肌荒れ対策 肌荒れとメイクとの関係をご存知ですか?間違ったやり方だとお肌がダメになっちゃいます。

手足の肌荒れ
唇の肌荒れ
肌荒れのお手入れ
肌荒れとメイク
肌の保湿とやわらかさ
HOME


肌荒れとメイク

肌荒れとメイクとは

女性の方は、経験上わかると思いますが、お肌が乾燥してくると化粧のメイクの「のり」が悪くなります。 女性のかたには、困った問題ですよね。
では、そんな場合、どのように対処をすればいいのでしょうか。

肌が乾燥をしてくるとお肌の表面のバリヤー機能が低下します。そのことによってお肌を外界より 防御するため角質が厚くなります。角質が厚くなると美容液などがなかなか肌に浸透しないんです。 そのような時にお役に立つのが「保湿パック」なんです。
多くの女性が保湿パックの凄さを実感していると思います。

ここで、保湿パックについて紹介します。
保湿パックは角質層の奥の奥までうるおい分を与えてくれるので、メイクの「のり」が悪いときには即効ケアとして 使えるんです。
シート状の保湿パックも最近だと多く見かける機会は増えましたが、昔から売られている固まるタイプのパックの方が効果があるようですね。 なぜパックが肌の奥までうるおい分を浸透させてくれるかと言うと、 肌を密閉してくれることで表面から水分蒸発を防いでくれるからなんです。

シート状のパックでは肌を完全に密閉することはできませんので、ほんの少しですが表面から水分が蒸発してしまいます。 そう言った違いがありますのでシート状のパックよりは固まるタイプのパックの方が効果があるという訳なんです。 肌に伸ばすと石膏のように固まって、後から水で洗い流すタイプの保湿パックが、一番効果があるようです。 乾燥しやすい冬場には週に2回位保湿パックを行っていくことが理想的だといえます。
メイクの「のり」が悪いと外出する気分の「のり」まで悪くなってしまいますので普段からしっかり 保湿ケアをしてお肌にも心にも良いメイクを心がけましょう。


HOME
PR:話題の近視治療レーシック: 花粉症
Copyright© 肌荒れ対策 まだ大丈夫!!. All rights reserved.