・パキスタンの言語

ウルドゥー語(国語)、英語(公用語)、パンジャーブ語、シンディー語など。現行の1973年憲法251条はパキスタンの国語をウルドゥー語としており、1988年までに英語に代えてウルドゥー語を公用語化することになっていたが、2004年現在も実現にいたっていない。同時にウルドゥー語が公用語化されるまでは英語を公用語とする旨規定している。憲法を始めとする全ての法令や、公文書は英語で書かれている。政府の公式ウェブサイトは英語でだけ書かれている。全ての高等教育機関が英語を教授言語としている。ただ、ほとんどの初等中等教育はウルドゥー語で行われているため、英語を自由に操るパキスタン国民はあまり多くない。母語を異にするもの同士が会話する時は、ウルドゥー語を用いることが多い。ウルドゥー語を母語にするパキスタン人は全人口の一割以下である。

 

トップページへ戻る

 

パキスタンの国内政治 パキスタンの外交政策 パキスタンの主要都市 パキスタンの経済
パキスタンの人口 パキスタンの言語 パキスタンの文化 トップページへ戻る

 

(c)パキスタン旅行