宮城立教会野球部 miyaritu baseball club

 

 

 

2009年チーム成績  2勝3敗2分
 
 
選手 1 對馬 0.666 9 6 3 2 2 0 0 0
2 高橋 0.518 27 14 10 0 1 0 3 1
3 鈴木 0.400 20 8 6 5 0 2 2 1
4 小野塚 0.263 19 5 5 3 2 0 1 3
5 見田 0.235 17 4 3 2 1 1 0 0
6 足立 0.222 18 4 1 0 2 0 0 1
6 和中 0.222 18 4 2 4 0 0 1 0
8 進藤 0.208 24 5 4 1 4 0 3 2
9 平野 0.200 5 1 0 2 3 0 3 0
10 鎌田 0.142 7 1 0 4 1 0 2 0
11 蛯名 0.000 5 0 0 3 0 0 0 0
11 安室 0.000 4 0 0 4 2 0 0 0
11 小倉 0.000 1 0 0 1 0 0 0 0
    チーム 0.299 174 52 34 31 18 3 15 8
                       
助っ人 1 関山 1.000 5 5 2 0 0 0 3 0
1 浅野 1.000 2 2 1 0 1 0 0 0
3 塚田 0.666 3 2 1 0 0 0 0 0
4 ゆうや 0.250 8 2 0 1 0 0 1 2
5 やすし 0.166 6 1 0 1 2 0 0 0
6 桜田 0.000 3 0 0 0 0 0 0 0
6 斎藤 0.000 3 0 2 0 2 0 0 0
6 会田 0.000 3 0 0 0 1 0 0 0
6 岩崎 0.000 3 0 0 3 1 0 0 0
6 大内 0.000 2 0 0 1 0 0 0 0
      0300 213 64 40 38 25 3 19 10

 

 

 

最終戦!東北ゴールデンイーグルス(11/24)

 

「猛打で立教が圧勝!4番高橋5安打3打点!

岩崎一夫会長選手デビュー!リリーフ見田、進藤も好投!」

 

 

 

スコアボードDATE 2008/11/24(祝) 評定河原 9回戦

 

  1 2 3 4 5 6 7

8

9

東北ゴールデンイーグルス 2 1 1 0 0 0 3

0

1

8
宮城立教会野球部 2 10 0 1 2 1 0

0

0

16

投手  つしま〜せきやま〜見田〜進藤

捕手  足立〜高橋

盗塁  せきやま3、高橋3,進藤2

打点  つしま1,進藤2、鈴木3、高橋3,小野塚2、和中1、関山2

 

立教の今期最終戦は昔高校野球の予選にも使用されていた評定河原球場で行われた。

相手チームは楽天と間違うユニフォームだが楽天野球団とは全く関係のない東北ゴールデンイーグルスであった。

立教の先発は東京6大学野球大会の慶応戦で好投したつしま、ただ今日のつしまは12時30分試合開始にもかかわらず13時10分までしかいられないと言う・・・初回、先発つしまはいきなり2点をとられるも冷静に後続を抑えた。

裏の立教の攻撃は四球でつしまが出塁、続く進藤がレフトにクリーンヒット、3番鈴木の犠牲フライでまず1点を上げた。続く4番の高橋も目の覚めるライナーの2ベースヒットを放ち同点となった。続く2回つしまは1失点で抑えその裏の攻撃で立教打線は爆発した!

足立、和中、せきやま(助っ人)、つしまが4連打、進藤四球の後鈴木、高橋、小野塚と連続ヒット!結局この回は10得点と試合を決めた。つしまが帰った後から1番に入ったのはなんと宮城立教会会長岩崎一夫、その後ライトフライで転倒をしながらもケガなく最終回まで出場した。

リリーフピッチャーも今日は安定、助っ人せきやま君、見田、進藤と継投し16対8で圧勝した

 

打撃成績 1回 2回   3回 4回 5回

6回

7回

8回

9回
1 對馬 1 1 1 0 1 0 0 0 四球 左安         

 

 

 

 
  岩崎 3 0 0 3 1 0 0 0     四球   三振

三振

 

三振

 

 
2 中・遊・投 進藤 5 3 2 0 1 0 2 0 左安  四球 左安   三ゴ  

右安

三ゴ

 

 
3 鈴木 5 1 3 1 0 1 0 0  左犠  右2 三振   二飛  

一ゴ

 

遊飛

 
4 一・遊・捕 高橋 6 5 3 0 0 0 3 0 左2  左安   遊ゴ  

三安

右安

 

左安

 
5 小野塚 6 1 2 0 0 0 0 1 捕飛  左安   遊飛  

三失

三振

 

一邪飛

 
6 左・一・投・一 見田 6 0 0 1 0 1 0 0 左飛  三振   二飛  

三失

三直

 

左飛

 
7 捕・遊 足立 4 2 0 0 1 0 0 0   左安 四球    三直

投ゴ

 

二安

 

 
8 右・中 和中 5 2 1 0 0 0 0 0    投安 遊ゴ   中安

三ゴ

 

三ゴ

 

 
9 遊・投・中 関山 5 5 2 0 0 0 3 0    遊安 左安   右2

右安

 

投安

 

 

 

 

 

早稲田にも引分け 大会2回戦(10/26)

 

 

スコアボードDATE 2008/10/26(日) 富谷厚生年金グランド

 

  1 2 3 4 5
宮城立教会野球部 2 0 3 0 0 5
仙台稲門会野球同好会 1 0 0 4 0 5

投手(鈴木)〜(捕手)足立

打点(小野塚1、鈴木1、高橋1、つしま1、足立1)

 

いつも大差で破れている早稲田戦だが今日の立教は違った。1回表、トップバッターの進藤が三失で出塁、続く小野塚の左安、鈴木の左犠飛で初回2点を上げた。立教は3回にも小野塚、鈴木、高橋、つしま、見田、足立の6連打で3点を上げ3回の時点で5対1と早稲田をリードした。しかし4回好投していた鈴木が4失点と同点になってしまった。

時間の関係で最終回となった5回の表の立教は高橋が四球で出塁するも盗塁死、気合いのつしまもフルスイングの三振・・・・無得点に終わったここで立教の勝ちがなくなった5回裏の守備、2アウトでスコアリングポジションにランナーを置き早稲田のバッターのあたりはショートへ・・・つしまが慎重にさばきアウト!良く持ちこたえ奇跡の引き分け試合となった。

この試合もサードの守備に入った小野塚をはじめ堅実な守備が光りしまった試合であった。

 

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回
1 進藤 3 1 0 0 0 0 0 0 三安 三ゴ    二ゴ   
2 小野塚 3 2 1 1 0 0 0 0 左安   右安 三振   
3 鈴木 2 1 1 0 0 1 0 0 左犠   左2  遊飛  
4 高橋 3 1 1 0 1 0 0 0  右飛   中安   四球 
5 對馬 3 2 1 1 0 0 0 0 三安   左安    三振
6 見田 3 1 0 0 0 0 0 0 遊ゴ    投安     一邪飛
7 足立 2 1 1 0 0 0 0 0   投ゴ 中安     
8 和中 2 0 0 1 0 0 0 0   投ゴ 三振     
# 鎌田 2 1 0 1 0 0 1 0   中安  三振    
# 平野 2 1 0 0 1 0 0 0    遊安   四球   

 

 

 

 

慶応に引分け!大会一回戦(10/26)

 

 

 

スコアボードDATE 2008/10/26(祝) 富谷厚生年金グランド

 

  1 2 3 4 5 6 7
仙台三田会野球部 1 0 0 0 0 1 1 3
宮城立教会野球部 2 0 1 0 0 0 0 3

投手(鈴木)〜捕手(足立)

 打点(小野塚1、鈴木1、つしま1)盗塁(進藤1、小野塚1,鈴木1、平野2)

 

この試合の先発は予定の鈴木ではなく急遽つしまとなった。グランドに向かっていた安室さんが交通事故を起こしたまたま居合わせた鈴木は交通事故の現場検証の関係で試合開始のAM8:30の数分前に到着するという波乱のスタートとなった。

初回つしまは1点の失点に抑え裏の立教の攻撃はトップの進藤から。進藤は四球を選び盗塁、続く小野塚の三失で同点となった。続く3番鈴木は渋く左安し立教は2対1と逆転した。投手のつしまはコントロール良く変化球をおりまぜて2回、3回を無失点に抑えた。3回裏の立教は2アウトから小野塚が左安で出塁、続く鈴木もまたまた渋い左安を打ちチャンスを広げた。その後4番高橋の三失とつしまの左安で1点を追加した。4回、5回は両チーム無得点となり3対1で6回を迎えた。

好投を続けたつしまは6,7回にそれぞれ1失点、3対3の同点で最終回裏の攻撃となった。

7回の裏は先頭打者の和中が三安で出塁するも代走蝦名がけん制で刺され1アウト、続く鎌田は三振で2アウトとなった。しかしここで平野死球、そして2盗を決め一打逆転のチャンスとなって進藤の打席となった。逆転サヨナラ勝ちの場面で進藤は三飛・・・引き分けとなった。つしまの好投、小野塚、見田の好守、捕手足立、サード鈴木、ファースト鎌田の堅実な守備おまけに平野も右飛をキャッチとしまった試合であった。

 

 

 

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
1 進藤 3 0 0 1 1 0 1 0 四球   三振   投ゴ 三飛
2 小野塚 3 1 1 0 1 0 1 1 三失   左安   補飛    
3 鈴木 3 2 1 0 0 0 1 1 左安   左安     一失  
4 高橋 3 1 0 0 0 0 0 1  遊   三失     中安  
5 對馬 3 1 1 1 0 0 0 0 三振   左安     遊飛  
6 見田 3 0 0 1 0 0 0 0 補飛      三振    
7 足立 3 0 0 0 0 0 0 0   三ゴ   三飛   三ゴ  
8 和中 3 1 0 2 0 0 0 0   投ゴ   三振     三安
# 鎌田 2 0 0 1 1 0 1 0    補飛      四球   三振
# 平野 2 0 0 1 1 0 2 0     三振   三ゴ   死球

 

 

立教3連敗!八木山スピリタス戦(9/23)

 

スコアボードDATE 2008/09/23(祝) 秋保馬場 7回戦
  1 2 3 4 5 6 7
八木山スピリタス 5 0 0 0 1 1 0 7
宮城立教会野球部 0 3 0 0 2 0 0 6

投手 鈴木(健)〜桜田 捕手 足立

打点 小野塚(1)塚田(1)高橋 (2) 浅野(1)盗塁なし

 

今日の小倉セントポール(宮城立教会野球部)は中軸選手のつしまのドタキャンもあり助っ人3人の力を借りたチーム編成となった。1回の表先発の鈴木(健)はいきなりつかまりクリーンヒットを打たれまくり5失点となった。

2回になり立ち直った鈴木(健)は無失点に抑え、迎えた2回の裏先頭打者は今年のオールドルーキー足立、サードゴロエラーで出塁した次の打者は今年打撃不振の和中、やや詰まった打球はセンターへのヒットかと思われたが、センター進藤が猛ダッシュ好捕しワンアウトとなった。実は八木山スピリタスの人数が足りなく立教の進藤がセンターの守備に入っていたのだ。ベースボールプレーヤーあるいは1人の人間としては素晴らしいが社会人としてはいかがなものかと疑問を感じさせるプレーだった。この後は助っ人塚田君(東北大学相撲部)がレフト前ヒットでチャンスを広げるも助っ人桜田がサードゴロ併殺打で得点をすることができなかった。

3回の鈴木(健)はこの回も無失点に抑え、迎えた3回裏助っ人桜田がレフトへのあわやホームランという強烈な2塁打で出塁、トップに戻り進藤が四球で出塁しバッターは2番の小野塚となる。ここで小野塚はレフト前にタイムリーヒットを放ち立教の初得点となった。3番鈴木(健)がセカンドフライで倒れるも4番高橋がセンターにタイムリーヒットを放ちこの回の立教は3得点となった。

4回は八木山、立教とも無得点、5回表も鈴木が無失点に抑えた。

6回表からは投手を助っ人桜田(明治大学OB)に交代、6回表が終了して7対3と立教が4点ビハインドで迎えた6回裏、先頭打者の足立がスタンディングトリプル(3塁打)で出塁、その後塚田、浅野のロングヒットでこの回立教は2得点7対5で最終回を迎えた。7回の裏小野塚がサードゴロエラーで出塁逆転サヨナラ勝ちに夢をつないだが後続の鈴木(健)、高橋、足立のクリーンナップが凡打となりゲームセットとなった。

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
1 進藤 3 0 0 0 1 0 0 1 三失   四球 二ゴ   左飛  
2 二  小野塚 4 1 1 0 1 0 0 1 遊飛   左安   遊ゴ   三失
3 投・三 鈴木 4 1 0 0 0 0 0 0 右安   補飛   二ゴ   三飛
4 一・遊 高橋 4 1 2 0 0 0 0 0 補併   中安   投飛   遊ゴ
5 DH 足立 4 1 0 0 0 0 0 1   三失 三ゴ     中3 三ゴ
6 和中 3 0 0 0 0 0 0 0   中飛 二ゴ     一飛  
7 塚田 3 2 1 0 0 0 0 0   左安   遊ゴ   左2  
8 遊・投 桜田 3 0 0 0 0 0 0 0   三併   右飛   遊ゴ  
9 浅野 2 2 1 0 1 0 0 0     左2   四球 中2  
      30 8 5 0 2 0 0 3              

 

 

初勝利!紺青クラブ戦(8/9)

 

スコアボードDATE 2008/08/9(日) 長袋 7回戦
  1 2 3 4 5 6 7
紺青クラブ  2 2 2 0 1 0 0 7
宮城立教会野球部 0 1 2 0 2 2 8

投手 進藤〜見田、ゆうや 捕手 ゆうや、やすし

 

8月、とにかく暑かった!和中専属記者不在によりスコアのみ残るばかりであるが、この日はとにかくみんな暑い中頑張った!前年結成した明治大学校友会の野球チームとの対戦。相手投手はここでスパイ活動をしており、この日なぜか大リーグのどこかのチームのユニホームを着て登場したKEN鈴木投手。独特のゆるーい球に立教打線は翻弄されつつも、絶好調高橋・見田のクリンナップは三安打の大活躍。投げては初先発進藤が3回まで2点ずつ献上し降板。その後見田、中学生2人の継投ではずかしくもぴしゃりと抑えた。この日試合終了後、新田の市民球場へ移動。明治・立教の「混成クラブ」で河北新報システム局と対戦。めためたに負けた。だが、とても楽しかった。(代理記者・進藤)

 

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
1 斎藤 3 0 2 0 2 0 0 0 二飛 遊ゴ   四球 投ゴ   四球
2 遊  やすし 4 1 0 0 1 0 0 0 二ゴ   中安 遊ゴ   四球 三ゴ
3 ゆうや 5 1 0 0 0 0 0 2 左安   遊失 三ゴ   遊失 投ゴ
4 高橋 5 3 2 0 0 0 0 0 三ゴ   一ゴ   中安 左安 左安
5 見田 3 3 3 0 1 0 0 0   四球 右安1   右安 右安  
6 進藤 3 0 1 0 1 0 0 0   四球 二ゴ   三ゴ 三ゴ  
7 安室 3 0 0 3 1 0 0 0   四球   三振 三振 三振  
8 会田 3 0 0 0 1 0 0 0   三ゴ   振逃 四球 三ゴ  

 

 

立教2連敗!ブルーウイングス戦(7/20)

 

スコアボードDATE 2008/07/20(日) 秋保馬場 7回戦
  1 2 3 4 5 6 7
宮城立教会野球部 1 0 2 0 0 2 0 5
ブルーウイングス 0 2 0 0 0 4 × 6

 投手(鈴木、ゆうや君、高橋、對馬〜足立)  

盗塁(ゆうや君1) 打点(進藤1 鈴木・高橋2)

 

今シーズン2試合目、立教は1回トップバッターで今日は曇りだからサードを守りたいと言ってわがままが通った進藤、2ストライクに追い込まれた後うまくバットコントロールし結果として好走塁でレフトへの2ベースヒットで出塁チャンスメイクをした。続くバッターは今シーズン初打席の立教のジータつしま、鮮やかにレフト前のヒットを放ちノーアウトで今日は3番に繰り上がった鈴木の打席となった。結果はセカンドゴロとなったが進藤がホームを踏み先制点となった。なおもチャンスは続くが後続の高橋、和中が倒れ1点止まりとなった。

先発の鈴木は制球が良く結果3イニング2失点、自責点はゼロだった。3回が終わって3対2で立教がリード、4回からは鈴木さんのお知り合いの助っ人中学3年生ゆうや君が登板きれの良いストレートとスライダーで4回、5回無失点に抑えた。

6回表の立教は先頭打者のつしまのレフト前、鈴木のライトへの3塁打でまず1点。今日4番の高橋もレフトへ2塁打を打ち2点を追加5対3と2点差となった。

6回からは前回の試合で才能の片鱗を見せた高橋がリリーフするも制球が定まらずイニング途中でつしまに急遽マウンドを譲った。つしまは丁寧な投球をするもランナーがたまった場面で長打を打たれこの回立教は4失点、1点ビハインドで最終回を迎えた。

最終回は蝦名が三振で倒れたあと助っ人中学生ゆうや君がレフトへ2塁打、一打同点のチャンスとなった。続くバッターは同じく助っ人中学生やすし君。しかしながら三振、2アウトでトップバッターの進藤となった・・・・結果はサード前のボテボテのゴロ、全力疾走そして転倒もどき根性スライディングをするもアウト!ゲームセットとなった。相手投手は結局完投、早いストレートとスライダー中心のコンビネーションで要所を押さえた。キャッチャー足立は5回のショートライナーなど良いあたりが出るもノーヒット、ダンディ鎌田は相手投手の早いストレート対して2三振となった。

(球団専属記者:わなPさん)

 

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
1 三・中 進藤 4 1 1 0 0 0 0 1 左2   投失   投ゴ 三ゴ
2 遊・投 對馬 2 2 0 0 1 0 0 0 左安   四球     左安  
3 投・三 鈴木 3 2 2 2 0 0 0 0 二ゴ   右安     右3  
4 二・投・二 高橋 3 1 2 0 0 0 0 0  投ゴ   二ゴ     左2  
5 DH 和中 3 0 0 1 0 0 0 0 三振   投ゴ     二ゴ  
6 足立 3 0 0 0 0 0 0 0   三飛   遊ゴ   遊直  
7 鎌田 3 0 0 2 0 0 0 0   三振   三振   投ゴ  
8 蛯名 3 0 0 2 0 0 0 0   三振   三振     投ゴ
# 中・一・右 ゆうや 3 1 0 1 0 0 1 0     三振   遊直   左2
# 右・二・遊 やすし 2 0 0 1 1 0 0 0     四球   三ゴ   三振

 

 

開幕!ブラックエンジェルスに惜敗!(7/12)

 

 

 

 

 

スコアボードDATE 2008/07/12(土) 秋保長袋 7回戦
  1 2 3 4 5 6 7
宮城立教会野球部 0 2 0 0 0 0 0 2
ブラックエンジェルス 0 0 2 0 2 2   6

 投手(見田、鈴木、高橋〜足立)  盗塁(和中1、平野1、鈴木1) 打点(和中1)

 

 地震中止など今期の試合がなかった宮城立教会野球部の2008年初試合は黒星スタートとなった。この試合の小倉監督のテーマは「各選手の適性・能力を見極める!」ということでスタメン捕手はオールドルーキー足立(49)、昨年加入のNHK高橋も投手として鈴木の後の3番手投手として登板した。

  ユーテリティプレヤーの能力を証明した足立、身体能力と運動センスの良さを発揮した高橋、難しい打球を不思議に処理したりする新人平野、ファーストの守備でワンバンド早急を軽快にさばいた見田右打ちだったはずなのに左打ちに変えていた蝦名など新しい面が見えた試合だった。しかしながら前日に「朝が弱いから明日は1番でなくて4番でサードがいいと」わけのわからないことを言っていた進藤の夢だけはかなわなかった・・・。

 1回は両チーム得点なしで試合が動いたのは2回、鈴木、高橋のクリーンヒットなどでスコアリングポジションとなった場面でバッターは和中、2ストライクに追い込まれた後つまりながらもライト前に運び立教が先制した。その後相手のミスでさらに1点が入ったがゲストのテニスプレヤー大内がセカンドフライに倒れこの回は2点止まりとなった。先発の見田は先頭バッターにカーブで死球と言うパターンを繰り返すも我慢強い投球で4回を2失点に抑えた。5回からは昨年本大会の慶応戦で完封勝利をした鈴木が登板、今日は暑さのせいか調子が悪く6回途中で降板となった。鈴木は実は足をつっていたという・・・踏ん張りがきかない投球はつらいところだ。6回にはファーストの見田も疲労から足をつり守備はファースト安室、ショート平野と緊急体制となった。ブラックエンジェルスの3番手投手はコントロールも良く早いストレートと切れの良いスライダーのコンビネーションで立教打線を封じ込めた。5回以降7回までの3イニングは3者凡退の繰り返しで3イニングで6三振であった。三振がとても少ない好打者監督小倉を6回、変化球で三振、7回にも好打者小野塚、4番鈴木をいずれも高めのストレートで三振をとるなど立教打線は苦戦した。終わってみれば立教打線は4安打、8三振であった。(球団専属記者:わなPさん)

 

打撃成績 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回
1 進藤 3 0 0 0 0 0 0 0 三ゴ   三直     三ゴ  
2 足立 2 0 0 0 1 0 0 0 三ゴ   四球     左邪飛  
3 小野塚 3 0 0 2 0 0 0 0 三ゴ   三振       三振
4 鈴木 3 1 0 2 0 0 1 0   右安 三振       三振
5 高橋 3 2 0 0 0 0 0 0   左安   右安     三ゴ
6 見田 2 0 0 0 0 0 0 0   三ゴ   遊ゴ      
7 和中 2 1 1 0 0 0 1 0   右安   投飛      
8 蛯名 2 0 0 1 0 0 0 0   補飛   三振      
 9 平野 1 0 0 1 1 0 1 0   四球     三振    
10 DH 大内 2 0 0 1 0 0 0 0   二飛     三振    
11  DH 安室 1 0 0 1 1 0 0 0     死球   三振    
  DH 小倉 1 0 0 1 0 0 0 0           三振  

 

ソフトボール大会中止に 

ボーリング大会で総合2位!

 

 

当初5月24日は東京六大学校友会ソフトボール大会の予定でしたが、雨のため中止に。代わりに、15:00からサンシャインボウルにてボーリング大会が行われました。急な変更にもかかわらず、立教からは岩崎会長ほか小倉監督、和中さん、和中さんの娘さん1号・2号、木下さん、高橋さん、進藤、新人平野くんらが参加。結果は総合2位!新人平野君が個人で準優勝するなど活躍を見せました。その後の懇親会には横山事務局長、菊地先輩ご夫妻が参加、野球とは違った盛り上がりを見せ、来年もボーリングをしようという声が上がっております。その後、安室さんほか新人含む4名が居酒屋へ流れ・・・進藤は例のごとく記憶喪失になりました。

2008.5.27

 

5月4日、長袋で2回目の練習

 

 当初試合の予定でしたが、対戦相手がみつからず断念。通常の練習にいたしました。会場には昨年入部した小野塚・片桐亮選手のほか、高橋選手も参加。名捕手小倉監督の「補欠」オーディションも。片桐・高橋亮選手は捕手経験があることが判明し、大いに期待が持てそうです。進藤はバッティング練習の際、密かに練習してきたサイドスローを披露。相変わらず制球が定まらないという欠点をいかに克服かが鍵になりそうです。7

2008.5.9

 

2008年シーズン始動! 

4月12日秋保長袋で初練習

 

 4月12日(日)、秋保長袋グラウンドにて初練習を行いました。参加は小倉監督以下、和中、對馬、蝦名、進藤の5名。蝦名選手ははこの練習のためだけに東京からかけつけました。

 軽くキャッチボールをした後、守備ノック、バッティング練習などを行ったほか、5月のソフトボール大会に向けた極秘特訓をしました。

23:37

2008.4.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップ

試合結果

番外編

問合わせ

リンク

部員紹介

2009年

活動/試合

2008年

2007年

2006年

掲示板

沿革

野球大会

宮城立教会

 

 

 

 

 

 

チーム成績2勝3敗2分

打率ランキング
名前 打率
1 對馬 0.666 9 6
2 高橋 0.518 14 10
3 鈴木 0.400 20 8
盗塁ランキング
名前      
1 高橋 3    
1 進藤 3    
1 鈴木 3    
打点ランキング
名前      
1 高橋 10    
2 鈴木 6    
2 小野塚 5    

 

1