論点が移り変わる ハーグ条約 DV冤罪

 

ハーグ条約に対して話題が続いているが、気になるのは当然DV防止法だ。

どこのニュースを見ても「DVが」と言っている。

つうか、いつDVの事実認定がされたんだろう?少なくともアメリカ政府はDVはなかったと言っている。

きちっと調査してね。

まず事実確認が先決だろう。「本当にDVがあったかどうか」

 

まさに今それを確かめるべき時である。

そもそもDVが本当にあったのかどうか謎なのである。何故なら日本のDV法は自称被害者の証言

だけで勝手に夫をDV認定でき、さらに子どもを誘拐できる、世界のDV防止法とは中身がまるで違うものだから

その辺りをきっちり明らかにする必要がある。

 

まあ、強制的に明らかに「される」だろうが。現在において、子どもを誘拐された父親ははっきり名乗り出て

闘っているのだから、誘拐犯の日本女性も名乗り出てDVがあったかどうか調査すべきである。

まさか何の証拠もなしに言ってるわけあるまい。きっと日本のDV団体の連中はきちっとアメリカにいって

その父親たちを調査してるはずだわなw、他国のDV防止法ならそうしてる。

 

ハーグ条約自体、そもそもDVを例外規定としているのだから、それをまず堂々名乗りでて、国家間で争うべきだ。

まあ、「離婚したあと他国で仕事もなく暮らすのはとても大変」とかわけのわからない、意味不明な発言をしている

連中が大量にいる以上、間違いなくDVでなくただ、日本に帰りたかっただけだろうが。

 

「離婚したあと他国で仕事もなく暮らすのはとても大変」なんてのは何一つ子どもを誘拐していい言い訳になんかならない。

いったい勝手にその国にきて結婚した女に子どもを見ず知らずの国に連れ去られる父親の人権はどうなるのか?

残念だけど日本と違って他国には女性の人権と同等に男性(父親)の人権もあるので。

 

実際じゃあ日本で結婚したフランス人の男性が、離婚して、日本の意味不明な母親有利裁判で、母親に単独に親権が

いったとよう。それで、離婚したフランス人男性が日本で暮らすのは異国だし心細いから母国のフランスへ子どもを連れて帰る

とかいって帰ったら、日本の女やフェミは「かわいそうだからしょうがないよ。」とか言って子どもを渡してあげんのか?

ちなみに手段は誘拐ね。(日本女性の手段の王道)。

 

そんなのは許されないというのなら、それを防ぐのがハーグ条約なわけだ。

じゃあこれからは日本の在日外国人の父親は、日本の裁判の親権判決を無視してとっとと自分の国へ子どもを連れて帰るべきだな。

他国で暮らすのは大変だからしょうがないよね。ちなみに日本の母親は二度と自分の子どもに会えなくなるけど我慢してね。

ちなみにフランスでは(というか日本以外の先進国の)DV法は男女双方のDVを認めているので、フランス人男性が、

フランスで何の証拠もなしにDVを受けたと言ってたらそれを受け入れて子どもを諦めてね。

それを日本はやってるんだから。

 

まあ、このHPを見てきてくれた人にはわかると思うんだけど、これは国外問題とかの問題だけではなくて、

いや実はむしろ本質的なのは日本の男性もやられてるわけだ、このDV冤罪+連れ去りコンボ。

ただ、それが国境またぐかまたがないかの違い。そして日本のフェミ団体のスタンスは一貫している。

「全部男と父親が悪い」それだけ!!。

自国民の保護とか言ってるが、当然自国で子どもに会えない父親はほったらかしにしてるわけで、さらに

DV冤罪出しまくりなのを見れば自国民など保護するつもりが無いのは明白である。

自国の女の保護が目的(というか女による権力支配が目的)なのである。自国民じゃなく。

間違いなくこいつら、他国の「女性」が被害者で自国の男性が加害者だった場合女側に就くだろう。

 

まあこの「自国民の保護」という嘘ダブスタ批判なんて本質ではなくて、

この問題は自国民(自国女)うんぬんではなく、完全な国際的な子どもと父親の人権問題だから。

もう一度繰り返し説くが、他の男女平等先進国には「父親の人権」もきちんとあるので。

日本だけだからな、男女平等=女尊男卑になって、女の保護の名目ならば男は冤罪にあおうが、

子どもを奪われようが、知ったこっちゃないってスタンスは。

 

ああ、あとネットで「ハーグ条約がDV法が出来た1980年以前にできたから守る必要はない」なんていう頭の

おかしい議論をみかけたが、湧いてるとしか思えない。そもそも諸外国のDV防止法は父親と子どもの交流を

断つことができるようなシステムになってないし、DVがあろうともその危険度がチェックされて、

第三者機関で会うことができるし(ゆえに連れ去りなどできない)、そもそも共同親権という

離婚後も両親が子どもに関わるべきという概念は1980年以降強化されてきたのである。

これは何もアメリカに限った話ではなくて世界中、イギリスフランス、北欧も。

スウェーデンやノルウェーなんか共同親権という概念はめちゃくちゃ進んでいる。

男女平等先進国だから。当然DV防止法だって存在する。

しかし当然ながらDV防止法が母親が子どもを連れ去って父親に二度と会わさないことの正当化に使うことはできない。

面会交流権は子どもの人権観点からめちゃくちゃ厳しい。

 

 

そして、何度も強調するが、いわゆる日本のように女性の証言だけで、調査もなくDV認定して、

保護命令とやらで二度と父親が子どもと会えなくなるなんてことはあり得ないのである。

正直、海外で子どもを誘拐された父親はこう思ってますよ。

「証言だけで、DV認定して、子どもの誘拐の正当化したらさ、嘘つく場合はどうすんの?

どうやって判定するの?まさか誘拐犯の証言をそのまま聞きゃしないよね?冤罪だらけになるじゃん。

実家に帰りたい、とか新しい彼氏が出来たから元の夫(実父)は邪魔とか考えて誘拐してそれを正当化するために

使うかもしれないじゃん。どうやってそれを確かめるの?そして父親の人権は?

子どもの人権なんて考えてないじゃん、考えてるのは「母親の」人権だけじゃん。」

 

はい、、、、まさにその通りです。正直日本の男性側からしても全く意味がわかりません

実際、今回のハーグ条約誘拐事件でもDVが正式に確かめられてのは一件もない。

全く。アメリカの国務省は調べる気まんまんなのに事実を調査されるのを嫌がる。

そして事実を調査しないままDVだったとぬかす。匿名で!!!

実に卑怯な手段である。日本国内にいるんだから本当にDVだったなら名乗り出て夫を実名で

告発するべきである。夫側も妻側も明らかなんだから。ただし、それをすると事実関係を調査されてしまいますが。

ま・さ・か精神的DVとかじゃないだろうねw「支配的な態度をとられた」とか。

サボィさんの事例のように。そんなんでは子ども引き裂く理由に全くならないからね、おまえがやってることが

そもそも虐待であるし。

 

よく「自国民の保護」とかぬかすが「自国女性(だけ)の保護」だろ。

日本には子どもを誘拐されて会えなくなってる父親が大量にいますが早く保護してくれない?

 

 

 

 

ハーグ条約関連でDV冤罪が大量にあるだろうと思われるのはさらに理由があって

「離婚したのだから異国は仕事もなくて不安で母国である日本に帰りたくて当然だ。」とか

「共同親権は違う州に引っ越しもできなくなる。」(共同で親権があるんだから当たり前、一年の半分くらい

もう一方の親と宿泊付きで過ごしてるんだから、女も引っ越しできないが男だってできない。)

とかましてや「文化が違う」などの発言がその手の女性保護の専門家から平然と出てくることだ。

 

これらは全くDVとは関係ない。つまり,陵由で誘拐しておいて、あとからDVだったと虚偽を

ついて正当化している可能性が大いにあるわけだ。

 

,覆匹蓮⇔磴┐估米間の場合そもそも母国というのは母親にとっては日本かもしれないが

父親にとっても子どもにとっても母国はアメリカなのだ。それを「take "home"」というのは明らかに

おかしいとジャパンタイムスでも批判されてたな。日本の詭弁言い訳と称して。

「連れて帰る」なんてのがおかしいのである。単なる「連れ去り」である。

子どもにとってhomeはアメリカであるし、友達も実家もおじいちゃんおばあちゃんも父親も

みなアメリカにいるのである。父親も子どもを育ててるのだからアメリカが嫌になって帰るなら日本女性が一人で帰れ。

まじで。一人で帰るなら別に誘拐にも何にもならない。

(つうかもっと細かいこと言えばハーグ条約締結さえしてれば、日本を子育ての場所のメインにしてその代わり、

今まで母親が子どもとの時間を独占した分、夏休みと冬休みは子どもはアメリカで父親過ごすというパターンを選択することはできる。

それで一年の100日くらい父親と子どもとの交流を過ごす。こういうことができる。例えば欧米間での国際離婚はこんなのもある。しかし、

日本母親は誘拐した上、親権を(子どもは自分の所有物だ)と言わんばかりに独占し、二度と父親は会えなくなる。

当然もはや海外では日本女が子どもを連れて国外に誘拐しようとする場合、捕まる。)

 

 

実際逆のパターンを考えてみよう。日本人女性と外国人男性が日本で結婚したとする。

そして離婚したと。まあパターン通り母親が親権取得して、父親は面会交流権を得たとしよう。

離婚したあと、父親は日本が嫌になって、「母国に帰る」と言ったしよう。

・・・ただし子どもも連れてだ。「実家に"連れて帰る"。」と。そして例えばフランスに連れて帰って

二度と日本の母親は自分の子と連絡とれなくなる。これも当然だ、と思うわけか?

実際日本国にいれば警察に連絡すれば捕まえることができる。(それはアメリカで日本女性が子どもを

誘拐しようとしてもアメリカ国内から出るまでは警察が捕まえれるのと同じ。)

しかし国外に出てしまえば、対処のしようがない、もう連れ去った者勝ちだ。

そう、それを防ぐための条約がハーグ条約なわけだ。

つまり外国人は子どもを母国に連れて「帰る」のがOKとぬかすなら日本女性で外国人男性と結婚してる人は

当然子どもを母国へ「連れて帰らされた」としても文句は言えない。

じゃんじゃん日本から子どもを「連れて帰って」くださいよ。となる。

これで母親が子どもと二度と会えなくなるなのはかわいそうだと思うならダブルスタンダードだ。

まあこんな事他国からずっと指摘されてますが。「じゃあ日本はこれから外国人の夫が子どもを

自国に無断で連れて帰っても一切捕まえも捜査もせず、文句も言わないんだな」と。

ハーグ条約に加盟すれば当然日本から国外への連れ帰りも捕まるけど。

 

 

△痢峩ζ運童△砲覆襪醗磴州に引っ越しもできなくなる。」もよく見かけてさもひどいというようなニュアンスで言うアホがいるが、

そりゃ子どもは父親とも母親とも交流があるんだから当たり前である。

どちらも仕事があるのである。例えば一方が急に遠い場所へ引っ越したいといって子どもを連れて

行けば、仕事が元の州にある親はそう簡単に引っ越せない。とすると、子どもに会えなくなる。

とすれば子どもを勝手に連れて行った方が不当に有利である。

例えば、夫が実家のある州に戻りたいとか言って子どもを連れて行ってしまったらどうする?

母親は元いた州に仕事があって住んでるから子どもに会えなくなる。

共同親権で引っ越せないのは母親だけじゃなく当然父親側も引っ越せない。

引っ越すなら一人で引っ越せばいいのである。

 

 

つうかこれは本来なら日本も同じことなのである。例えば夫が鹿児島出身で、妻が青森出身だったとしよう。

そして二人は東京で結婚して子育てしていたとする。で、例えばある日突然妻が青森へ子どもを連れ去って

いったとする、となると東京に住む夫はある日突然子どもと会えなくなる。

夫側はいきなり子どもを失い、苦しむことになるわけである。

逆の場合は?ある日突然夫が東京から鹿児島に子どもを連れ去ってしまった。

東京に仕事がある妻はもう子どもに会えない。これで日本の女性はしょうがないと言ってあきらめるわけか?

何故か日本の場合妻側がこれをやった時のみ「実家に帰る」とやらの意味不明な言い訳でOK

とされるわけだが、こんなもの単なる男性差別でしかない。

 

単純に、単純に自分がされて嫌なことは相手にしない、だから互いに出来ないルールになっている。

これだけのことなのにそれを理解できない。

当然こんなふざけた言い訳は国際社会では通用しない。通用しないからDVとかを持ち出してくる

(ちなみに誘拐犯が自称DV被害者を名乗ってるだけでまだ一件も立証も認定もされてませんが)

。しかし実際のところ、本音は,鉢△痢峪劼匹發亙貎討瞭叛衒。実家に連れ去るのは勝手。」

なので、その本音がバンバンその手のグループや当事者から出てくるわけである。

 

の文化の違いについては冷笑するしかない。皮肉をもっていえば、あれか、「父親に人権はないのが日本文化です!」

ってことか。「父親や男性が子どもと引き裂かれて自殺しようが一切顧みることなく女性側だけを

保護して優遇するのが日本文化です!」ってことか。

 

 

ちなみに子どもを片親から引き裂く行為は完全な児童虐待なので文化の違いなんていうのは「

児童虐待をするのが日本文化。」というくらい狂った宣言である。当然児童の人権は普遍的な

価値観として国際的に追及されているから文化だのという言い訳は全く成り立たないがな。

 

ちなみに国際的に男女平等というのは女性の人権の下に男性の人権を置くものではなく、あくまで

対等な保護を目指すものなので、「父親の人権がないのが日本文化」ってのも通らないな。

 

 

 

 

一つ戻る    TOPへ戻る