TOP>>novel>>Index

笹葉の小鬼

『笹葉の山には鬼がいるとよ
 銀色の髪に 赤い目だとよ
 月夜の晩に人食らうとよ』

無邪気に聞こえる、わらべ歌。


戦乱の世のあるよき日、
平和な笹葉の村で
不吉なわらべ歌は現実になってしまう。


そして、村はずれで
白痴の美女と暮らす、孤独な運命の子、銀。


彼に誰にもいえぬ秘密を隠し、
ひっそりと平和に暮らしていた。


だが、しかし。 ある日突然平和はうちやぶられた。
銀の友人であり、姉とも家族とも思う
村娘、佐和が猟奇事件の被害者になってしまう。


流れる佐和の血が、銀の怒りをよびさます……。

1996年度作品





2009年12月15日 橘 明(タチバナ メイ)


↓小説入り口↓
#1 笹葉の小鬼 1 2 3 4 5 6

TOP