CR弾球黙示録カイジ2 利根川と開示の比較

スペック 利根川 開示
大当たり確率 1/389.9 1/389.9
確変継続率 73.07% 83.11%
期待値出玉 5,290発 5,390発
ボーダーライン 18.3 18.0
平均連荘回数 3.71回 5.92回

CR弾球黙示録カイジ2 利根川の特徴

ホールの意図が素直に反映されやすい
極端な言い方ですと、「開示」は「花の慶次タイプ」で、「利根川」は三洋の「海物語タイプ」になります。 物流でいう末端のホールにとって、大当たり確率により出玉や利益のばらつきが少ないのが「CR弾球黙示録カイジ2 利根川」の特徴になります。 どう考えても主役の「開示」の方が憶測で現金を連続して投資するユーザーにとっては魅力的なのにホールの設置台数が脇役の利根川の方が圧倒的に多いのは、この点です。 初期戦略を練るのに気を付けることは、祝日や週末の土日の営業日はかなり狭くしてギリギリに搾取する利益を絞ることが可能になるので、なるべく平日の昼間に長い時間遊技することにしましょう。

3.3円交換以上の優秀な大型のパチンコ店を優先して慎重に選びましょう
レートの交換率が極端に低い人気のない寂れた郊外店では、「CR弾球黙示録カイジ2 利根川」では相当回らないとならないのと、3分間前後の大当たり払い出し出玉が釘の間隔で極端に削られてないことが条件になります。 製造メーカーの高尾というマイナーな売れない機種は、往々にして発表した基盤の内部スペックよりも辛い払い出し出玉になる傾向があるので、尚更ですが景品交換所の交換率には注意したほうが良いです。


【関連記事】

このページの先頭へ