

	実際は数理科学研究所の教員が、自分の専門分野を紹介するという内容でした。
	kalが興味のあった儀我先生の章は、20年前と変わらない?内容のようでした、とほほ。

	でも儀我先生の本(kalの卒論の教科書)で、絶版?だった「動く曲面を追いかけて」が
	2015年に新版として復刊したそうです。この分野はまだまだ最先端なのでしょうか???

	eスポーツ=対戦ゲームがスゴイらしいです。eスポーツ専門の学校もあるようです。
	プロになると賞金が凄まじいらしく、プロのスポーツ選手並とか??

	*eスポーツ選手=いわゆるプロのゲーマーで、国内や海外の大会で、優勝や入賞する
	レベルの人たちです。

	確かに超絶テクニックは、観る物を魅了するものがあります。kalが観た番組は、
	TOKYO−MXのアニマゲという番組でしたが、最先端感が半端なかったです。

	数学も、こんな感じで、本当に今の研究を紹介するTV番組があればなと思いました。
	(無理か

>2016年6月19日:軽便の譜
	今日は2本立て。工房の近くには、大手の古本屋の他に
	個人経営の古本屋さんもあります。

	前から気になってたので、行ってみました。一見フツーの
	古本屋さんなんですが、奥に行くとありましたよ、「なんだこれは!?」
	的なグッズが!!?

	昔の写真(白黒)、昔の切符、昔のハガキ、昔のおもちゃ?、昔?の小物、
	本屋じゃなくて、アンティークショップみたい。

	買うつもりはないけど、興味津々で、しばらく眺めてると、
	「軽便の譜Vol.1木曽森林鉄道、87PRECINCT著」

	というのを見つけました。ビニールに入ってて、中身は見れませんが、
	表紙に模型図面集と書いてあるので、Nゲージ関連の書?と思って
	買ってみました。

	*kal、Nゲージにもチョロット興味があるんです、ハイ

	中身は、HOスケール用の図面と写真でした。この写真がイイ!!
	思わずジオラマを作りたくなる、そんな写真でした。

>2016年6月19日:ラジオ環境
	工房にラジオ環境を作ろうと、あれこれイジくってました。

	ラジオ:ASOOVU、USBラジオ(ダイレクトコンバージョン方式)
	バッファ:WAKA−U7(真空管HPアンプ、若松通商の組立キット)
	スピーカー:オンキョーGX−R3X(アクティブスピーカー)

	どれもイマイチで、ずっと放置してたものです。でも使いどころが
	出来てよかったです、ほっ

	*それぞれイマイチなので、組み合わせてもイマイチです、とほほ。

>2016年6月11日:古本募金
	いやぁ、この1ヶ月、新しい職場で、ひーひー言いながら仕事してました。
	まあ大変だけど頑張らないとな、とほほ。

	さて、kalの部屋は、「今でしょ、林修」が言うところの、岡潔型だそうです。
	(管理できてる倉庫系)

	ようするに、物(本)が散らばってるけど、どこに何があるのか把握できる
	タイプで、世間一般で言うところの「ゴミ屋敷」とは、違うタイプのようです。

	けど、本棚にいっぱいで、床にも山積みの本をみると、いつも「どうにかしないと」
	と思ってるんですが、今まで大したことは出来ませんでした。
	
	*「本で床は抜けるのか」という本で、読まない本は売り払って、紙で必要ないのは
	電子化して、実書籍をスリム化するという方法を学びましたが、実践できずにいました。	

	そこで、ネットで古本の処分を調べてたら..大学の古本募金っていうのを見つけました。
	kalが見つけたのは、東大のものでしたが、今大学の間で「古本募金」が、
	とても流行ってるらしく、kalの母校でもやってました。

	今まで、売り払う=二束三文で処分する=捨てる、感があったので、不要本の処分が
	手付かずだったのですが、「寄付」という言い回しになると、「やってみようかな」
	って、気になります(おいおい

	とりあえず、理工学系以外の本を、まとめて募金してみようかなと思いました。
	本の処分で悩んでる方、「古本募金」どうでしょうか?
	
>2016年5月13日:小学生プログラミング必修化
	「いやぁ、ならばMSXでしょ!!」と思った方、結構いると思います!?(ホントか?

	kalなら、間違いなくMSXで、プログラミング(+ハード絡み)を覚えさせるんだけどな..

	ブラインドタッチ、BASIC、マシン語、C言語、ハード工作..MSXで多く学びました。

	国が、MSX互換の教育用PCを出すとか、ないか(とほほ

>2016年5月2日:MSX−CでFatFs
	kal工房での、アスキー製シリアルIF+LF62(シリアル−USB変換器)の環境を
	自宅にも作りたいなと、あれこれ思案してましたが、

	あさがお自作の途中(基板にIC配置)で、ずっと止まってしまいました。
	あとは、配線するだけなんですが、

	師匠が、あさがお互換のシリアルIFを出すかもと思うと、手が進まない!!

	ずぅーっと待ってましたが、何だろ、出さないっぽい!!

	そこで、mosakuさんがやった、サロンdeふぉ〜+SDCCによるFatFs移植を
	MSX−Cでやってみようと思います。

	MSX−Cは1つの関数の中に、処理を詰め込み過ぎる?と、コンパイル時にオーバー
	フローを起こすので、ここを気をつければ行ける気がします!?

	*興味のある方は、kalの代わりに、やってもらっても構いませんよ!!(おいおい

>2016年3月29日:SCSI接続FDDエミュ
	今日は2本立て!!

	あれ、デンセイシリウスさんのHPから、SCSI接続FDDエミュ
	(とSCSI接続テープエミュ)の情報が消えてる!!!

	すると、kalの持ってるSCSI接続FDDエミュは、ちょーレア品かも(おいおい

>2016年3月29日:HBD−F1
	転職が決まる前に入札してたHBD−F1(外付けFDD)が、まんまと落札できて
	今日届きました。

	早速動作確認すると..書き込みでライトプロテクトエラーになります。
	(ライトプロテクトはしてない)

	「これは不良品か!!」と思いましたが、どうやらFDを奥までしっかり差し込まないと
	エラーになるみたい。きっと前ユーザが、かなり使い込んだ証なんだと思います。

	ならばと、エミュレータに換装したんですが、するとMSXが立ち上がりません??

	「なんだこれは!!」とよくよくFDD内を眺めてみると..
	「あれ、これ34ピンじゃないじゃん!!」どうやら、HBD−F1は、26ピン仕様の
	FDDを使用するみたいです。

	これでは、34ピン仕様のFDD(エミュ)は使えません!!手配線で繋げば
	問題ないと思んですが、面倒くさい!!

	結局、HBD−20W→FDDエミュレータ用(PCとのデータやり取りに使う)、
	HBD−F1→実FD用(実FDゲームで遊ぶのに使う)と使い分けるのがいいみたい。

	*工房用にゲットしましたが、しばらくは放置かな、とほほ。

>2016年3月27日:転職
	お誘いがあって転職することにしました。

	業務の引継ぎがあるので、今の職場を辞めるのはまだ先ですが、
	「その間にこの本読んどいて」と新しい職場の方から渡された本を
	せくせく読んでます。

	新しい職場で得られる技術を、どうにか趣味の分野に活かしたい、
	これが転職理由です。あくまで趣味がメインなんですよ、kal悪い子だ(おいおい

	年末までに一通り仕事できるようになって、来年には、自分で発注、
	自分で製作、自分に納品してみたい!?

	*しばらく、お遊びは封印かな?

>2016年3月10日:kal工房環境整備、遊戯王デッキその2
	kal工房に関して、「セカンドルームのススメ」として、ドキュメントに
	追加しておきました。マイ工房ブームくーるーよね!?(おいおい

	遊戯王の方、お金の力!?を使って、実カードでデッキ構築しました。
	ただ、ゲーム内で、ゲーム難易度を上げたら..勝てない、とほほ。

	このデッキ、ダメかも。まあそれでも実デュエルデビューしてこようと思います。

>2016年3月2日:kal工房環境整備、遊戯王デッキ
	先日、MSX用のPCラック(シェルフを流用)とソファベンチを買ったのが、
	今日工房に届きました。

	今まで床に直置きのMSXがラックに収まり、ちょースッキリ!!

	また、読書用に買ったソファベンチも、いい感じに収まり、やっと工房らしい
	雰囲気が出てきました。

	*写真を撮ってUPしようとしたら、デジカメ忘れた、とほほ。

	さて、今まで遊戯王で、しょぼいデッキ考えてきましたが、やっと納得のいくというか、
	(ゲーム内で)勝てるデッキができました。

	デッキ名:kal、ローレベル2+

	モンスターカード:
	青き眼の乙女x2
	異次元トレーナーx3
	ガード・オブ・フレムベルx3
	大木炭18x3
	弾圧される民x3
	バニーラx3
	アレキサンドライドラゴンx3
	半月竜ラディウスx2
	復讐の女戦士ローズx3
	青眼の白龍x2
	オレイカルコス・シュノロスx2
	トラゴエディアx2
	レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

	魔法カード:
	大嵐
	強制転移
	サイクロン
	死者蘇生
	トライワイトゾーンx3
	光の護封剣x3
	ブラック・ホール
	RUM−七皇の剣
	RUM−バリアンズ・フォース
	ワン・フォー・ワン
	カードトレーダー
	強者の苦痛

	トラップカード:
	くず鉄のかかし
	聖なるバリア−ミラーフォース−x3
	同姓同名同盟x3
	メタル・リフレクト・スライムx3
	シフトチェンジx2

	エクストラデッキ:
	A・O・Jカタストル
	ギガンテック・ファイター
	A・O・Jディサイシブ・アームズ
	星態龍
	No.54反骨の闘士ライオンハートx3
	No.103神葬零嬢ラグナ・ゼロ
	CNo.103神葬零嬢ラグナ・インフィニティ
	No.23冥界の霊騎士ランスロット
	No.107銀河眼の時空竜
	CNo.107超銀河眼の時空龍
	超巨大空中宮殿ガンガリディアx2
	CX超巨大空中要塞バビロン

	メインはNo.54ライオンハートです。このカードちょーいい、っていうか、
	kalのローレベルカードと相性いい!!あとはゲーム内や、実カードで、気になるものを
	追加して、このデッキが出来上がりました。

	今のところ、651勝383敗0分け、勝率62.9%です。(PSP、タッグフォースSP)
	もう少しゲームやり込んで、いよいよ実デュエルに挑戦したいと思います。

	*ゲーム内のルールと、現行ルールは違うと思うので、微調整が必要かも。それにしても
	実デュエルが楽しみだわ、どうなるんだろ、わくわく(おいおい

>2016年2月8日:ターボR2ドライブ化
	また?いつもの妄想です!?

	知ってる人は知ってる!?Mマガ91年3月号に、STの改造記事がありますよね。
	その中の1つに、2ドライブ化がありますが、

	これを、「PC用FDD+FDDエミュ」にしようって話です。工房のGT、
	FDD動作品で、ゲットしたのにも関わらず、もうFDDが不調です、とほほ。

	で、FDDをPC用FDDに換装するか、FDDエミュに換装するか悩んでたんですが、
	ふと、Mマガの記事を思い出したので、PC用FDD+FDDエミュの2ドライブ化を
	思い付きました。

	もし、マネしたい人がいれば、マネしても構いませんよ!!(おいおい

>2016年2月7日:選択肢
	自宅でのLF62によるUSBストレージ環境構築について→GT+COMIOの
	組み合わせで、イケるかも。とりあえずGTの整備をすることに。

	*現状、LF62側のボーレート変更がうまく行かないが、もし出来るようになれば
	COMIOでも使える可能性が、一段と高くなる。

	*うまく行かない場合は、ボーレート変換器やあさがおを試す。あの手この手で出来るまで!!
	(おいおい

	*コンパイル速度の向上のため、自宅にもターボR環境を作りたいので、GTを直して使う
	ことにしました。でもいろいろ直すところが..ぐぅ
	
	数理工学社「フーリエ解析とその応用」畑上到→工房近くの古本屋でゲット!!
	特に、偏微分方程式の解法のところが、気に入りました。現在は「新訂版」が新本で
	買えるようです。

	ゲームブックのMSX−Cによるゲーム化→昔懐かしい?ゲームブックをMSX−Cで
	ゲーム化しようって話です。多分妄想だけで終わると思いますが、あれこれ考えるだけでも、
	ちょー楽しい!!

	*試しにゲームブックやってみました。魔法使いの丘ってやつ。ものすごい勢いで、死亡
	トラップがあります。右か左かの選択肢が、そのまま生きるか死ぬかですよ。何度も
	しょーもない死に方しました、とほほ。

	*ゲームブックって、HTML化しやすい!?既にやってる人いそう。

	*今kalの目の前には、いろいろ選択肢があって、どれにするか、楽しみながら選んでる
	感じ。これも工房のおかげだと思います。工房ゲットする前は、やりたいこと、いっぱい
	あるのに、何もしないで、1日中寝てるとかだったしな。
	
>2016年2月4日:あさがお部品集め
	工房で作った、LF62(とシリアルIF)による、USBストレージを
	自宅でも再現したいと、今あれこれ模索してます。

	悩ましい点は2つ。1つは、アスキー製シリアルIF「MSX−SERIAL232」
	の代用品探し、もう1つは、LF62のリセットオプションの違いによる動作対応です。

	*エル・アンド・エフから買ったものと、千石電商で買ったものでは、リセットオプション
	が違っていて、動作に違いがありました。エル・アンド・エフで買ったときに、
	どんなリセットオプションを指定したか、すっかり忘れていて(注文したときのメールもない)
	ちょっと戸惑ってます、とほほ。

	MSX−SERIAL232、1つしか持ってないので、自宅では、エミール製COMIO
	を使うつもりでしたが、MSX2機との組み合わせで、9600bpsにすると、文字落ち?
	するようです、とほほ。

	COMIOのマニュアルないので、もう手も足も出ません!!これは、シリアルIFを
	変えるか、本体を例えばturboRにするとか、しかありません。(あとは、ボーレート
	変換器を間に挟むとか、でもこの変換器、高い!!)

	工房にメインのSTと、ストック?のGTがあるのですが、GTの方キーボードの
	スペースキーが効きが悪い(押しっ放しにすると、初めだけカーソル動くのが、次第に
	動かなくなって、止まってしまう、その後、この動作の繰り返し)

	このため、スペースキーを押しても、反応するときと、反応しないときがあって、
	プログラムを組むには致命的なダメージです。

	というわけで、本体はMSX2のままで、シリアルIFの方を何とかしようと思った訳です。
	そこで、白羽の矢が立ったのが、自作版はるかぜの「あさがお」です。

	*リセットオプションの違いによる動作対応(プログラム修正)の方は、まずシリアルIF
	が正常に使える状態でないと、意味がないので、とりあえずペンディング。

	で、部品探しに、アキバに行って来たんですが、衝撃の事実が!!?

	まず、鈴商がなくなってる!!!!!!!おいおいおい、ダメだろそれ!!もう頭真っ白です。
	茫然としながら、ラジオデパート2階のIC屋に行くと、「16550、もうない」だとぉー!!

	撃沈じゃん、とほほ。でも諦めないのがkalの取り柄。まず鈴商をネットで調べると、実店舗は
	閉店だけど、ネット通販はしてるとのこと。早速、必要な主要パーツ(ラインドライバ/レシーバ、
	リセットIC、SRAM、オシレータ)を注文。

	ただ、鈴商でも16550は無いので、これは手持ちのPC−98のシリアルボードから
	引っぺがすことに。何とかなりそう、ほっ。

	*はるかぜ、ずぅーっと前にヤフオクでゲットしたんですが、UZIXで使えないので、
	ヤフオクで売ってしまった。もったいない!!

>2016年1月26日:MSXでC言語2
	LF62用のコマンドできた!!(LFDEL(USBのファイル削除)を追加)

	シリアルライブラリとLF62用コマンドの話をまとめて、「MSXでC言語2」
	として、ドキュメントにアップしました。

	*例によって、ソースはないです。気になる方は、自分で作ってみてください。
	楽しいですよ!!

>2016年1月24日:LF62用コマンド
	LFDIR(ファイル一覧)、LFPUT(USBメモリへファイル転送)、
	LFGET(USBメモリからファイル転送)のコマンドを作ることに。

	LFDIRは、すぐに出来たんですが、LFPUTで壁にぶち当たりました。
	書き込んだ値が変!!ちゃんとマニュアル通りに、コマンド送ってるのに!!!

	結局、今日の作業のために、アマゾンのお急ぎ便でゲットした128MBの
	USBメモリが原因でした、とほほ。

	元々持ってた2GBに交換したら、あっさり成功です。今日はここで力尽きました。

	*はぁ〜、またメモリ絡みでトラブルですよ。まず最初にマニュアルで、
	媒体の確認しないと、とほほ。

>2016年1月19日:シリアルライブラリ(MSX−C用)
	でけた!!と言っても、端末プログラムのプロトタイプをヘッダにして、
	メイン関数を削除したのをライブラリソースにしただけです。

	まともなエラー処理をほとんどしてないので、危ういですが、
	まあいいでしょう(ホントか?

	さて次は、LF62(シリアル接続USBメモリ)の制御です。
	これをMSX用のストレージにしたいんですよ。

	このために、ライブラリを作りたかったんです!!

	*ライブラリ作るのに時間かかり過ぎて、LF62のこと
	忘れ去るところでした。昔のメモを見ると、4年ほど前のようです、とほほ

>2016年1月11日:簡易端末プログラム(C言語版)
	いやぁ〜、昨日はじめの1歩を踏み出したら、サクサクというか
	やっつけ仕事みたいな感じで、あっという間に、タイトルのプログラム
	でけた!!(ローカルエコー+LF送信版で、BS押しても終了しない)

	多分、今までずっと、にらめっことうーんうーん唸ってたおかげだと思う。

	それにしても、マシン語で分からないまま使ってたインタースロットコール、
	C言語になった途端、バンバン使いまくりですよ、信じられない!!
	やっぱC言語いいな!(おいおい

	ちなみに作った関数はこんな感じ..
	_gt_ram0();
	gt_jptbl();
	gt_entry();
	gt_prm();
	rs_init();
	rs_open();
	rs_close();
	rs_loc();
	rs_gtchr();
	rs_sdchr();
	ck_cstp();
	ck_csns();
	gt_chr();

	*今日は、「大人の階段」を1つのぼった感じ(意味不
	
>2016年1月10日:ジャンプテーブルアドレスの取得
	もう何年も前から、MSX−Cでアスキー製シリアルIFをいじろうと
	ライブラリを作りたいなと思ってました。

	マニュアルにあるマシン語のプログラムを参考に、Cで組もうとすると
	手が止まってしまいます、何をどうしていいのか全然分からない!!

	マニュアルとにらめっこ→うーんうーん唸って終わり、と
	全くお手上げです!!

	それでも、マニュアルとにらめっこを繰り返して、今日やっと
	「ジャンプテーブルアドレスの取得」(最初の拡張BIOSコール)
	ができたような気がします。

	結果は..
	シャンプテーブルのスロットアドレス:02h
	ジャンプテーブルの先頭アドレス(下位):10h
	ジャンプテーブルの先頭アドレス(上位):40h
	リザーブ(常に0):0h

	と、それっぽい?のが出てきました。やっと1歩を踏み出した感じ。
	でも、先は長い、とほほ。

>2016年1月4日:ルービックキューブの本
	あけおめ、ことよろです。

	さて、年明けのお休みに、工房近くの古本屋に行ってきましたよ!!
	今回の目当ては、前から欲しいと思ってた、ルービックキューブを題材にした
	群論の本です。

	難しくて高いのと、易しくて安いのと、どっちにしようかと迷ってましたが、
	易しくて安い方にしました。買ったのは、

	日本評論社、「ルービック・キューブと数学パズル」、島内剛一

	です。読んでみると、これは、兄が中学の時に持ってたと思われる、
	島内剛一「ルービック・キューブ免許皆伝」+同著者による数学セミナーの記事
	の本であることが分かりました。

	当時、兄はこの本を熱心に読み、kalの目の前で、6面完成を何度も見せてくれました。
	「え、お兄ちゃん、どうしたの?何それ?スゴ過ぎる!!」と、めっちゃ感心して、

	「いつかkalもルービックキューブを自力で6面完成するぞ!!」と思ってましたが
	ついに、その時が来たようです!!(ホントか??

	*いやー、kal工房の近くの古本屋、大当たりだわ、「ムムム、この本は!!」というのが
	ピンポイントである!?信じられない!!

>2015年12月20日:数列の本
	kal高校のとき、数列のテストで「たまたま」いい点とったことがあります。
	
	*クラスでkalだけ?群数列の問題を、試験時間中に閃いて解けた。
	時間が十分にあれば、他のクラスメイトも解けたと思う。

	それ以来、「数列のkalだよ」みたいな感じで、数列の問題解きまくったんですが、
	あるとき先生が「数列には、7つのパターンがある、機会があったら話す、今はやらない」
	みたいな含みのあること言いやがった!!(で、結局話さず仕舞い

	その後、当時代ゼミの講師だった荻野暢也先生(知ってる人は知ってる?ちょー有名な先生)
	に、数列を含め、受験数学のいろはを教えてもらったので、「数列7つのパターン」は
	ずっと忘れてたというか、どうでもよくなってました。

	ところが数年前、「7つのパターンある」言った先生の書いた問題集を見つけてしまった!!
	数列のところをみると..基本的なこと7パターン+数学的帰納法しか載ってない!!
	(義理で本は買ってやりました、おいおい

	長年の謎が「スカ」だったので、非常に残念でしたよ、とほほ。しかし、今日工房近くの
	古本屋で「いい数列の本」見つけたので紹介しときます。(年明けまで待てず、行ってしまった)

	ギルドブックス、うっちィーの美しい「数列」、内田芳嗣

	荻野先生に教えてもらったことが、見やすく丁寧に書いてある感じ。受験生は要チェキラゥ!!だね!?

>2015年12月15日:サンプルプログラム改造&古本ゲット
	アスキー製のシリアルIFで、端末使うのに、BASICに戻って
	COMINI、COMTERMするのが面倒くさい!!

	かと言って、マニュアルにある簡易端末プログラム(DOS用、マシン語)
	を打ち込むのも面倒くさい!!

	プログラムは、一度打ち込めば後が楽なので、プログラム打ち込むことに。
	で、前回の大文字トラップですよ、とほほ。

	今回は、このプラグラムの改造です。このプログラム、ローカルエコーしません!!
	リターンキー打ってもLFしません!!

	というわけで、苦手なマシン語で機能追加。タコい失敗しながら
	機能追加したんですが、んん、BSを押すとプログラム終了???

	元のプログラムは、BSで終了しません(CTRL+STOPで終了)
	えーっと、BSは使わなければいいんだ!!(おいおい

	工房の近くの古本屋、数学関係でディープな本置いてあるので、たまにチェックします。
	今日は何となく、いい本がありそうな予感がしたので、寄ってみることに。

	ちなみに前回は、「共立出版、じっくり学ぶ曲線と曲面、中内伸光」をゲット。
	この本すんなり読める!!今、第1基本量、第2基本量のところ。この先もスラスラ
	行きそう。

	で、今回は..ない!?ハズレか残念と帰ろうとしたら、目に飛び込んできました。
	「東京大学出版、楕円関数論、梅村浩」ん、楕円関数?あんま興味ないんだけどな..
	
	でも、前回の微分幾何の本、興味なかったけどよかったので、とりあえず手にとって
	見てみることに。

	うーん、証明の式変形が細かい&解説付き、楕円関数の応用例が載ってる(5次方程式って、
	楕円関数で解けるそうです)、楕円関数の歴史が、ちょろちょろ載ってる..

	これは、著者の熱意が伝わってくると言うか、面白い!!値段が古本の割りに高かったので
	(3000円弱)大分迷いましたが、結局買うことに。

	家に帰って、アマゾンでチェックすると、大変な良書なのに絶版で、17500円!!(出ーたー
	さすがにこれは高すぎなので、他でもチェックすると、明倫館12000円、四方堂書店、在庫なし

	なんか、すごい良い買い物したみたい、今度は年明けにでも行ってみよう!!
	
>2015年12月13日:大文字
	アスキー製のシリアルIFで、拡張BIOSを使って初期化するときは、
	パラメータは、大文字でないとダメですよね!?

	そういえば、これマニュアルに書いてあった気が..

	*マニュアルは、よく読みましょう、とほほ

>2015年11月19日:新作ラッシュ
	師匠が新作を次から次へと出すみたい、スゲー!!

	kal的には、キーボードIFとか、GFX9000みたいなグラフィックIF
	とか欲しいな(おいおい

	今後の師匠の活躍に目が離せません!!!

>2015年11月10日:シリアルカートリッジ
	師匠がやってくれました、シリアルカートリッジも作ってくれましたよ!!
	しかも、Wi−FiorBluetooth付き!!

	ASCII製互換、もしくは、SUNRISE製互換なら、即使える!!
	そうでなくても、師匠のことだから、きっと使いやすいIFなんだと思う、たぶん(おいおい

>2015年10月25日:ASCII、MSX−SERIAL232
	これ、10年以上前に、中古でゲットしたんですが、受信はできるけど、送信はできない
	困ったさんです。原因は全く分からず、途方に暮れてたんですが、

	今日、もう他に手がなくて、とりあえず、中身を見てみることに..
	はい、何にも分かりません。もうダメだと思って元に戻すと..

	送信できるよ!!直ったよ!!何コレ!?

	*バラして組み直すと良くなるのは、他にも色々あると思うけど、まさか
	シリアルIFがそうだとは思わなんだ!!

>2015年10月24日:自作MEGA−SCSI
	師匠が、ちょーお手ごろ価格で、MEGA−SCSI販売してますが、自分で作るMEGA−SCSI
	も、ちょーオススメです。半田付けに、ちょろっと心得があれば、なんとかなると思います。

	つじかわさんのドキュメントや、れふてぃさんのドキュメントを参考にすれば、作れると思います。
	(特に、れふてぃさんのドキュメントは、かなり詳細にできてます)

	自作MEGA−SCSIを作ってみて感動したのは、正常動作したときの達成感と、元のゲームROM
	との重さの違いです。自作MEGA−SCSIは、ずっしり重くて、「オレMEGA−SCSI作ったぜ!!」
	感が味わえます!!

	自作MEGA−SCSIに一番必要なSPCは、師匠の通販で売ってますし、失敗しても、
	完成品を師匠が売ってるので、電子工作に興味のある方は、MEGA−SCSI自作にチャレンジしてみては
	どうでしょうか!!

	*ちなみにkalのドキュメントは、実作業には向いてません、雰囲気を味わう程度です(おいおい

>2015年10月23日:LANカートリッジ
	師匠がなんと、LANカートリッジ売るらしい。プロトコルスタック内蔵のIC使用で、
	ObsoNETより使い勝手よさそう。

	今から販売が、ちょー楽しみです!!

	*師匠、シリアルカートリッジも何とかなりませんか?(おいおい

>2015年10月21日:浜千鳥風の酒
	親が何十年前かにもらった、浜千鳥(沖縄、泡盛)。何年か前にちょろっと飲ましてもらったら、
	くぅーっときたあとに何とも言えない甘みが!!!これはうまい!!

	そのあと、同じ酒をゲットして飲んでみましたが、年数が経ってないせいか、イマイチでした。

	しかし、最近年代物の浜千鳥に近い酒を見つけました!!ニッカウィスキー、レアオールドスーパー
	です!!これをそのまま(ロックとかしない)飲むんですよ!!

	くぅーっときたあとの甘みが、年代物の浜千鳥とちょー似てる!!酒好きの方は、是非試してみて
	ください!!少量でも大満足ですぞ!!

>2015年10月21日:FDD換装2
	どうやら師匠もFDD代替で、悩んでる様子。
	そこで、デンセイシリウス製FDDエミュ、SCSI接続FDDエミュですよ。

	kalが体を張って試してるのに、デンセイシリウス製品の良さが、皆さんには
	伝わらないようです、残念!!

	まあ師匠なら自作で何とかなると思うんですが、自作できないなら、
	デンセイシリウス製品はオススメです。

	ちなみに、FDD代替、換装する場合、

	1.PC用FDDで置き換える
	2.FDDエミュで置き換える
	3.SCSI接続FDDエミュで置き換える

	の3つが候補になります。1.は一番安上がりです。READY信号なしのものでも、
	INUSE信号で代替できます。ただ、媒体は実FDなので、突然の媒体ロストはあり得ます。

	2.は、ちょっと値段が張りますが、媒体がメモリカード(CF、USBなど)なので
	PCとのデータ連携しやすいです。また外付けFDDのFDD部をエミュに置き換えれば、
	使い回しができるので、便利です。

	3.は、どうしても外付けFDDが入手できないとか、改造できないとか、いう人向け。
	デンセイシリウス製の場合、FDD切替の度にエラートラップ&ちょー高額という短所が
	ありますが、SCSI/IFをゲットするだけで使えます。

	*デンセイシリウス製品は、正直高額ですが、そこは、MSX愛?や男気?でカバー
	しましょう(おいおい

>2015年10月19日:FDD換装
	mosakuさんが、FDD換装でテンぱってるみたい。でもFDD換装ネタは十分
	巷に溢れかえってるじゃん!!

	とりあえず、にがさんや、et_levinさんのHP参照したり、ググってみるのがいいと思う。
	ターボRは、READY信号、DSKCHG信号の両方必要とのことなので、オススメは、
	サムソンSFD−321B/LECかな。

	FDDエミュや、SCSI接続FDDエミュでも、場合によっては使えるかも。

	それにしても、網元さん2をネット上に公開してるmosakuさんが、FDDでつまづくとは、
	人には、得手、不得手があるんですな。

	ちょろちょろっと、FDDいじくって、ちょろちょろっと、MSXに配線すればOKです。
	そんなに難しくないですよ!!	

>2015年10月19日:MAD版外付けFDD
	MAD前田さんが、外付けFDD(I/F)販売するかも!?
	ROM部をクリア(自作)できれば、の話なんですが。

	もし実現なら、オクで高値で外付けFDDゲットする必要なくなるかも!!
	ちょうどkal工房用に、外付けFDD欲しかったんですよ!!

	がんばれ、師匠!!(おいおい

	*これとは別に新規ハード?を出すらしい?kal的には、シリアルI/Fが
	うれしい。どうなるんだろ?

>2015年10月18日:MEGA−SCSI冊子&ジャンクWX?
	れふてぃさんが、伝説のMEGA−SCSI冊子を公開しているようです。

	kalがこの冊子の存在を知ったのは、もう10年以上前になると思います。
	(エビーラさんという方のHP、もしくは人づてで聞いたと思う)

	つじかわさんのドキュメントと比べて、どんな感じなのか見てみたく、
	WEBで探し回ったんですが結局見つかりませんでした、とほほ。

	どうやら大型版MEGA−SCSIの製作手順が書いてある「らしい」
	ぐらいしか分かりませんでしたが、やっと見ることができました!

	製作手順が、ちょー細かいとこまで記述してあって、初心者でも
	「俺MEGA−SCSI作れるかも!?」と思える内容だと思います、さすが!!

	気になる方は、今すぐ、れふてぃさんのHPへGO!!

	*長年謎だった10μFのコンデンサは、100μFじゃなくて、やっぱり10μFが正解だった
	ようです。しかも電解じゃなくて、タンタルだってよ、今までずっと電解だったよ、どうしよう!!

	kal工房のWX、スペースキーの効きが悪いので、GTのキーボードに換装したんですが、
	これもスペースキー効き悪い!!バラして内部清掃してみたけど効果なし!!

	ガマンして使おうと思ってたら、思い出しました。kalもう1台ジャンクWX持ってるじゃん!
	確かFDDとスロット2が×だけど、キーボードは使えそう。物置から引っ張り出してきて、
	動作確認すると..

	「正常動作!!」なーにー!!っFDDもスロットもキーボードもOKだよ!!
	MSXって仕舞い込むと直るんですか!?

	さて、kal工房のMSX環境どうしよう、うーん。

>2015年10月15日:FS−A1ST
	諸事情でFS−A1STゲットしました(物欲なのはヒミツ、おいおい)。
	いやぁ、STちゃん、すごいイイ!!

	kal的に、3倍速化のWXやGTよりも速い気がする!!WX改をkal工房のメイン機
	にするつもりでしたが、STちゃんをメイン機にしようと思う。

	kal工房メイン機:FS−A1ST(主にC言語で遊ぶ)
	kal工房サブ機1:FS−A1WX改(たまに電源入れる、おいおい)
	kal工房サブ機2:CX/128(音楽関連で遊ぶ?)
	kal工房サブ機3:FS−A1GT(とりあえず保存しておく、おいおい)

	やっぱ通は、STだよ!?(意味不

	*STは大学生のときに、バイト代でゲットしたんですが、福岡から実家に帰ってきた
	タイミングで売り払い、今回は、再ゲットになります。MSXは売り払っちゃダメですね、
	大事にしましょう!!
	
>2015年10月13日:網元さん2
	昨日、mosakuさんの網元さん2に、teratermで接続できました。
	レスポンスが遅い感じが、「MSXに接続してる!」感じでよかったです。

	これって、teratermじゃなくて、MSXからでも接続できそうかも。
	誰か試してみません?
	
>2015年10月9日:MAD版MEGA−SCSI
	師匠がついに、MEGA−SCSI販売してるよ!!しかもSRAM1MB
	バージョンなのに安い!!(14500円)

	これは自分で作れない人は絶対買いだね!!ちなみにストレージは、10年以上前から
	kal一押しのARTMIX製CF−SCSI変換器を使うのがいいと思います。
	(MEGA−SCSIでARTMIX製を使う場合、CFは等倍速の1GB以下を用意すること)

	しかし、世間ではどういう訳か、そのままではMEGA−SCSIに使えない
	変換番長が流行ってるようです、とほほ。
	(OKEIさんのパッチ(非公開?)が必要)

	まあ、とりあえず、このMEGA−SCSIは買いですな!

	*MSXハード野郎は、MEGA−SCSI自分で作るように(おいおい

>2015年10月8日:PC用FDD換装
	ずーぅっと延期中だった、A1WXのFDD換装作業。
	今日やっと、全てが揃って、作業完了しました、ほっ。

	使ったFDDは、サムソンのSFD−321B/LEC。
	この/LECは、ググったWEB記事と同じで、すんなり作業できました。
	(製造時期によって、/以降が違うらしい)

	あとは、3倍速化とLED色変え。自宅では、全く手付かずだったけど、
	工房なら、進みは遅くとも、確実に進む感じがする!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/wx-fdd.jpg

>2015年10月3日:kal工房での作業
	休みの日のたびに、自宅からブツを持ち込んで、ちょっとずつ環境作りしてます。
	メインのブツは本で、ここしばらくは、持ち込んだ本を工房で読んで、自宅に帰る
	のパターンです。

	作業もするんですが、いつも何かしら足りなくて、毎回とほほ状態です。
	今日は、デジカメの画像を取り込むためのUSBケーブル!!

	MSXでFDDエミュ2(SCSI接続タイプ)の追加記事用に、工房のMSX環境
	をデジカメで撮ったんですが、いざ画像をPCに取り込もうとしたら..

	「あっ、ケーブル持ってくるの忘れた、あっーーー!!」仕方なく現地でケーブル調達
	することに。

	でも何かデジカメ側のコネクタ形状が違う気が..うっ、やっぱり違うガーン!!
	もう、現地でのHP更新諦めてたら、

	内蔵ドライブの電源用に買った、外付け化キット(内蔵ドライブをUSB接続するやつ)
	のUSBケーブルが使えるかも!試してみると使えたよ!!

	*今回は成功したけど、現地作業は難しい。1つでも足りないと、即終了→延期ですよ、とほほ。

>2015年9月20日:変換番長のパッチ
	あのOKEIさんが、変換番長用のパッチを作ってるとのこと。
	これは、MEGA−SCSIでも動くかもしれない!!

	*ついでに、kalのスキルが上がるパッチも..無理か

>2015年9月4日:変換番長
	今日は2本立て。mosakuさんが、「変換番長」買っちゃってるよ!!
	kalや他のユーザが人柱になってるのに、もったいない!!

	MEGA−SCSIには、「ARTMIX製CF−SCSI変換器+低容量のCF」
	が、一番いいと思います。

	*低容量のCF:等倍速の1GB以下のCF

	kalは結局、レトロPCイベントの景品として、変換番長を寄贈しました。
	が、気のせいか、寄付、寄贈の類をすると、「いいこと」が返ってくる気がします。

	mosakuさんも、使いものにならなかったら、どこぞかに寄贈してみては!?(ムリか

>2015年9月4日:似非シリーズ
	師匠が、ついに似非シリーズに着手してるよ!!しかもクオリティーが高そう!!
	今後も、MSX用ハードをリリースしてくれそうで、ちょー楽しみ!!

	# 最終的には、「MSX式メイドさん初号機」とかになりそう(ないか

>2015年8月24日:クーラー病→夏かぜ
	先週、飼い犬用に、ずぅーっとクーラーつけっ放しにしてたら、のどが痛い!!
	これは「クーラー病」!?クーラー止めれば、痛みが引くので、ガマンしてたんですが、

	仕事で、ちょっと無理をした次の日、「こ、声が変!!」遂に風邪になってしまった
	ようです、とほほ。

	そして、今日までの間、鼻水、くしゃみ、熱、頭痛、せき、たん等、冬のかぜと
	全く同じ症状を、一通り体験させられました、ぐったり。

	今、やっと全ての症状が治まった感じ。おそるべし、クーラー病!!

>2015年8月13日:デンセイシリウスさん
	デンセイシリウスさんは、個人にも製品売ってくれますよ!!kalが特別という
	訳ではありません!!

	ただ、「いくらになっても絶対買う」が暗黙の条件だと思います。取引をして、
	購入実績があれば、本来なら個人向けではない商品も、個人に売ってくれると思います。

	また、高額商品のため、事前に動作確認が取れてからの取引になるので、
	購入意思のある方には、「貸出機」を送ってくれます。

	*デンセイシリウスさんと取引する=男気や、MSX愛が試される、
	ですね!?(おいおい

>2015年8月12日:kal工房、その2
	今日は、机、本棚が届いて、せっせと組み立て作業です。本棚の方、
	1パーツ、裏表を間違えて、色のついてない面が正面になってしまった、とほほ。

	*組み立て式家具は、現品限りの「出来てるやつ」買うのがいいかもしれません。

>2015年8月9日:kal工房
	今日賃貸契約してきて、今日から借りることになりました。貸事務所物件
	で、電気水道料込みの激安物件です!!

	今日は、中古ノートPC、扇風機を近場でゲットして搬入、その後帰りがけに
	家具屋で、机、いす、本棚、注文してきました。

	*いやぁ、環境作り楽しい!!

>2015年8月5日:ツイッターその2
	ツイッター使い方がイマイチ分からなくて、ツイッターの使い方の本を買ったんだけど、
	それでも使い方分からない!!くぅ、使いこなすには、もうしばらく時間が掛かりそう、
	とほほ。

>2015年8月3日:NASUさん
	今日は(も?)2本立て!!

	最近というか大分前から、NASUさん(横居さん)が、めっちゃネット
	で叩かれてますが、kalから見ると恩人だったりします。

	kalがASC2の似非RAMで悩んでる頃(10年以上前)、NASUさんの
	知り合いの方が(名前失念しました、申し訳ない)、NASUさんに取り合って、
	最後の「似非RAMディスク製作マニュアル」を、kalに送ってもらう手はずを
	整えてくれました。

	その後、ちゃんと似非RAMディスク製作マニュアルは、kalの元に届き、
	以後、これを食い入るように見て、似非RAM作りまくり→MEGA−SCSI化
	と、今までの人生で、至高の一時を得ることができました。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/teaka.jpg
	*手垢が付いてるマニュアル、いまだに参照します。

	良きにしろ、悪きにしろ、NASUさんは、アイデアが豊富なんだと思います。
	過去のことは水に流して、MSXの未来のため、お互い歩み寄りなんて
	できないんでしょうかね?

>2015年8月3日:ツイッター
	いやぁ、これ面白い!!今まで情報源は、BABOO!と2ちゃんとグーグル
	だったけど、ツイッター始めたら、色んな人の情報がポンポン入ってくるじゃん!!

	未だ使い方がイマイチ分からなくて、難儀してますが、その内に使いこなせたらな
	と思います。

>2015年8月2日:MakerFaireTokyo2015
	マルエーさんが東芝ブースで、FlashAirを使った
	デモをするとのことで、行ってみることにしました。

	先客がいたので、先にFlashAirを買おうとしたら..
	無料配布されてる同人誌が!!FlashAirを使った記事が
	たくさんあって、マルエーさんの記事も回路図付きでありました。

	kalこれだけで十二分です。FlashAirを買ってそのまま
	サヨナラしました(おいおい

	あとは、場内をチラ見程度に回ったんですが、いくつか興味のある
	ブースがありました。

	・タミヤ:昔作った工作キットが売ってる!!バギーのやつ衝動買い
	・日本ゴム銃射撃協会:いわゆるゴムでっぽうですが、スゴイかっこいい!!
	・ハードウェアとか研究所:ストUリュウをCOMではなくて、AIで動かします。
	全くスキがなく、kalのケンは何もできず、やられました、とほほ。
	・長谷川製作所:マイクロバイクというのを展示してました。あれは、人が乗るん
	でしょうか?
	・Suns&MoonLaboratory:自転車のスポーク部にLEDと
	制御基板付けて、字や絵を出します。

	もっと細かく回れば、面白いものがあったと思いますが、次の機会に
	取っておきたいと思います。

	# レトロエクスプレス3号で、マルエーさんから、このイベントのこと
	聞かなかったら、絶対行ってませんでした。レトロエクスプレス3号行って
	良かったです。

>2015年7月30日:日本会議
	ここ最近「日本会議」が話題になってますよね?
	与党、野党問わず、「戦前の日本に戻す」的な思想を掲げて、
	信者(議員)?を沢山擁してるようです。

	例えば反原発やら、安保法改憲反対言うなら、「反日本会議」
	いう方がいいような..

	そのぉ、大元を断つ的な案なんですが、個別に、いろいろ
	「反対」言ってる方は、「日本会議」は「見えない」んでしょうか?

	# kalが遊んで暮らせれば全然問題ないんですが、このまま行くと
	制限が強い日本になりそうで、ちょー怖いです!!

>2015年7月29日:kal工房物件探し、その4
	火災保険契約してきました。こういうのは、ネットよりも
	直接代理店に行った方が速いです。

	これで契約絡みは、一段落つきました。つぎは環境作り!!
	さて、どんな工房にしようかな。

	# 師匠(MAD前田さん)がイベント参加のため、東京にやってくるそうです。
	飲み会も開くとのこと。メイドさんを同伴すれば、泣いて喜ぶかも(おいおい

>2015年7月27日:ツイッター&kal工房物件探し、その3
	kalが寄贈した変換番長、どうなったか、レトロエクスプレスのHPでは、
	全く分からないので、ツイッターで問い合わせようと、やりたくもない
	ツイッターのアカウントを作ってみました。

	でも、これ使い方分かんない!!主催者に直メールじゃ、他の人に伝わんないし..

	次回は、出展者や見物人に、直交渉しようかな。「寄贈受け付けてます!!」
	って言っておきながら、結果が分かんないんじゃ、「次回も寄贈しよう」とか
	「オレも寄贈しよう」って方が出てきませんて!!

	# いや、プレゼント大会まで居ればいいんですが、kalは、そんな時間まで長居
	しません!!中途退出して、プレゼント大会の時間に再入室もしません!!
	色々忙しいんですよ!!

	次回は、デンセイシリウスさんのFDDエミュや、ARTMIX製の
	CF−SCSI変換器を、MSX以外の出展者に、直交渉しようかなと思います。
	いや、MSXマルエーの方に、プレゼント抽選券を寄贈しようとしたら、
	まんまと断られたので、とほほ。

	MSX好きは頑固ものが多いのかな、処分に困ってる人のことも考えてくれたらな
	と思います(おいおい

	あと、kal工房用の物件、保証会社の審査通ったよ!!火災保険さえ工面すれば
	念願の工房ゲットだぜ!!8月中に、工房にて、手付かずの作品を1つ作りたい!!

>2015年7月26日:kal工房物件探し、その2
	今日レトロエクスプレス3号のあと、物件見学してきました。
	いやー、すごいイイ!!これは作業にちょー集中できる素晴らしい環境だと
	思います。しかも格安!!

	この物件をゲットするのに、クリアするのは次の2点
	・保証会社の審査をクリアすること
	・事務所用物件なので、契約時までに、kalが火災保険の証書を用意すること

	保証会社の審査は、緊急連絡先のケータイに繋がればOKらしい(kalと親)
	問題は、火災保険!!今回のケースの場合、ネット問い合わせは出来ないっぽい。

	電話か、代理店訪問じゃないと無理っぽい。手順的には、保証会社の審査OK
	→火災保険の契約→不動産屋で賃貸契約なんだけど..

	賃貸契約日が8月2日(日)予定。あと1週間で証書ゲットできるのか?
	次の休みは7月29日(水)、うーん、ちょービミョウ!!

>2015年7月26日:レトロエクスプレス3号
	行ってきましたよ、変換番長をプレゼント大会用の景品として寄贈してきました。
	デンセイシリウスさんのFDDエミュ(旧型)も寄贈しようとしたんですが、
	次回以降に先送りしました。(もしかしたら使うかもしれないので)

	またMSXマルエーさんで、MSX−SEED8、9、10、12号をゲット
	しました。PoPiPu!を買ったときに、タダで貰った13号があるので、
	「11号」をどっかでゲットしたい!!

	# デンセイシリウスさんの製品を一番多く持ってる個人=kalかも。
	旧型FDDエミュ2台、新型産業用FDDエミュ1台、SCSI接続FDDエミュ1台
	いやぁ、コレクションって楽しい(おいおい

>2015年7月25日:SCSI接続FDDエミュその8
	納期が1日遅れるとのことで、今日届きました!!
	動作確認の結果、次のことが分かりました。

	・FDD起動は出来ない(残念!!
	・FD切替の直後、「NotReadyReadingDrive」のエラーがでる
	(Abort/RetryでRetryを選ぶと正常動作)
	・S−FORM2を使うと、以後アクセスできなくなる?
	・2HDフォーマット(1.44MB)でも使える

	メインストレージにできなく、ちょっとクセがありますが、何とかMSXで
	使えるので、外付けFDD3ドライブ構成などを試してみたいと思います。
	(フォーマットは、付属のPC用ツールで行えばOK)

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/fdd-emus.jpg

	*SCSI接続FDDエミュと(フツーの)FDDエミュです。この画は
	中々見れないかも!

>2015年7月13日:SCSI接続FDDエミュその7
	今日は見積もりと納期の案内のメールがありました。
	即OKの返信をしたので、問題が無ければ、23日発送→24日到着
	になりそうです、楽しみです。

	さて、貸出機で試せればよかったのですが、おそらく、2HDフォーマット
	にしても、フツーのSCSIストレージとして認識すると思われます。

	これは、LS−120で確認済みなので、間違いないと思います。
	要するに、MSXから見たらSCSIストレージなので、中身がHDD、
	2DD、2HD、スーパーディスクかどうかは、関係ないようです。

	まあ、失敗しても、2DDで動作確認できてるので、外付けFDD3ドライブ
	仕様は、確実に出来そうです。

	*ブツ到着まで、日にちがあるので、それまでに、kal工房用の物件を決めたいな
	と思います。格安のお得な物件が見つかりますように!!(うーん、難しい!!

>2015年7月12日:SCSI接続FDDエミュその6
	貸出機届いて、動作確認できたよ、やったぁ!!
	でも、ちょっとヒヤヒヤしました。経緯を書くと..

	1.MSXでの動作確認→INQは通るけど、ディスクアクセスでエラー

	2.Win機で動作確認→メディア(SD)によって、エラーメッセージが
	違う(メディアがフォーマットされてない、メディアをセットしてください)

	3.使ったSD(128MB、256MB)が悪い?と判断、4GBのSDで試す

	4.Win機で動作OK、MSXでも動作OK
	(ただしMSXでは、セレクタによるディスク切替直後のアクセスでAbort/
	Retryのエラー→Retryを選ぶと正常アクセスできる)

	1.の状況では、「やっぱりMSXではダメなのか、どうしよう、これ」と途方に
	暮れてましたが、何とか、不具合の原因を突き止めて、解決できました。
	
	*「MSXでダメなら、Win機で使う」を思い出したのが良かったです、ほっ

	さて、これで買える手はずになったので、どこに付けるか考えてるんですが、
	とりあえず、外付けFDD2ドライブ仕様のFS−A1に付けようと思います。

	すると、外付けFDD+外付けFDDエミュ+SCSI接続外付けFDDエミュの
	3ドライブ仕様になります(外付けドライブ3段重ね!!)

	もう、男のロマンですよね、MSX外付け環境作り4級から3級になれそう(イミフ

>2015年7月6日:SCSI接続FDDエミュその5
	貸出機を送ってもらって、動作確認が出来たら、売ってもらえる
	手はずになりました。

	kal的には、万が一MSXで使えなくても、DOS/V機で使えたら
	購入しようと思います。これ今買わないと、一生手に入らない気が
	何となくするし(おいおい

	LS−120(SCSI接続FDD)がMSXで使えたので、
	デンセイシリウスさんのSCSI接続FDDエミュレータもMSXで
	使えるとは思うんですが..どうなんだろ、到着が楽しみです。

>2015年7月2日:基板
	最近、だんまりだった?れふてぃさんが、すごいのアップしてくれました!!

	なんと、似非RAM、MEGA−SCSI、拡張スロット他の基板が
	アップしてあります!!

	これで、大分自作が楽になると思います。これから自作しようと思ってる
	そこのアナタ!!非常にお得ですよ!!(おいおい

	# kal的には、WAVE−SCSI用の基板を作って欲しい!!
	kalが得したいし(おいおい

>2015年6月22日:SCSI接続FDDエミュその4、kal工房物件探し
	まず、SCSI接続FDDエミュについて。デンセイシリウスさんからは、
	全く音沙汰なしです、きっと法人向けの注文がないのでしょう、悲しいです。
	どなたか、会社絡みで使えそうだと思ったら、問い合わせてやってください。

	*最悪、isaさんのSCSI接続FDDに、手持ちのデンセイシリウスさん製の
	FDDエミュを載せよう思ってますが、isaさんのSCSI接続FDDが、
	個人で買えるかどうかは、ビミョーです、とほほ。

	さて、休みの日に自宅にいると、ぐうたらしてしまって、全く趣味の
	活動してない状況がずぅーっと続いてます。そこで「kal工房(仮)」用の物件を、
	探してました。

	kalが目を付けたのが、「トランクルーム」です。格安で、電子工作用の机と椅子用
	のスペース(と電源)があれば十二分なので、「行ける!!」と思ったのですが、

	いざ問い合わせて見ると、「トランクルーム用の物件なので、作業場としては
	貸せません」だって、とほほ。

	まあ、「作業場としてもOKですよ」って物件を地味〜に探そうと思います。

	*不動産屋さんには、是非、「レンタル作業場」物件を開拓してもらいたいものです。
	今、ちょー流行ってますもんね!?(違うか

>2015年6月2日:SCSI接続FDDエミュその3
	デンセイシリウスさんから、ご連絡があって、
	個人向けに提供するには、社内会議に掛けないと、いけないとのこと。
	(法人向けの受注生産品のため、個人向けの在庫がない→価格設定に
	会議が必要とのこと)

	お金の方は、ATMから、ちょろちょろっと、振込み操作するだけなので、
	どうにか、通って欲しいです!!

	てか、今までの経験上、法人向けの製品を、kal(個人)が欲しい言った場合、
	ほとんどすべて、「個人には売れません」の門前払いだったので、

	デンセイシリウスさんのように、検討してくださるのは、本当にありがたいです。
	検討の結果、OKなら尚更ありがたいです(おいおい

	*SCSI接続FDDエミュレータについて
	半導体製造機に使われている特殊FDDの代替品ってのが、本来の、この商品の
	売りらしい。

	kal的には、協同インターナショナルさんと比較して、2DDが使える(→MSXでも
	使える)、1枚のSDに100枚分のFDDデータ収められる(SD1枚あれば、
	MSXには十二分)、この2点が使えるなと感じました。

	そして何より、外付けのFDDが、MSXのスロットを消費しなくて、使えるのが
	堪りません、絶対欲しい!!

>2015年5月29日:SCSI接続FDDエミュその2
	な、なんと、デンセイさん(現デンセイシリウスさん)で、
	SCSI接続FDDエミュを扱ってますよ!!

	協同インターナショナルさんで扱ってるのは、2HDのみ?ですが、
	デンセイさんのは、2DDもOKとのこと!

	これだ、これ!kal、ボーナスを待たずに、貯金使って
	これを買おう思います、さすが、デンセイさん!!

>2015年5月28日:SCSI接続FDDエミュ
	新たなるハードを見つけました。協同インターナショナルさんで扱ってる
	SCSI接続のFDDエミュ(媒体はCF)です。

	ぐぅー、欲しい!!おそらく、凄まじい値段だと思いますが、ボーナスで
	買えるかな?

	その前に、個人に売ってくれるかな?うーん

>2015年5月6日:スペアキーのスペアキー
	親、歳のせいか、よく物なくします。大概近場から出てくるのですが、
	今日は、シャッターの鍵が、どうしても出てきません。

	しょうがないので、スペアキーを作りに行ったんですが、
	
	「これはスペアキーですね、スペアキーのスペアキーの場合、
	開かない場合がありますよ」

	言われてしまった。どうやら、親、鍵を何度もなくしているらしく、マスターキー
	がもうないらしい。でも鍵がないと困るので、2つお願いしたら..
	うぉー、まんまと開きません!!

	よく見ると、横のサイズが1mmほど違う!!これじゃ絶対開かないじゃん!!
	kal、怪しまれて、わざと開かない鍵作られたっぽい、ヒドイ、ヒドすぎる!!

	鍵がないと困るので、別の店でお願いして、ようやく「開く」鍵をゲット
	できました。

	まとめ:スペアキーのスペアキーを作る場合
	・チェーン店には、持っていかない、また「スペアキーのスペアキーの場合
	開かない場合がある」言われてしまったら断る。
	・金物屋さんで頼む。何も言わず、あっさり開く鍵を作ってくれる

	チェーン店だと、防犯上の理由からか、わざと開かない鍵を作られるっぽい。
	どうしても、チェーン店で作る場合は、受付の人の目の前で、キーホルダー
	から該当の鍵を外して渡す&2個以上頼まず、1個だけにする。

	要するに、怪しまれないよう生活観を見せるのと、失敗した場合用に1個だけにする。

	# 困ってる人用にまとめたんですが、悪いことする人にも参考になるような、あちゃ

>2015年4月30日:RGB→コンポジット、S端子変換
	にがさんのHP更新がキーター!!これはあのMEGA−SDか!?
	と思って見てみたら..

	えっ、ISAビデオボードをブッタ切って、MSX用の外付けRGB→
	コンポジット、S端子変換器にすーるー??

	うわっ、ホントに変態だ!!(おいおい
	(回路図があるので、該当のISAビデオボードがなくても、1から作れる?)

	# そのうち、MSX本体基板をブッタ切って、PC用周辺機器にしそう(ないか

>2015年4月19日:マイコン・インフィニット☆PRO-68K
	5月4日秋葉原・ハロー貸会議室秋葉原IIにて、X68kメインの
	レトロPCイベントがあるそうです。

	MSX用に外付け変換番長買ってしまった人、ここで68ユーザに
	売却しましょう!!(おいおい

	外付け変換番長が約2万円、ARTMIX製の変換器が約1万円だから、
	例えば、1万円で交渉すれば、すんなり売れるかも。

	で、売ったらARTMIX製のものを買うんですよ!!
	kalは、ケース無し、ターミネータ無しで、5000円くらいで売却したい。

	でも、仕事なんだ、行けないんだ、とほほ。

	# ちなみに、ARTMIX製のものは、ヤフオクでも買えます。

>2015年4月15日:試運転さんのHP
	にがさんのBBSを見たら、試運転さんという方のカキコがありました。
	PC用FDDからREADY信号を取り出すネタがあるとのこと。

	早速試運転さんのHPを見てみると..うぉーFDDのコントローラチップから
	READY信号持って来てる!!

	なんだFD−IN信号で代用しなくてもOKじゃん。気になる方は、にがBBSへGO!!
	(おいおい

>2015年4月12日:本で床は抜けるのか
	本の雑誌社、西牟田靖さんの本です。本の整理についてのHowTo本というよりか、
	当事者(本がいっぱいになった人)への取材を通して、心境を述べた読み物って感じ。

	結局、本のまま残すものと、いわゆる自炊によってPDF化するものに分けて、
	スリム化してました。

	さて、kalも本がたくさんあります。概算で500〜冊くらい。鉄筋なので木造よりか
	は耐えるはずなんですが、ちょっとヤバイかも。

	kalは私設ライブラリを作りたいんだけど..ムリか

>2015年3月23日:発作
	kal、パグを飼ってるんですが、先週金曜夜に、突然目が飛び出て、目がぐるんぐるん
	回って、凄まじい心拍で、もがいてる!!!

	「これは、頭の血管が切れて、脳が膨れてるのか!?もうダメかも」と思ったけど、
	ダメもとで、すぐに近くの病院に、抱っこして連れて行きました。

	脳圧を下げる処置と麻酔で、症状は落ち着きましたが、「原因を特定するには、
	MRIを撮る必要がある」言われて、昨日MRIを撮る専門の施設に行って
	撮ってきました。

	そして、今日その結果を近くの病院に見てもらった結果、「中耳炎から来る脳の発作」
	とのことでした。また「次発作が起きた場合は、10分以内に処置しないと死ぬ」
	言われてしまいました。

	確かに今回は、10分以内に病院に連れて行って、注射打ってもらったと思います。
	「中耳炎なので、外から処置できないので、薬で治します」とのことでしたが、
	ちょー心配です!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/pet.jpg
	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/pet2.jpg

	昨日までは、麻酔の影響か、足に力がなくフラついてましたが、今日は元気に
	走り回ってます。なんとか発作で逝かないで、寿命をまっとうしてもらいたいです。

	てか、夜間緊急診療とMRIで、ターボRが2台買えるくらいのお金が飛んだので、
	もう発作は起きて欲しくないです(おいおい

	# MSXの方は、DRAM製作用に配線技術の向上を図ろうと、ChaNさんのHPを参考に
	UEW(ウレタン皮膜線)を使った「ワイヤリングペン」を自作した所で止まってます。
	(ChaNさんは、10年以上前につじかわさんから勧められて作った、GALライタの
	作者でした、感慨深いです)

	なんとか確実で正確な配線技術をマスターして、MSXハード工作に活かしたいです。
	また、師匠が夢のメイドさん..じゃなくて夢のマッパ32MBをやってくれました。
	さすが師匠!!なんとかお金の工面してゲットしたい!!それまで続いてくれ!!

>2015年3月1日:ストレージの複製
	MEGA−SCSIのストレージ(CF+、マイクロドライブ)が調子悪いので、
	CF+からCFに置き換えることにしました。

	ここで使うのが、「これdo台PRO」いわゆるHDDコピー機です。
	で、CF+と同じ容量のCFを使うつもりが、勘違いで違う容量になってしまった!!

	でも、コピーは普通にできました。ほっ。
	(CF+が340MBで、CFが1GB)

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/copy.jpg

	ストレージクラッシュに備え、クラッシュの予兆を感じたら、早めに複製しましょう。

	# 低容量のCF(もしくはSD)は、まだ手に入る今のうちに確保しておくといいかも。

>2015年2月26日:MFPマッパメモリ改その12
	師匠がやってくれました。DRAM4MBのマッパメモリ作ってくれましたよ!!
	(注、師匠というのは、kalが勝手に呼んでる、電子部品通販M.A.Dの前田さんです)

	kalは、ゲーム(遊戯王)しながら、ちまちまDRAMのお勉強してました。
	配線量、使用チップ減らす目的で、4ビットx256K(ZIPタイプ)DRAM
	+/CASbefore/RAS(CBR)リフレッシュにして、

	タイミングは、古典的な?CR遅延で、とりあえず回路は考えてみました。
	が、CR遅延じゃなくて、HC74で信号線とタイミング合わせる方がいいか
	思案中です(kalホントしょぼい

	Hiddenリフレッシュについても、何となく分かってきました。
	リードサイクル(チップによってはライトサイクルも可)中に、
	CBRリフレッシュするのが、本来のHiddenリフレッシュらしい。

	ところがS1985では、M1のリフレッシュサイクルに、「無理やり」Hidden
	リフレッシュ動作させてるらしい。(なんちゃってHiddenリフレッシュ!?)

	まあ、もっと勉強して、動くDRAMマッパメモリ作りたいです。

	# 上手くいかなくても、師匠からマッパメモリ+気になるアイテム買えるし(おいおい

>2015年2月12日:MFPマッパメモリ改その11
	MFPkalverを作ってみましたが、ダメダメでした。
	どうやら、背伸びし過ぎたようです。

	しばらくお休みして、リフレッシュして、WX弄りしたいと思います。

>2015年2月11日:MFPマッパメモリ改その10
	今日もDRAMのお勉強。「SRAMのkal」にとって、DRAMは
	苦痛です(おいおい

	標準的な使い方は、だいだい分かりました。

	・DRAMは、クロックに同期していない(非同期)
	・リフレッシュ、メモリアクセスのタイミングは、DRAMごとに違う
	・/RASをアクティブにすると、そのチップが選ばれる(/CS)
	・/RAS、/CASの順にアクティブにして、アドレスを入れる
	・リフレッシュとメモリアクセスでは、/RAS、/CASのタイミングが違う?
	・/RASオンリーリフレッシュ+アーリーライトが基本(らしい

	/RASオンリーリフレッシュ+アーリーライトのMFPkalverを作って
	みようと思います。(にがverは将来の楽しみに)

	これも上手く行かなかったら、SRAMを使ったkalまっぱにして、次の
	プロジェクト(WX復活プロジェクト)に移行しようと思います。

	# にがさん、ごめんなさい!!

>2015年2月10日:MFPマッパメモリ改その9
	にがさんから、更なる情報がありましたが、他に気になることがあるので、
	今日はDRAMのお勉強。気になる部分はライト信号。

	/WE:S1985が出す、DRAM用の信号
	/WR:Z80が出す、ライト信号

	kalの持ってる資料だと、HiddenRefreshモードの/WEは、
	S1985が出す/WE信号とは、また違う感じ..

	これに/SLTSLを組み合わせるには、どうすればいいか、あれこれ考えて
	ました。ここら辺は、MFPつじかわverが参照になる??

	また、M1サイクル以外(M2サイクル以降)のリフレッシュはどうなるんだろう
	とか、もっと、お勉強が必要かも、とほほ。
	
>2015年2月9日:MFPマッパメモリ改その8
	今日は、昨日から引き続きで、HC74のお勉強。今までイマイチ分からなかった
	HC74の動作が、やっと分かった感が!?

	早速、にがさんの回路図のHC74の動作を、1つずつ真理値表に書いて、
	それをM1サイクルタイミングチャートに反映させて、MPX、/CASh
	の波形(赤ペン)を描いてみました。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/cash.jpg

	うーん、確かにそれっぽい波形になってる!!さすが、にがさん、エロイ、
	じゃなくて、エゲツナイ、じゃなくて、スゴイ!!(おいおい

	さらに、今日にがさんから頂いた助言では、別のMSX機のS1985の/RAS、
	/CAS、MPXを引っ張り出せば、とりあえずの確認は出来るとのこと。

	うーん、現状いろいろ弄くって汚くなってるので、DRAM用信号を別機体から
	持ってきても、期待する結果は出ない気が..

	kalの配線がマズイ感が高いので、もう一度、一から配線し直す方がいいかも。
	ちょっと考えさせてください。

	# いろいろ勉強させてもらいました。にがバージョンを選んで正解だったと思います。
	何としてでも動かしたいです!!

>2015年2月8日:MFPマッパメモリ改その7
	主要部分?の配線は確認したつもりなので、今日は回路の動きを追うことに..

	でもkal、計測器と言ったらテスターしかないので、お手上げ状態です。
	そこで、「回路シミュレータ」なるものを使うことにしました。

	とりあえず、MPXと/CAShが、どんな波形になるか見てみたかったので、
	該当部分の回路を入力して、シミュレートしようとしたんですが..

	ソフトの使い方がイマイチで、上手くシミュレート出来ない!!
	なんとkalらしいショボイつまづき!!(おいおい

	ソフトはその内使えるようになるとして(ホントか
	再び、回路図とにがさんの解説をニラメッコ..

	そしたら、ちょっと気になる記述が!?

	「/CAShの立ち上がりのタイミングは、/MREQが立ち下がった後の
	クロックの『立ち上がり』に同期させた」

	S1985のM1サイクルのタイミングチャートを見ると「クロックの立ち下がり」
	のような..

	HC74の動作を完全に理解してないので、実回路がどっちなのかが分かりません。
	ホントにkalしょぼいです。

	しばらくHC74の動作のお勉強と、回路シミュレータの使い方のお勉強です、とほほ。

>2015年2月7日:アスキー増設RAM改、MFPマッパメモリ改その6
	れふてぃさんのHPで、アスキーの増設RAM(MEM−768)に、
	DOS2ROMが載せられる情報があって、

	居ても立っても居られず!?、即効でMEM−768ゲットして、
	DOS2ROM載せました。

	ちょー簡単な作業なので、もちろん成功です、何だろ、すごいウハウハ感です!!
	DOS2ROMは、2つあるアスキー製のRAM付MSX−DOS2(256KB)
	の1つから抜き取りました。

	抜き取った方は、SRAMとSPC載せて、MEGA−SCSI化できたらいいなと
	思ってます。

	さて、MFPマッパメモリ改ですが、配線確認だけして、あとは「にが解析」
	に回そうと思っていたら..

	「気が済むまで弄って、どうにもならない場合は送ってね」だって。
	やったぁ!!配線確認+回路解析してやるぞぅ(できるのか?

	# 回路を弄くってでも、動かしてやろ(おいおい

>2015年2月3日:MFPマッパメモリ改その5
	今日は作業3日目..できた、作業終了!!
	早速、GTに挿して起動画面見てみると..

	「512KB!!!」

	ダメだ、失敗だ!!多分kalが配線ミスってると思います、とほほ。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/mfp3.jpg

>2015年2月2日:FS−A1GT
	届きました。動きました(ほっ
	FDDが調子悪いですが、DOS2ROM用にゲットしたので、十二分です。

	WXとキーボードを交換しようと思ってましたが、大分色あせてるので、
	NGかも。(キートップを交換するのが面倒で、キーボードごと交換しようと..)

	# アスキーの増設RAM768が拡張スロット内蔵で、DOS2ROM用の
	空きパターンがあるだとっ!?これも落札してしまった!!GTのROM載せられるかな?
	
>2015年2月1日:MFPマッパメモリ改その4
	今日は作業2日目。昼前から始めて、夕方までやったけど、まだ出来ない!!
	次回で完成させたい!!

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/mfp2.jpg

	# 3倍速用にGTゲットしました、6万円!!WXを魔改造?するんだってばよ
	(おいおい

>2015年1月27日:MFPマッパメモリ改その3
	昨日まで、回路図を見て「うーん、うーん」唸ってましたが、今日から製作始めます。
	まず、DRAMの亀の子!!まさかの「やらない」ことに!?

	基板に良い感じのスペースがあったので、面倒ですが1つずつ半田付けすることに
	しました。

	とりあえず、基板にIC載せて、電源とパスコンを半田付けして、1つ目のDRAM
	を配線することに..

	うーん、こまい!!MEGA−SCSIのコネクタの配線してるみたい!!
	1つでもうグッタリです、とほほ。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/mfp1.jpg

>2015年1月27日:魔改造A1FX
	にがさんが近日公開すると言ってた「16MB版A1FX」ついに公開されました!!
	システムROM弄くったり、DRAM4段重ねx2とか、とにかくスゴイことに
	なってる!!

	# 4スロットの(外付け)拡張スロットを2つ使って、全部4MBのマッパメモリ
	挿せば、夢?の32MBに(おいおい

>2015年1月25日:伝説の三忍
	BABAXさんのBLOGに、たくさんコメントがあるのに気づき、
	何気なく見てみると..

	にがさん、れふてぃさん..OKEIさん!?

	うわっ、生きてた(違うか
	HPの更新が何年もなく、てっきり、そのぉ(おいおい

	# ヤフオクでMSXが安く買えるパッチを是非!!(ムリか
	じゃあ、○○で○○が○○のパッチを!!(よく分かんない

>2015年1月24日:MFPマッパメモリ改のまとめ
	kalのメモを見て、MFPマッパメモリ改とか、MFPつじかわverって何?
	って思った方のために、説明します。

	MFPにがver(MFPマッパメモリ改):MFPの基板を使って、
	GALを使わないで、隠れリフレッシュモードなるものを使って、2MB→4MBに
	拡張したもの、動作未検証。

	MFPつじかわver:つじかわさんが、昔ナツメネットで公開していた
	プロトタイプうっかりくん?の回路をMFPの基板上で再現したもの(GAL使わない、
	かつ、リフレッシュのタイミングにロジックICの信号遅延を利用)、動作検証済み

	kalは今、MFPにがverを作ろうとしてます。その後にMFPつじかわver
	にチャレンジ予定。

	どちらの回路図も、にがさんのコピーライトがあるので、kalは公開しちゃマズイと
	思います。

	作ってみたい!!って方がいましたら、にがさんに頼めば、多分くれると思います。
	ただ、どちらのマッパメモリも、DRAM5117400が必要なので、確保に
	ちょっと苦労するかも。

>2015年1月22日:自作SCSIケースその3、遊戯王TFSPその2
	えっと、ケース出来上がりました。こんな感じ..

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/henkan.jpg

	ホームセンターで買った端材(20円)にスペーサーでCF−SCSI変換器と
	SCSIコネクタを取り付け、更に、その上に、変換番長のアクリル板を
	無理やり付けてみました。ちょー簡単!!てか手抜きか。

	遊戯王TFSP、早速ダウンロードしました!!で、前作からデータを
	引き継げるんですが、各カード1枚までなので、マイデッキ構築のため、
	カード集めをしてました。

	さっき終わって、ちょろっとストーリーモードをやってますが、勝てない!!
	これは、デッキを作り直さなければ..

	# CX7(M)のキーボード、すごいイイ。ちょっと固めなのが、高級感が
	あっていいです。

>2015年1月21日:MFPマッパメモリ改その2、自作SCSIケースその2
	今日は、買出しに行って来ました。

	ロジックIC、パスコン、自作SCSIケース用ビス、スペーサーなど。
	そして、メインは、MFPつじかわver用のDRAM!!

	ここなら(新品の)DRAMあるかも、と思う店で、

	kal「このDRAMありますか?(メモ書き見せる)」
	店の人「うーん、それってどんなDRAM?」
	kal「4ビットx4M!!」
	店の人「うーん、4ビットx1Mしかないね」

	うわっ、ホントに新品DRAMあった!!思わず「それください!!」言いそうに
	なりましたが、グッと堪えました。(あぶないアブナイ

	新品で無いと、中古のSIMMから抜き取るんですが..中古のSIMM
	ってまだ売ってんの?ちょっと絶望的な感じがしましたが、

	ダメもとで、「ここならあるか?」の店に行くことに。そしたら店頭にジャンク
	メモリのカゴが!!なんと、SIMMもちょろっと入ってる!!

	ケータイで型番検索して、メモリタイプ調べると、4ビットx1M、残念!!
	SIMMもダメかと思って、最後の悪あがきで、カゴの下の方を調べてみると..

	「あ、まだSIMMあった、えーと型番は..5117400..えっ!?
	あ、あったー!!獲ったどー!!」

	税込108円で、5117400が16個も!!な、何このお宝感!!
	でも冷静に考えると、「オレこんなにマッパメモリ作んないじゃん、どうしよこれ」
	
	きっと、いつか何かの役に..立つのかな?

	# kalは、基本に忠実に、「足パチパチ法」で外そうと思います。カンタンだし(おいおい
	↓ゲットしたSIMMとケース?に組み込む前のCF−SCSI変換器

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/simm.jpg
	
>2015年1月18日:MFPマッパメモリ改&自作SCSIケース&遊戯王TFSP
	MFPマッパメモリ改、今日ロジックICなんぞを買いに行く予定が..
	夕方まで爆睡、次の休みまで持ち越しです、とほほ。

	変換番長にインスピレーションを受けて?、ARTMIXのCF−SCSI変換器用に、
	自作SCSIケースを作ろうと思います。さっき、近くのホームセンターで
	材料を物色してきました。多分、出来上がりは、「ケース」ではないと思います(おいおい

	待ちに待った遊戯王TFSPが1月22日、ダウンロード開始です!!
	kalのへなちょこデッキが、どこまで通用するか、楽しみ。

	# 手付かずのゲームが沢山ある!!(年末に買ったゲームも含む)もっと時間が欲しい!!
	
>2015年1月16日:ヤマハCX7M/128その6&変換番長(外付けタイプ)その3
	まず、RGB→コンポジット変換から。にがさんから、「元の回路の信号をカット
	しないと、信号レベルが低下して、まともに映らない」とご指摘頂きました。

	なので、ビデオ出力部を取っ払って、CXA1145を付けてみましたが..
	やっぱり何も映らない!!くぅ、ダメだ..とりあえず元に戻そう。

	ここで、やってしまいました。ビデオ出力部のコネクタをダメにしてしまった!!
	しょうがないので、本体基板からのケーブルを直付けです、とほほ。

	なんか「いじくれない体」になってしまったようなので、CXA1145を使った
	変換は、これにて終了します。RGB出力を外付けの変換器(XAV−2S)で
	コンポジットにして使います。

	次、変換番長の方。ARTMIX製のCF−SCSI変換器に、変換番長の透明なパネル
	を付けようと、あれこれ思案してました。今日、ARTMIX製のブツが届いたので、
	試してみると..ハイ付けられません!!

	変換番長よ永遠なれ!!(意味不

	# 残骸の画像を貼っておきます。

	http://2nd.geocities.jp/k9412101/tmp/etc.jpg
	
>2015年1月12日:ヤマハCX7M/128その5&変換番長(外付けタイプ)その2
	まず、CXA1145を使ったRGB→コンポジット変換。まんまと何にも
	映りません!!きっとkalがいつものように、いい加減にやったせいです、とほほ。

	まぁ、MFPマッパメモリ改に着手するまで、まだ時間があるので、いろいろ
	見直してみようと思います。

	で、変換番長の方、届いたので早速動作確認..これはダメなタイプだわ。
	残念ながらMEGA−SCSIでは無理のようです。MEGA−SCSI以外の
	SCSI−IFなら、もしかしたらうまく行くかも(アスキー製や海外製のもの)

	外っツラも、ちょっと特殊なようで、電源部を他に流用できない気が..
	てか、外部電源では起動しませんでした、とほほ。

	MEGA−SCSIで、SCSI−CF変換したい方は、やはりARTMIX製
	がいいと思います。

	# オブジェクトが1つ増えたと思えばいいか(おいおい

>2015年1月6日:変換番長(外付けタイプ)、MFPマッパメモリ改(4MB版)
	変換番長、一応注文&代金振込してみました。大きいファイルは扱えないらしいのですが、
	MEGA−SCSIのカーネルイメージ(128KB)や、FDイメージ(720KB)
	はどうなんだろ?

	kal的には、このサイズが扱えれば十二分なんだけど..もしダメなら、外っツラ
	(電源部とSCSIコネクタ部)だけ使って、中身はARTMIX製にします。

	てか、MEGA−SCSI自作用に、パッシブターミネータ(集合抵抗)欲しかった
	んですが、まんまと「欠品」です、とほほ。

	# 受注生産のため、届くまで15日くらいかかるそうです。その間に、CX7M/128
	を何とかせねば!!

	なんだ、また神様にがさんからメールが..今度はMFPの2MBマッパメモリを
	4MBにする改造を思いついたんで、作ってみませんか?だって。

	kalは今CXA1145の回路で頭いっぱいなんですよ!!てか、これは、そのぉ..
	にがさんの仕事のような..

	でも、わざわざキレイな回路図も送ってもらったので、チャレンジはしてみます!!

	# ちなみに回路図を見ても、理解できません、とほほ。「隠れリフレッシュモード」
	なるものを使って、2MB→4MBにするそうです。素直に「うっかりくん」じゃ..
	(ゲフンゲフン

>2015年1月3日:初詣
	初詣で、早速「自分の工房が持てますように」とお願いしてきました。

	そしたら、直後のおみくじで「分相応の望みを持ちなさい、日々徳を積み、
	自分の器を大きくすれば、望みも大きくなる」的なことを言われてしまった。
	ハチマンさま手厳しいですよ、とほほ。

	何処かにkalの望みをサクっと叶えてくれる、都合のいい神様?いないかな(こらこら

	さて、CX7M/128用にストレージを新調したく「変換番長」なるSCSI−CF
	変換器をゲットしようとしたら..もう売り切れ、予約受付中だったり、受注生産
	だったりで、今すぐゲットできない状況。

	まぁ、まずビデオ出力を直せよ、ってことかな。にがさんから教えてもらった
	BABAXさんのFS−A1WXの回路図から、必要な部分を切り取って、
	にらめっこ中です。あー難しい(ホントか!?

	# SCSI−CF変換器は、他にもいくつかあって、kalが昔から使ってるのは
	ARTMIX製のものです。ヤフオクなどでゲットできます。「変換番長」
	(外付けタイプ)は見た目がちょーカッコイイ!!です、欲しい!!

>2015年1月2日:あ
	「あけおめ、ことよろ」を略して「あおこよ」を更に略して「あ」
	にしてみました(おいおい

	昨年は、伝説の男れふてぃさんや、神様にがさんから、思いがけないメール頂いたり、
	師匠から「新品」の拡張スロット買ったり、ずぅーっと欲しかった外付けFDDゲットや、
	ヤマハの機体を買い直したりと、思いがけないMSXイヤーになりました。

	今年は、MSXをイジくる工房を、自宅以外に設置できたらな、と思ってます。
	kal工房(仮称)みたいな。

	休みの日に入り浸って1日中MSX三昧!!ゆくゆくは毎日MSX三昧!!(無理か

	また、他力本願ですが、MSXユーザのみなさん、kalがワクワクドキドキするような
	MSXネタを、HPなどで公開して頂けたらな、と思います!!

>2014年12月27日:クリスマスプレゼント?
	25日の夜、メールチェックしたら、件名なしのメールが1通ありました。
	差出人も全く心当たりなく、「いつもの迷惑メールだな」と思って、開かずに
	そのままポチっとなで削除しようとしたら..

	メールが凄まじいオーラを発してる!?思わず手が止まってしまいました。
	「なっ、何これ!?」ちょっと戸惑いながら、とりあえず中を見てから削除することに。

	「こんにちは、にがです!?」..誰だっけ、えっ..

	何が起きてるのか理解するのに、ちょっと時間がかかりましたが、どうやら
	あの「にがさん」が、今kalが悪戦苦闘してるCX7M/128がらみで、
	助け舟を出してくれたようです。いや、出してくれました。

	RGB信号からCXA1145というICを使って、コンポジットビデオ信号を
	生成すればOKとのこと。

	いやぁ、kalもそうだと思ってたんですよ(ウソ
	どうしていいか、全く分からない状況だったので、大変助かりました。

	年明け以降に時間を見つけて、パーツ収集&修理したいと思います!!

>2014年12月24日:ヤマハCX7M/128その4
	RGB→コンポジット変換器、今日届いたので、早速どうなるか確認してみました。

	そしたら、あっさりカラーで画面映りました。やはりRGB出力は生きてます!!(ほっ

	でも、変換器の性能限界か、もしくは、ディスプレイの性能特性のせいか、画面が
	スゴイちらつく!!これは、ちと使用するのはツライ!!

	そうなると、やっぱりコンポジット出力なんだけど..必要な信号線拾って
	自前で回路を新調するのか!?果たしてkalにそんなことできるのか!?(おいおい

>2014年12月23日:YE−DATA社のFDD
	にがさんのFDD換装の記事を読んでたら、ふとあることを思い出しました。

	「このYE−DATA社のFDD持ってるじゃん!!」

	そうだった、何年か前に「たんせい」で買ったよ、確か4000円だったかな。
	リビジョンCだったかな、当時リビジョンDのものを探してたんだけど、
	RYジャンパがあったので、「READY信号出せる!?」と思ってゲットしたよ!!

	引き出しの奥に、故障したMSXのFDDと一緒になってました、とほほ。
	しかも、ヤフオクで「たんせい」が2400円で出品してるよ!!(安くなってる!!)

	A1FのFDD換装で、わざわざパナのFDD入手する必要なかった、がーん

	で、これどうしよう、kalのMSX環境は、FDD回り大分堅いからな、もう壊れない
	かも(おいおい

	そっか、FDD壊れてるMSX本体もう1台買えばいいんだ!!(おいおいおい

	# ゴムベルトFDDの方は、これ買っとくといいかも。数に限りがあるので、お早めに。
	例えばヤフオクで、これを使ったMSX本体とか、変換基板とのセットとか、出てきそう。
	そしたら、このFDDあっという間になくなるじゃん!?

>2014年12月16日:ヤマハCX7M/128その3
	ビデオ出力部、電解コンデンサー全部変えたけど、ダメだった、くぅ〜

	どうやら、コンポジット出力絡み?の「LVA510」というICがダメみたい。
	大したことしてないのに、ICなんか使うなよ(おいおい

	ただ、RGB出力部周辺のコンデンサの頭やRGB出力のピンに、ビデオ端子を
	直接触れさせると、白黒の画像が出てくるので、

	RGB出力はOKっぽい。でもRGB出力を確認できるディスプレイがない!!
	RGB→コンポジット変換器を入手すれば、確認できるけど、年明けまで保留かな。

	# まあね、CX7/128の方が完動だからね、CX7M/128の方は..
	そのぉ..部品取りにでも!!(もったいないよー

>2014年12月15日:ヤマハCX7/128
	今修理している「CX7M/128」じゃなくて、これとは別にゲットした
	CX7/128の方です。

	今さっき届いたので、早速動作確認。動く動く、てか映る映る(涙
	しかも、ちょー美品!!完動かつ感動品です!!てか、新品!?

	いやぁ、金つぎ込んだ甲斐あったよ。これでCX7M/128の方、直んなくても
	いいや(おいおい

	そもそも、昔持ってた機体と同じかどうか確認したかったんだけど、もういいや(おいおい
	この機体に、CF ATA−IDEと外付けFDDエミュを付けて、「完全無音」環境を
	作って満足です!!

	# 無音環境にした上で、音を鳴らした方がいいのかな?(音を鳴らさないともったいない?
	一応、MIDI音源はあるんだけど..

>2014年12月14日:ヤマハCX7M/128その2
	今日は、コンデンサを入手して、交換作業をしました。

	結果は、電源部○ビデオ出力×。ビデオ出力部は、液漏れしてるコンデンサと、
	大きめのコンデンサのみ交換したんですが、やはり小さいコンデンサも交換しないと
	マズイかも。

	今度の休みに、またコンデンサ買ってきます、とほほ。

	ちなみに、中身はちゃんと生きてました。(DOSコマンドにストレージが反応する、
	かつ、ビデオ端子を直接基板(コンデンサの頭)につけると、白黒の画面が出て、DOS
	画面が見れる)

	音もちゃんと出るし..ヤマハ機は、映像が弱いのか、残念!!
	RF出力とアナログRGB出力も試したいんだけど、対応するテレビ(ブラウン管)
	捨てちゃったしなぁ..これらに対応する「新品の」ディスプレイってないよな..

	# ジャンクのCX7/128もゲットしてしまった!!そのぉ..CX7M/128が
	以前持ってた機体と、電源部基板と音源ユニットが微妙に違ってて、CX7/128なら
	どうかなと..まだ届いてないんだけど、2体のヤマハ機、どうすんだオレ(おいおい
				
>2014年12月10日:ヤマハCX7M/128その1
	福岡に住んでた時、「マンガ倉庫」という、東京で言えば、ブック+ハード+ハウス
	オフ的な店舗で、よくMSX関連の商品を入手してました。

	その時に入手したのが、CX7です。(もしかしたらYIS604の方かも、SFG−05
	が付いてました)見た目がカッコイイので、ガマンできずに買ったと思う、確か2万くらい
	したような..

	画面表示がおかしい(色が変)ので、とりあえず中を見てみたら..なんと!!
	「電源基板が割れてる!!」

	これが原因かどうかは、分からなかったんですが、東京に戻ってくるときに、
	業者に処分してもらいました。(SFG−05は抜き取って、ヤフオクに流したかな?)

	そして月日は流れて、最近ヤフオクで同機体を発見!!動作確認がとれてなくて、
	ちょっとヤバイ感があったんですが、またガマンできずに、無理して落札しました。

	今日ブツが届いたので、おそるオソル動作確認すると..

	はい起動しません!!まんまとやられました!!でもここでガックシするようなkalでは
	ありません。HBD−20WもFDD起動しませんでしたが、FDDエミュで復活
	させました!!(いばって言う程のことでもないか

	きっと「コンデンサだよ」ということで、ケースを開けて中を見てみると..
	はい液漏れです。電源部とビデオ回り?と思われるコンデンサが逝っちゃってます!!

	今度の休みにコンデンサ交換してみます。これで直らなかったら、今話題の?
	はにはにさんに修理頼むか、同じく話題?のオブジェにします(おいおい

>2014年12月7日:FS−A1FのFDD換装その2
	今日は配線作業、1時間くらいで完了しました。動作確認もあっさりOKで、
	作業終了です!!

	READY信号が出せるタイプのFDDはイイわ、ジャンク屋まわって、
	このパナのFDD探そうかな。

	そういえば、スリムタイプのFDDは、READY信号出てるらしいので、
	今度機会があったら、スリムタイプのFDD試そうかな。

	# 換装にあたり、et_levinさんのHPを参照しました。貴重な情報、
	どうもありがとうございました。

>2014年12月5日:FS−A1FのFDD換装その1
	HBD−F1の入手を待つように逝ってしまったA1FのFDD。外付けFDDも
	外付けFDDエミュもあるので、もう本体FDDは要らないかなと思っていたら、
	ちょっと困ったことが..

	MSX同士(A1とA1F)でデータやり取りするのに、外付けFDD(エミュ)
	を付け替えるのが面倒くさい!!

	使いまわしができるのが外付けの利点なんですが、IFカートリッジ、電源を外して
	FDD本体を抜き出し、目当てのMSXに取り付け直すのって、スゴイ手間が..

	やっぱメディアを抜き差しするタイプの方が簡単です!!そこで、PC用のFDD
	に換装することに。

	使うFDDは、パナのJU−256A216P。READY信号の出せるタイプです。
	今日は、PC用FDDの動作確認、取り付けスペースの確保まで作業しました。

	# 今度の休みに、配線して無事終了!?かな?

>2014年11月22日:さんすろっと電源不具合修正キット
	FS−A1でDOS2と外付けFDD一緒に使うには、どうしても拡張スロットが
	必要なので、重い腰を上げて、やっと「さんすろっとの修正」をすることに。

	マニュアル通りやって、無事作業終了。動作もOKでした。めでたしメデタシ!?

	このキット必要な部品が全部入ってて、至れり尽くせりです。ただマニュアルが
	白黒だと、ちょっとキツイかも。kalはカラーで見れるPDFを参照しました。

	あと、端子台のマイナスネジ回すのに、「小さいマイナスドライバー」が必要です。
	手持ちになくて、精密ドライバーで代用しました。要注意です。

	で、HBD−F1入手と、さんすろっと修正に伴い、「kalのMSX」を修正しました。
	FS−A1の外付けFDD2ドライブ仕様は、かなりインパクトありです!!

>2014年11月19日:HBD−F1
	MSX用の外付けFDDです。ここ数年ヤフオクで、ずっと競り負けてたけど、
	ついに先日競り落とすことができました。(予算の倍以上です、とほほ

	このFDDを実物で見たのは20年ぶりくらいかも。確かアキバの今ブックオフ
	があるところにあった電気店で、展示されてるのを見た以来かも。

	ものスゴイ欲しくてガン見してたけど、お値段が..(確か3万超えてたような
	いつかお金貯めて買おうと思ってたら、あっという間にMSXが衰退して消えてしまった!

	あれから20年、やっとゲットした!!HBD−20Wでは動かなかった
	「新ベストナインプロ野球」も無事動き、大変満足。

	FDD部はダイレクトドライブ方式だそうで、長く使えそう。故障しても
	これ用に別途FDDエミュゲットしてあるので安心。

	これから外付けFDDゲットするつもりの方は、「HBD−F1」の一択ですね(おいおい

	# データ保存メインなら、HBD−20Wで十分です。またFDD部をFDDエミュに
	換装すれば、メディア劣化、入手難から解放されます。

>2014年11月14日:ゲーム
	最近、ゲームにハマって、MSX、ハンディターミナル、数学のお勉強、
	全く手付かずです、とほほ。

	クロヒョウ(PSP)、フロンティアゲート(PSP)、ファンタジーライフ(3DS)
	と、どっぷり浸かってます。

	また、ポケモン、FF、妖怪ウォッチを予約してて、今年と来年の初めまで、
	ゲーム三昧かも(おいおい

>2014年10月16日:にがさんが、
	またスゴイことを..今度はA1Mk2をMSX2+仕様?にしたいらしい。
	スゴすぎて、もうワケワカメです(おいおい

	ちなみにkal的には、MSX2+をMSX2仕様に「ダウングレード」するのが
	楽しいかなと(ダメか

>2014年10月10日:儀我美一教授
	最近読んでる、非線形の偏微分方程式の本の著者。この本面白い。
	(共立出版、非線形偏微分方程式)

	大学で意味もよく分からず勉強した、微積、線形代数、関数解析。
	これらの使いどころが、分かりやすく書かれてる感じ。

	この先生、kalの卒研参考書の著者で、学生のときは、この参考書
	全く面白くなく、卒業後売り払ってしまった。

	今読むとどうだろうと、また買うことに。絶版で古書のみ、かつ、
	定価より高い!!とほほ。

	で、買って読んでみると、面白い?いやそれよりも、言わんとすることが
	学生のときよりも、よく分かる!!

	結局、面白くない=分かんない、ってだけでした、情けない。

	# 儀我美一教授は、何年か前に紫綬褒章を受章した、大変すごい先生です。

>2014年9月29日:数学さきがけ
	甥っ子が通ってる高校の数学副読本。これヤバイよ、ヤバイよ(おいおい

	高校のみならず、大学数学の内容まで載ってて、しかも分かりやすく説明してる!!
	kalの持ってる、高校、大学参考書の10数冊の内容が、凝縮されてる感じ。

	kalが高校生のときは、学校にこんな本なかったよ、いいな。

	やっぱ、どの高校に入るかは、重要だね。kalは、家族と同じ高校に、よく考えもせず
	決めたけど、勉学の面で見れば、失敗だったかも、とほほ。

	# kalは、高校で遊びを覚えて、その遊びが、今のkalのHPネタに繋がってるので、
	結果的には、よかったのかな?(いいのか、それで

>2014年9月8日:ハンディターミナル3その2
	ちょっと放置してたら、もう3ヶ月以上経ってる、ヤバイ。

	確か、すごろくを作ろうと、あーだこーだしてたような..

	新しいネタ本から、いいの見つけたので、すごろく止めて、
	またネタ本からの移植にします。

	翔泳社「C言語によるオブジェクト指向プログラミング入門」坂井弘亮著

	これの「オニゴッコゲーム」を移植しようと思います。

>2014年9月8日:さんすろっと不具合修正
	師匠から、まさかのメールが..

	自作MEGA−SCSIで、SRAMの内容が消える件で、再現、原因解明
	できて、現在対応中とのこと。

	電源部の立ち上がり動作で、/SLTSL?と/WRが同時にアクティブになるのが、
	マズイそうです。

	てか、「製品版では異常ないし、またkalの勘違いかな」と思って..その..
	放置してましたっ!!(汗

>2014年8月31日:大御所復帰!?
	なんと、あの「にがさん」が、MSXに復帰!?あの可哀そうなFS−A1FXを
	最強スペックに改造してます。

	やはり、本物は中身が濃い。kalの薄っぺらいネタとは大違いです(おいおい
	てか、読んでも理解できない!!(おいおいおい

	気になる方は「にが」でLet’sググれっ!!

	# もしかして、れふてぃさんが、にがさんのMSX魂に火を点けたんですか?
	さすが伝説の男!!

>2014年8月22日:アマゾンで裏技!?その2
	アマゾンが「うちはちゃんと請求してるから、カード会社が悪いんじゃないの?」
	っていうから、デビットカードを扱ってる銀行の方に問い合わせてみました。

	「後日請求になる場合がある、詳しくは電話でしか話せない」だってさ。
	これって、電話で詳しい状況を聞かないと、対応できないってこと?

	つまり、アマゾンは「請求してる」言ってるのに、銀行の方は、「そんなの知らない!?」

	デビットカードだから、請求直後に引き落としのはずなのに、もう3日経っても
	引き落としされずに、商品は既に届いてるし。

	これって、やっぱ「裏技」!?アマゾンで、タダで商品仕入れて、売りサバけば、
	食って行ける!?

	kal、悪いこと考えちゃうから、アマゾンには早く代金引き落としてもらいたい。

	# 今日発売の予約商品は、代金引き落とし→発送になってる。あの注文方法が
	「裏技」なのかな?再現してみようかな、ドキドキ

>2014年8月21日:アマゾンで裏技!?
	最近は、ずぅーっと妖怪ウォッチ2です。あー面白い!!

	ところで、アマゾンで裏技発見したかも!?タダで商品ゲットしまくり!?
	てか、同じような状況の注文は、必ずあると思うので、既に
	「アマゾン無料ゲッター」なる輩が、秘密裏に多数いるのか!?

	アマゾンさん、本腰入れて調査しないと、あとで後悔するよ(おいおい

	# タダで届いた商品の支払いどうしよう。アマゾンに問い合わせても、
	いつもの「トンチンカン」な回答で、そんなの知らないよ、言ってくるし..
	とりあえず、貰っとけばいいのかな、いやーマズイだろ、どうすんだよ、アマゾン!!

>2014年7月24日:拡張スロット、妖怪ウォッチ2その3
	師匠の拡張スロット、電源入れる順番間違えると、ちょっとヤバイみたい。
	本体の設定が変わってしまった。(画面色、画面幅)

	外部電源を持つタイプの拡張スロットはコワイ。

	妖怪ウォッチ2、ラスボス倒せた、ふぅー。今はクリア後のイベントを
	やりこみ。あと通信対戦おもろい。初めはどうかなと思ったけど、
	これはイイかも。

>2014年7月21日:拡張スロット、妖怪ウォッチ2その2
	師匠の拡張スロット、自作MEGA−SCSIと相性悪いみたい。
	立ち上がらない(SRAM消える?)現象が..

	でも大丈夫、MEGA−SCSIの復旧は完璧!!気を取り直して
	拡張スロットから本体スロットにMEGA−SCSI移す。

	また立ち上がらない..でも大丈夫。こんなときのために、
	製品版MEGA−SCSI。

	やっとうまく行った。さすが製品版!!てか、kalが作りまくった
	自作版は、全部ダメなのか、とほほ。

	妖怪ウォッチ2、ラスボスが倒せない。サクサク進むので、
	ラスボスも楽勝かと思ったら、すごくエゲツないよ、ヒドイ

>2014年7月13日:拡張スロット、妖怪ウォッチ2
	おととい師匠から拡張スロット届いた。師匠は基板もケースもソフトも作れて、
	販売もしてる!!スゴすぎ。

	kalは、拡張スロットにマッパメモリ、外付けFDDエミュ、シリアルI/F挿して大満足。
	さて、師匠からどの技盗もうか..いや盗めるのか!?

	妖怪ウォッチ2の方は、やり込まないと何とも言えない。敢えて言うなら、ダンボール戦記
	っぽいのかな?(所謂お子様向けゲーム

	# 拡張スロット入手に伴い、ドキュメントの「kalのMSX」を更新しました。
	拡張スロットまだ持ってない方は、手に入るうちにゲットすることをススメます。

>2014日7月8日:師匠
	師匠を見つけました。kalより、ほんのちょっと年上ですが、腕がスゴイいい!!
	とりあえず、師匠のマネをして、1つでも多く技を盗みたい。

>2014年7月8日:百舌シリーズ
	ちょっと前、TBSでやってたドラマ。ちょー面白いので、原作本を読むことに。
	1作目から4作目まで、一気に読みました。これはオススメ!!

>2014年6月22日:妖怪ウォッチ2
	最近ちょー流行ってる?そうで。どんなもんか3DSソフトを予約することに。
	ところが、アマゾンでは、転売ヤーの出品ばかり(定価より2000円くらい高い)

	アマゾン自身が販売してるのだと、定価より数百円安いので、これを狙うことに。
	ところが、これ、あっという間に売り切れる!!1週間くらい、何度かシクじって
	ようやく予約しました。

	でもこれ面白いのかな?つまんなかったら、どうしよう..売るか(おいおい

>2014年6月11日:マセマ出版社の参考書
	数学の参考書です。小・高・大(大学は物理もある)と出してるようです。
	先日書店で「偏微分方程式」を見て、大感動!!→即購入

	で、今日は「複素関数」を買ってきました。これもまたいい。細々したところまで
	キチっと解説してあって、すごく分かりやすい!!
	(大学数学の内容を、高校数学の参考書レベルに落とし込んでる感じ。スラスラ分かる)

	kalが学生のときに、この本があったら、もっと楽しかったのにな..
	というわけで、このメモを見ている学生の方、マセマ出版社の参考書をチェキラゥ!!
	(って、学生の方いないか

>2014年5月28日:ハンディターミナル3その1
	次なるゲームは、オリジナルで「すごろく」を作ってみようと思います。
	とりあえず、今は「あーでもない、こーでもない」と仕様を考えてます。

	まあシクっても、ゲットしたネタ本(数冊)から、また何か移植しようと
	思います、ハイ(おいおい

>2014年5月19日:ハンディターミナル2その4
	ダメだ、直し切れない..リバーシの移植は終了にします。
	
	「ハンディターミナルでC言語」にリバーシの画像追加しておきました。
	(カーソルの位置が予想外の動きをするんです、なんでだよ〜)

	さて、次は何つくろうかな。とりあえず新しいネタ本をゲットしないと(おいおい

>2014年5月18日:VDP換装
	V9938→V9958です。いつかやってみたいな思ってたら、
	れふてぃさんのHPに情報がアップされてた。

	しかもちょー簡単?先日買ったFS−A1改を更に改造してみようかな。
	気になる方は、れふてぃさんのHPをチェキラゥ!!(おいおい

	http://www7b.biglobe.ne.jp/~leftyserve/

>2014年5月14日:ハンディターミナル2その3
	とりあえず移植して動く状態まで来た。だけど挙動がおかしい所が
	ちょろちょろある。これはまだ時間がかかりそう。

	でもリバーシって、すぐ飽きる(おいおい

>2014年5月9日:MSX2本体+RAM付きMSX−DOS2
	衝動買いです。本体もMSX−DOS2も持ってるのに..

	本体(パナFS−A1)は改造品で、リセットスイッチと
	CAPS・かなロックLEDが追加されてました。スロット、キーボード
	特に問題なし。(FS−A1は内部メモリがマッパーでない感じ)

	RAM付きMSX−DOS2の方も特に問題なしで動作OK。
	でもこれ2つあってもな、どうして買ったんだ?(おいおい

	そして、今回一番試してみたかった、「外付けFDD(エミュ)でゲーム
	(ベストプレー)が起動するか」のチェック。

	結果はNGでした。本体にFDDがあるかないかは関係ない?外付けFDD
	(HBD−20W)が悪い?

	うーん、HBD−F1ならベストプレー起動するか、FS−A1MK2は
	内部メモリがマッパーになってるか、うーん、また買うのか

	# ベストプレー起動しないけど、外付けFDDエミュは使える!!
	これでゲームもできれば、言うこと無しなんだけど。
	
>2014年5月5日:ハンディターミナル2その2
	画面のレイアウトを決める。元プログラムがちょっとクセ?があって
	移植が捗らない。もうちょっとシンプルに書こうよ(おいおい

>2014年5月1日:基板
	れふてぃさんのHPのリンクより、MSX用の基板を売ってるHPを発見!!
	kal、何年も手付かずの修正版WAVE−SCSIの製作をほったらかして、
	RAM付きMEGA−SCSI作りたいんですよ!!(おいおい

	伝説効果により!?、モチベーションが1レベル上がりました(少なっ

>2014年5月1日:伝説の男
	なんと、あの「れふてぃ」さんからリンク許可のお願いが!!
	kalのページにいちいち許可なんか必要ないんですよ(おいおい

	れふてぃさんのHP教えてもらったので、(勝手に)貼っておきます。
	http://www7b.biglobe.ne.jp/~leftyserve/

	伝説の作品が画像と説明文つきで見れます、生きててよかった(おいおい

>2014年4月27日:動画撮影
	初めは、ハンディタイプのビデオカメラを買おうと思ってたんですが、
	数分の映像なら、デジカメで十二分だと分かったので、デジカメを買うことに。

	YouTube用にMP4で直接保存できるタイプを探して、買ったのは、
	CanonSX600HS(ブラック)32GBのSDカードと三脚も買って、
	撮影準備OK。で、撮影してみたんですが..

	つまんない!!これは、テキストを追加するなどの編集を加えないとダメだわ。
	面倒なので、ポシャちゃいます(おいおい

	*ボツ動画をここにアップロードしようとしたら、5MB以上はアップロードできない
	言われてしまった。本当にボツです、とほほ。

>2014年4月20日:ハンディターミナル2その1
	リバーシの移植を始める。画面出力回りで、かなりDHT−215用の
	修正をくわえなければ..しばらく元プログラムとにらめっこです。

>2014年4月19日:新しいメモ?
	ちょー手抜きなメモ作った。ただのテキスト垂れ流しVer.(ダメ?