俺は科学室を探し校舎中を駆け回った

しまった チャイムが鳴った

そこでポケットに入った校舎地図を見た

先に見ればよかった

前もこんな後悔したよなあ

そして俺は走った。

走っているときにさっきの先輩とすれ違った

なんか睨んできたから中指立てて逃げた

やっと科学室はっけーん

助かった

と思いきあ

ちょwここ第一科学室じゃんw

もうすべての学級は授業に入っている

やべーなー

しかしあっさりと隣に

科学室2(はあと

と書いてあって俺は喜んだ

心の中の焦りが全部吹っ飛んだ

だが少し考えるうちにまた焦りがでてきた

先生の説教を思い出したのである

先生は怖くないのだが小さい声で長い説教をする一番いやなタイプだ

科学室のドアを開ける

がらがらがら!

授業遅れた理由は? と問われた

『迷ってました』

クラス中に笑いが起きる

もう15分も遅れていたのである

授業後理科の先生から呼び出される

やっと終わったな

もう次の授業のチャイムが鳴っている

そして次は体育である

まにあわねーじゃねーか やってくれるぜ

今度は更衣室目掛けて全力疾走した

体育でもさぷらいずな出来事が