肌荒れ対策 普段の生活で手荒れは、どのような時に起こるのでしょうか?手荒れのメカニズムと対策を紹介します。

手足の肌荒れ
唇の肌荒れ
肌荒れのお手入れ
肌荒れとメイク
肌の保湿とやわらかさ
HOME


手足の肌荒れ

手足の肌荒れ対策とは

生活していくには、普通 手を使っていきますよね。
この手が手荒れしても手荒れしたから家事はやらないなんて、家事などをやっている女性の方には無理ですよね。 そんな訳で手荒れしても無理して手を使っていくので、一度手荒れした場合なかなか肌荒れは完治しないんです。

手荒れってお肌の角膜のバリヤー機能が損なわれているので、水に触れただけや髪に触れただけでも肌にとって 刺激となってますます肌が荒れてしまうんです。まさに悪循環なんです。厄介ですよね。
これを改善するには、手を完全に守るということが大切なんです。

特に手荒れは、冬場に多いのでこの時期 キッチンなどでの水仕事をおこなう場合は、必ずゴム手袋をつけましょう。 そして、刺激を抑えた洗剤などを使用するようにしましょう。 手荒れをおこす刺激は、洗剤だけではありません。 野菜の泥やアクなどでも手荒れが進行してしまうのです。

乾燥している時期に水などを使用するとお肌にうるおいをもたらすというイメージがありますが、 それは、間違いです。普通、肌に水が濡れただけでも手のうるおい成分が流れでてしまうんです。 それを防ぐには、うるおい成分の流失防止のために水を使った後は水気をやさしく拭いて、ハンドクリームをつけて 手を保湿しましょう。

足の場合は、どうでしょうか。
足の裏は、常に体重がかかりますので、角質が厚く硬くなってしまうんです。
この状態がタコと呼ばれるものです。
足の裏は唇などと同じく皮脂腺が少ない部分なので、乾燥しやすいです。
手入れをしないと皮膚がどんどん厚くなっていきます。厚くなり過ぎると更に乾燥しやすくヒビ割れしてしまいます。 足の裏の皮膚が厚くなってきたと思ったら、お風呂で皮膚が柔らかくなったとき軽石でこすって、余分な角質を落とします。 お風呂から上がったら古くなった角質を取り除く作用がある「尿素」が含有された保湿クリームを塗ると良いです。


HOME
PR:花粉症対策: レーシック
Copyright© 肌荒れ対策 まだ大丈夫!!. All rights reserved.